感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
ウーディネ・極東映画祭2017
第19回ウーディネ・極東映画祭(4月21日-29日)がイタリアのウーデイネで開催されております。


001_20170423162925651.jpg


 
日本映画も13作品が上映されるようです。いろんな部門がある中で「ヨーロッパ・プレミア」で「聖の青春」が上映されます。(たぶんこれを書いているときくらいに上映されていると思われます。)

今回、森監督とケンちゃんが現地に行っているようです。すでにご挨拶の動画などもFacebookの映画祭のサイトにUPされています。
紫のストライプのスーツを着て英語など頑張って使って挨拶をしておりました(笑)

さて、イタリアの観客の皆様が村山聖の人生をどう感じてくれるのか?将棋の対局のすごさをどれほど感じてもらえるか楽しみです。





動画、最初の6分近くは音声が出てきません。突然音声が出てきますので視聴の際は気を付けてくださいませ。



≫続きをみる...

スポンサーサイト
2017年本日発売雑誌
本日発売の雑誌、購入に迷うあなたへ…(^-^)ご参考にまで。


最終更新日:2017.4.18
≫続きをみる...

2017.4.1記述

012_201704012056316ce.jpg



第26回日本映画批評家大賞で東出昌大さんが 「聖の青春」で助演男優賞を受賞されました。
嬉しいです。本日4/1から「聖の青春」もまずはレンタルが開始されたようなので、公開時に見れなかった皆様、セル版の発売日まで待てない皆様、「3月のライオン」を見てちょっと「聖の青春」も気になる?と思った皆様は是非是非ご覧いただきたいです。

東出さんも本当におめでとうございます。(奥様の第三子ご懐妊もおめでとうございます)


2017.3.27記述
gooランキングより

006_20170327101625ce0.jpg


芸能界には若手からベテランまで、演技派俳優が多数存在します。星の数ほど存在する俳優の中でも、特に注目したいのが、演じる役によってルックスや雰囲気がガラリと変わる“カメレオン俳優”。
そこで今回は、毎回違った印象でお茶の間を楽しませてくれるカメレオン俳優の中でも、特に「スゴイ」と思われている人を探ってみました。


原文はこちら


1位 山田孝之
2位 松山ケンイチ
3位 阿部サダヲ
4位 香川照之
5位 鈴木亮平
6位 菅田将暉
7位 生瀬勝久
8位 堺雅人
.9位 小日向文世
10位 綾野剛

1位は「山田孝之」!

出演する映画やテレビドラマによって、雰囲気がガラリと変わる俳優といえばこの人、山田孝之。
映画『電車男』では暗いオタク役を、『クローズZERO』ではワイルドな不良役を、『新宿スワン』ではニヒルな夜のスカウトマン役を、それぞれ個性たっぷりに演じ分けています。 特に多くの人を驚かせたのが『闇金ウシジマくん』シリーズ。原作マンガの強面のクールな主人公を見事に再現し、「え?これ山田孝之なの?」と驚いた人も多数。また、注目すべきはシリアスな演技だけではありません。テレビドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズでのコミカルな演技も人気を集めました。


2位は「松山ケンイチ」!

映画『デスノート』のL役の怪演が「Lそのもの!」と絶賛されて注目を集めた松山ケンイチ。
昨年公開された将棋棋士・村山聖を題材とした映画『聖の青春』で村山聖を演じた彼は、体重を20キロも増量して臨んだそう。
また、彼の魅力と言えばコミカルな役柄を躊躇無く演じきるところ。『デトロイト・メタル・シティ』で見せたロマンチックなナヨナヨ男子とヘビーメタルバンドのボーカルの2役は爆笑必見です。


3位は「阿部サダヲ」!

三枚目俳優として人気を集めている阿部サダヲ。最近は『マルモのおきて』『下剋上受験』といったホームドラマのイメージが強い彼。しかし『医龍 -Team Medical Dragon』では影のある天才麻酔科医を演じるなど、コミカルな役からシリアスな役まで演じきる演技力が注目されています。

このように、役によってガラリと雰囲気を変えることができるカメレオン俳優は少なくありません。

山田さんとケンちゃんはこのタイプのアンケートでは常に上位にランクインしていますよね(^O^)
ありがたいというか…山田さんも全力でどんな役でもそのキャラクターを生きている感じがリアルですから。

「ダイドーブレンド 」CM 2017~
重たくなっので新しく追加しました。今年もダイドードリンコ様変わらずケンちゃんを起用し続けてくださいませ<(_ _)>

008_20170308183843621.jpg  


ダイドードリンコ公式サイトはこちら

最終更新日:2017.3.8

≫続きをみる...

2017.3.4記述
女子SPA!より

015_20170304194221490.jpg


ドラマに映画に活躍する俳優たち。その演技に思わず涙したり、ハラハラしたり、背筋が寒くなったり、芝居であることを忘れるほど引き込まれてしまうときってありますよね。今回女子SPA!では独断と偏見で「この人、演技が上手いな~」と思う若手男性俳優たちをピックアップし、30代の女性を対象に調査してみました(※)。

原文はこちら

≫続きをみる...

直接の共演シーンはなかったんですけど映画「日本のいちばん長い日」で昭和天皇を演じた本木雅弘さんが感じた松山ケンイチとは。


PDVD_003_20160117064328950.jpg


≫続きをみる...

第59回ブルーリボン賞の受賞
村山聖九段(松山ケンイチ)と森信雄師匠(リリー・フランキー)の師弟がブルーリボン賞を受賞しました\(^o^)/おめでとうございます。

2017.2.8記述
スポーツ報知より

主演男優賞・松山ケンイチ、来年は司会の大役「自分がやると事故になりますよ」…ブルーリボン賞授賞式

003_20170208211145f79.jpg


東京映画記者会(スポーツ報知など在京スポーツ紙7紙の映画担当記者で構成)が選ぶ第59回(2016年度)ブルーリボン賞の授賞式が8日、東京・内幸町のイイノホールで行われた。

 29歳で亡くなった伝説の棋士・村山聖さんを演じた「聖の青春」などで主演男優賞に輝いた松山ケンイチ(31)は「りぼ~ん」と描かれた謎の太った男性の漫画を観客に見せつけながら登壇。司会の大泉洋に、その紙をいったん渡し、賞状のように受け取るパフォーマンスを見せた。

 「この絵は(主演映画)『珍遊記』の(原作者)漫☆画太郎先生に描いていただいたもの。表彰式の時に『珍遊記』の(世界の)中に生きている村山聖さんを描いて下さいと、画太郎先生に頼んだんですが、今回の受賞理由の中に『珍遊記』の名前がなくてビックリしました」と笑わせると、「どこかで村山さんも、こういう顔で見て下さっていると思う」と続けた。

 「自分の外側に宇宙があるのは、皆さん当たり前のように思っているけど、自分の中にも宇宙はある。今回、村山聖さんを演じさせていただいて、自分の中の宇宙は命でつくられているんだなと思った。命の中に潜り込むことができた役だったと思います」と神妙な顔で話した松山。

 「最後まで村山聖という大きな存在に向き合えた。それがなかったら、中途半端な真冬の田んぼみたいになっていた。これからも内向きの宇宙にも向き合って、前向きに進んでいきたい」と独特の表現で喜びを語り、大泉から「(村山さんを演じるにあたり)26キロも太ったんでしょ」と聞かれると、「できれば体重は言いたくなかったんですけど、3か月、体重増やすことだけに没頭しました。モチばかりとか、1日食事ばっかりする。でも、身体作りはどの役者さんもやっている。それを宣伝材料にしないだけ」とポツリ。もう一人の司会の有村架純を見ながら、「26キロ太った有村さんも絶対、セクシーだと思いますよ」と笑った。

 主演女優賞の大竹しのぶと来年の授賞式の司会を務めることになるが、大泉の方を向くと、「本当にペラペラよくしゃべりますね。今回、参考になればいいなと大泉さんを、ずっと見てたのに、なんの参考にもならない。だから、大泉さんを見るのをやめました」と有村の方だけを見て、笑いを誘うと、大泉に「来年も来て下さいよ。(大竹と)3人でやりましょう。来年、自分がやると事故になりますよ」と訴えていた。

あはは~。これだったんですね。漫☆画太郎先生、ありがとうございます<(_ _)>
村山先生と太郎ちゃんと一緒に授賞式に参加できてケンちゃん良かったね。
大泉さんと面白いやりとり、明日のワイドショー楽しみにしています。

次は日アカですね。受賞していただきたいです。







≫続きをみる...

2017.2.2記述

2016年度受賞


019_20170202054245b5f.jpg



日本映画 個人賞


主演男優賞 松山ケンイチ 『聖(さとし)の青春』
主演女優賞 蒼井優 『オーバー・フェンス』
助演男優賞 東出昌大 『聖の青春』
助演女優賞 杉咲花 『湯を沸かすほどの熱い愛』
新人男優賞 真剣佑 『ちはやふる』
新人男優賞 毎熊克哉 『ケンとカズ』
新人女優賞 中条あやみ 『セトウツミ』
監督賞 瀬々敬久 『64(ロクヨン)』
脚本賞 向井康介 『聖の青春』
撮影賞 山田康介 『シン・ゴジラ』
音楽賞 コトリンゴ 『この世界の片隅に』
新人監督賞 中野量太 『湯を沸かすほどの熱い愛』
ワイルドバンチ賞 『ケンとカズ』


外国映画 個人賞


主演男優賞 エディ・レッドメイン 『リリーのすべて』
主演女優賞 ブリー・ラーソン 『ルーム』
助演男優賞 トム・ハーディ 『レヴェナント:蘇えりし者』
助演女優賞 アリシア・ヴィキャンデル 『リリーのすべて』
監督賞 クリント・イーストウッド監督


日本映画/作品賞ベストテン

1位この世界の片隅に
2位怒り
3位64-ロクヨン-
4位シン・ゴジラ
5位永い言い訳
6位湯を沸かすほどの熱い愛
7位リップヴァンウィンクルの花嫁
8位聖(さとし)の青春
9位淵に立つ
10位海よりもまだ深く

外国映画/作品賞ベストテン

1位ハドソン川の奇跡
2位スポットライト 世紀のスクープ
3位リリーのすべて
4位トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
5位ルーム
6位山河ノスタルジア
7位レヴェナント:蘇えりし者
8位サウルの息子
9位キャロル
10位奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ

チケット購入方法など含め「おおさかシネマフェスティバル」公式サイトへこちら

ケンちゃん、東出さん、授賞おめでとうございます。
大阪にゆかりある作品がこうして主演・助演を受賞して嬉しい限り。
そして授賞式の当日って、ケンちゃんの誕生日ではないですかぁ!
当日、参加するのかしら?

作品賞には「怒り」も上位にランクインしていてなんだか嬉しいし、授賞式での「聖の青春」の上映も嬉しい限りです。あとはこの勢いで日アカでもこの2人が受賞してくれるといいのになぁ…


2017.1.30記述
毎日新聞より


026_20170130164025905.jpg


第71回毎日映画コンクール 選考経過と講評(その1)

第71回毎日映画コンクールの各部門の受賞作、受賞者が決まった。「作品」「俳優」「スタッフ」部門は、映画評論家ら約80人による投票で1次選考し、得票上位が2次選考に進んだ。「アニメーション」「ドキュメンタリー」部門は、推薦や公募で集まった作品から、討議による1次選考で候補作を選出。2次選考は各部門の選考委員の討議で受賞作を決定した。外国映画ベストワン賞は、1次選考委員による2回の投票で決まった。TSUTAYA×フィルマークス映画ファン賞はインターネットによる投票で決まった。各賞の選考過程と講評をまとめた。表彰式は2月15日、川崎市のミューザ川崎シンフォニーホールで開かれる。

(中略)

脚本賞 向井康介「聖の青春」

 他に、庵野秀明「シン・ゴジラ」▽高田亮「オーバー・フェンス」▽中野量太「湯を沸かすほどの熱い愛」▽西川美和「永い言い訳」▽深田晃司「淵に立つ」。「政府や日米安保を皮肉った内容が面白い」と庵野。「泣かせどころ、笑わせどころがそろっている」「オリジナリティーを買う」と中野。「勝負の世界に生きる若者を柔らかく描いた」と向井。第1回投票は庵野・中野・向井3、高田・西川1。決選で向井5、庵野・中野3。

 <講評>ひいき目に見られがちな他のオリジナル脚本の数々を凌駕(りょうが)しての受賞である。それにしても、向井氏がシナリオ作家協会の菊島隆三賞以外に主だった脚本賞を受賞していなかったのは意外だった。現在もこれからも日本映画界をリードしていく名脚本家であることを、今回の受賞作ではっきりと証明した。

 脚本は、ことさらなことを嫌ってあくまでもさりげない。孤高とも言える主人公の人物像を、何気なく、しかも奥深くあぶり出している。とても巧みでありながら、いかにもという事々しさを感じさせない構成も心憎い。決してそうは見えないのに、実はとても強い棋士のようなあっぱれな脚本である。心より称賛したい。(山田耕大)


録音賞 白取貢「聖の青春」

 他に、島津未来介=「クリーピー 偽りの隣人」▽白取貢=「怒り」▽高田伸也=「64 ロクヨン」▽中村淳=「シン・ゴジラ」▽西條博介=「セトウツミ」▽吉田憲義=「オーバー・フェンス」。「雪の降る音まで聞こえた」「セリフが聞き取りやすい」と白取(聖)に高評価。「セリフ、音楽、効果音のバランスが良い」と高田を推す声も。第1回投票は白取(聖)5、高田4、白取(怒り)・中村1。決選で白取(聖)6、高田5。

 <講評>「聖の青春」は難病に苦しみながら、将棋の世界を生き抜き、29歳で生涯を閉じた天才棋士、村山聖の生涯を描いた作品。対局室での駒の音を中心とした音作りは緊張感があり、勝負の世界の厳しさを醸し出している。セリフもしっかり収録され音質も良い。淡々とした流れの中、太鼓の曲の音量が大きいこと、またハイスピードの音処理に疑問点が残るが、全体としては纏(まと)まっている。残念なのは「64 ロクヨン」の高田伸也。雨、風などの効果音、記者団や警察組織との激しい会話は迫力があり、作品への貢献度が高いが、前後編であることで評価が分かれた。今後の活躍に期待したい。(橋本泰夫)


各部門選考委員(敬称略)
◆作品、俳優、スタッフ部門

2次選考委員<作品部門>江波杏子(女優)▽佐伯知紀(映画映像研究者)▽佐藤忠男(日本映画大学長、映画評論家)▽根岸吉太郎(映画監督)▽矢田部吉彦(東京国際映画祭プログラミングディレクター)<俳優部門>明智惠子(キネマ旬報前編集長)▽緒方明(映画監督)▽川口敦子(映画評論家)▽金原由佳(映画ジャーナリスト)▽佐藤雅昭(スポーツニッポン編集委員)▽野島孝一(映画ジャーナリスト)▽村山匡一郎(映画評論家)<スタッフ部門>襟川クロ(映画パーソナリティー)▽乙竹恭慶(美術監督)▽賀来タクト(映画文筆家)▽掛尾良夫(城西国際大教授)▽白鳥あかね(スクリプター)▽戸田桂太(撮影監督)▽野村正昭(映画評論家)▽橋本泰夫(録音監督)▽松島利行(映画評論家)▽山田耕大(脚本家)▽若松節朗(映画監督)

1次選考委員 相田冬二、秋本鉄次、秋山登、明智惠子、石坂健治、石飛徳樹、イソガイマサト、稲垣都々世、宇田川幸洋、内海陽子、浦崎浩實、襟川クロ、大高宏雄、大竹洋子、岡田秀則、尾形敏朗、岡本耕治、奥村賢、鬼塚大輔、小野耕世、小野民樹、恩田泰子、賀来タクト、柏原寛司、金澤誠、川口敦子、きさらぎ尚、北川れい子、北小路隆志、木全公彦、金原由佳、黒田邦雄、桑名忠之、古賀重樹、小菅昭彦、小西均、小藤田千栄子、斎藤敦子、佐藤雅昭、塩田時敏、鈴木元、関口裕子、高橋諭治、立花珠樹、立田敦子、田中千世子、谷川建司、出口丈人、土屋好生、寺脇研、轟夕起夫、中川洋吉、中山治美、西脇英夫、野島孝一、野村正昭、萩尾瞳、馬場広信、春岡勇二、樋口尚文、平山允、福永聖二、細谷美香、松島利行、松本隆司、三留まゆみ、宮澤誠一、宮田武雄、ミルクマン斉藤、村川英、村山匡一郎、森直人、森下朗義、矢田部吉彦、柳下毅一郎、山根貞男、渡辺祥子、渡辺浩、渡部実、勝田友巳、木村光則、鈴木隆

 ◆ドキュメンタリー部門

 梯久美子(ノンフィクションライター)▽北小路隆志(映画評論家)▽熊谷博子(映画監督)▽塩田時敏(映画評論家)▽森直人(映画批評)=1次選考委員(萩野亮、渡辺勝之、木村光則)

 ◆アニメーション部門

 伊藤有壱(東京芸術大教授、アニメクリエーター)▽川井久恵(アニメージュ編集長)▽木船園子(東京工芸大教授)▽黒坂圭太(武蔵野美術大教授、アニメクリエーター)▽氷川竜介(アニメ評論家)=1次選考委員(原口正宏、藤津亮太、木村光則)

≫続きをみる...

2017.1.19記述
スターウエディングより

俳優兼歌手Rainと女優キム・テヒのカップルが今日(19日) 5年の交際を経て結婚式を挙げ夫婦となりまった。 今の日結婚は出席者にまで結婚式場所を午前中に教える程の厳重態勢の中行われ、キリスト教で進行された結婚式で二人は両家の家族と知人、所属会社代表などが参加した中、記念品を交換して誓いを捧げたと伝えられた。

001_2017011919414197a.jpg


出席者は俳優アン・ソンギをはじめとして歌手パク・チニョン、サイ、godパク・ジュニョン、イ・ハヌィ、ユン・ゲサンなどが参加して祝福したし、キム・テヒのブーケを受けたのはユン・ゲサンと熱愛中であるイ・ハヌィが受けた。 Rainとキム・テヒは先立ってマスコミにに明らかにした通り、新婚旅行は行わない計画であり、子供については婚姻後ゆっくり計画する予定だと明らかにした。

002_20170119194142888.jpg


原文(全文)はこちら(韓国語)

秘密にといっても絶対無理ですからぁ~
韓国では無理でしょう。結局早々に情報があちこちで流れちゃっていたしね。

しかし…ウェディングドレスがまさかまさかのミニスカートとはたまげたわ。
でも、こうして幸せそうな表情してる2人を初めて見て、どうか幸せになってね。

これから堂々とツーショットでどこでも行けるようになるね。色々追っかけられることもあるだろうけどまぁ堂々としててほしいね。時々は仲いい姿を私たちにもおすそ分けしてくださいませね。

本当にご結婚おめでとう。ジフンさん、テヒさん。

Rain,結婚おめでとう
2017.1.17記述
RAINのインスタより

20170117結婚報告001


こんにちは、寒い冬に皆さんお元気でしょうか。

チョン・ジフン(RAIN(ピ)の本名)です。
いつのまにか僕がデビューしてから16年という歳月が経ちました。
僕と一緒にいた、多くのファンの皆さんもきれいな女性に、あるいは子供の母親に見事に変わりました。

今僕もまた、一つの家庭の中の家長となり、素晴らしい夫で男になろうとします。
彼女は僕が大変な時も幸せな時も変わらず、いつも僕のそばを守ってくれて、いつも多くのことで感動を与えてくれました。
今、信頼が積もり愛が大きくなって実を結ぶことになりました。

挙式および日時については、現在の時局が不安定であり、経済的にも困難な時期を考慮して、最大限静かな環境で行いたいと思っています。
よって(多くを) お話できない点をご理解ください。

過去10年の間、皆さんの愛に感謝してきました。
今後ますます責任ある、謙虚な姿で素敵な歌手と俳優として、良い姿をお見せいたします。

“彼女は僕にとって最高の贈り物です”




Rain(ピ)、女優キム・テヒと結婚発表=直筆でファンに報告


Rainは17日、所属事務所の公式ホームページを通して直筆コメントを公開。このコメントでRainは「これから僕は、また一つの家庭の家長となり、良き夫になります」とし、女優キム・テヒとの結婚を自ら報告した。

 続けて「信頼を積み重ね、愛が大きくなり実を結ぶこととなりました。挙式と日時については、現在の不安定な状況と経済的にも苦しい時期を考慮して最大限、静かな環境でおこなおうと考えています。よって(詳細を)お話できない点をご理解ください」とし、挙式は非公開で進行することを伝えた。

 事務所関係者は「挙式の日付は(報道にある)2月19日ではない。まだ未定であり、場所も確実に決定していない」とし、慎重な対応に留めた。

 一方、Rainとキム・テヒは去る2012年に広告撮影で出会い、同年末より本格的な交際をスタートさせた。

やれやれ、ようやく…という感じです=3
とはいえ、松山家のように素直に交際を喜ぶことも出来ず、というかお相手のことがよくわからないままだし、Rainのことを彼女がどれだけサポートしてもらえるのか(小雪さんのように)ということが一番心配でね。でも、4年何とか交際を続けるのは大変だったと思うので、彼女というより彼を信じて、おめでとうと言いたいです。

そうとなったら、奥様になる彼女の年齢も考えて、子供が欲しいと思っている彼の為にもしっかりとした家族計画をしていただき二世の誕生を願うのみです。具体的な入籍などの情報はわからないけれど、ひとまずはこれからコソコソせずに過ごせるようになるのが何よりですs。本当におめでとう。

2017.1.8記述
映画ナタリーより

第31回高崎映画祭の受賞者が本日1月6日に発表された。

群馬・高崎市にて1987年より開催されている同映画祭。受賞作品と受賞者は、2015年12月中旬から2016年12月中旬までに国内で劇場公開された作品を対象に、高崎映画祭選定委員により選出された。

作品賞に輝いたのは、深田晃司の監督作「淵に立つ」。確固たる世界観や綿密に練り上げられた構成、メリハリのある演出力が評価された。そして“野心的かつ革新的作家性を備え、日本映画界の未来を照らすであろう映画人”に贈られるホリゾント賞には、「この世界の片隅に」の監督・片渕須直と主演・のん、2名が選ばれた。


そのほか2016年11月に肺がんで逝去したりりィが、「リップヴァンウィンクルの花嫁」で助演女優賞に。中野量太が監督賞、宮沢りえが主演女優賞などを受賞した「湯を沸かすほどの熱い愛」は4つの賞を獲得した。「ケンとカズ」からは小路紘史が新進監督グランプリ、カトウシンスケと毎熊克哉が新進男優賞に選出された。

第31回高崎映画祭は、群馬・高崎市文化会館ほかにて3月25日から4月9日まで開催。授賞式は3月26日に群馬音楽センターにて行われる。なお全上映ラインナップや、チケットに関する詳細は2月上旬に発表予定だ。

025_20170108234446943.jpg



第31回高崎映画祭 受賞結果


最優秀作品賞

「淵に立つ」

最優秀監督賞

森義隆(「聖の青春」)
中野量太(「湯を沸かすほどの熱い愛」)

ホリゾント賞

片渕須直(「この世界の片隅に」)
のん(「この世界の片隅に」)

最優秀主演女優賞

筒井真理子(「淵に立つ」)
宮沢りえ(「湯を沸かすほどの熱い愛」)

最優秀主演男優賞

三浦友和(「葛城事件」)

最優秀助演女優賞

りりィ(「リップヴァンウィンクルの花嫁」)

最優秀助演男優賞

斎藤工(「団地」)

最優秀新進女優賞

杉咲花(「湯を沸かすほどの熱い愛」)

最優秀新進男優賞

カトウシンスケ(「ケンとカズ」)
毎熊克哉(「ケンとカズ」)

最優秀新人女優賞

伊東蒼(「湯を沸かすほどの熱い愛」)

最優秀新人男優賞

吉澤太陽(「海よりもまだ深く」)

新進監督グランプリ

小路紘史(「ケンとカズ」)



森監督おめでとうございます。
春の映画祭に上映されるので是非たくさんの人に観てもらいたいし、近隣圏にお住まいの方是非、村山聖九段をスクリーンで見てください。

2016.12.29記述
ナリナリドットコムより

Ameba冬ドラマ密着編集部ブログは12月28日、2017年1月8日からスタートする連続ドラマ「大貧乏」(フジテレビ系/毎週日曜21時〜)の撮影現場で、主演を務める女優の小雪(40歳)が、同ドラマでコンビを組む俳優の伊藤淳史(33歳)と成田凌(23歳)からサプライズバースデーを受けた様子を公開した。

20161228誕生日お祝い001



本作は、会社の倒産で“大貧乏”に転落してしまった小雪演じる主人公のシングルマザー・七草ゆず子が、暴れん坊な息子とおてんば盛りの娘を抱えながら、理不尽な社会に立ち向かうという、安達奈緒子脚本の完全オリジナルヒューマン・コメディー。

高校時代から憧れていたゆず子の状況を聞いて、助けたい一心で彼女を支えるエリート弁護士を伊藤が、ゆず子の勤めていた人材派遣会社ディメンションズ・オブ・ヒューマニティ(DOH)の入社3年目の社員で敏腕営業マンを加藤が演じる。小雪にとって、同局連続ドラマでの主演は初めての作品だ。

「『大貧乏』の撮影現場で小雪さんのお誕生日をお祝いしました!」と題したブログは、「リハーサルの前に伊藤淳史さん&成田凌さんがバースデーケーキを運んで登場されました〜 撮影場所のオフィスビルのロビーが広すぎて、ケーキが来るまでにロウソクが消えてしまうというハプニングもありましたが 改めてロウソクに火をつけてお祝いしましたよ」と、12月18日に40歳の誕生日を迎えた小雪へ、伊藤と成田からサプライズでバースデーケーキが用意されたことを明かした。

20161228誕生日お祝い002


ゆず子にちなんで“ゆずの飾り”にフルーツがたくさんのった華やかなケーキを前に、うれしいそうな表情の小雪と、伊藤、成田とのお祝い3ショットも公開。

ファンからは「こんな綺麗なお母さん羨ましい!」「小雪さんおめでとうございます!」「小雪さんこんな綺麗で三児の母とは思えません!シングルマザー役も楽しみにしてます!」「小雪さんまじ綺麗〜40歳にはみえない…」「お誕生日おめでとうございます!」「小雪さん、顔小さいし、ママに見えないですしほんと綺麗です」など、40歳でも美しい小雪に称賛の声や、「お美しい小雪さまが観れるのめちゃくちゃ楽しみです!」「大貧乏、期待してます!」「とても楽しそうな撮影現場ですね!!」とドラマ開始を楽しみにしているとの声がたくさん寄せられている。

良かったですね~。おいしそうなケーキ♪
家族でのお祝いもしただろうけど、ドラマ撮影始まってこういうイベントされると士気も高まると思うし、放送楽しみですわ。

2016年本日発売雑誌
本日発売の雑誌、購入に迷うあなたへ…(^-^)ご参考にまで。


最終更新日:2016.12.28

≫続きをみる...

小雪、夫婦円満の秘訣は“自立”
2016.12.12記述
オリコンより

オリコンインタビュー



女優の小雪(39)が14年ぶりに連ドラ主演を果たすフジテレビ系『大貧乏』(毎週日曜 後9:00)が、来年1月8日よりスタートする。クールビューティーなイメージの強い彼女が、プチプラファッションに身を包み、2人の子どもと生活を守るため、巨悪に立ち向かう、たくましい“シングルマザー”役で見せる新境地に期待が高まる。実生活はドラマより1人多い3人の母親として育児、女優業に奮闘している小雪だが、このほどORICON STYLEのインタビューに応じ、知られざる夫婦の関係性や「生きる証」だという子どもたちへの想いなどを語ってくれた。



シングルマザーを徹底取材「着れなくなった服は小さく切って雑巾に」


――今回、14年ぶりの連ドラ主演となりましたが、どのようなスタンスで臨まれていますか。

「まだ手探りな状態ですが、スタッフ・キャスト、みんなの士気も高めないといけないし、全体の肝として周囲との関わり方、立ち位置をもっと広い視野でみないといけない。でも根底には、楽しむというところは変わらずにいたいですね。映画と違って瞬発力も試されるし、1日で撮らないといけないシーンも多いから大変ですけど、いい流れに乗る、みたいな楽しみ方をつくっていきたい」

――役作りのために周囲にいるシングルマザーの方々に話を聞いて、徹底リサーチを重ねたそうですね。

「そうなんです。スーパーでは六時半以降にいって肉とか野菜とか全部半額以下のものを買う、食費を節約して何曜日に買い物にいくかを決めたり、リサイクルショップで服を買ったり…。ただ、リアリティーを追求しすぎてもドラマのトーンが暗くなりすぎてしまうのでドラマ自体はあくまで楽しい、明るい方向性でいきたいですね」


――自身もなにかご家庭では“節約術”など工夫をされりしていますか。

「とりあえずスプラウトは3回育てますね(笑)。あと梅干しも自分で作ったり、子どもの着れなくなった服は小さく切って雑巾にしたり、使えなくなったタオルを袋にしたり…お裁縫も好きなんです。」

――小雪さんは主人公の七草ゆず子と同じ“母親”でもありますが、ゆず子と自身の共通点とは。

「私もたいていのことは自分でなんとかするタイプですね。うちでは、夫の仕事が忙しく、休みがとれなかったとしても、子どもが『寂しい』とか『なんでパパいないの?』とは言わないんです。そういう状態に私がハンドリングしています。お父さんがいれば、もちろん子どもはうれしいけど、いなくても楽しいっていう状況をつくっているんです。ゆず子も、なんでも自分でなんとかやっちゃうんだろうなと思います」

――ある意味、ゆず子も小雪さんも甘えベタな部分があるのかも…。

「甘えと惰性の境界線って難しいですよね。どんな友達や夫婦であっても距離感は大事だと思います。私はお願いごとでも敬語で話すし、距離感を持つようにしています。私自身が甘えベタなのかはわからないですが(笑)」

――旦那様である松山ケンイチさんも小雪さん同様に役者として活躍されていますが、互いに自立していることが夫婦円満の秘訣ということでしょうか。

「女性が自立していることは、家庭においても円満にいくコツだと思います。夫の仕事に対しても、『やりたいことはやればいい』という考え方なんです。もちろん、家族がどう思っているかは知っておいてほしいですが『やりたいこと』がどうしても変わらないなら、やった方がいいと思っています

出産、子育てを経て考え方が変化「時間の使い方もシビアに」


――劇中では務めていた会社が倒産し、崖っぷちに立たされたゆず子の原動力となるのが、愛する子どもたち。小雪さんにとってお子さんはどういった存在ですか。

「私にとってその存在が生きる証になっています。働く意味であり生きる意味。出産を経て、『仕事が1時間はやく終われば、子どもが寝る前に会える』と、時間の使い方もシビアに考えるようになりました。仕事も大事だけど自分の時間も、母としての時間も大事にしています」

――そんなお子さんを3人も育てるなかで、役者として影響を受けた部分はありましたか。

「母親役を演じるという面ではリアリティーが生まれましたね。ドラマとか映画より現実は大変だから。そしてなにより経験したことがないことを経験するのは、いいことだと思います。私の経験なんてちっぽけなものですが、挑戦し続けることが人間には大事なんじゃないかな」

――連ドラ撮影となるとより一層、お忙しくなると思いますがご家庭と仕事を両立させる秘訣とは。

「両立はできてるかわからないです(笑)。子どもたちには寂しい思いをさせるかもしれない。それでもやるしかないと思っています」


寂しくても、親が活き活き仕事をしていると子供って何か感じるものがあると思いますし、だから一緒の時間をより濃密に過ごしているんじゃないかなと。今期は夫婦同時に忙しいけど、それもまた松山家にとって新しいチャレンジだろうし、とにかく楽しく撮影頑張ってほしいです。
2016.12.7記述
しらべえより

世の中には売れっ子でありながら、「喜々として、ヘンな役を引き受ける」「過酷な撮影に身を投じる」「爆死必至な作品に出演する」などして、映画やドラマ好きの一部から「あれは○○の罰ゲームだ」と言われる俳優がいる。

そんなコメントをする人の中には「あの罰ゲームをやったから、こっちの作品に出られたんだな」と、まるで「罰ゲーム・バーター」が存在するかのような発言をする人もいるほどだ。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,360名を対象に「イケメンなのに『罰ゲーム作品に出演している』と思う俳優」を調査。投票結果をもとに、「罰ゲーム俳優」ランキングを作成した。


原文はこちら

≫続きをみる...

2016.12.7記述
スポニチアネックスより

001_20161207062311f84.jpg

女優の小雪(39)が無一文に追い込まれたシングルマザーを演じる。来年1月8日スタートのフジテレビ「大貧乏」(日曜後9・00)で、俳優の伊藤淳史(33)と共演。理不尽な社会に立ち向かう爽快なヒューマンコメディーだ。

 2人の子供を育てるシングルマザーの七草ゆず子役。勤める会社が突然倒産してしまい途方に暮れている時、伊藤が演じる元同級生の弁護士・柿原新一が「倒産には裏がある」と助言し、2人で真実に迫っていく。

 対照的な“デコボココンビ”。ゆず子は貧乏で足を使って走り回るシングルマザー。新一は年商107億円の敏腕弁護士で、知識と知恵で勝負する。身長の差も小雪は1メートル70、伊藤は1メートル62で8センチ。小雪は「全くかみ合ってないコンビになると思いますが、そのかみ合ってないところが面白くなると思います」と自信を見せた。小雪自身が3人の子供を育てる母親。「作品全体のビジョンとして、生きる強さ、生き抜く強さみたいなものを描ければ」と話している。

 伊藤は「僕自身も今まで経験したことがない役柄で、凄く楽しみにしています。今年は楽しい年にできるかもと思ってもらえるようなドラマにしたい」と話した。

昨日の女性自身に書かれていた作品ですね。こういう役やってほしいなと思っていたので一体どんな作品になるのか楽しみです。まさに同時間、旦那様と対決になりますが…両方ともチェックしますよ。フジのこの時間帯の番組は結構ハートウォーミングな作品が多いですよね。伊藤さんと恋愛?と思ったけどその行方も含めて楽しみです。ちょっとお母さんとお父さんも撮影が重なるので子供たちは大変かもしれませんけどね(^O^)

森義隆監督から見た松山ケンイチ
映画「聖の青春」で初めてお仕事ご一緒した森監督が感じる俳優松山ケンイチとは

メイキング001



≫続きをみる...

ケンちゃん乱入?東京国際映画祭
2016.11.1記述
第29回東京国際映画祭イベントレポートより

「この作品はフィクションとリアリティの狭間にあると思います。」CROSSCUT ASIA 『フィクション。』-10/31(月):Q&A

関係者みたいに映っておりますが全く関係ない俳優を生業としているイチ観客の人です(笑)

20161031飛び入り参加003


10/31(月)、国際交流基金アジアセンター presents CROSSCUT ASIA #03 カラフル! インドネシア『フィクション。』の上映後、モーリー・スリヤ監督、ラディア・シェリル(女優)さんをお迎えし、Q&A が行われました。

原文はこちら





ケンちゃん登場は動画開始から13分頃からです。「俳優をしている松山」という言葉を言った途端の観客席の前の人などが後ろを振り向いてみていましたね(笑)そして質問の最後はちゃんとお礼を言って、関係者の方が「聖の青春」もよろしくというフォローをしていただきケンちゃんも「よろしくお願いします」って(笑)



≫続きをみる...

2016.10.26記述
シネマトゥディより

008_20161026055052332.jpg



俳優の松山ケンイチが25日、六本木ヒルズで行われた第29回東京国際映画祭のオープニングレッドカーペットイベントに登場し、安倍晋三首相のことを「安倍マリオさん」と呼び観客の笑いをさらった。

 本映画祭クロージング作品『聖の青春』を引っ提げ、安倍首相、オープニング作品『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』に主演するメリル・ストリープと同じステージに立った松山は、大歓声に深々と頭を下げると「雨の中、足を運んでいただきありがとうございます。映画祭は僕にとってとても貴重な経験で、たくさんの方からエネルギーをいただいています。ありがとうございます」とあいさつ。
.

 そして、「大ファンのハリウッドの名女優メリル・ストリープさん、日本を代表する安倍マリオさん。間違えました。安倍首相と肩を並べさせていただいたことを光栄に思っています」と安倍首相がリオデジャネイロオリンピックで人気ゲームキャラクター・マリオにふんしたことをほうふつさせるジョークで観客の笑いを誘うと、「東京国際映画祭のクロージング作品に選んでいただいて光栄に思っています。今年の映画祭の顔の役割もあるのでとても幸せに思っています」と大役に臆することなく、その喜びをかみしめた。
.

 一方の安倍首相は、「レッドカーペットは国会のじゅうたんよりも歩いているとワクワクします。いよいよ東京国際映画祭がはじまるなという思いになります」と笑顔。オープニングセレモニーで本映画祭の開幕を祝うと、『シン・ゴジラ』に注目していることを告白。「萩生田(光一)官房副長官が『あれ参考になりますよ』とやけに勧めてくるなぁと思ったら、官房副長官が活躍する映画でした」と自虐的に語りつつ、「わたしもぜひ観たいと思います」と期待を込めていた。

 また出演作でオープニングを飾ったメリルは「この作品をオープニングに選んでくれたことをとても名誉に感じています」と感激しきりで、「できればこのまま残って全ての作品を観たい」とも。しかし、11月8日には「2016年アメリカ合衆国大統領選挙」が控えていることから、「残念ながらアメリカに戻って新しい大統領が生まれる瞬間を見届けなければいけません」と寂しさを吹き飛ばすウィットに富んだコメントで会場を沸かせた。(取材/錦怜那)
.

第29回東京国際映画祭は11月3日まで六本木ヒルズ、EX THEATER ROPPONGI ほかにて開催


雨の中、紋付き姿で大変だったと思いますが、「聖の青春」と書かれた(横書きなのね。だって左から右に書いてるから)扇子を常に広げてアピールしていましたね。あの文字はだれが描いたのかな?それぞれが書いた感じではないから…

時間かけてサイン書いていましたね~。本当に3人とも楽しそうに感じました。
そして、そして、ステージではメリル・ストリープと談笑してるケンちゃん(英語の勉強の成果が出てるのかしら?)安倍総理の隣で、しっかりケンちゃんらしいご挨拶をしてくれましたね。これは子供たちにもご両親も喜ばれたのではないかなと思いますし、村山聖九段もきっと驚かれたかもしれませんね。

私もメリル大好き♪(ハリウッド女優の中で一番好きな女優さんかもしれない)今回のドレスもかなり日本の留袖をイメージしたような鶴をモチーフにしてて素敵でした。

映画祭、「聖の青春」たくさんの人が村山先生に会いに来ていただきたいものです。

藤原竜也からみた松山ケンイチ
ホリプロの先輩でもあり、「デスノート」シリーズではライバルを演じ、ツーショットのときはいつもボケを担当?してくださる藤原竜也さんが感じる松山ケンイチとは…

007_20090820145056.jpg


≫続きをみる...

2016.10.18記述
映画.com ニュースより

009_201610181140102c0.jpg


2016年の映画賞の先陣を切る「第40回山路ふみ子映画賞」の各賞が、10月17日までに決まった。作品賞に当たる山路ふみ子映画賞は、李相日監督が吉田修一氏のベストセラー小説を自ら脚色した重層的なミステリー大作「怒り」。李監督は同じ吉田氏の小説が原作の「悪人」(2010)に続く2度目の受賞。同女優賞は、同作で鮮烈なインパクトを残した宮崎あおいに輝き2冠となった。

同新人女優賞は、ヒロインを務めた「ネコなんかよんでもこない。」と「ちはやふる 上の句」「ちはやふる 下の句」で抜群の存在感を放った松岡茉優が受賞。同文化賞は、興収200億円も視野に入る興行的な成功により、アニメーション映画の新たな可能性を切り開いた新海誠監督の「君の名は」が選ばれた。

同福祉賞には、電気も水道もない山で生涯を添い遂げようと決めた夫婦の25年を追った山口放送制作のドキュメンタリー「ふたりの桃源郷」に決定。同功労賞は、長年、日本を代表する監督と組んで映像表現を追求し続け、今年も「モヒカン故郷に帰る」、「クリーピー 偽りの隣人」などを手掛けた撮影監督の芦澤明子さんが射止めた。

また、主催する「山路ふみ子文化財団」への貢献を称え、女優の高橋惠子に財団特別賞が贈られることも決まった。贈呈式は11月25日、東京・新橋のヤクルトホールで開催される。


おめでとうございます。並みいる作品の中で何よりうれしい作品賞。そして宮崎あおいさんも女優賞おめでとうございます。ケンちゃん演じる田代がいるからこその愛子が輝いていたと思いますので何よりです。最初と最後の電車のシーンでのあの愛子の表情の、目力の変化は素晴らしかったですし、最初聞いたときは原作と違いすぎるので大丈夫だろうかと思っていましたがいざ、作品を見たら、そんな心配は吹っ飛びましたね。きっと謙さんも喜んでくださることでしょう(^O^)

「笑う警官」からの「ふたがしら2」での共演の大森南朋さんが感じる松山ケンイチとは。


009_20160907085932eae.jpg


≫続きをみる...

佐藤貴博Pから見た松山ケンイチ

チーム・デスのリーダー?いやチームGANTZか?佐藤P(笑)

002_20090603154753.jpg


いつもケンイチのことを見守ってくれている1人ですね。自分がかかわらない事でも常にケンイチの様子を見に来たり、何か受賞すれば真っ先にお祝いに駆けつけてくださる人であります。

そんな佐藤さんからみた松山ケンイチとは…

≫続きをみる...

「ダイドーブレンド 」CM
ダイドードリンコ株式会社のCMモデルになりましたよ~♪



ダイドーブレンドコーヒーの公式サイトはこちら

最終更新日:2016.9.21


≫続きをみる...

2016.9.21記述

9/17~25まで開催中の京まちなか映画祭にて「のようなもの」「の・ようなもののようなもの」が上映されます。

005_20160921110402ea3.jpg





会場:京都シネマ
上映日:9/24.25

詳しい時間などこちら

10月6日~10月15日開催される第21回釜山国際映画祭ガラ・プレゼンテーション部門に「怒り」が招待されました。

ポスター001



BIFF公式サイトはこちら


最終更新日:2016.9.18

≫続きをみる...

NANA」そして「怒り」で共演した女優・みやざきあおいさんが感じた俳優松山ケンイチとは



009_20160912101259032.jpg


≫続きをみる...

2016.9.12記述
シネマトゥディより

トロント映画祭005


現地時間10日、第41回トロント国際映画祭で渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡ら豪華共演で話題の映画『怒り』のワールドプレミアが行われ、宮崎、李相日監督と共に公式上映に参加した渡辺が、観客からの大きな拍手を受けて感極まった様子で男泣きした。

 『悪人』に続き、李監督が再び吉田修一のミステリー小説を映画化した本作。現場に「怒」という血文字が残された未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄を舞台に、それぞれの場所で前歴不詳の3人の男と出会った人々が“彼がその犯人なのか”と疑念と信頼のはざまで揺れる姿を描く。渡辺は、娘(宮崎)を深く愛しながらも長いことボタンの掛け違いがあった父親というこれまで以上に感情的に深い役柄に挑んでおり、全身全霊で打ち込んだ撮影を「簡単ではく、楽しくはなかった」と振り返っていた。

 上映後のQ&Aで舞台に上がった後も涙をこらえ、「言葉を見つけるのが難しい……」と絞り出すように語り、さらに大きな拍手を贈られていた渡辺。その後の囲み取材では「1回目に観たときよりも、ものすごく温かいものを感じたんです。最初はどうしても暴力だとかつらい方に心を奪われてしまいますが、2回目を観たときにこの監督は本当に優しい人なんだ、温かいものを届けたいんだな、というのをすごく感じたんです。それに胸倉をつかまれた感じがあって、ホロっとさせられました」と打ち明け、「もちろんその後にたくさん温かい拍手をいただいたので、『すごい映画なんだな、この映画は』と再確認しました」と海外の地であらためて作品の真価に触れることができたと続けた。


 同じく鑑賞するのはこれが2回目だったという宮崎も「また前回とは違うところで感情を動かされました。今回はお父ちゃん(渡辺)の思いがすごく伝わってきて、悲しくなったり、申し訳ない気持ちになったりしながら観ていました」と瞳をうるませる。李監督も「(観客と一緒に映画を観ると)どうしても後頭部を見てしまうのですが、最初は笑ったり、緩い感じで観ていたのが、映画が進むにつれてどんどんどんどん皆が皆、スクリーンに真っすぐ向いていっていて」と確かな手応えを感じたようだった。(編集部・市川遥)


第41回トロント国際映画祭は現地時間18日まで開催


世界の人たちにも共感する部分が作品の中にあったのではと思います。謙さんが感無量される姿にどうか日本でもたくさんの人に観てもらって評価してもらえるといいなぁ~いよいよカウントダウンですね。
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .