感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2016.8.23記述
毎日新聞より


20160822かかしロード

青森市から今別町までの国道280号沿いにかかしを並べるイベント「第10回かかしロード280」が27日に開幕するのを前に、青森市羽白のJA青森本店向かいの水田地帯に22日、高さ約8メートルの巨大なシンボルかかしが登場した。

 ねぶた師の北村蓮明さん一家が手掛けたもので、今年のモデルは昨年放映されたテレビドラマ「ど根性ガエル」の主人公ひろしを演じた俳優・松山ケンイチさん(むつ市出身)と平面ガエルのピョン吉だ。

 かかしは約300体並ぶ予定。沿道の稲穂が金色に実る中、9月末まで道行く人の目を楽しませる。【一宮俊介】

面白いイベントですね。これは松山家の本人は勿論だろうけど、親族もさぞ嬉しい出来事ではないかと思います。なんか私だったら、道路を通るたびに思わず笑みがこぼれてしまいそう。



スポンサーサイト
ど根性ガエル DVD-BOX/Blu-ray BOX 2016年1月20日発売!です。

010_20150919080257148.jpg




DVD box
6枚組(本編Disc5枚+特典Disc1枚)
VPBX-29940  価格:17,200円+税
本編約470分+特典映像/カラー/ステレオ/
ドルビーデジタル/片面1層/16:9ビスタサイズ/
日本語字幕(本編のみ)

ご購入はこちら

blu-ray box
6枚組(本編Disc5枚+特典Disc1枚)
VPXX-72977  価格:22,000円+税
本編約470分+特典映像/カラー/ステレオ/
リニアPCM/片面1層/
16:9 1080i High-Definition/
日本語字幕(本編のみ)

ご購入はこちら

共通特典

<特典ディスク収録内容(予定)> ※DVD&Blu-ray共通
■メイキング
■イメージスポット
■ゴリライモ(新井浩文) ゴリラパンプレゼントイベント密着
■ゴリラパン楽曲集
1「ゴリラパンのうた」ゴリライモver.
2「ゴリラパンのうた」五郎ver.
3「ゴリライモ選挙のうた」ゴリライモver.
<封入特典>
■24Pフルカラーブックレット
■第1話台本(縮刷版)
※内容・仕様等は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。
※レンタルDVD Vol.1~5同時開始



ゴリライモパンの歌が収録されているのかぁ~これは音楽として?
映像付き?ゴリライモファンはたまらないでしょうね~。なんと言っても楽しみなのはメイキング。
≫続きをみる...

2015.10.21記述

004_20151021084802c72.jpg


今月のギャラクシー賞に「ど根性ガエル」が受賞しました\(^o^)/
「ど根性ガエル」以外に受賞したのはドキュメント2作品とドラマ「民王」の4作品です。
数多あったドラマ、視聴率的には「ど根性ガエル」よりも高かった作品もある中での受賞。「銭ゲバ」に続き嬉しいですよね。
見る人が見たらちゃんと作品の伝えたかった事が伝わったという事だと思います。

この受賞に関しての詳しい情報は「GALAC」2015年12月号に掲載されるそうです。
これは楽しみ♪

2015.9.17記述
ORICONSTYLEより

俳優・新井浩文が日本テレビ系連続ドラマ『ど根性ガエル』(毎週土曜 後9:00)で演じている“ゴリライモ”として都内3ヶ所に登場。劇中で自らが社長として運営するパン工場『ゴリラパン』のパンを集まったファンにプレゼントした。この日は巣鴨、日比谷公園、東京ソラマチを周り、本物の“ゴリライモ”を一目見ようと1000人以上が列をなす大盛況ぶりをみせた。

20150915ゴリラパン005


 ドラマでも登場する移動販売車『ゴリラパンカー』でやって来て、まるで物語から抜けだしたような出で立ちの新井にファンは大興奮。予定数のパンを配り終えても続く行列に、急きょ、オリジナルノート配布で対応する一幕も。あまりの人気ぶりに新井も「僕もびっくりしました。これだけ『ど根性ガエル』を観てくれてゴリラパンを欲しいと言ってくれる人がいるのはありがたいことです。子どもに役名で呼ばれるのはうれしいですね。そういう経験を今までしたことがなかったので」と驚いた。

 今回の企画は自身の希望によって実現されたもの。「劇中の車で衣装もまんまだし、子どもの年によっては俳優としての仕事を理解していない子もいるので『あ、ゴリライモだ』って本当にいるんだと思ってもらえれば」と満足げな新井。一方、事前告知もしていただけに、新井に内緒で主人公・ひろし役の松山ケンイチやヒロイン・京子ちゃん役の前田敦子など出演者が貰いに来る…という展開も期待されたが『あっちゃんはこないの?』って数十人に聞かれました。誰か来ると思ったのに誰も来なくて逆にびっくりしました」と“不発”を嘆いてみせた。

 いよいよ19日には最終回を迎える同ドラマ。ピョン吉がいなくなってしまった後も淡々と過ごすひろし。そんななか、町ではいろいろな家から食べ物が少しだけ盗まれるという事件が発生する。犯人はピョン吉? どこかで生きているのか? 新井は「『ど根性ガエル』というタイトルなだけにピョン吉ありきのこの物語。ハッピーエンドかバッドエンドかピョン吉がどうなるかを観ていただきたい」とアピールした。

当日ツイッターのフォロワーの人も結構貰いに行った人もいたりして、こう言うとき東京は何かとうらやましいなと思ったりもします。ゴリライモ社長自ら手渡しでゴリラパンがもらえるなんて、素敵なイベントをしてくださって…社長はパンが余らないかと不安をつぶやいておりましたが(笑)んなわけないでしょう。こういうイベントを考えて実行してくださったゴリライモ社長と河野Pに感謝ですね。本当にサプライズでひろしが来るかも?と思ったりもしたけど、既に次の役に入っているだろうし、撮影も始まっているだろうから、本人が行きたくてもいけない状態だったのかもね。

社長、なかなか子供が見る作品に出演される事がないと思うので、今回ある意味こんな体験初めてだったことと思います。きっと子どもたちは大人になってもこの日の事を忘れる事はないと思います。素敵なドラマに、大人や子供たちに思い出をありがとうございます。


2015.8.5記述

22日、23日放送された24時間テレビに「ど根性ガエル」のチームが募金をもって会場に来てくださったみたいですね。
私は残念ながら24時間テレビ全く観てなかったんですけど(汗)動画UPしてくださった方に感謝します。

24時間テレビ ど根性ガエルチーム登場 あっちゃん... 投稿者 erokb48

ダメな男だけど魅力的
2015.8.24記述
朝日新聞beテレビより

20150822朝日新聞



≫続きをみる...

2015.8.5記述
週刊文春8/6号「見もの聞きもの テレビ健康診断」にて

002_20150817091539ea4.jpg



かつてど根性キャラで人気者だった少年が、いまじゃ職なし、やる気もゼロの三十男だ。そんな主人公ひろしを松山ケンイチが演じる。
脚本は岡田惠和。ジョージ秋山のマンガ『銭ゲバ』ドラマ版で、すでに松ケンとの相性の良さは実証ずみだ。すごかったな、『銭ゲバ』。残虐性、疾走感、悲哀。そのどれもが、原作とは趣を違えた過剰さにあふれ、強いインパクトを残した。

アニメ版の16年後が舞台だ。
Tシャツに貼りついた平面ガエルのピョン吉(満島ひかり)と活躍してころの覇気が失せたひろしに、母ちゃん(薬師丸ひろ子)もピョン吉も呆れるばかり。

ていねいに手でTシャツを洗ってくれる母ちゃんに、ピョン吉が問いかける。「なんでオイラ、ずっと生きてるんだろ?」。カエルの寿命は4年なのに。「オイラ、平面ガエルになって16年だ」。母ちゃんは「そりゃまた、本格的な質問だね」と応える。ピョン吉はカラダの衰えに気づいている。ダメひろしを全力で助けた後に、ピョン吉の左目はペラッと剥がれそうになる。そのたびに「根性、根性!」で貼りつけるが、「オイラ、もうすぐ寿命なんじゃねか」と猫に弱音を吐く。

16年がたち、登場人物も相応に歳をとったが、基本は変わりない。寿司屋の梅さん(光石研)は、よし子先生(白羽ゆり)にまだプロポーズできないし、町田校長(でんでん)は何かといえば「教師生活41年」だ。弟分の五郎(勝地涼)は警察官になったが「先輩、ダメでやんすよ」の口調はそのままだ。

下町の片隅に生きる人々の人情の機微と生活は一見、何の変化もない。少なくとも、バカで繊細さを欠いたひろしには、明日も来年もこの光景はつづくとしか思えない。偶然ピョン吉の目がTシャツから剥がれかかる場面を見た母ちゃんは「永遠につづくもんなんてないんだよ」と怒るが、ひろしには通じない。

アップに遠景にと、随所に東京スカイツリーの姿が挿入される。街も激変しているのだが、ひろしは気づかない。人も変わる。憧れの京子ちゃん(前田敦子)は離婚して、街に戻ってきた。性格も変わった。ガキ大将だったゴリライモ(新井浩文)はパン工場の若社長だ。明るい下町におびただしい死の気配が蠢く。ひろしだけが気がついていない。その愚かさ故に、誰もがひろしを許し、愛している。文句なしの今季ベスト作だ。

関連
「松ケンよ、これは現代の「罪と罰」なのか?! 」

「銭ゲバ」の時もちゃんと物語の本質をご覧になってて、ケンちゃんの演技、岡田さんの脚本を正しく評価してくださったんですよね。そして今回の「ど根性ガエル」も松ケン・河野・岡田のタッグ再びで楽しみにしてくださって、今期ベストと折り返し前だけど断言してくださってて…

さて、後半戦、ひろしとピョン吉の運命がどうなって行くのかドキドキしながら見届けていきたいと思います。

2015.8.2記述
TVクリップより

「ど根性ガエル」 日本テレビ 土曜午後9時


TVGplus001_20150802135439f47.jpg
(写真と記事は関係ありません)


 ドラマの「ピョン吉」Tシャツ姿を想定していたら、オシャレなスーツ姿でさっそうと登場。劇中のハイテンションさとは異なる静かな語り口で、初めて実写化を聞いたときのことを語り始めた。

≫続きをみる...

2015.7.30記述
スポニチアネックスより

008_20150730090350bd0.jpg


日本テレビの連続ドラマ「ど根性ガエル」(土曜後9・00)で、俳優の勝地涼(28)が演じている警官の五郎が使う「やんす」言葉が、子供たちを中心に人気を呼んでいる。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の“前髪クネ男”役や「プロミス」CM出演、CDデビューなどで若いママを中心に人気が出ている勝地だが、今回の役どころで子供たちにも支持層が広がりそうだ。

 夏休みとあって、ドラマのロケ地には多数の親子連れが見学に訪れている。横浜市港北区で行われた26日の撮影では、子供たちから勝地に「やんすー!!」の掛け声。勝地は笑顔で子供たちに近づき、しばし“交流”。子供たちは「五郎」ではなく「やんす」で勝地を認識。特に気にならないようで、「やんす、好きか?」「うん、ピョン吉の次に好き」「なんだ、2番目かよ」などと会話を交わした。

 “やんすポーズ”も伝授。「まず左手を腰に当てて、横を向いて、顔だけ前を向けて敬礼する」と手取り足取り指導。最後は見事に全員でポーズを決めた。

 「やんす」はもともと、上方の遊女が使っていた言葉。原作者の吉沢やすみ氏(65)は特に語源を調べたわけではなく、感覚的に下町風の言葉として義理人情に厚い五郎にあてがった。

 勝地は「最初は不安でした」と振り返る。時代がかった言葉で、現代劇の中で成立するのか分からなかったからだ。「ところが(主人公ひろしを演じる)松山ケンイチくんとテストで会話をしたら凄く自然で。これはイケると思いました」と笑顔で話した。

 子供たちは、無料通信アプリ「LINE」で友達に「塾でやんす」と知らせたり、親に怒られたときに「ごめんでやんす」などと使って楽しんでいる。ユニークなドラマも話題なだけに、年末の新語流行語大賞で「やんす」が注目を集める可能性もある。

 ▼やんす もともとは上方の遊女の言葉という説が有力。江戸時代後期には、町人の丁寧語として使われるようになった。滋賀を中心とした近江商人の言葉が発祥という説もある。「あります」の発音が変化したものとも言われている。

さんま御殿で勝地さん、役名よりも「勝地涼」という名前を認識して欲しいと言っていましたよね。対してケンちゃんは逆に役名で呼ばれることは嬉しいと言って、勝地さんも「えっ!?」という感じでしたよね(^O^)この撮影で、少し変化あったでしょうか?でもケンちゃんはその役名に固執する事はしません。次の作品の時にはエキストラに対しても「〇〇(今だとひろし)を愛してください。応援してください」といいますからね。

役名をいわれるということは俳優さんにとっては痛し痒しかもしれないけれど、それだけ視聴者に愛されていると言うバロメーターでもありますからね。それに自分が潰されるんじゃなくてそれも含めて更に魅力的な役を演じ続けていけばいいと思います。五郎本当に勝地さんにぴったりで「やんす」に違和感がないですもんね~♪

2015.7.21記述
スポーツ報知 Lady Life Love No,113より

20150721スポーツ報知L
俳優の松山ケンイチ(30)が主演する日本テレビ系「ど根性ガエル」(土曜9時)が11日にスタートした。「子供だった(主人公の)ひろしらの16年後はどうなっているのか、彼らの人間模様を含めて見どころ満載です」という。ひろしのTシャツに貼り付いた平面ガエルのピョン吉は、CGによって飛び出すような動きをする。それに対応する難しい演技も要求されるが、ピョン吉の声を担当する満島ひかり(29)の存在が"救い"となっているようだ。また、映画「カムイ外伝」(崔洋一監督)で共演した小林薫(63)から薦められた坂口安吾の「堕落論」は、今ドラマでも参考になったと言う。



≫続きをみる...

2015.7.18記述
NEWS ポストセブンより

映像における特殊効果の技術革新は、ドラマの常識をも変えるかもしれない。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。


≫続きをみる...

2015.7.17記述

河野P


Tシャツに貼り付いてしまったカエル・ピョン吉がど根性で生きて行く人気アニメ『ど根性ガエル』(原作は吉沢やすみの漫画)。70年代に誕生し、いまなお愛されているこの作品が実写化された。

漫画やアニメの設定から16年経過し、登場人物はみんな大人に。ひろし(松山ケンイチ)は30歳にもなって無職のダメ人間。京子ちゃん(前田敦子)は離婚して実家に帰ってきた。梅さん(光石研)は52歳のいまもなお、よし子先生(白羽ゆり)にプロポーズできず。ピョン吉(声・満島ひかり)はいよいよ寿命が近づいてきて……と、ど根性だけで突破できない問題に直面した面々が右往左往する姿をユーモアいっぱい、でも少し切なさも盛り込んで描く。

胸のなかでアニメが動き、ドタバタと暴れている松山ケンイチが不思議とまったく不自然でない。2015年の下町に生きている人間として当たり前に見えてしまった。無理してアニメの年齢設定にしてないからか、アニメとの違和感も感じない。これは相当、丁寧に考え抜いたうえで制作されたのだろう。

ドラマをプロデュースしている河野英裕は、これまでも『すいか』『Q 10』『銭ゲバ』『妖怪人間ベム』『泣くな、はらちゃん』など、原作もの、オリジナル問わず、貧しい人もそうでない人も、人間、妖怪、ロボット……この地球に生きるあらゆるものたちに眼差しを向けてきた。

そのなかで『ど根性ガエル』は、彼のこれまでの集大成になりそうと語る河野の、ほんとうにつくりたいドラマとはどういうものなのだろうか。

原文はこちら


≫続きをみる...

2015.7.16記述
ORICONより


モグラ002


俳優の柄本時生が、現在放送中の日本テレビ系連続ドラマ『ど根性ガエル』(毎週土曜 後9:00)に出演すること16日、明らかになった。柄本が演じるのは、ドラマではまだ描かれていない原作の主要キャラクターで、ガキ大将だったゴリライモ(新井浩文)の子分的存在『モグラ』。花火職人となったモグラは、ゴリライモの陰に隠れてずるがしこく立ち回り、主人公・ひろし(松山ケンイチ)とけんかばかりしている…という設定だ。

 同作は、1970年に『週刊少年ジャンプ』で連載開始し、72年にスタートしたアニメも大ヒットした人気漫画を初めて実写化。原作から16年後の世界を描くオリジナルストーリーで、主人公の“ダメ男”になってしまったひろしを松山が務めるほか、ひろしのTシャツに貼り付いたピョン吉の声優を満島ひかり、ヒロインの京子ちゃん役の前田敦子らが出演している。
 柄本と前田敦子といえば、同局連ドラ『Q10』(2010)で共演して以来、同じく共演の池松壮亮、高畑充希とともに『ブス会』を結成し、プライベートでも親交が深いことが知られている。松山や新井とも多くの作品で共演しているため、撮影は“途中合流”ではあるものの最初から『モグラ』がいたかのような和やかな雰囲気で行われた。柄本は31日放送の第4話より登場する。

出ました!時生さん。今回はひろしとどんな絡みを見せてくれるのかな?お楽しみなのはメイキングだったりもします(笑)
あっちゃんも、仲間が参加してくれて心強かったかな?どんなキャラになっているのか、色んな意味で楽しみですわ。
『ど根性ガエル』関連情報
国民的人気漫画『ど根性ガエル』が、7月期日本テレビ系土曜21時枠の連続ドラマで放送。



「ど根性ガエル」公式サイトはこちら
「ど根性ガエル」ツイッターは
こちら




Tシャツプレゼントもあるようですよ~♪

最終更新日:2015.7.10



≫続きをみる...

2015.7.10記述
cinemacafenetより

いよいよ11日(土)より日本テレビにて放送が開始される松山ケンイチ主演の「ど根性ガエル」。本日7月10日(金)、ヒロイン・京子ちゃん役の前田敦子が誕生日を迎え、一日前の9日(木)、撮影現場にて松山さんからサプライズで“築地セット”が贈られていたことが分かった。

あっちゃん誕生日002


物語の舞台は2015年の夏。14歳だったひろしも30歳になりすっかりダメ男に成長。シャツにはりついた相棒のピョン吉も心配で「根性だせよ!」と言い続ける毎日…。そして、京子ちゃんやゴリライモ、五郎や梅さんなど、皆もすっかり大人になった。そんな周りの仲間を巻き込んで、笑いと涙とアクション満載で繰り広げられる人間とカエルの物語が描かれる。

主人公のひろしを演じるのは松山さん、ピョン吉の声に満島ひかり、京子ちゃんに前田さん、五郎役に勝地涼、ゴリライモ役に新井浩文、ひろしの母ちゃん役に薬師丸ひろ子ら豪華キャストが集結している。

あっちゃん誕生日001


現在撮影真っ盛りの本作。この日、撮影が終わると、突然「明日は前田敦子ちゃんお誕生日です!」と掛け声が。新井さんら共演者から大きなひまわりの花束が贈られ、感激した様子の前田さん。さらに主演の松山さんからは、謎の大きな白い箱が手渡され、恐る恐る開ける前田さんだったが、中身を見て大喜び! その中身とは貝が大好きという前田さんのために用意された、仕入れたばかりの“築地セット”。毛ガニ、中トロ、さざえ、はまぐり、ツブ貝、舌平目、そしてテリーさんの卵焼きが入っていた。

前田さんは「まさか、このタイミングでお祝してだいただけるとは思っていなかったからびっくりしました。現場で、お誕生日を迎えられるのは本当に嬉しいです!」と満面の笑みを見せた。

1970年に少年ジャンプで連載開始、2年後にはアニメ化されるなど国民から愛されてきた本作。30歳を迎えたひろしを始めとした各キャラクターたちの“今”を確かめてみて。

「ど根性ガエル」は、7月11日(土)より毎週土曜21時~日本テレビにて放送。


わたし、意外とあっちゃんの演技してる姿は嫌いではないですね。今回のドラマで今までとはまたひとあじもふたあじも違うあっちゃんを見せて欲しいなと思います。プロモーションも頑張っていましたしね(^O^)

2015.7.10記述

本日朝からケンちゃん、精力的にプロモ活動頑張っております。
関西では見れない番組もあったりして(放送がローカル局に切り替わって見れなかったりも含め)

既にUPしてくださっているものを、感謝します。(消されるかも知れないしね)


PON


素麺カボチャ、何度か食べたことありますよ(笑)パンチはないけどまずくはない。
結局あっちゃんも他の皆もあのキャンデー食べて大変でしたね(笑)お疲れ様でした。


「前向きに」ピョン吉と
2015.6.29記述
読売新聞日曜版よみほっとTVより

20150628読売新聞001


「クール」なことがかっこいいされる今、「ど根性ガエル」は座りが悪い。「本気で生きなくても成立している世の中なのかな。ピョン吉は『生きることに前向きになれ』と応援しているような気がする」という。


かつての人気アニメのドラマ化。Tシャツに「平面ガエル」のピョン吉をつけた主人公・ひろし役だ。このひろし、子供の頃と変わらず自由奔放。「やっぱりダメ男」とは言うが、決して否定的には捉えない。「笑ったり、泣いたり、怒ったり。生き生きしている人間」だからだ。

いろいろな局面で悩むひろしの背中を押すのは、「平面ガエル」なのに真面目で常識的なピョン吉の叱咤激励だ。個人的にも、他人から良くなかったと指摘された点はちゃんと聞くのがモットー。「自分では気付いていない部分、発見できていない部分だったりするので」という。


自分でダメなところは、へりくつばかり言うことらしい。「でも、もう少しまともだったら、ここにいなかったかも」。そう。役者の世界も「ど根性ガエル」の世界と同じ。自由奔放に生きてなんぼ、なのだから。


とても良い表情の写真だなぁと。ドラマ化に対して引き気味だった人達も映像を実際見ると結構以外にマッチしてるという感じで期待値が上がってきているようですし、ハチャメチャなひろしがどうなるのか楽しみですよね。

あっ、ちなみに来週は重盛(窪田さん)が紙面のインタビューです(^O^)

2015.6.26記述
cinemacafenetより

006_20150626051949416.jpg


俳優・松山ケンイチが主人公を務め、1970年に少年ジャンプで連載開始、2年後にはアニメ化された人気作を、オリジナルストーリーとして実写ドラマ化する「ど根性ガエル」。この度、本作のオープニングテーマ曲がアニメでお馴染みの“「ど根性ガエル」のテーマ曲”に決定。さらに、松山さんをはじめ豪華レギュラー出演者10名が熱唱していることが明らかになった。

物語の舞台は2015年の夏。14歳だったひろしも30歳になりすっかりダメ男に成長。シャツにはりついた相棒のピョン吉も心配で「根性だせよ!」「ど根性ガエル」は、7月より毎週土曜21時~日本テレビにて放送。と言い続ける毎日…。そして、京子ちゃんやゴリライモ、五郎や梅さんなど、皆もすっかり大人になった。そんな周りの仲間を巻き込んで、笑いと涙とアクション満載で繰り広げられる人間とカエルの物語が描かれる。

主人公のひろしを演じるのは松山さん。ピョン吉の声を務めるのは『駆込み女と駆出し男』の好演が記憶に新しい満島ひかり。京子ちゃん役を務めるのは、『さよなら歌舞伎町』『イニシエーション・ラブ』など立て続けて話題作に出演する前田敦子。五郎役を、ドラマ「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」に出演していた勝地涼。母ちゃん役を、先日、橋本環奈を主演に、シリーズのその後のストーリーの映像化が決定した『セーラー服と機関銃』の薬師丸ひろ子が務める。

今回発表されたオープニングテーマ曲は、彼らを含めたレギュラー出演者総勢10名による合唱曲。アニメで歌われていた「ぴょこんぺたんぴったんこ~ トノサマガエル アマガエル カエルにいろいろあるけれど~ この世で一匹!」という懐かしい「ど根性ガエル」のテーマ曲が、音楽を担当するサキタハヂメのアレンジによって蘇り、ドラマのオープニングを飾る。

さらに、本オープニング曲の大合唱をバックに、ドラマ本編映像が番組公式サイト上で解禁されるとのこと。

また、本作の主題歌が「ザ!クロマニヨンズ」の「エルビス(仮)」に決定。9月9日(水)にリリース予定の本シングルは、疾走感あふれるロックンロールに仕上がっており、ドラマのプロデューサー河野英裕は主題歌決定について「ザ・クロマニヨンズのロックンロールが、土曜の夜に、日本中に、テレビの中から鳴り響く。想像しただけで、それだけで夢のようで。『エルビス(仮)』最高です」と熱いコメントを寄せた。

「ど根性ガエル」は、7月11日(土)より毎週土曜21時~日本テレビにて放送。

何故か「ど根性ガエル」の名前を聞けば浮かんでくるのがこの歌。そして個人的には何故かこの曲を聞くと思い浮かぶのが地元にある「私市」の駅前の風景と子供の頃良く行った郡津のお寿司屋さん(今もあるのかしら?)。何でだろうと思うけど刷り込まれているんですよね、いまだにこのキーワードを見るとね。(笑)

キャストが全員で歌うって言うのは以前生田斗真さんが出演していたドラマ「遅咲きのヒマワリ」でありましたよね。一体どんなOPに仕上がってるのか、まだ公式更新されてないみたいですけど、楽しみです。そしてエンディングがクロマニヨンズ、河野さん頑張りましたねぇ。いつも音楽に関してもこだわりのある方なので良いお仕事されてますよ。こちらの曲も楽しみ。



動画UPに感謝♪

2015.5.31記述
web R25より


003_20150531230427bbb.jpg


今年7月にスタートする日本テレビ系のドラマ『ど根性ガエル』のキャストがネット上で話題となっている。

原作の漫画『ど根性ガエル』は、Tシャツに張りついて“平面ガエル”となってしまったピョン吉と中学生のひろしを中心とした物語だが、今回ドラマ化されるのはその16年後の世界。30歳になった主人公ひろしを演じるのは松山ケンイチ。マドンナ役の京子ちゃんは前田敦子、ひろしの後輩で警察官になった五郎は勝地涼、ガキ大将だったゴリライモは新井浩文が演じる。

主演の松山といえば、『デスノート』のLや『GANTZ』の加藤勝など、漫画の実写化作品への出演も多い。また前田敦子もトヨタ自動車のテレビCMで『ドラえもん』のジャイ子役が印象的。なんとなくマンガ実写化で演じるイメージが強い俳優陣だが、ツイッターでは、

「前田あっちゃんには罪は無いがキャスティングがダメ過ぎて駄作になるのが目に見えてる」
「確かにあの雰囲気や個性あるキャラクターを実写で・・・となると・・・とはいえ興味あり」
「松山ケンイチと新井浩文の俳優対決はメッチャ興味深いがその土俵が、ど根性ガエル とは」

など、不安と期待が入り混じった意見が寄せられている。

そして、現時点でまだ発表されていないのが、ピョン吉のキャストだ。平面ガエルのピョン吉をどのように表現するかも不明だが、ツイッターでは、

「これだけCGが発達した時代ならけっこううまく映像化できるんじゃないかと期待している。懐かしいなぁ。ぴょん吉の声、誰なんだろ」
「発表がないけど、ぴょん吉の声はアニメと同じ千々松幸子さんかな?」
「ぴょん吉の声が変わってたら嫌なんですけど」

などと、ぴょん吉の声を誰が担当するのかという点に興味が集中。アニメ版でぴょん吉を担当した千々松幸子を推す声がある一方で、

「ぴょん吉の声は、、阿部サダヲさんかニノか??」
「ぴょん吉の声は阿部サダヲ的な事をするんやろうな☆」

と、映画『寄生獣』のミギーの声を担当した阿部サダヲや映画『暗殺教室』の殺せんせーの声を担当した二宮和也を予想するネットユーザーもいた。

ちなみに、ドラマの公式サイトの「ピョン吉」の紹介文には、

「ひろしのシャツにはりついてしまった、平面ガエル。
ど根性で何事にもぶつかっていく。
そんなピョン吉にある異変が起きる!」

とあり、原作から時を経て、何らかの変化が生じることをほのめかしている。どんなピョン吉が登場するかも気になるところだ。
(R25編集部)

まぁ、確かに…ぴょん吉の声も気になるし、一体どんな感じになるんだろうと言うのも気になります。
もう、ここまできたら、思い切り振り切った演技で荒唐無稽な作品を楽しんで作って欲しいです。
と言ってもいろんな意味OAまでドキドキなんですけどね。

「ど根性ガエル」キャスト情報
日テレドラマ「ど根性ガエル」のキャスト情報です。分かり次第更新予定。


最終更新日:2015.5.28

≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .