感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています

鑑賞記録
1回目 2017.9.23
2回目 2017.9.25
3回目 2017.9.30
4回目 2017.10.5
5回目 2017.10.10

初日001



ペット同伴のペンション&カフェを営んでいる亮介。恋人の千絵と幸せな時間を過ごしていたある時、突然、千絵が自分の元から消え、そのショックも冷めないうちに、父親洋介が末期がんということを告げられる。ある日、自宅の父の部屋から見つけた一冊のノート。「ユリゴコロ」と書かれたノートには、ある人物が書いたと思われる信じられない内容が綴られていた。それからは、仕事に戻っても、そのノートのことが気になって仕方のない亮介。度々、父親を口実に実家に戻ってはそのノートを読み進めていく。

読んでいくうちに、それを書いた人物は自分の母親ではないかと思い始める。母の人生、そして自分の生い立ちを知らされることとなり、苦しむ。そんなある日、千絵の以前の仕事仲間だという細谷という女性がシャギーヘッドにやってきた。千絵から頼まれたと伝言を亮介に伝える。その女性をなぜかとても気になる亮介。そしてついに亮介は父親にノートのことを話す。そこから母親と父親のその後の話を聞かされショックを受ける。千絵を助けるために、湧いてくる殺意。そして衝撃の真実が…

映画という決められた時間の中で、この難しいテーマの作品をどう収拾させるのか?どうしても原作のままというわけにはいかないので、原作と比べて半分くらい改編されています。

とはいっても、物語の核の部分はちゃんと盛り込まれているので、原作を読んでいる方も「そう来ましたか」と感じてもらえると思います。よくPG12での公開ができたなと思うほど、特に前半はリストカットや嘔吐(拒食症による)シーン、そして人が死ぬシーン、ムカデやカエルや虫など、メンタルが弱い人、血が苦手な人にとっては、苦痛の何物でもないシーンがひたすら続きます。

しかし、そこは何とか踏ん張って退席しないでほしいのです。ここを乗り切ってもらわないと、この作品の本当の物語がわからなくなるので、がんばってください。それを超えて、ケンちゃん演じる洋介と美紗子が会うシーンから物語が本当の意味で進んでいきます。虫なども登場しますし、この作品のキーパーソンであるオモナミ(原作ではヌスビトハギ)なども出てきます。

映像がまた印象的で、暗いシーンは本当に暗く、血などはより赤く、美紗子の心理状態で明暗のメリハリが効いていて、現代パートは全体的にパステルの雰囲気というかこちら亮介の心理状態で変化させてるのかなと思ったりしました。

2回目に行った時、友人と一緒だったんですけど、友人も「もし1人やったら、途中でリタイヤしていたわ。でも事前にケンちゃんが出てくるまで頑張れ、そこを乗り越えないと容赦のない愛の意味が分からないよと、mayに言われたから、踏ん張ったけど、その意味が分かったわ。あのシーンを乗り越えないとたどり着けんかった」と。

あと、友人が「この作品で、ケンちゃんが凄い役者だということを本当の意味で分かったわ」とも。いままでも、いい役者さんだということは言ってくれていたけれど、本当に松山ケンイチではない、洋介として違和感なく美紗子にそして亮介に容赦のない愛を与えていたと。

愛というのは暖かくも、冷徹にも、残酷にもなる。愛する人を守るために再び封印されていたユリゴコロを呼び起こす。その先にあるものとは。単なるミステリーでも恋愛映画でもない、愛の苦しみの先の光を感じてほしいです。

そうそう、エンドロールでケンちゃんの名前が最後(役者さんのクレジットのラスト)に出て来てなんだかそれも感慨深いものがありました。関ケ原の時も最後から2番目(最後は役所広司さん)でそれも短くて特別出演にもかかわらずでのあのクレジットにそれほどの役者さんになりつつあるんだなと思いました。

この先はネタバレになるので、これから作品を見る予定の方、ネタバレがいやな方はお引き取り下さい。
あくまで私自身が感じた感想になります。


≫続きをみる...

スポンサーサイト
2017.10.2記述
THE VOICEより

「ずっと天気が悪く、重たい空気を感じたから、自然とウエットな芝居になっていった」(吉高)

― 「ユリゴコロ」で吉高さんが演じられた美紗子は殺人が生きるための“拠りどころ”になっている女性で松山さんが扮した洋介は過去の罪の意識から逃れられない男性です。

The voice001


吉高:幼少期に虫を殺したことがある人でも、ある程度の年齢になれば、その残酷な行為が気持悪くなると思うんです。でも、美紗子の場合は殺したときの興奮がエスカレートして、その衝動が剥き出しのままなんですよね。

松山:僕が演じた洋介は、不幸を詰め込んだようなキャラクターだと思いました。ただ、周りの人からは可哀想とか憐れに見えても、本人は穏やかだったりするんですよね。



― 演じる上で心がけたことは?

The voice002

吉高:役作りみたいなことは特にしてないですね。撮影が残暑のころに始まったし、ロケをした群馬もずっと天気が悪く、重たい空気を感じたから、自然とウエットな芝居になっていった。

松山:僕は撮影前に熊澤尚人監督から「痩せてくれ」と言われて。『聖の青春』の増量から元に戻ったところだったけど、洋介の設定を考えると確かにもっと痩せた方がいいので、そこから減量しましたね。

吉高:しかも、寝てなかったよね。

松山:洋介が寝てない設定だったから、毎晩ゲームをしながら気絶するまで起きていた。

吉高:だから、撮影中は顔色悪くてね(笑)。

松山:でも、非日常だから楽しめるんだよ。

吉高:私も人を殺すシーンの撮影はやりがいがありましたよ。初挑戦だし、殺す側も殺される側も緊張感があるし、すべて違う殺し方をするから。でも、血のりは大変だった。狙いと違う方に血が流れたときは、床を拭いてもう1回という大変な作業をしていたしね(笑)。


「子供も含めて、自分は家族に寄りかからせてもらっていますね」(松山)

― 街で偶然出会った美紗子と洋介は、不思議な引力で次第に惹かれ合っていきます。
The voice003


吉高:人を殺すことがそれまでの美紗子の生きる拠りどころだったけれど、洋介に対してはその衝動が起きなくて、いままで味わったことのない感情が芽生えたんでしょうね。“その感情が何なのか”をもっと知りたくて親密な関係になっていったと思います。

松山:美紗子は、近づいてくるというより最初から近くにいる。由里子ちゃんのその距離感は本当に絶妙だった(笑)。


― 洋介が美沙子に「僕のために子供を産んで欲しい」と頼むシーンは、本作の肝ですね。

松山:あそこはいちばん大変でした。事故とは言え他人の子供を殺した過去がある洋介は、それを言う権利はないと思っていたんだけど、思わず口に出てしまった。でも、僕はうまく言えず、テイクを重ねてしまい吉高さんにも迷惑をかけちゃいました。

吉高:私は嬉しかったですよ。そのひと言だけだけど、自分の気持ちが収まるところまでとことんやる松山さんの姿勢は素敵でした。
.


― 最後に、おふたりにとっての“ユリゴコロ”=心の拠りどころを教えてください。

松山:僕は家族です。子供も含めて、自分は家族に寄りかからせてもらっていますね。

吉高:私は睡眠ですね。10時間ぐらい余裕で寝られるし、休日もすべて寝る時間に使っちゃうときがあります。寝たらイヤなことも忘れるし、頭も身体も気持ち的にもすべて回復できるから睡眠は大事ですね。




原文はこちら


なんかしっくりくるカップルですよね(笑)
聖の青春の後、体型を戻して、「ふたがしら2」の撮影その後、関が原の撮影で、確かに直江兼続の時、かなり顔や首がほっそりしていましたからね。それからのこの作品。まぁ、そんなげっそりという感じではなかったし、髪の毛がボリュームあったから、特にセットしなかったのか…でもあの雰囲気がいいよね。裸のシーンでもたるんだりしてるわけでもなく、丁度いい感じで綺麗でしたしね(''◇'')ゞ

今、自分が実際、子供がいるだけに、誰の子供かわからない女性と結婚しようとか、血のつながらない子供を自分の本当の子供のように、いや、それ以上に愛情をかけられるのか色々葛藤してどう表現したらいいか余計悩んだんだろうね。そんな大変な作品の中でも、家に帰れば奥様や子供たちがパパの帰りを待っていてくれて、また次もいい仕事ができるように頑張ろうと思えていることが、結局全て私たちに喜びを与えてくれるわけですよね。

そういう役者さんを応援できることは本当に幸せです。

2017.9.21記述
シネマトゥディより

撮影中は自分のどこかがおかしくなる

シネマトゥディ001


沼田まほかるのミステリー小説を『近キョリ恋愛』などの熊澤尚人監督が映画化した『ユリゴコロ』。“ユリゴコロ”とは、誰しもが持つ“心の拠りどころ”のこと。その拠りどころを「人間の死」に見いだし、人を殺める行為を繰り返す主人公の美紗子が、愛を知ることで苦悩していく様を描き出す。快活なイメージを封印して殺人者の役に初挑戦した吉高由里子と、美紗子と運命的な出会いを果たす男・洋介を演じた松山ケンイチが、「想像以上に過酷だった」という撮影を振り返った。
取材・文:斉藤由紀子 写真:高野広美


原文はこちら

≫続きをみる...

2017.9.20記述
音楽ナタリーより

Rihwaのニューシングル「ミチシルベ」のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

この曲は吉高由里子主演で9月23日に公開される映画「ユリゴコロ」の主題歌。MVは「ユリゴコロ」の脚本と監督を手がけた熊澤尚人がメガホンを取り、映画の主人公・美紗子の中学生時代を演じた女優の清原果耶が主演を務めた。

この中では映画の劇中では描かれなかった、中学生時代の美紗子のアナザーストーリーが展開される。熊澤監督は今回のMVのためにオリジナルの脚本を書き下ろし、映画のスタッフも再集結。Rihwaが歌うシーンは劇中のクライマックスと同じロケ地で撮影された。

Rihwa 「ミチシルベ」ミュージックビデオ


朝イチで曲をDLしました。映画公開カウントダウン、楽しみです。


「ユリゴコロ」完成披露試写会
2017.9.4記述
映画ナタリーより

「ユリゴコロ」吉高由里子、松山ケンイチの尻に「狂気的だったんでしょうね」

009_201709040546262a2.jpg


「ユリゴコロ」の完成披露試写会が本日9月3日に東京のユナイテッド・シネマ豊洲にて開催され、吉高由里子、松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶、木村多江、松山ケンイチ、監督の熊澤尚人が登壇した。

沼田まほかるの同名小説を映画化した本作は、人の死でしか心を満たすことができない女性・美紗子の物語。美紗子役の吉高、松山らが出演した過去パートと、松坂、木村らが登場する現代パートで構成されている。

冒頭の挨拶にて吉高が「クスッとするところが1つもない映画です。観終わったあと、魂抜かれていると思う」と作品を紹介すると、松坂も「確かにそうだと思います。でも、きっと何か残る作品だと僕は思っています」と続ける。木村は「愛を知らない苦しみと、愛を知った苦しみが詰まっていて、胸がいっぱいになるような映画でした」と魅力を語り、松山は目を覆う仕草をしながら「『うー、観れない!』っていうシーンも出てくると思うので、覚悟して観てもらいたい。間違いなく面白い、熊澤監督の最高の作品だと思っています」と熱弁した。

美紗子の友人・みつ子役の佐津川は「現場ではみつ子として美紗子が好きだと感じていて、美紗子の一言でがんばれることもあった。でもできあがったものを観たときに、役者として吉高由里子が好きだなって思ったんです」と素直な思いを口にする。それを受けた吉高が「2人のシーンを観ていただけたら、どういうことかわかると思う。現場ではさっつんのお芝居に引き寄せられて、すごく充実していたし、楽しいと思いながら演じていました」と照れくさそうに伝えると、佐津川は「うれしい! 今の(言葉)で3年くらい生きていける!」と飛び跳ねて喜んでいた。

殺人犯の手記を見つける亮介役の松坂は、作品全体について「共感や共鳴することはなかなか難しいですが、真実にたどり着いたときになぜか心が揺さぶられてしまう」とコメント。原作のファンである清野は「原作の言葉の表現がリアルで、読んでいて自分が体験しているような感覚になりました。今回は映像化ということで、それをよりリアルに体感して、圧倒されました」と話した。

過去パートにて、吉高とともに裸での撮影に挑んだ松山は「どこから撮られてもいいように、準備万端でお尻も出してやったんです。でもできあがった作品を観たら、巧妙にお尻が隠されてるんですよ。なんで!? ファンデーションまで塗ったのに!?って思って聞いたら、レイティングに引っかかるみたいで」と告白。そして「ちょっと待ってよ、もっと狂気的で危ないものがいっぱい出てるでしょ!? わいのお尻はそれ超えちゃったの!? それよりまずいの!?」と訴えかける松山に、吉高は「一番狂気的なお尻だったんでしょうね。見たこともない凶暴さを持ってたんですよ」と返して笑いを起こした。

最後に吉高が「出演者は全員、各々違う心情で泣いてるんです。観終わったあとに誰かと話し合って、誰の涙に一番共感できたか、誰の涙が一番自分と離れていたか、誰の涙を舐めたいか、それぞれ答え合わせしてください(笑)」と話し、イベントを締めくくった。

「ユリゴコロ」は9月23日より全国でロードショー。

お尻問題…(笑)このニュースで「珍遊記でお尻完全に出してるのに何で?」というコメントが多いんですけど、多分相当色気があり過ぎたのでしょう(笑)

死者を見た人の評価もとてもいいみたいで、小説とは若干内容は変わっているらしいけれど世界観は壊されていないので小説を読んでいる人もおおむね満足して下されているので一安心です。プロモーションはどうなるのかわかりませんが、公開まであと少し、楽しみですね。


【全起こし】吉高由里子が松山ケンイチのお尻を語る「一番、狂気的なお尻、見たこともない凶暴さだった」 映画『ユリゴコロ』レッドカーペット&完成披露試写会 全文掲載!


吉高由里子、見終わったら「魂抜かれてる」 映画「ユリゴコロ」完成披露試写会1



松山ケンイチ、切れ味鋭い“表現”に「覚悟して見て欲しい」 映画「ユリゴコロ」完成披露試写会2



清原果耶、舞台あいさつで危うくネタバレ?「罠かけられた」 映画「ユリゴコロ」完成披露試写会3



松山ケンイチ、自慢のお尻シーンカットに「何で!」と“抗議” 映画「ユリゴコロ」完成披露試写会4



【動画レポ②:吉高由里子・清原果耶出演 映画『ユリゴコロ』完成披露試写会舞台挨拶】


2017.9.3記述
映画ナタリーより

017_20170903135239873.jpg


「ユリゴコロ」のレッドカーペットイベントが、本日9月3日に東京・ららぽーと豊洲シーサイドデッキにて開催され、吉高由里子、松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶、木村多江、松山ケンイチ、監督の熊澤尚人が登壇した。

沼田まほかるの同名小説を映画化した本作は、人の死でしか心を満たすことができない女性・美紗子の物語。美紗子役の吉高、松山らが出演した過去パートと、松坂、木村らが登場する現代パートで構成されている。

7月に行われたキックオフ会見にて、現代パートのキャストに関して「別の現場の方たちかな?と思うくらい」と話していた吉高は、完成版を観て「改めて同じ映画を作っていたんだなと実感が沸いてきて、うれしく思っています」と喜びを語る。本作が約5日前に完成したばかりであることから、松坂に「間に合いましたね!」と言われた熊澤は、「後半のストーリーが原作と若干変わっていますので、原作を読んでいる方も楽しめると思います」とアピール。そして松山は「日本映画の丸い感じがない。ナイフのような映画になっています。観る方も覚悟がいる作品、それだけすごいものを与える作品になっていると思います」と自信満々に述べる。「原作を読んでから映画を観て、がっかりするパターンあるじゃないですか。絶対大丈夫です! 裏切りません!」と木村が断言すると、客席では笑いが起こった。

さらに松山は、過去パートの過酷な撮影を振り返る中で「あの大変な撮影が水の泡になるような作品になっていたら、こういう取材の場でもごはんを食べた話やパチンコに行った話しかしないって、由里子ちゃんとも言ってたんです。でも完成作品を観て、そんな言葉が出ないくらい、僕自身打ちのめされました」と告白。吉高にも「監督、ありがとうございます」と言われた熊澤は、「パチンコに行った話もしていいですよ(笑)」とうながす。しかし松山は「そんな話をしちゃ失礼だなと思って」と真摯な態度を見せた。

殺人犯の手記を見つける亮介役として、現代パートの軸を担った松坂は「濃厚な1日1日を過ごさせていただきました。撮影はあっという間だったんですが、それがずっと頭の中に残るくらい印象的でした。参加できてよかったと思う」としみじみ話した。

最後に吉高が「本当に(スタッフ・キャストの)皆さんが摩耗した作品だと思うので、観ていただけなければ私たちは報われないです!」と観客に訴えかけ、イベントは終了した。



今日は天気も良くて、レッドカーペット日和でしたね。でも舞台のキャストの皆様は逆光なのかまぶしそうですね。
ケンちゃんは今日も沢山の方にサインや交流をしていたみたいですね。なんでもその様子を見た松阪桃李さんも触発されたのか、サインなど書いたりしてくれていたみたいですね。桃李さんのファンの方のつぶやきとかみると驚いていたみたいですね。

そして面白いトークもしてくれて、またお尻関係(裸関係?)そうか…凶器なのか…(笑)
帰りは吉高ちゃんを、ちゃんとエスコートしたみたいでこれまた、松阪桃李さんも木村さんをエスコート、監督は両手に…(笑)




【動画レポ:吉高由里子・清原果耶:映画「ユリゴココロ」レッドカーペット】

吉高由里子、ボタニカル柄の黒ワンピ 秋を感じさせるシックな装い  映画「ユリゴコロ」レッドカーペット1


松山ケンイチ、吉高由里子をエスコート キャストがレッドカーペットに 映画「ユリゴコロ」レッドカーペット2



映画「ユリゴコロ」公開関連情報
2017年9月23日公開予定、映画「ユリゴコロ」の関連情報です。





映画「ユリゴコロ」 
ある日、亮介(松坂)は余命わずかな父の書斎で、殺人者の告白文がつづられた1冊のノートを発見する。誰が何のために書いたのか。自分の家族とどんな関係があるのか。数々の疑念を抱きながらも、強烈にノートに引き寄せられていき、自分の運命を狂わせていく。一方、時代は昭和。人を殺すことが心のよりどころの美紗子(吉高)は、他人に理解されない、孤独な生活を送っていた。ある日、洋介(松山)と出会い、お互いの境遇が似ていることに気付き、孤独を埋め合うようになる。



松山ケンイチ(32)コメント
あたたかく、柔和で、暗くなりがちな役柄を演じるのは久しぶりだったので、自分の中のステレオタイプも参考にしながら演じました。由里子ちゃんとの共演も願っていた事だったので、とても嬉しく思っています。熊澤監督とは2回目で10年近く間が空いてますが、プライベートでもお付き合いがあったので、良い関係で最後まで出来ました。僕自身大好きな90年代の映画の匂いのする作品だなと思ったので完成が楽しみです。

松坂桃李(28)コメント
非常に不思議な本でした。ミステリーでもあるけれど人間ドラマとしても深いところをえぐってくる。完成するまで「こういう作品だ」と言いきれないんじゃないかと思いました。偶然にも近いタイミングで同じ原作者の沼田さんの作品に携わることになり、そこにも深い"縁"を感じました。過去の出来事を想像しながら、現在の物語を大切に演じていきたいと思います。

熊澤尚人監督コメント
昭和と現代、二つの時代を通して、主人公であるひとりの女性に、心を揺り動かされ、人生を翻弄されるふたりの男性を松山くんと松坂くんに演じてもらいます。かねてから絶大な信頼を寄せる松山くんは、私の想像を超える柔軟性で、この難役に挑んでくれました。松坂くんとは初めてですが、香りたつ芝居の出来る、今、最も一緒に仕事をしたい俳優さんだったので、今から撮影が楽しみです。


撮影について
ノートに綴られた物語へ出演する吉高由里子さん、松山ケンイチさん、佐津川愛美さん、清原果耶さんは昨年9月初旬~10月中旬に撮影を終了。ノートの秘密へ迫る<現在パート>へ出演する松坂桃李さん、木村多江さん、清野菜名さんらは本年6月下旬から撮影に入ります。過去と現在が交錯する物語をコントラスト強く表現するため、画のトーン、現場スタッフなどを変更。撮影時期もあえてずらし、二部作的スケール感の制作体制を敷いています。本作の完成は8月下旬を予定。ぜひ今後の情報へもご期待ください。



映画『ユリゴコロ』予告編







公式サイトはこちら


最終更新日:2017.8.4



≫続きをみる...

2017.7.18記述
シネマトゥディより


映画『ユリゴコロ』の撮影現場が6月29日に報道陣に公開され、松坂桃李が劇中で演じるペンション&カフェのオーナーにふんした姿が初披露された。撮影の合間には、演じた役どころと違わない松坂の素顔も垣間見えた。

015_201707181336129bc.jpg 


 沼田まほかるによるミステリー小説を映画化する本作。殺人の告白文がつづられたノートを入口に、とある女性の壮絶な人生を描く。吉高由里子が悲しき殺人者・美沙子を、彼女と運命的な出会いを果たす洋介を松山ケンイチが演じ、松坂は謎のノートを発見する亮介役を務める。


 この日に公開されたのは、亮介が営むペンション&カフェ「シャギーヘッド」でのシーン。群馬の山あいにある、木のぬくもりに満ちたログハウスで撮影は行われた。梅雨の晴れ間の青い空の下、鳥のさえずりや虫の鳴き声が響く中での撮影は暑さとの戦いでもあったが、シャツにカフェエプロンというスタイルを見事に着こなした松坂は、終始さわやかな笑顔。


012_20170718133206420.jpg 


 取材に応じた熊澤尚人監督は松坂とは本作が初タッグとなるが、想像以上にフランクでフレンドリーなその人柄に驚いたという。亮介は心が優しい人間。その亮介の魅力を松坂が巧みに表現していると話す熊澤監督は、「セリフだけではなく、たたずまいやどういう眼差しで相手を見ているかということから、『心根からこの人(=松坂)は優しい人なんだな』とすごく感じさせられます」と松坂の役者としての能力の高さを称える。


 亮介は余命わずかな父親、恋人の失踪、謎のノートの真実と、突如運命に翻弄されることになる難しい役どころ。繊細な演技が必要とされるが、松坂と熊澤監督とが絶えずコミュニケーションを取ることで役がつくられている。「1シーン、1シーン、『こういうやり方はどうか』と桃李くん自ら提案してくれるし、僕の狙いを理解しようともしてくれて、“亮介”をつくっていく作業に楽しく取り組めています」と監督が語る通り、撮影現場では監督からの支持を熱心に聞き、時に言葉を返す松坂の姿があった。


 シリアスなテーマの作品だが、公開されたのはカフェで店員や客がやり取りをする比較的おだやかなシーン。松坂はすっかりその場になじみ、集中した様子で撮影に臨んでいたが、カフェに現れる謎多き女性・細谷役の木村多江とは、撮影の合間に談笑する場面がたびたび見られた。また、熊澤監督とだけでなくほかのスタッフともよくコミュニケーションを取っており、撮影現場はとてもいい雰囲気。都合上、シーン見学できず外で待機中の取材陣に「申し訳ない」と気遣いを見せるなど、思いやりあふれる素顔を感じさせられた。(編集部・小山美咲)


映画『ユリゴコロ』は9月23日公開



設定は若干変わってるけど、原作を読んだイメージのお店をよく探せたなぁとロケハン頑張りましたね。
あと、木村多江さん、やはり読んだイメージとはちょっと違ったけど、実際スチールを見ると本当に頑張られていて佇まいがいいです。さすがです。早く両方混ざった映像観たいものです。

『ユリゴコロ』キックオフ会見
20177.9『ユリゴコロ』キックオフ会見がありました。


005_20170709150824b94.jpg


吉高由里子、他のキャストに「全然親近感が湧かない」 映画「ユリゴコロ」会見1


松坂桃李「愛のある作品」 映画「ユリゴコロ」会見2


松山ケンイチ、吉高由里子との共演シーンは「ずっとすっぽんぽんで…」 映画「ユリゴコロ」会見3




吉高由里子、肩出し黒ワンピ&ピンヒールでエレガントな大人の着こなし 映画「ユリゴコロ」会見4


≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .