FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2019.8.31記述
夕刊フジより

【人気ドラマでみる平成という時代】

001_20190831074601065.jpg


 今年5月、つまり令和に入ってすぐ『白い巨塔』がテレビ朝日開局60周年記念ドラマとして、5夜連続で放送された。

 山崎豊子氏の代表作のひとつに数えられる同作だが、昭和の時代から何度もドラマ化され、人気を博してきたことは、みなさんもご存じのところだ。

 山崎氏の描く物語の完成度の高さが、何よりその大きな理由だろう。

 自らに強い自信を持ち、医学界に君臨すべく、がむしゃらに邁進する財前教授と、優しさにあふれ、誠実に生きることを第一義とする里見准教授とのコントラストや財前への複雑な感情を内包する東教授をはじめ、大学病院にうごめく一筋縄ではいかぬ人間模様の描写が卓越している。

 このたびの『白い巨塔』では財前教授を岡田准一、里見准教授は松山ケンイチ、東教授は寺尾聰がそれぞれ演じた。

 視聴者の反応は面白く「やっぱり、田宮二郎さんが一番だ!」「いやいや、唐沢寿明さんの財前がいちばんしっくり来る!」などと放送前から話題が盛り上がっていた。

 人は自分たちが若かりし時に触れたドラマを一番高く評価しがちだ。この傾向はヒット曲も同じで、自らの青春時代とオーバーラップさせることで感動が増すのだろう。

 岡田准一版『白い巨塔』が始まってすぐは、昔を懐かしむ声がチラホラ聞こえたものだが、回を重ねるにつれ、彼を評価する声が高まり、最終回では岡田財前を絶賛する人が多数になったのは記憶に新しいところだ。

 『白い巨塔』には時代を超えて私たちを引き付ける「人間の業」ともいうべきテーマがあるが、時を経て描き方に変化を加えることも必要なのだ。

 岡田版『白い巨塔』では、時代を「今」に置き換え、AIもドラマに取り入れられた。

 私が一番感動したのは、財前と里見の友情をより強く深く描いた場面。死の間際、財前が里見に手紙をしたためる時に使った筆記具は、財前が里見に土産として渡したものとおそろいの万年筆だった。

 松山ケンイチさんの涙が感動的だったのだ
。(同志社女子大学教授・コラムニスト)



人の感想は色々だからとやかく言いたくはないけれど、令和版の「白い巨塔」の財前はより人間臭かったように思います。
唐沢版は全体的に私はどうも全てにおいて人間臭さを感じられなかったので、共感を得られない部分が多かったんですよね。
田宮版は時代的に野心と権力に対してものすごい執着が感じられて、貧富の差をも感じらせられてそれはそれでよかったとおもうんです。

令和版は野心はあれど、それは本当に自分が求めていた物なのかという財前の葛藤が垣間見れた感じもしました。
医師の本質とは何か、医療の本質とは何か、財前は自問自答していたんじゃないかなと。
こんなこと書いてると、また観たくなってきました(笑)

スポンサーサイト



2019.7.26記述

DVDBDパッケージ



テレビ朝日開局60周年記念5夜連続超大型ドラマ、山崎豊子不朽の名作『白い巨塔』がついにDVD&Blu-ray化が決定いたしました。
セルBOXには、5夜の名シーン写真満載の特製ブックレット、DISC6には豪華特典映像の収録を予定しています。

また購入特典といたしまして、【特製B5クリアファイル】をプレゼント。
※クリアファイルの初回生産分がなくなり次第終了となります。詳しくは各DVD取扱店にお問い合わせください。

発売日は2020年1月8日(水)、下記の商品概要をご参考の上、ぜひご予約下さい!


◆テレビ朝日開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子 「白い巨塔」 DVD&Blu-ray商品概要◆


【発売日】2020年1月8日(水)
【価格】DVD 18,000円+税(6枚組)/Blu-ray 24,000円+税(6枚組)
【特典映像】
・制作発表記者会見・メイキング集
・事前特番『白い巨塔』を10倍楽しめる徹底カンファレンススペシャル
・ワイド!スクランブル特別動画
・モーニングショー インタビュー
・PRスポット集
 ※内容は変更になる場合がございます。
【発売元】株式会社テレビ朝日
【販売元】株式会社ハピネット・メディアマーケティング
 ※レンタルも同時スタート。(※レンタルはDVDのみ、特典映像なしの5枚組となります。)



(^o^)/やったー!「白い巨塔」はDVDとBDが発売されるよ~。
だって、テレ朝さん「オリンピックの身代金」発売してくれないんだもん…
メイキング、まぁメインは財前岡田なんだろうけど、ケンちゃんとの絡み色々盛り込んでほしいです。
お正月明けかぁ~。どちらを予約しようかなぁ…


2019.5.22記述
ZAKZAKぴいぷるより

22日から5夜連続 テレビ朝日系「白い巨塔」

ぴいぷる001



 その存在はまさに“カメレオン俳優”と言っていいだろう。役づくりで体重を増やすなんてことは当たり前。そんな彼が新たに挑んだのは、田村高廣や江口洋介といった名優が演じてきた名好敵手(ライバル)役だ。

 22日から5夜連続で放送されるテレビ朝日の開局60周年記念ドラマ『白い巨塔』で、主人公・財前五郎のライバル、里見脩二を現代の医療界によみがえらせたのだ。

原文は
こちら


≫続きをみる...

<「白い巨塔」対談企画(1)>
2019.5.19記述
ニッカンスポーツより

初回は財前五郎の岡田准一と里見脩二の松山ケンイチ

20190519ニッカンスポーツ001-01


テレビ朝日開局60周年記念5夜連続ドラマスペシャル「白い巨塔」(26日まで、午後9時)が22日から放送される。今日から4日連続で「白い巨塔」対談企画をスタート。初回はV6岡田准一(38)と松山ケンイチ(34)。相反する思想を持つライバルとして向き合った2人が、骨太作品の魅力を深掘りし、男の権力争いについても語り合った。



原文はこちら

≫続きをみる...

2019.5.16記述

テレビ朝日の開局60周年を記念し、制作された超大型ドラマスペシャル『白い巨塔』。22日から26日まで5夜連続放送(後9:00~)されるのに先駆け、同ドラマの登場人物たちを紹介するキャスト別PR動画が完成。きょう16日より、テレビ朝日YouTube公式チャンネルで順次公開される。

 同ドラマは、故・山崎豊子さんの社会派小説が原作。大阪の大学病院を舞台に、医療ドラマの枠を超えて人間の本性を描き出す。“腹腔鏡のスペシャリスト”として医学界にその名を轟かせていた主人公の外科医・財前五郎を岡田准一が演じる。日本国内のみならず、ドイツでも一大ロケーションが行われた。

 今回、YouTube上で公開されるのは、主要キャスト23人×30秒の特別動画。この動画でしか見ることができない貴重な内容となっている。

キャスト別PR動画公開スケジュール

(赤文字の部分をクリックしてください)
【5月16日(木)】
財前五郎 役 岡田准一
東貞蔵 役 
寺尾聰
船尾徹 役 
椎名桔平
鵜飼裕次 役 
松重豊
大河内恒夫 役 
岸部一徳
柳原雅博 役 
満島真之介
佃友弘 役 
八嶋智人

【5月17日(金)】
花森ケイ子 役 沢尻エリカ
亀山君子 役 美村里江
野坂奈津美 役 市川実日子
財前杏子 役 夏帆
黒川キヌ 役 市毛良枝

【5月18日(土)】
東政子 役 高島礼子
東佐枝子 役 飯豊まりえ
佐々木よし江 役 岸本加世子
里見三知代 役 徳永えり
鵜飼典江 役 浅田美代子

【5月19日(日)】
里見脩二 役 松山ケンイチ
財前又一 役 小林薫
関口徹 役 斎藤工
国平幸一郎 役 山崎育三郎
佐々木庸平 役 柳葉敏郎
佐々木庸一 役 向井康二

ケンちゃん最終日だけど、他の人のところにもちょこちょこ登場しているので是非他の人たちの動画もご覧くださいませね~
2019年テレビ朝日開局60周年記念5夜連続スペシャルドラマ「白い巨塔」の関連情報です。

公式サイト表紙002




テレビ朝日 開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子『白い巨塔』第一夜PR【A】



テレビ朝日 開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子『白い巨塔』第一夜PR【B】


テレビ朝日 開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子『白い巨塔』第一夜PR【C】


放送日は5/22~5/26午後9時からです。



白い巨塔公式サイトはこちら


最終更新日:2019.5.9

≫続きをみる...

2019.5.8記述
映画ナタリーより

「白い巨塔」手術シーンは岡田准一の独壇場、総回診は「スピードを上げた」

005_20190508205012579.jpg


ドラマ「白い巨塔」の制作発表記者会見が本日5月8日に東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、キャストの岡田准一、松山ケンイチ、沢尻エリカ、満島真之介、飯豊まりえ、山崎育三郎、寺尾聰、監督の鶴橋康夫らが出席した。

山崎豊子の小説を原作とする「白い巨塔」は、大阪の大学病院で繰り広げられる熾烈な権力闘争を描く医療ドラマ。岡田は、これまで「白い巨塔」が幾度も映像化されていることを踏まえ「“巨大な巨塔”にチャレンジする気持ちで、スタッフ・キャストともに盛り上がって撮影しました。令和の時代にふさわしい1発目の巨大なスペシャルドラマです」と挨拶する。松山は「すごいドラマになったと思います。22日から26日までの5夜連続。いろんな予定があると思いますが、門限は21時です! ぜひご覧ください」と作品への自信をのぞかせた。

岡田が演じた主人公・財前五郎は、外科医として一流の腕前を持ち、野心にあふれ“第一外科・教授”の座に向かい邁進するキャラクターだ。岡田は撮影を振り返って「すごく面白くもあり苦しくもあり……」と切り出し、「話数が進むに連れて周囲のキャラクターとの距離感が変わってくる。その変化を楽しみながら演じました。ぜひ落ちきった第5話の財前を見てほしい。そのために1話から4話をがんばりました」と続けた。

財前がスタッフを引き連れ病棟の廊下を歩く総回診の場面について尋ねられると、岡田は「有名なシーンなので現場も盛り上がるんです。スタッフも『ついに総回診来ましたね』と言ってたり、どれぐらいのペースで歩きますか?と話したり(笑)」と述懐。鶴橋から今回の財前は「アクティブでエネルギッシュ」という要望があったそうで、岡田は「とにかくスピードを上げました。でも後ろを歩いている八嶋(智人)さんが浮いてるんです。『速すぎて歩けない!』って(笑)」と語った。

本作で初対面だったにもかかわらず、岡田から「ジリさん」と親しみを込めて呼ばれている沢尻。財前の愛人という役柄のため撮影序盤から岡田との過激なキスシーンに臨んだことに触れ「かなりスキンシップが多いので緊張していました。でも岡田さんが気さくに(芝居を)リードしてくれて、すごく助かりました」と信頼感をのぞかせる。「リード」という言葉ににやけ顔が止まらない岡田が、MCから「“演技をリード”ということですからね」とツッコまれる一幕も。

財前と同じ第一外科の医局員・柳原雅博を演じた満島は、「今回の『白い巨塔』は現代版! カルテもタブレットを使った電子カルテだったり、“腹腔鏡のスペシャリスト”である財前さんの手術では最先端の技術が使われています」と見どころを紹介。岡田の独壇場だったという手術シーンについては「どんどん勝手に進めていくんです(笑)。僕らは台本にない財前の細かい指示に従うだけ」と振り返る。岡田はその理由を「財前はスペシャリストだから、手術シーンで緊迫感が生まれないんです。だから財前を勢い付けるために、セリフの合間になんとなくの言葉を挟んで(笑)」と説明し、「皆さんは芸達者だから、何を言っても対応してくれました」と共演陣を称賛した。

なおイベントには、東都大学に所属する船尾徹役の椎名桔平、浪速大学に患者としてやってくる佐々木庸平役の柳葉敏郎、佐々木の妻・よし江役の岸本加世子、財前の母・黒川キヌ役の市毛良枝、財前を快く思っていない病理学科教授・大河内恒夫役の岸部一徳、財前の義理の父・又一役の小林薫も登壇した。

「白い巨塔」は5月22日から、テレビ朝日系にて5夜連続で放送。


小林薫さんや、椎名桔平さんなどがいるとケンちゃんじゃないけどホッとします(笑)
でも、現代の大学病院は原作みたいなあんな仰々しいぞろぞろ大人数で歩く回診なんてないからなんだか違和感あるかもしれない…(汗)

明日の午前中のワイドショーで映像出てくるかなぁ~(一応早朝からの番組色々予約してみたけど)
さぁ、ケンちゃんファンにとって忙しい5月~6月に突入しましたね~。
背丈は確かに岡田財前は小さいと思うけど、スポットとか観たときのふとした表情は田宮二郎さんに似てるように思ったので結構期待しています(私的には)

2019.4.24記述
看護roo ステキナース研究所より

看護roo-001 
2019年5月22日、医療ドラマの金字塔『白い巨塔』が帰ってきます。
松山ケンイチさんは、主人公の外科医・財前五郎(岡田准一さん)のライバルで内科医の里見脩二役。
「患者さんを第一に考える内科医」という役柄への思いや、看護師との共通点についても聞きました。

文/白石弓夏(看護師・ライター)


原文はこちら
≫続きをみる...

2014.4.24記述
映画ナタリーより

ドラマ「白い巨塔」の囲み取材が2月28日に東京のテレビ朝日本社にて行われ、キャストの岡田准一と松山ケンイチが出席した。

看護roo-005


原文はこちら

≫続きをみる...

2019.3.7記述
FRIDAYより

なんと7度目の映像化! 伝説の田宮二郎版、かなり好評の唐沢寿明版、岡田准一版をあなたはどう見る??

岡田准一主演による5夜連続ドラマ、『白い巨塔』の全キャストが発表された(3月5日)。

昨年10月18日に〔岡田准一主演で『白い巨塔』がドラマ化〕と報じられた際には、「『白い巨塔』は唐沢寿明版が良かった。イメージが崩れる!」との声が上がった。実は2003年に唐沢寿明版の制作が発表された際には、「『白い巨塔』は田宮二郎版が素晴らしい。唐沢ではイメージが崩れる!」との声が出ていて、まさに歴史は繰り返す、である。

山崎豊子による小説『白い巨塔』は、1963年から68年にかけて週刊誌「サンデー毎日」に正編、続編が断続的に連載され、それぞれ65年、69年に単行本が刊行されている(新潮社刊)。今もさかんに量産される「医療ドラマの原点にして頂点」といえる傑作であり、この骨太の原作の映像化は今回で実に6度目(韓国での連続ドラマ2007年版もカウントすると7度目)となる。


原文はこちら

≫続きをみる...

2019.3.5記述
オリコンスタイルより

002_20190305110931893.jpg


俳優の岡田准一主演、テレビ朝日開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル『白い巨塔』の放送日が5月22日から26日までの5日間(各日 後9:00)に決定。主な登場人物を演じるキャストもすべて発表された。

 大阪の大学病院を舞台にした本作で主人公の外科医・財前五郎を演じる岡田は「テレビ朝日開局60周年を記念した5夜連続の大型ドラマということで、こんなにも豪華なキャストのみなさんとお仕事をすることができ、とてもうれしく思っています。みなさんと一緒に『白い巨塔』という大作に挑めたことも楽しかったですし、鶴橋康夫監督のもと、和気あいあいと撮影ができたこともいい経験になりました」と、コメントを寄せている。

 先に発表されていたのは、岡田のほかに、財前の同期で内科医・里見脩二役の松山ケンイチ、財前の愛人でバーのホステス・花森ケイ子役の沢尻エリカ、そして財前の師である第一外科教授・東貞蔵役の寺尾聰。新たに発表されたのは以下のとおり。

【浪速大学】
鵜飼裕次(うがい・ゆうじ):松重豊
 浪速大学医学部部長。東と決別した財前は、後に鵜飼に接近し、教授選を戦っていくことになる。

大河内恒夫(おおこうち・つねお):岸部一徳
 浪速大学医学部病理学科・教授。野心むきだしの財前をあまり快くは思っておらず、教授選に公正を期すため選考委員に名乗りを上げる。

柳原雅博(やなぎはら・まさひろ):満島真之介
 浪速大学医学部第一外科・医局員。

佃 友弘(つくだ・ともひろ):八嶋智人
 浪速大学医学部第一外科・医局長。

亀山君子(かめやま・きみこ):美村里江
 浪速大学医学部第一外科・看護師。

野坂奈津美(のさか・なつみ):市川実日子
 浪速大学医学部脳外科・教授。教授陣の中で紅一点。

【財前家】
財前又一(ざいぜん・またいち):小林薫
 財前の義理の父。圧倒的な財力を誇る財前産婦人科医院・院長。娘婿である財前を、自身の悲願でもある浪速大学第一外科教授の座へと押し上げるべく、金という“実弾”を使い、教授選に関わる人物たちを次々と取り込んでいく。

財前杏子(ざいぜん・きょうこ):夏帆
 財前の妻。

黒川キヌ(くろかわ・きぬ):市毛良枝
 財前の母。女手一つで財前を育て、苦労しながらも医学部まで卒業させた。現在は故郷でひとり暮らしている。

【東家】
東政子(あずま・まさこ):高島礼子
 東の妻。教授夫人で構成される“くれない会”のメンバー。

東佐枝子(あずま・さえこ):飯豊まりえ
 東の娘。浪速大学病院図書館で司書として働いている。

【東都大学】
船尾 徹(ふなお・とおる):椎名桔平
東都大学医学部第二外科・教授。

【佐々木家】
佐々木庸平(ささき・ようへい):柳葉敏郎
 繊維問屋・佐々木商店の店主。浪速大学に患者としてやってくる。

佐々木よし江(ささき・よしえ):岸本加世子
 庸平の妻。

佐々木庸一(ささき・よういち):向井康二
 庸平とよし江の息子。

【弁護士】
関口徹(せきぐち・とおる):斎藤工
 関口法律事務所・弁護士。佐々木家の代理人を務める。

国平幸一郎(くにひら・こういちろう):山崎育三郎
 河野法律事務所・弁護士。財前の代理人を務める。

ふむふむ。一気に情報が出てきましたね。
原作は読んでないけれど、一応、田宮版、唐沢版の「白い巨塔」は見ました。
今回は田宮版(いや原作?)に寄せてるのかな?佐々木家の仕事が繊維問屋に戻ってる(お弁当屋はどうもねぇ~)
キャラクターの感じも全体的に原作に寄せたかな?
結構唐沢版での財前の妻や、関口弁護士の設定など違和感を感じながら観ちゃっていましたので…
財前の母も唐沢版はチャキチャキしすぎちゃってねぇ~色々だったので…

でも、これを見ると、里見先生は独身なの?そうしたら佐枝子と何とかなりそうな感じになるの?
それはそれでちょっと違うだろうとまたモヤモヤしてきちゃうんだけど…

佐々木夫人は絶対的に中村珠緒さんが秀逸だったので、今回の岸本加代子さんもかなり期待しちゃいます。
財前義父が小林薫さんかぁ~、ええ按配の大阪弁でゲスイ(でも心から財前の事を大事に思っている)役を演じてくれると思いますので楽しみ。

さあ、どんな仕上がりになるのかドキドキしながらOAをまとう。

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .