FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2021.4.11記述

昨日は公開記念舞台挨拶があり、夜もYouTubeで吉田監督、ケンちゃん、東出さんがオンラインでQ&Aの場を作っていただきました。


松山ケンイチ、木村文乃、東出昌大ら登場!映画『BLUE/ブルー』公開記念舞台あいさつ【トークノーカット】



松山ケンイチ「2人だけの世界になれた」映画『BLUE/ブルー』公開記念舞台挨拶【トークノーカット】



松山ケンイチ、木村文乃との思い出シーン「ふたりの世界になれた」 映画『BLUE/ブルー』公開記念舞台挨拶





『BLUE/ブルー』公開記念!松山ケンイチ、東出昌大、𠮷田恵輔監督登壇オンラインQ&Aイベント〈ネタバレあり〉
|Fan’s Voice Live


最後のQ&Aのアーカイブは1ヶ月限定公開となっています。
映画を観た方たちの率直な質問などがあって、舞台挨拶などとはまた違う3人の様子も楽しめました。

スポンサーサイト



映画「BLUE ブルー」関連情報
2021年4月9日公開予定、映画「BLUE ブルー」関連情報です


ポスター001


■ 松山ケンイチ コメント
吉田監督の作品は言語化できない映画言語だと感じていましたが、今回の脚本もそうでした。この脚本を読んだ時の感動を表現する言葉が今でも見つかりません。瓜田は、自分の培ってきた全てを他人になんの躊躇もなく差し出すことができる人です。敗者は勝者を作り想いを繋ぎます。またその勝者はいつか敗者となり次の勝者を作り繋ぎます。自分は次の世代に何を繋いでいくのか考えさせられました。

■ 木村文乃 コメント
ずっと素敵だなと思う作品を作られている吉田監督とのお仕事のチャンスに、これは面白くなるぞ、とマネージャーさんと喜んだことを覚えています。一途で真っ直ぐでどうしようもない、そんな“男”と言う存在をとても愛おしく思う映画が出来ました。

■ 柄本時生 コメント
肉体を使う仕事をほとんどしたことが無かったので楽しかったです。ここまでボクサーを描かれた本はないのかなと。。
ボクシング以外無いんだと言われている感じがしました。静かに起きる衝動を是非。

■ 東出昌大 コメント
4人のボクサーの人生が映っていました。
教訓めいた事も、下手したら感動すらも、お届け出来ないかも知れません。
しかし、紛れもない事実として、人生を賭けて戦う人々が映っていたこの映画を、私は愛おしく思います。


映画『BLUE/ブルー』予告編

「BLUE ブルー」公式サイトはこちら

最終更新日:2021.4.10



≫続きをみる...

2021.4.10記述
PINTSCOPEより

001-1_20210410025602d91.jpg


自分がのめりこめる「好き」を見つけられることは、喜びである一方、苦悩の始まりでもあります。「好き」だからこそ、突き詰めたくなる、もっと近づきたくなる。しかし、その「熱量」が、逆に自分を「好き」から遠ざけてしまうことが往往にしてあるからです。

ボクシングで挑戦者を象徴する“ブルーコーナー”で戦い続ける者たちの生き様を描いた『BLUE/ブルー』(2021年4月9日公開)。誰よりも努力しボクシングに情熱を注ぐも、負け続きのトレーナー兼選手を松山ケンイチさんが演じています。長い構想期間を経て脚本を書き上げ、監督を務めるのは、『ヒメアノ〜ル』(2016)や『犬猿』(2018)を手掛けた𠮷田恵輔監督。ご自身が30年以上関わっているボクシングを今作の題材に据えました。

「好き」だからこそ、いい距離感を取りたいというお二人へ、「好き」と向き合う誰もがぶつかる“熱量との付き合い方”について、伺いました。


原文は
こちら


≫続きをみる...

2021.4.7記述


あだち充的!?三角関係|松山ケンイチ、木村文乃、𠮷田恵輔監督が語り尽くす!『BLUE/ブルー』4.9(Fri.)
 公開直前スペシャル鼎談(前編)







特別な3人の絆とは!?|松山ケンイチ、東出昌大、柄本時生が語り尽くす!『BLUE/ブルー』4.9(Fri.) 
公開直前スペシャル鼎談(後編)
2021.4.4記述
ムービーコレクションより

2年間ジム通いしてボクサー役作り「説得力のあるシーンにと考えていた」


001_20210404175909214.jpg


なんで殴り合うのか、何が楽しいのかを知りたかった

ボクシングなど格闘技の世界で、挑戦者を象徴するブルーコーナー。誰よりもボクシングを愛し、努力しながらも負けが続き、「ブルーコーナーがお似合い」と陰口を叩かれるボクサー・瓜田、同じジムの後輩でチャンピオンへの道をまっしぐらに進む小川、遊び半分で始めたボクシングにのめり込んでいく新人の楢崎。そして彼らを見守る、瓜田の初恋の相手で今は小川の婚約者である千佳。

ボクシングを軸にそれぞれの思いを描く『BLUE/ブルー』は、『ヒメアノ〜ル』『愛しのアイリーン』の田圭輔監督の最新作。ブルーコーナーの男、瓜田信人を演じた松山ケンイチに話を聞いた。

原文はこちら


≫続きをみる...

2021.4.2記述
GOETHEより

GOETHE001-1.jpg


原文はこちら




≫続きをみる...

2021.4.1記述
hominisより


hominis001.jpg



4月9日(金)、ボクシングに魅せられた男たちの青春を描いた映画「BLUE/ブルー」が公開される。主演は初めてボクサーの役に挑む松山ケンイチさんだ。この公開を記念し、チャンネルNECOでは松山さんの出演作「うさぎドロップ」などを放送する。


原文はこちら

≫続きをみる...

2021.3.27記述
moviewalkerより


001_20210328042244a8f.jpg


新田真剣佑主演のアクション大作『ブレイブ ‐群青戦記‐』(公開中)で織田信長役を演じた松山ケンイチと、メガホンをとった本広克行監督の独占対談を実施。高校生アスリートたちと戦国武将とが死闘を繰り広げる本作で、松山は敵将としてどっしりと構え、高校生たちを威嚇した。2人が撮影を振り返り、新田の俳優としてのポテンシャルの高さや亡き三浦春馬への想いを語り合ってくれた。


原文はこちら

≫続きをみる...

2021.3.25記述
cinemacafenetより

リアリティ溢れる描写で人間の光と影を表現し続ける吉田恵輔監督が、30年以上続けてきたボクシングを題材に自ら脚本を書き上げた青春映画『BLUE/ブルー』。この度、松山ケンイチ演じる主人公と東出昌大演じる後輩が一緒にシャドーボクシングをするシーンを切り取った映像が到着した。




松山さん演じる瓜田は、情熱はあっても才能が無い、試合には勝てない主人公。一方で、東出さん演じる小川は、強さと才能を合わせ持つ後輩だ。チャンピオン決定戦を目前に控える小川の元を訪れ、一緒に対戦相手に勝つための策を練るこのシーンは、2人の絆を感じさせる。


また、過去の試合映像を見つつ話し込む中、唐突に小川は「この試合勝ったら千佳と結婚しようと思います」と言い、瓜田は初恋の人・千佳との結婚を宣言され、戸惑いを隠しきれない様子も。


そんなボクサーと関西弁を喋る役柄は、観る者への説得面を考えると、これまで積極的に挑んでこなかったという松山さんだが、彼の背中を押したのが東出さん。2人は同時期に本作のオファーを受け、出演を迷う松山さんに「一緒にやりたいです」と東出さんが声をかけたという。


松山さんはそのときのことについて「東出くんみたいに言ってくれる役者も中々いないですし、やってみようかなという気持ちになりました。そういうきっかけが無かったら手を出さない題材でしたね」とふり返っている。瓜田と小川の爽やかな関係性は、演じた松山さんと東出さんの繋がりにもどこか似ているようだ。


思えば「聖の青春」の後からでっくんも色々ありましたよね~。
でも、それはそれとして、今回のこの共演、私的には嬉しかったかなぁ~。
2人の関係が数年経って、この作品でどう感じたのかとても気になりますし、本当にどんな演技を見せてくれるのか楽しみです。

2021.3.23記述
cinemacafenetより

松山ケンイチを主演に迎え、吉田恵輔監督が30年以上続けてきたボクシングを題材に自ら脚本を書き上げた青春映画『BLUE/ブルー』。成功が約束されていなくとも努力を尽くす挑戦者たちの生き様を描いた本作で、“負けっぱなしボクサー”を演じた松山さんからコメントが到着した。


013.jpg



≫続きをみる...

2021.3.21記述
毎日キレイより


202103211042432eb.jpeg


俳優の松山ケンイチさんが表紙を飾った電子ライフスタイル雑誌「GOODA(グーダ)」(ブランジスタ)のVol.58が、このほど公開された。表紙では、リネン素材の濃紺のセットアップに、黒のTシャツを合わせてドレスダウンしたスタイルで、ひげをたくわえ、袖をまくってポケットに手を入れた、自然体の立ち姿を披露している。



≫続きをみる...

映画『BLUE/ブルー』完成報告会
2021.3.17記述


松山ケンイチ、木村文乃、東出昌大の“新しく始めた挑戦”とは?映画『BLUE/ブルー』完成報告会【トークノーカット】


大喜利に投稿とか、今回も相変わらず飄々と面白いこと言っていましたよね~
気心知れてるメンバーだし、役作りに関してもフムフムと思いながら聞かせてもらいました。
試写会観た方の感想も良い感じだし、明日の朝のワイドショーは色々チェックしなくちゃですね♪


竹原ピストル - 「きーぷ、うぉーきんぐ!!」(「BLUE/ブルー」Ver.)


2021.3.15記述
クラインクイン!より


2021031518494664f.jpeg


俳優の松山ケンイチが主演し、映画『ヒメアノ~ル』『犬猿』の吉田恵輔が監督・脚本を務める映画『BLUE/ブルー』より、長期にわたる本格的なトレーニングにより“本物”のボクサーの風格を漂わせる松山の姿を切り取った、新たな場面写真が解禁された。

 リアリティあふれる描写で人間の光と影を表現し続ける吉田監督が、30年以上続けてきたボクシングを題材に自ら脚本を書き上げた本作。情熱はあっても才能が無い、試合には勝てない主人公・瓜田を松山が熱演する。
 
 松山と言えば、役柄によって変幻自在にビジュアルを変える徹底した役作りが有名。夭逝した天才棋士・村山聖の生涯を描いた映画『聖の青春』では、実在した鬼気迫る天才を演じるために約20キロ増量。『GANTZ』では7キロの増量を行うなど、体重の増減エピソードで語られることも多いが、一方『NANA』に出演した際には、一晩でベースを一通り弾けるように練習したという驚きのエピソードも。

 そんな松山が、元々は断ろうと思っていたというのが本作『BLUE/ブルー』。ボクシングと関西弁は、見る人が見れば嘘がバレてしまうリスクを孕んでいるというのが理由であったが、今回は約2年という時間をかけて、ムキムキに身体をつくりあげるのではなく、佇まいを本物にするというアプローチを行った。

 松山は縄跳び、ミット打ち、サンドバック、防御の練習など、一般的なトレーニングをこなしつつも「大事にしたのは、ジムにずっといること。練習している人や、トレーナーがどういう掛け声でミットを打っているかとか、常に見ていました」と語る。新たな解禁された場面写真からも、長い時間をかけて、ジムでのボクサーの雰囲気を身につけた松山の役作りの一端を垣間見ることができる。

 映画『BLUE/ブルー』は4月9日より全国公開。


今号の+actのインタビューにもより役作りに関してなどの話を読むことができます。
色んなことが重なってのキャスティングや役作りも出来たことなども語られています。
でも、ケンちゃん、結構方言のある役と化してても違和感はありませんけど、そうか…関西弁の役とかしたことなかったっけなぁ~。聞いてみたくもありますが(*^-^*)


2021.3.12記述
オリコンニュースより

松山ケンイチ、怖い役で共演者と話せず「しゃべりたかった」


003_20210312223620764.jpg



俳優の新田真剣佑(24)と松山ケンイチ(36)が12日、都内で行われた映画『ブレイブ -群青戦記-』初日舞台あいさつに登壇した。

 本作の撮影や宣伝を通しての思い出を聞かれた松山は「そうですね~。ないですね~」と苦笑しつつ「楽しむ前に(撮影が)終わってしまったんですよね。衣装合わせのときに(本広克行)監督から『締めてください』と言われたので、しゃべらないほうがいいと思って、真剣佑くんとはしゃべらなかったんですよ」と、和気あいあいと撮影していた若手キャストたちとは、あえて距離を置いていたという。

 続けて「裏でも、ストーブを囲んでいるときも僕だけしゃべらずで…。思い出がそれだけなんです。しゃべりたかったんですけどね(笑)」と明かすと、新田は「松山さんだけはお話をしなかったですね(笑)。こうやって話すのも初めてです」と、ようやくしっかりと会話を楽しんだ。

 一方、撮影中に松山と話す機会があったという渡邊圭祐(27)は「おそらくですけど、きょうの壇上で松山さんの笑顔を初めて見ました。撮影で『どこに旅行に行くのがいいですか?』と質問したんですけど、笑顔はなかったです」と暴露。

 すると松山は「現場では渡邊としか話してないんですよ!オールアップしたら、しゃべりたくなっちゃって、それでそのときに渡邊くんがいたからしゃべれたんです」と会場の笑いを誘った。

 この日は、山崎紘菜(27)、鈴木伸之(28)、本広克行監督(55)も登壇した。

 原作は、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で2013年から17年まで連載され、シリーズ累計100万部を突破している人気漫画。普通の高校生たちが突然、学校まるごと戦国時代にタイムスリップして、「部活で培った身体能力」と「未来を知る現代人の知識」を生かして戦国の世を生き延びていくストーリー。主人公・西野蒼を新田、ヒロインの瀬野遥を山崎、主人公を導くことになる徳川家康を三浦春馬さん、織田信長を松山が演じている。


そうなのね。撮影中学生役の子たちとは会話できなかったのね。
なんだかすっかり先輩俳優って感じになってきましたね(笑)


松山ケンイチ、渡邊圭祐が撮影時の様子を暴露 「笑顔はなかったです…」 映画『ブレイブ -群青戦記-』初日舞台あいさつ



新田真剣佑、松ケンの“信長”オーラに恐怖? 撮影中は会話なく 映画「ブレイブ -群青戦記-」公開初日舞台あいさつ



松山ケンイチ「仲良くしたいのに…」新田真剣佑らに怖がられた撮影を振り返る
映画『ブレイブ -群青戦記-』公開記念舞台あいさつ

「ブレイブ 群青戦記」
鑑賞記録
1回目 2021.3.12



014_2021031307191137a.jpg



無事、公開初日に鑑賞することが出来ました。
平日にもかかわらず、田舎の劇場もまずまずの客入り。(今回見た映画館は50%入場制限でした)
違う作品で三浦春馬さんが主演した「天外者」を公開2日目に観に行った時、すでにパンフが売り切れ状態だったこともあり、
今回は何が何でも初日の早い時間に購入しないとヤバイと思っていましたが無事ゲットできてホッとしました。

原作は読んでないので一体どんな物語で最後どうなるのか鉢式はありませんでした。
ただ、タイムスリップ物という事だけはわかっておりますが…
簡単な感想としては、私は結構楽しめました。結構グロいシーンなどもありますので、苦手な人はチョットどうかわかりませんが…

タイムスリップ物映画と言えば「戦国自衛隊(最初のやつって確か千葉真一さん主演でしたよね)」とか「バックトゥザフューチャー」とか「漂流教室」とか「鬼滅の刃((こちらはタイムスリップとかではなくて、私が今、「鬼滅脳」なもんで、思いというか)」とかを思い出してしまいました(汗)

ケンちゃんだけにしか興味のない人にとっては満足しないかもしれないけれど、作品としては私的には何度か観てもいいかなと思える作品ではありましたね。

(以下はネタバレになります)

≫続きをみる...

2021.3.4記述
ザテレビジョンより

新田真剣佑が主演を務める映画「ブレイブ ‐群青戦記-」が、3月12日(金)に公開。このたび、UVERworldのライブ映像と同映画の本編映像が使用された、主題歌「HOURGLASS」のコラボミュージックビデオが解禁された。

「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で、異色の「部活×青春×歴史」作品として人気のコミック「群青戦記 グンジョーセンキ」を実写映画化した同作。高校生アスリートたちが、仲間を守るために生死を賭けた戦いの中で成長していく。

主人公・西野蒼を新田が演じ、蒼を導くことになる徳川家康役に三浦春馬さん、蒼らの前に立ちはだかる強大なカリスマ・織田信長を松山ケンイチが、蒼を支える幼なじみであるヒロイン・瀬野遥を山崎紘菜が演じる。

このほど公開されたミュージックビデオは、映画の見どころでもある、高校生アスリートたちが仲間を守るために戦国武士へ挑んでいく必死のアクションシーンから、その中で蒼が仲間と共に成長していく様が映し出された、本編の中でも特に熱のこもった場面が凝縮された映像と、UVERworldが2019年に行った東京ドームでのライブの模様が交錯する、スピード感がありながらも壮大な作品となっている。

今回のコラボMVに関して、TAKUYA∞(ボーカル)は「UVERworldのライブと『ブレイブ -群青戦記-』の壮大かつ迫力のある映像が相まって、映画公開への期待感が高まる作品になっていると思います」とコメントを寄せた。

なお、UVERworldのニューシングル「HOURGLASS」は3月10日(水)に発売。

初回生産限定盤は最新ライブを収録したDVD付で、2020年12月21日に横浜アリーナで行われた”TAKUYA∞生誕祭”のライブから「HOURGLASS」と「ROB THE FRONTIER」。そして、12月25日に日本武道館で行われた”Premium Live on Xmas 2020”のライブから「AS ONE」のライブも収録される。



UVERworld『HOURGLASS』(映画『ブレイブ -群青戦記-』コラボver.)


若手メンバーがテレビなどのプロモーション頑張っていますね~
でもイマイチ知られてない感じがしないでもないけど…(チョイと不安)
公開まであと少しだね。



2021年3月21日公開予定の「ブレイブ 群青戦記」の関連情報です。

ポスター002










カッコいい信長様のお姿が観れましたね~。色気が駄々洩れています(>_<)


予告編90秒【2021.3.12 公開】映画『ブレイブ -群青戦記-』


公式サイトはこちら








最終更新日:2021.2.8



≫続きをみる...

みるめ君、誕生日おめでとう♪
12月25日は磯貝みるめ君の誕生日です♪(原作では)


2020.12.25記述



2020birthday.jpg
  


ハッピーバースデー、みるめくん。
よもやよもや、昨年の誕生日の時には今年ほぼ1年がこんな事態になろうとは…
みるめくんもやっぱりお仕事はテレワークとかになったのかな?
オンライン飲み会とかした?今年の誕生日もひょっとして誰かとオンライン誕生日パーティーとか
するのかな?くれぐれもコロナには気を付けてお誕生日お過ごしください。



≫続きをみる...

2020.12.14記述
TOKYO HEADLINEより

新田真剣佑「俳優になったのは春馬さんがきっかけだった」

001_20201214213238106.jpg


『ブレイブ ‐群青戦記‐』製作報告会見が14日、都内にて行われ、新田真剣佑、山崎紘菜、鈴木伸之、渡辺圭祐、本広克行監督が登壇。主演の新田は本作で共演した憧れの先輩・三浦春馬について「俳優になりたいと思ったのは春馬さんがきっかけだった」と明かした。

 スポーツ名門校の高校生たちが突然、織田信長や豊臣秀吉、徳川家康ら歴史上の武将たちが生きる戦国時代にタイムスリップしてしまい、「部活で培った身体能力」と「未来を知る現代人の知識」を生かして生き延びようとする物語。

 国内では本作が単独初主演となる新田の座長ぶりを共演者、監督も絶賛。山崎が「役柄的には私が引っ張っていくのですが現場では逆でした。立ち位置で私が前に行き過ぎていたりすると、お芝居のなかで分からないくらいさりげなくエスコートしてくれた」と言えば鈴木も「マッケン(新田)が座長でよかった。マッケンが大きく笑うとみんながひとつになれた」、敵対する役どころだったという渡辺も「マッケンを中心に一体感が生まれていた」と振り返った。
 新田は照れながら「座長として何かをやらなければという意識はあまりなかったですが、いろんな部活があるので、全員とコミュニケーションをとれる現場にしたいなとは思っていました」と振り返った。

 一方、本広監督は新田の父・千葉真一とのエピソードを披露。「マッケンに会う前、お父さんとお会いしていて。お父さんは、台本を読んでたんですが“アレはアレだね…”と言ったきり一切何も言わなくて。帰ってすぐ脚本を直そう、と思いました(笑)」と会場を笑わせた。

 また、戦国武将役を演じた先輩俳優たち、松山ケンイチや三浦春馬について聞かれたキャストたち。渡辺が「何事も動じない人物を演じようとしていたが、松山さんが演じる織田信長からお説教されるシーンで、松山さんがすごく近くて本当に泣きそうになった。役者の大きさを知った」と振り返ると新田も「僕は5メートルくらいの距離だったけど、いつでも斬られそうで緊迫した」と苦笑。鈴木は「家康を演じた三浦春馬さんの刀さばきからたたずまいから、ものすごく大きい存在だなと目の前で改めて感じました」と、今年7月に亡くなった三浦春馬をしのび、山崎も「先輩たちの姿を見て、私たちもそうなりたいと思いますし後輩たちにもそう思ってもらいたい。そうやって受け継がれていくものなんだなと思いました」と語った。

 最後に新田は「僕が俳優になりたいと思ったのは春馬さんがきっかけだった。一緒にお芝居をしてすごく幸せな体験をさせていただきました。忘れることのない経験で、宝だと思ってます。大好きな春馬さんの最高の姿がこの映画で見れるのでぜひ楽しみに」と締めくくった。

『ブレイブ ‐群青戦記‐』は2021年3月12日より公開。


12/15(火)19時頃~
YouTubeとLINELIVEにて記者会見の模様の動画が公開されるそうです。

YouTubeはこちら
LINE LIVEは
こちら

明日の朝はWSなどでもこの様子が放送されそうですね(ケンちゃんは出てこないけど)

2020年11月13日 「ホテルローヤル」無事公開初日を迎えました。


006_20201113202924b2c.jpg





≫続きをみる...

映画「ホテルローヤル」関連情報
2020年11月13日公開予定、映画「ホテルローヤル」の関連情報です。


ポスター001









波瑠や伊藤沙莉がホテルで… Leolaの主題歌「白いページの中に」流れる映画「ホテルローヤル」特別映像


「ホテルローヤル」公式サイトは
こちら


最終更新日:2020.11.11



≫続きをみる...

Happy Birthday to える~♪

お誕生日おめでとう★happy birthday★誕生快楽★생일 축하합니다 ★ハッピーブースデー★ to L・Lawliet



2020.10.31記述


2020バースデーカード
   


誕生日おめでとうL。今年もあなたにこうしておめでとうと言えることができました。
しかし、今年はまるであなたが生きていた時のようなパンデミックが世界中を襲っています。
今もまだ外出もままならなかったり、沢山の人がウィルスと戦っています。
あなたがいたらこの今の世をどんなふうに感じるのかなぁ~。
来年のお誕生日には楽しいご報告が出来るといいんだけどなぁ。
そしてまたこうしてお祝いしたいです。


≫続きをみる...

2020.10.26記述
映画ナタリーより

波瑠「ホテルローヤル」セットに「うわ、ラブホだ!」、安田顕は違和感なくオヤジに


002_20201026215942320.jpg


「ホテルローヤル」の完成報告会イベントが本日10月26日に東京・スペースFS汐留で開催され、キャストの波瑠、安田顕、夏川結衣、岡山天音、監督の武正晴が登壇した。

北海道の湿原に建つラブホテル・ホテルローヤルを舞台に、同地を訪れる男女や従業員の人間模様を描いた本作。桜木紫乃による原作小説を直木賞受賞時に読んでいたという波瑠は、「自宅で母と一緒に交代で読んでいたので思い出深いです。『知ってる!』という本の台本をいただけてとても光栄でした」とほほえむ。また、自身が演じた主人公・雅代の役柄を「静かに佇んでいる場面がほとんどで、セリフも『……』が多かったので、彼女の内面ときちんと向き合う必要があるなと。そういった意味では緊張感のある作品でした」と振り返った。

雅代の父・大吉を演じた安田は、老けメイクと恰幅のよく見える衣装で臨んだそう。「周りの皆さんのおかげで(役が)できあがりました。あと僕は北海道出身で、親父は室蘭市で溶接工をやっていたので、親父を思い浮かべながらやっていました。自分も映画を観たんですが違和感なく“オヤジ”に見えますね」と語り、波瑠に「今だと同い歳くらいに見えますけど」と話し掛けて笑いを誘う。

雅代の母・るり子役の夏川は「このお母さんは家族を顧みないところがあるんですが、そうなる事情もあって。でも最後に雅代に言う『幸せになりなさいよ』というセリフは、女性の幸せというものを本当に考えてつい言ったんだと思います」とコメント。また教師役を演じた岡山は「一緒にホテルに入る生徒役の伊藤沙莉さんは同い歳で。その2人で教師と生徒になるのは面白い試みになりそうだなと思いました」と述懐した。

本作の舞台となるホテルローヤルのセットについて、武は「当時釧路にあった桜木先生のご実家のホテルの設計図を書いてもらって。どういうご苦労をされたかなども聞いてシナリオに取り入れました」と説明。波瑠も「ラブホテルというものをよく知らないんですが、『うわ、ラブホだ!』という説得力がありました。大袈裟にきらびやかで、統一されているようでちぐはぐで。リアルだなと思わせられるセットでした。ラブホテルって関係とか記憶が刻まれる場所だと思うんですが、そういうものを受け止めてきたんだなと思いを馳せたくなるようなお部屋でした」とセットのリアルさを称賛した。

イベントでは、撮影のため出席が叶わなかった松山ケンイチからのビデオメッセージを上映。松山は「実際の土地でやっているので、そこで感じるものを素直に出しながら演じました」と述べ、「これは内緒なんですけど、僕は青森出身なんですが、地元の言葉でやっちゃったんですよね。でも誰にもツッコまれなかったので、そのまま最後までやっちゃいました(笑)」と裏話を披露した。最後に波瑠は「桜木先生が『何かから積極的に逃げるというのは、変換すればものすごく前向きな行為なんじゃないかと思うんです』とおっしゃっていたのがとても印象的で、深く納得しました。そんなメッセージがこの作品には込められていると思います」と静かに語りかけた。

「ホテルローヤル」は11月13日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。

ケンちゃんはビデオコメントでしたかぁ~
なんかどこかでなんかの撮影しているみたいですよね。なんか藤原竜也さんとの目撃談が複数上がっているみたいだけど…どうなんでしょうか?早くいい情報聞きたいものですが…

まだまだと思っていたけど、あと少しで公開と思うと楽しみで仕方ないですよね~。
今の時期、プロモ活動は難しそうだね、波留さんもドラマの撮影もあって大変かと思うけど頑張ってほしいです。



≫続きをみる...

観賞記録
1回目 2020.10.17


004_20201020201254c10.jpg



原作は読んでないけれど、日テレ版、HK版のドラマ「みをつくし料理帖」は観ておりますので、角川春樹監督の映画版はどうなるのか若干不安でもありましたが…






≫続きをみる...

2021年の公開予定「川っぺりムコリツタ」の関連情報です。


001_202010051326561bb.jpg
 


松山ケンイチ コメント

脚本読んで今も思っていますが、この作品を人にうまく説明できません。
言葉や文章で説明できる作品ではありませんでした。
荻上監督とは撮影現場では会話というよりもお互いに何を感じていたかという話が殆どで他人に対してどう見えているかではなく自分が自分をどう見ているのかを大事にして現場にいました。
あと、都市では得られない解放感や時間の流れを富山で堪能しながらカメラの前にいました。

ムロツヨシ コメント
今までの自分はいらない、と。今までの自分を捨てて、荻上さんが作られた世界に飛び込んでおります。
経験してきたこと、してしまったこと。身についたもの、身についてしまったもの。
全てを捨てないと、その世界で生きられないのです。
しかしながら、そう簡単に捨てられる訳もなく、捨てられているのかどうか、考え動き、考え考え動き考えてます。
荻上さんと戦いながら、荻上さんの世界で生きようとする日々。そして松山ケンイチと過ごす時間。
「川っぺりムコリッタ」どうかご期待、お待ちください。映画館でお会いしたい。

荻上直子 コメント
松山さんの隣の部屋にムロさんが住んでいる。
想像しただけでオカシイけれど、その撮影は想像以上にシアワセなひとときでした。


公式サイトはこちら



最終更新日:2020.10.5


≫続きをみる...

2020.9.30記述
シネマクエストより

伊藤さとりのシネマの世界 映画『みをつくし料理帖』主演:松本穂香さん+角川春樹監督 インタビューダイジェスト版


シネマクエスト001





原文はこちら






≫続きをみる...

2020.9.26記述
日刊スポーツより

20200925桜木紫乃さんトークショー


釧路市出身の人気作家桜木紫乃氏(55)が映像化された作品への思いを語った。13年の直木賞受賞作「ホテルローヤル」が映画化。25日、札幌市内で行われた試写会後のトークイベントに出席。「原作者がこんなに表に出てきても良いんですかね」と冗談めかしながらも「私にできることは何でもしていきたい」と約1カ月半後の劇場公開を心待ちにした。

生家のラブホテルをモデルとした原作は累計95万部を超えるベストセラーとなった。「私はわりと冷めた目で深刻なふりをして書いていました」と執筆時のことを振り返りつつ、映像化された作品について「私の筆ではできなかったものもあった。映画のほうが遥かに人情味があって人に寄り添っていた」と話した。

映画化に際してリクエストはしなかったが、作品の舞台と同じ北海道の釧路市や札幌市で撮影が行われた。昨年5月には撮影現場を訪れ俳優松山ケンイチ(35)と話した。劇中で北海道の方言を難なく話せた松山に「自分は青森なんで…」と応えられ、納得したというエピソードで笑わせた。

現在は江別市に在住。道内に拠点を置きながら執筆活動を続けている中で、北海道を舞台にした自身の代表作が映画化された。桜木氏は「音楽と映像の融合で、いち観客として楽しみました」と作品を評価。映画産業を含め新型コロナウイルスで暗い雰囲気が漂う中でも「必ず誰かの背中を押す作品になっている。前向きに逃げ出したい人に届けたい」とアピールした。【浅水友輝】

全文はこちら

配信もされていたんですけど、時間的に無理なので諦めましたが、原作者の方が北海道弁お上手だったと言ってくれているのは嬉しいジャマイカスルメイカ(笑)








2020.8.8記述
シネマトゥディより

 Amazon Prime Videoで8月5日からアニメーション映画『プロメア』の独占見放題配信がスタートした。これに最も喜んだのは、おそらく映画館に何度も通い、すでに円盤(Blu-ray・DVD)を購入済の『プロメア』ファンだろう。いつでも観られるのになぜ? その答えは簡単だ。「あなた」に観てほしいから。


ポスター002


原文はこちら






≫続きをみる...

2020.5.28記述
「林信吾の西方見聞録」より抜粋


013_20200528085559d94.jpg  


割と新しいところでは、これも実在の棋士を主人公にした『聖の青春』(2016年)という映画がある。

近年、将棋ブームなどということが言われて、棋士がマスコミに露出する機会も増えてきているが、村山聖という棋士の名前を覚えているという人は、ごく少ないだろう。もちろん、将棋に関心の深い人は別として。

こちらも、大崎善生氏が2000年に発表した、同名のノンフィクション小説(つまり、一部の描写は著者の主観によるもの)を映像化したものである。

映画では、大阪の路上に倒れていた青年が、通行人の助けを借りて関西将棋会館にたどりつくところから話が始まる。
この青年こそ「西の怪童」と呼ばれていた、当時23歳の村山聖七段で、幼少期よりネフローゼという腎臓の難病を患い、無理のきかない体でありながら名人を夢見ていたのだ。

彼にもまた、終生の宿敵がいた。天才・羽生善治名人である。

村山聖を演じたのは松山ケンイチだが、腎臓病からくる体のむくみに苦しむ主人公になり切るべく、わざわざ体重を増やした姿が話題になった。

羽生名人の方は東出昌大が演じたが、こちらも天才棋士になり切るべく、将棋の駒の持ち方から、対局中、相手に鋭い視線を向ける、世に言う「羽生にらみ」の目つきまで、懸命の役作りをした。試写を見た名人が、イケメン俳優が自分の役を演じていることに、恥ずかしさで直視できなかった、などとコメントして笑いをとったのを覚えている。

たしかにあの映画で東出昌大が見せた演技・存在感には私も瞠目させられたが、まさか後年、あのようなことになるとは……あんな美しい奥さんがいながら、なにをしてくれてんだ、などと、つい公私混同してしまうではないか笑。

話を戻して、実在の村山聖は羽生善治を打ち負かすことはできなかったが、映画俳優としての松山ケンイチは東出昌大を圧倒していた。東出もよく頑張っていたが、シャレではないけれど「役者が一枚上」だと言うしかない。

自身の健康について、愚痴めいたことは一切言わないのだが、対局後、羽生を誘って居酒屋に足を運んだ際に、

「一度でいいから女を抱いてみたいなあ」

と呟くシーンがある。その一言に込められた万感の思い。これを、さりげなく演じてしまうのが松山ケンイチという俳優のすごいところで、今思い出しても鳥肌が立ちそうだ。

そのように、病魔と闘いながら将棋の名人を夢見続けた村山聖は、28歳で他界する。「青春」というタイトルだが、彼にはその先の人生がなかったのだ。

ここまで読まれた方々には、今さら解説めいたことを書き加える必要はないと思うが、この2本は決して「将棋映画」ではない。そもそもこれを見ても、将棋が強くなるどころか駒の動かし方さえ覚えられない。あくまでも、将棋の魅力に取り憑かれた人間たちが織り成すドラマなので、これはやはり、邦画でなければ描けない世界だと思う。

全文はこちら

見た目ではない、全身で村山聖さんとして生きている部分を作品としてちゃんと見てくださってありがたい言葉ですよね。
聖の青春以外にも色々な邦画に関して興味深いお話があるので興味のある方は是非全文読んでみてください。



2020.5.15記述

劇場公開1周年記念001


映画『プロメア』の劇場公開1周年を記念し、5月24日(日)にSNS上で皆さまと一緒に『プロメア』の同時視聴企画<StayHome with PROMARE>を実施いたします!

本来であれば劇場で映画『プロメア』の1周年を皆さんと共にお祝いさせて頂きたいと思っておりましたが、新型コロナウィルス感染症の拡大に伴い、多くの映画館が休館となっている状況を鑑みまして、ご自宅にいる皆さんと開始時間を揃えて本作品を同時視聴することで、オンライン上で擬似的に映画『プロメア』1周年記念イベントを実現して楽しんで頂きたいという趣旨の企画となります。

また5月24日(日)は、同時視聴企画の他にも多くの新規発表情報がございます!当日は是非、映画『プロメア』劇場公開1周年を一緒にお祝いして盛り上がりましょう!

さらに5月24日(日)より、各種配信サイトでのレンタル配信がスタートいたします!
詳細はこちら

【同時視聴企画〈StayHome with PROMARE〉概要】
5月24日(日) 20:00~から映画『プロメア』BD&DVD、または各種レンタル配信サイトより再生して頂き、ハッシュタグ#プロメア1st」をつけて、ぜひ皆様の“応炎コメント“や”シーンの感想“など、思いのたけをTweetしてください。

当日は同時視聴のタイミングに合わせて、公式Twitterアカウントも皆さまと一緒に企画に参加し、Tweetさせて頂きます(まだ出していない未公開資料など準備中です!)。

さらに、ハッシュタグを付けてTweetしていただいた方の中から、抽選でプレゼントが当選する企画も準備中です。
是非、5月24日(日) は、ご自宅で映画『プロメア』を観て一緒に盛り上がりましょう!

■スケジュール(予定)
・15:00~20:00 新情報の解禁やプレゼント企画などの発表を公式Twitterと公式サイトで順次お知らせいたします。
・20:00~21:52 映画『プロメア』同時視聴企画〈StayHome with PROMARE〉。本編上映時間に合わせて、公式Twitterより各種Tweetをいたします。

・22:00~22:30 各種お知らせ、プレゼント企画等の振り返りTweetをいたします。

【注意事項】
※複数人が集まっての観賞会などはお控えください。
※本編映像の無料配信はございません。発売中のBD&DVD、または5月24日より順次開始となる配信サイトをご利用ください。


おぉ、プロメアの再盛版ですね(笑)
これは楽しみ、どうなるのか。地上波放送ではなくて配信など屈指してみんなでTwitterでお祝いしようってなんだか嬉しいなぁ。
BD・DVDをお持ちでない方は是非配信(色々あるので)サイトで観れるなら一緒に盛り上がりましょう!

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .