FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
こうして大人になっていく
2011.3.9記述
キネマ旬報 No.1571より

キネマ旬報no1571001



「ワタナベはこの物語の中で大恋愛を経験する。だからキミも、この作品で大恋愛を経験することになるんだよ」
『ノルウェイの森』の撮影に入る前、トラン・アン・ユン監督が松山ケンイチに言った言葉である。
だが、そんな監督の予言めいた言葉が何を意味するのか、このときの松山にはよく分からなかった。
それよりも、彼の頭の中にはある"覚悟"でいっぱいだった。他のことを考える余裕もないほどに。





≫続きをみる...

松山・菊地・水原それぞれの視点
2011.3.9記述
ススめる!ぴあより


NORWEGIAN WOOD001

≫続きをみる...

2011.3.5記述

facebookでハンス・カノーザ監督が紹介していたんだけど、3月11日にイギリスで「ノルウェイの森」が公開されるにあたって広告代理店が一般公募でポスターを作るというイベントをしている(した?)ようです。

いずれの作品も面白いんですよ~。

見てみたいと思う方は
こちらで全種類見ることが出来ます(投票もできるようですが海外の人はどうなのかちょっとわかりませんのであしからず)

ちなみに私は全部見た中でこのポスターが良いなと思いました

ポスターイベント私チョイス



作品を何度も見た私が自分で選ぶならはあえてシンプルで人物を排除したこのポスターかなと思いました。
直子と緑のイメージを森の木々で表現したものが面白みはないかもしれないけどいいかなと。
他にもいかにもイギリス的なPOPなデザインの素敵な物もあったし、ハンスがチョイスしたものもかなりの人が投票されて私もなかなか面白いと思いました。 


 ポスターイベントハンスチョイス


文字が手書きでなかなか味わい深いというかPOPな感じもあっていいなと思いましたけどね。

イベント同様にイギリスで沢山の人が映画『ノルウェイの森』を愛してくれるといいですね
彼が目指す男性像とは?
2011.2.28記述
Gainer(ゲイナー)「COVER+α表紙の人」より



≫続きをみる...

2011.3.1記述
朝日新聞

ノルウェイの海苔


昨年公開された映画「ノルウェイの森」のロケ地になった兵庫県香美町香住区の今子浦・千畳敷でとれた岩ノリを「ノルウェイの海苔(のり)」と名付け、地元の民宿「双葉荘」が販売している。包装には、映画の原作となった村上春樹さんの本の装丁を意識した緑と赤のラベルを張る凝りようだ。

 「かえる島」などの名勝が連なる今子浦では、2009年2月24日に主演の松山ケンイチさんらが訪れて撮影があった。映画ではラスト近くでほかの冬の海とともに今子浦が登場している。

 今子浦では冬になると岩場に岩ノリが繁殖。これまでも宿で提供して濃厚な磯の香りとしっかりしたかみごたえが宿泊客に人気だった。一帯の山陰海岸ジオパークが世界認定された記念も兼ね、映画や原作の知名度を借りて今子浦をPRしようと、限定販売することを決めた。

 経営者の田嶋常雄さん(62)と道江さん(60)夫婦が1月中旬から2月中旬ごろにかけ、宿の目の前の千畳敷で摘み取ったノリを洗って包丁でたたき、数日天日干しして約32センチ四方の板ノリにした。道江さんは「しょうゆを塗って軽くあぶれば、そのままでもおにぎりを包んでもおいしい」と話している。

 1枚200円で限定40枚。問い合わせは双葉荘(0796・36・0848)へ。

055_20110301141941.jpg


あはは~、おもしろいことを考えましたね。
ノルウェイの森をかけてノルウェイの海苔って(^^ゞ

この写真の場所かな?もし間違っていたなら申し訳ありませんが…
限定商品みたいなので食べてみたいと思う方はすぐにコンタクトした方が良いかもしれませんね。

でも作品のイメージがあるから神河町の方もグッズを作りたいというお願いをしてもなかなか許可は下りないとおっしゃっておりましたからね~これはだいじょうぶだったのかしら?(苦笑)
2011.1.21記述
まんたんウェブより

20日発表されたオリコン週間本ランキング(24日付)によると、村上春樹さん(62)の文庫本「ノルウェイの森 上」(講談社)の累積売り上げが100万部を突破したことが分かった。

 文庫上巻は、08年8月11日付で95位に登場してから今回を含め文庫部門TOP100に通算44週ランクイン。その間、イスラエル最高の文学賞「エルサレム賞」受賞や、映画化決定時、映画公開前後と話題になるたびにランキングを上げ、昨年12月27日付からは3週連続で首位を獲得している。今週は1万7000部を売り上げて同部門7位にランクインし、累積売り上げで101万2000部に達した。文庫下巻は今週1万6000部を売り上げて同部門8位となっており、累積を86万5000部に伸ばしている。

 なお「ノルウェイの森」は、単行本などを含めた発行部数では上下巻合わせ既に国内累計1000万部を突破している。

上巻だけってどういうこった?
まずは上巻だけ読もうと思って買っては見たもののやはり一筋縄ではいかないこの上巻、挫折組も多いという事かしらね?(読み進まない)分かるよわかるよその気持ち、うんうん。

でも一応シリーズで全巻ある場合は基本買います(小説はね)1Q84などリアルでとなると仕方なく次が出るまで我慢しましたが。

まぁ1度読破すると2回目からはスラスラ読めるようになるんですけどそこまでがかなりしんどい本ですね「ノル森」って。

私が買った海外版の「ノルウェイの森」なんだけど偶然なのかどうなのかわからないんですけど、香港版も韓国版のいずれもセットで売ってたんですよね最初から。香港版は別々にも帰るんだと思うんですけど買った時は村上春樹フェアみたいなのをしていてもうすでに2冊1セットみたいな感じでパッキングされていたので…まぁ私的には良かったんですけどね。
中国翻訳版 

正月に韓国で購入した「ノルウェイの森」韓国語版はもう最初から上下巻箱に入って売られていましたので1冊ずつばら売りしているのかどうかちょっとわかりません。初版当時はそもそもタイトルも「ノルウェイの森」じゃなくて「喪失の時代」というタイトルで販売されていたので近年になって改めて「ノルいぇいの森」というタイトルに変更して本の装丁も日本と同じ赤と緑になったようですから。でもパッケージされてるもので良かった。バラ売りでもし片方が在庫なしとかだったら次回いつ来れるかわからないだけにどうしようもなかったですからね(汗)


韓国版ノル森単行本

映画公開に当たってなのかイギリス(だと思うんですけど)のペーパーバック(英語版)も直子とワタナベを装丁カバーにした物を発売しているようです。購入したのは近所のTSUTAYAなので実際某国で販売されているのかどうか分かりませんが、まぁ輸入されているようなので販売されているんだと思うんですけど…


 
ノルウェイの森ペーパーバック

ペーパーバックって分厚い&年月が経ってくると紙質が良くないから段々茶色くなってくるんだよね~
良いんだか悪いんだかだけど(ーー゛)

映画を見て原作に興味を持ってくれたのならうれしいことですよね。
映画を見て→原作を読破→再度映画で確認→より作品を深く感じてくれる=最高なことですよね?

その前に各国の「ノル森」を読破せねば…(ーー゛)
2011.1.18記述 
MSNエンタメニュースより


054_20110121111526.jpg

村上春樹さんの大ヒット小説を原作にした映画「ノルウェイの森」。公開から1カ月あまり過ぎたが、巷の評価はさまざまのようだ。本当に面白いのか、ぜひとも観るべきなのか、それとも…。制作段階から密着してきた岡本耕治(映画担当、以下O)と遅ればせながら自腹で鑑賞した篠原知存(学芸担当、以下S)の両文化部記者が、本音で話題作を語る。




≫続きをみる...

教保文庫にて「ノルウェイの森」
2011.1.3記述

昨日、ソウルの教保文庫光化門のお店に行ってきました。
お目当ては韓国語版「ノルウェイの森」を購入する事。

広いのでどこを探していいのか分からず書籍コーナーの棚を探しました。
日本の雑誌などのコーナーのカウンターには映画「ノルウェイの森」のポスターが♪

教保文庫ノル森ポスター


勿論、日本語の小説の中にも「ノルウェイの森」の文庫本も単行本もありましたよ(^-^)
しかし、私の今日の目当てはそれではなくて韓国語に翻訳されたそして「喪失の時代」のタイトルではない「ノルウェイの森」なのです。

やっとこさ、日本の小説家の棚を見つけて「村上春樹」の棚を探しました。最初に見つけたのは「村上龍」さん。でもこの近くにあるはずだと探したらありました!しかも棚に会った「ノルウェイの森」は1組だけだったのです。(在庫はどこかにあるのかもしれないけれど…)良かったぁ~無事見つかって。

という事で他も見ずさっさとお会計。韓国の本屋さんはレジで購入すると本に購入の日付のスタンプを押します。基本的に包装などをしないので万引き防止なども考えてこんなふうにしてるのかなといつも思ったりします。でもいつ買ったかわかりやすいと言えばそれまでですが、私はこのシステム悪くないと思いますけどね。

韓国版ノル森単行本


日本から持ってきてる文庫と並べてみました(笑)
上下巻がセットになっててハードケースに入って売っていました。

巻頭に村上氏の言葉が紹介されています(まだ具体的にちゃんと読んでないのですが…)
帰ったら中国語版の「ノルウェイの森」と3冊並べて写真を撮ろう♪

世界中の「ノル森」がこの装丁になるとかなり面白いと思うんだけどなぁ~。
英語版は映画の(上のポスターの写真)写真ですけど。
2010.12.28記述
映画.comより

映画comトラン監督


2008年、村上春樹の世界的ベストセラー小説である「ノルウェイの森」の映画化決定という一報は、多くの驚きをもって日本全土を駆けめぐった。そこからさかのぼること14年、フランスで翻訳版を読んだトラン・アン・ユン監督にとって、映画完成まで足掛け16年という長い“旅路”を当時は想定していなかったに違いない。

村上にとっても特別な作品である同作に対し、その世界観を損なうことなく誠意をもって脚本執筆に取り組んだトラン監督に、話を聞いた。(取材・文・写真:編集部)




全文はこちら

≫続きをみる...

2010.12.28記述
2010.12.23NHKニュースより

044.jpg


「ノルウェイの森」ベトナムでも


村上春樹さんのベストセラー小説が原作の映画「ノルウェイの森」が、監督の出身国のベトナムでも公開されることになり、22日夜、ハノイで試写会が開かれました。

映画「ノルウェイの森」は、ベトナム系フランス人のトラン・アン・ユンさんが監督を務め、ベトナムでは今月31日から上映が始まります。これに先立って、22日夜、ハノイの映画館で試写会が開かれ、ユン監督のほか、ベトナムの芸能関係者らおよそ400人が参加しました。

映画は、夏の緑濃い山々や冬の雪など、美しい日本の景色を背景に、主人公の大学生が友人の死で喪失感を経験する姿などを描いています。ユン監督は「ベトナムの人々がどう受け止めてくれるのか、とても興味がある。多くの人の『好きな映画』になったらうれしい」と話していました。

村上春樹さんの小説は、「ノルウェイの森」のほか、「海辺のカフカ」などがベトナム語に翻訳されており、若い人を中心に人気が高く、男性の観客は「小説も好きですが、映画でより理解が深まりました」と話していました。また、女性の観客は「ユン監督が有名な村上春樹さんの小説を映画化できたのは、監督の努力が認められたからで、ベトナム人として誇りに思います」と話していました。

試写会と監督のインタビューは
こちらで視聴できます

トラン監督のベトナム語でのインタビューなんだかとても新鮮です。
祖国での公開、監督にとっても嬉しい事でしょう。

男性の方が「本で読んだが映画で理解が深まった」こういう素直な意見は嬉しいですね~。
日本人はどうしてもなにか映画を素直に見ようと言うよりも斜に構えて粗探し的な感じになってしまうのでしょうか…

この作品(この作品もかな?)は1度見ただけでは分からない事見落とされるシーンがたくさんありますから本当に何度も足を運んで見落とした何かを見つけてほしいものです。

2010.12.27記述
Men's JOKER vol.082より

JOKER002.jpg

≫続きをみる...

ガッツリとした撮影がない分、今まで出演できなかったバラエティ、そして映画のプロモーションさらには大河ドラマ関連のあれこれと違う意味で大忙しの日々ですね。

京都→神戸→京都(夕方のニュースに生出演)の翌日には台湾に「ノルウェイの森」のプロモーションに1泊2日のスケジュールですもんね。(まぁその前に充電したみたいだからいいか…)

と言う事で台湾のプロモーションの様子が色々出てきましたので…。

≫続きをみる...

2010.12.25記述
テレビウォッチ・エイガ探偵団より
041.jpg


全文はこちら

≫続きをみる...

2010.12.21記述
映画.com ニュースより

村上春樹の世界的ベストセラーを映画化した「ノルウェイの森」が、第7回ドバイ国際映画祭で最優秀作曲賞を受賞した。

ドバイ国際映画祭音楽賞001


同作は、国内発行総累計部数1095万部を突破する村上春樹の世界的ベストセラーを、松山ケンイチと菊地凛子主演で映画化したラブストーリー。世界中の村上ファンが公開を待ちわびている話題作で、すでに50の国と地域で配給が決定している。

今年で7回目を迎えた同映画祭は、アラブ、アジア、アフリカ諸国の映画産業の活性化を目的に創立され、中東地区で活躍する映画監督にとっては年に1度の大舞台となる。同作は、アジア・アフリカの長編映画部門にノミネートされ、15本のなかから最優秀作曲賞に輝いた。

音楽を手がけたのは、英ロックバンド「レディオヘッド」のギタリスト、ジョニー・グリーンウッド。ギターソロからノイズまでさまざまな音楽を使い分け、エモーショナルかつ骨太な世界観を作りだした。グリーンウッドは「映画としても美しいし、物語も美しいし、だからほとんど完璧だね」と本作を絶賛しており、トラン・アン・ユン監督も「ジョニーの美しいスコアは受賞に値する素晴らしいものだったから、ここドバイ国際映画祭で評価されたことをとてもうれしく思う。おめでとう、ジョニー!」とコメントを寄せた。松山も、この快挙に「ジョニーさん、万歳!」と手放しで喜んだ

本当におめでとうございま~す\(~o~)/
いやぁ、嬉しいじゃないですかぁ。
ドバイと言えば、ここでもケンイチの作品って何かと公開される機会がありますね。

ワタナベが受話器を取った瞬間に音楽がピタッと消えたり、同じ感じで永沢とのシーンでもああいうの好き場面転換、そこにいる人間の感情を音楽で表現しいてるところとか、ワタナベの嘆きのシーンも敢えて声を抑えて音楽で表現している所とか、映像と同じようにその時代、湿度、空気、雨の音や香りがしてくるような…

サントラ買おうか今迷ってるんだけど何度も映画を観るたびに気になってくる今日この頃…(汗)
これからもいろんな場所での公開があるので良い報告が聞けるといいなぁ。

監督ドバイに行って受賞出来て本当に良かったですね。(自分の手で像をいただけて)


季刊誌「考える人」より村上春樹ロングインタビュー




≫続きをみる...

2010.12.17記述

「ノルウェイの森」のインタビューの中で玉鉄が監督に言われていた「肘の角度が永沢じゃない」。
でも実際色んなところで目にするけれどどんなふうにと気になっていたら…

先日の「笑っていいとも!」で再現してくれました♪


techinsightより

玉山は今回の「ノルウェイの森」のオーディションを受ける際には細心の注意を払ったのだ。オーディションで「好きな俳優は誰か?」と聞かれた彼は『本当はサモ・ハン・キンポーが好き』なのだが「ラッセル・クロウ」と答えて無事に合格したと明かしたのである。
 
この告白にはトラン監督も苦笑いしていたが、もちろん監督が玉山を選んだのは彼の魅力を見抜いたからである。トラン監督は「今まで出会った男優でも、もっとも色っぽい」と言うほど玉山鉄二を高く評価しており、撮影でも彼への演技指導は繊細さを極めたという。
 
玉山の話では肘をついているその腕の角度が監督のイメージと違っていたために「永沢じゃ無い!」と指摘された。玉山が『肘の角度で?』と内心思いながらも角度を少し変えて肘をついたら「トレヴィアン!」と監督からOKが出たのだった。

いいとも永沢の角度004 
これか!と言う感じでしたが(笑)
へぇ~って感じですがなるほどぉ~でもありますね。
細かい部分までキャラクターのイメージができていると言うのはさすが監督ですが、「トレビアン」を聞きたいから頑張ったと玉鉄も言っていましたね~。

再現してくださった感謝♪
『挪威的森林』12/17台湾公開
 12/17台湾でも「ノル森」が公開されるようです。

台湾公式サイト


『挪威的森林』台湾の公式サイトは
こちら

2010.12.16記述

レコードチャイナより

松山ケンイチが「ノルウェイの森」PR、「恋愛」より「交通安全」?―台北市

2010年12月15日、俳優の松山ケンイチが主演映画「ノルウェイの森」のプロモーションのため、台湾入りした。NOWnewsが伝えた。

大ヒット映画「デスノート」などで、台湾でも日本人俳優としては特に知名度が高い松山。彼の到着を聞きつけた大勢のファンが空港に待機していた。現地ファンの黄色い声援にこたえ、松山も気軽に写真撮影に応じたという。

夜には、台北市内で行われた主演映画「ノルウェイの森」のプレミア上映会に出席。海外プロモーションでは出発点となる台湾だが、原作小説を書いた村上春樹の人気と相まって、事前に発売された上映会の限定チケット250枚はし烈な争奪戦も話題に。会場に詰めかけた観客の熱気に、松山も笑顔を見せていた。

今回は菊池凛子、水原希子のヒロイン2人はともなわず、1人で台湾入りした松山は、「ちょっとさみしい」と不満も。台北市内の有名寺院・龍山寺の「恋愛」「仕事」「交通安全」のお守りをプレゼントされ、「交通安全はほんとに、お守りに守ってもらわないと。残り2つは自分の努力かな」と語り、会場のファンを笑わせていた。(翻訳・編集/Mathilda)




「恋愛も仕事ももちろん順調です」に過剰反応する日本ファンがいるんだろうなぁ…(ーー゛)
マフラー、プレゼントですね。
沢山ファンもお出迎えしてくれたみたいで良かったね~。
台湾でも沢山の人たちが映画観てくれるといいですなぁ(^-^)

≫続きをみる...

2010.12.15記述
アートジェーン・ネットより

全文はこちら

それは、まるで、運命に導かれるように――。
2008年、“写真界の芥川賞”といわれる木村伊兵衛写真賞を受賞した写真家、岡田敦。村上春樹の最高傑作にして、世界30言語以上に翻訳されている現代文学の最高峰作品『ノルウェイの森』。岡田と村上、この両者が生み出す作品世界が交わった。それが、岡田の撮り下ろしによる、現在公開中の『ノルウェイの森』映画版の公式ガイドブックだ。


公式ガイドブック表紙 

同ガイドブックでは、松山ケンイチ(ワタナベ役)、菊地凛子(直子役)、水原希子(緑役)の3名が、映画では描かれなかった小説のシーンを再現。岡田が細部にまでこだわって撮影を行った。ファインダーを通して見えた、『ノルウェイの森』の世界とは? そして新進気鋭の写真家が感じた、映画版の魅力とは?――


≫続きをみる...

2010.12.14記述
夕刊フジより

原文はこちら

ORICONSTYLEインタビュー001
写真は記事と違います

≫続きをみる...

公式Twitter特別企画!

小川プロデューサーの【映画「ノルウェイの森」ができるまで~ノル森ノート】を配信します!
作品との出逢い、奇跡の映画化が実現するまでの秘話をつぶやいていただきます!(A)

034_20101012203541.jpg

最終更新日:2010.12.14
≫続きをみる...

2010.12.13記述
ノル森ツイッターより

写真部にて、【「ノルウェイの森」イメージフォトコンテスト】が開催中です!
是非、皆さんが感じた「ノルウェイの森」を投稿してみてください!

フォトコンテスト


1987年に刊行されベストセラーとなった村上春樹の代表作「ノルウェイの森」を、『青いパパイヤの香り』 『夏至』 などのトラン・アン・ユン監督が映画化!この公開を記念して、写真部ではプチフォトコンテストを開催します。今回のテーマは、ズバリ「ノルウェイの森」!安らかな森の姿、葉の間から差し込む太陽の光など、この映画をイメージした作品を募集します。
予告映像や劇中写真を見ることができる「映画ノルウェイの森公式サイト」での予習もお忘れなく。

募集テーマ 「ノルウェイの森」イメージフォト
応募受付 2010年12月10日(金)~2011年1月10日(月)
応募方法 写真表示ページの「写真タイトル」の下にある「応募ボタン」より応募してください。
応募規定 応募は、1人10点までです。

一度応募すると、その作品は写真部が開催する他のフォトコンには応募できなく
なりますので、お気をつけください。
審査発表 2011年2月下旬、当ホームページで発表いたします。

※受賞者には別途メールにてご連絡いたします。



応募など詳しい内容はこちらへ(応募はこのサイトのページに行くとあります)
2010.12.10記述
シネマカフェネットより

014_20101210204958.jpg

≫続きをみる...

2010.12.10記述
映画.com

早大公開講義に極秘登場001



≫続きをみる...

2010.12.9記述
MSNエンタより

原文はこちら

msnインタビュー003

国内外から大きな注目を集める映画『ノルウェイの森』で、主人公ワタナベを演じた松山ケンイチと、ワタナベに思いを寄せる緑を演じた水原希子。二人がこの作品を通じて感じたこととは?


≫続きをみる...

2010.12.8記述
ORICONSTYLEより

インタビュー・フォトギャラリーなどはこちら

ORICONSTYLEインタビュー001

数多くの映画やドラマに出演し、その圧倒的な演技力で多くの人を魅了する俳優・松山ケンイチ。
彼が新たに演じるのは、日本人はもとより世界中から愛されている村上春樹の小説『ノルウェイの森』の主人公ワタナベだ。この映画について、松山は滅多に口にしない“完璧”という言葉を使った。ワタナベという青年を通して見えてきた松山ケンイチの愛と生と品とは一体どんなものだったのか──。


≫続きをみる...

2010.12.8記述
映画.comより

在日外国人たちとのティーチイン002



国内発行総累計部数1095万部を突破する村上春樹の世界的ベストセラーを映画化した「ノルウェイの森」の日本在住外国人向け試写会が12月8日、東京・広尾のノルウェー王国大使館で行われ、主演の松山ケンイチ、トラン・アン・ユン監督、アルネ・ウォルター駐日ノルウェー王国大使がトークショーに出席した。

同作は、主人公ワタナベ(松山)が経験する亡き親友の元恋人・直子(菊地凛子)との恋愛と別れを繊細なタッチで描く。1987年に刊行された原作は36カ国語に翻訳されており、今なお世界中で熱狂的な人気を誇る。

アジア、中東、ヨーロッパ諸国など、世界50の国と地域での公開が決定した本作。これを受けて、松山は「ベネチア国際映画祭に行ったときにも感じたけど、本当に原作は世界中で愛されている。この小説の世界観を表現できるのはトラン監督しかいないと思うし、全てのめぐり合わせが奇跡のような映画」と感無量の様子。トラン監督は「世界中で公開されるのはもちろんうれしいが、特にドバイでの公開が楽しみ。日本の物語がどのように受け止められるか今からワクワクする」と異例の中東公開に期待をふくらませた。

また2人は、23カ国から集まった観客の質問にも応じた。ユン監督は「日本に来てこんなにたくさんの外国人を見るのは初めて(笑)。僕が小説を読んだときの感動を、映画を見た人にも感じてほしい」と語りかけた。松山は、「実は初めて小説を読んだとき、小説のもつ深さを感じることができなかった。できあがった映画を見て、25歳の自分なりの『ノルウェイの森』を感じることができた」と述懐した。

「スタジオパーク」の後このイベントに行ったんですね~(番組内で「このあと監督と会うんです」って言っていましたもんね)
もっと見た人たちの感想を聞きたいなぁ~外国人の人たちが観てこの作品をどう感じたのかってね。

でも、ドバイの公開…カムイも上映された事があるから(ドバイの映画祭で)ケンイチの知名度は少なからずあると思うけど、また全然雰囲気が違うから驚かれるかも?

2010.12.4記述
シネマトゥデイ映画ニュースより

987年に刊行されベストセラーとなった村上春樹の代表作「ノルウェイの森」の映画公開を12月11日に控え、本日4日より松山ケンイチが演じる主人公ワタナベと、水原希子演じる緑が全編キスをしているという1カットのみの15秒間のテレビスポットCMが放映される。

043.jpg



 通常のスポットCMは、映画の中から印象的なカットを複数か所編集して、映画のイメージを伝えるものが多いが、このスポットCMにはワタナベと緑のキスシーンの長回しの部分のみを使用しており、1シーン1カットで構成されているめずらしいスポットCMになっている。この15秒のテレビスポットは10秒ほどこのキスシーンのみの長回しシーンが続きフェイドアウト、そこにタイトルが入るという映画のCMとしては異例の構成になっている。

 配給元の東宝は、この前代未聞のCMの制作意図について、公開に先立ち行われた一般の方を招いたモニター試写会のアンケートの回答に、「キスしたくなる映画」だという意見が数多く見られたことと、今回CMに使用される部分が映画の中での印象的なシーンのひとつに挙げられたことを反映させたためと説明した。

 「ノルウェイの森」の原作の発売当時は、過激な性描写でも話題になったこともあり、このキスシーンによってインパクトを与える地上波のスポットCMとしては異例ではあるが、あえて挑戦的なCMとして視聴者にぶつける。

 ワタナベと緑のベランダでのキスシーンは「ノルウェイの森」原作ファンの中でも印象的な場面として語り継がれている。本映画の監督、トラン・アン・ユンにとってもこのシーンは特別だったらしく、「このキスシーンは緑の家のセットで撮影した最後のカットです。希子は皆さんが想像出来ないくらい勇敢な人です。緑の家のセットでの撮影中、希子は連日泣いていたのです。でも、結果的に、希子の頑張りとケンイチのリードで、さわやかだけど重厚で、軽くて内気な、そして誠実かつ慎重な、今まで私が撮影した中で最も複雑なキスシーンを撮ることができました」と松山と水原を褒めたたえており、その言葉どおりドラマチックなシーンに仕上がっている。恐らくこのシーンを観る人の目もくぎ付けになってしまうことだろう。

映画『ノルウェイの森』は12月11日より全国公開

うわぁ~たのしみですぅ♪
初めて緑の家に行って近所で火事があってそれを見ながらどちらともなくキスをする…
映画本編ではどうなっているのかわからないけれど、CFスポットでそのシーンを再現?してくれると言うのはなんて素敵なんだろう(原作を読んでない方はなんのこっちゃ分からないだろうけど)

知らない人が観ると"ドキッ"とするだろうなぁ~
いや、知っている人もやっぱ違う意味で"ドキッ"とするんだろうけど…ちゃんと捕縛出来るだろうかCF。



いよいよ、一般の人たちが初めて『ノルウェイの森』を観る日がやってきましたね

002_20101123180858.jpg


最終更新日:2010.11.25(随時更新は続きをどうぞ)
≫続きをみる...

2010.11.16記述
シネマトゥデイ映画ニュースより


036_20101116092227.jpg



≫続きをみる...

『ノルウェイの森』オリジナル・サウンド・トラック発売中です♪
OST_20101115151413.jpg


2010.11.15記述

楽曲の視聴ができますので購入検討中の方はご参考にしてください
視聴は
こちらへ(一部聞けない人がいるかもしれませんがご了承ください)

私は…今回は映画が公開されてからじっくり検討してみようかなと思っております(汗)

≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .