感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
鑑賞記録
1回目 2011.4.23(土)
2回目 2011.4.25(月)
3回目 2011.6.13(月)


パンフレット


2011.4.26記述

只今まだ何だかボーっとした感じで…
前回のレビューの最後の答え合わせとしてはまぁまぁいい感じだったように思いますが他の人が見て「お前なかなか良い読みしてるな」とおもうのか「ふーん」と思われるのかは分かりません(汗)

自分がそういう立場になった時、どういう判断をするのだろうとか、加藤、玄野のそれぞれのパーフェクトアンサーが正しかったのかどうなのかその答えを彼らの未来にどうつなげていくことが出来るのかがとても気になりました。

とにかく時間が経てば経つほど最後の玄野の姿が浮かんでくるというのか…脳裏から離れないというのか…

映画らしいエンディングだし、原作がどうなっていくのか(それはそれでこちらもすごいことになって来ているので)気になるところですが別に考えて楽しむべきだと思いますね。

でも原作も読んでいる私としては原作の世界観も良く表現できてるし、Part1での様々な伏線(と言えるのかどうかわからないけれども私は少なからずそう感じました)が最後の玄野の答えを見て一つにまとまったというか上手く絡んだ糸を1本にしたなと思いました。それを思うとなんだかあとからあとからこみあげてくる感情が…。

PERFECT ANSWERとは決してハッピーエンドになるとは限らないんじゃないか。どんな結果であれ、自分が苦しみそして考え抜いた結果自分が納得したことこそが「PERFECT ANSWER」なんだと思います。それが他人から見ると哀しい結果であったとしても…答えを出した本人の思いは別なんだと思います。だからこの作品を見て感じたことが見た人それぞれの「PERFECT ANSWER」なんじゃないかと。

観終わって感じた事は、あの一見、ふざけたラジオ体操の歌もまさにこの作品のメッセージそのものなんじゃないかってね。
玄野計や加藤、そして、生きている人達にとって毎日が喜びと希望に満ちた日々である事。それがどんな環境だとしても生きているからこそ希望や喜び、幸せを感じる事が出来るそれがどれだけ大切なことなのか。それを映画でわかりやすく見せてくれたと私は感じました。

言いたいことはいっぱいあるけれどまだまだ始まったばかりだから是非劇場でその目で確かめてください。
また細かい感想はボチボチと更新していきたいと思います。
スポンサーサイト
鑑賞記録
1回目 2011.1.29(土)
2回目 2011.2.2(水)
3回目 2011.2.8(火)
4回目 2011.2.18(金)
5回目 2011.2.23(水)
6回目 2011.4.22(金)

パンフ


原作を知らない人は多分「なんじゃこの中途半端感は…」と思うんでしょうね(笑)
でもPart2もあるのでちょっともやもやした感じを次回のpartまで持ち続けておいてください。

原作と比べての感想は、テンポは良かったですね。(1つのミッションが結構さっさとこなしていくというか…)
もっとドロドロモタモタしてても良かったかもしれないなと個人的には思うけれど、知らない人には長く感じられるのかな?

伏線的な登場の方もいたり、スズキのおっちゃんとチェリー(桜井くん)は殆どPart1での目立った活躍はなかったのはちと残念ではありましたが、採点のシーンはなかなか毎回笑いが起きたりしていましたね。

転送シーンもかなり原作の雰囲気を再現されていたように思います。
もうちょっとシュールな笑いもあったらいいかなと思ったりもして。

でもCGなどもそんな違和感はなかったしまぁもとともコミックだしね~。


(以後は映画を見てない方はネタばれレビューとなりますのでイヤな方はここまで)

最終更新日:2011.3.24
≫続きをみる...

映画『GANTZ』もツイッター、基本つぶやいているのは「gantz_movie」で佐藤Pはじめ宣伝部のスタッフなのですが、そこで色々書かれているつぶやきに対してみている(フォローしている)私たちも知りたいこと、聞きたいこと、突っ込みたいことがあれば「#gantz_movie」に投稿すると同じような仲間たちのいろんな意見を見ることが出来ます。

ニノのファンはニノに関する話を聞きたがるし、私たちのような松ケンファンは松ケンに関することを聞きたいので当然「松ケンはどんなだった?」とRTで佐藤Pに尋ねると、佐藤Pが答えてくれます。(と言ってもキモな部分は秘密がまだまだたくさんあるので答えてもらえないことも当然ありますけど)

そんな佐藤Pはじめ宣伝スタッフのつぶやきをご紹介したいと思います。



完成披露試写会006


2014.4.2記述
ツイッターより

佐藤Pです。金曜ロード『GANTZ』は明後日4月4日・11日2週連続!
スマホ連動フリフリGANTZもぜひ2週お楽しみに!
そしてPart1では、あのニノが作った名セリフ『行こう!』があります!
合わせて一緒につぶやきましょう!!


『フリフリGANTZ』の詳しい参加方法はこちら


最終更新日:2014.4.2
≫続きをみる...

2012.3.30記述
シネマトゥデイ映画ニュースより

H017.jpg


昨年1月と4月に2部作で公開された映画『GANTZ』と映画『GANTZ:PERFECT ANSWER』が、4月20日と27日の2週連続で4月よりリニューアルする日本テレビ系列の番組「金曜ロードSHOW!」にて放送され、早くも地上波初放送されることが発表された。

 「週刊ヤングジャンプ」にて連載中の累計発行部数1,850万部を超える奥浩哉原作の人気コミックを映画化した本作は、死んだはずの人間が謎の球体“GANTZ”に召喚され、異形の“星人”と呼ばれる敵との戦いを強いられていくストーリー。

 二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子の豪華共演も話題を呼んだ本作は、2部作合計観客動員500万人突破、DVDとブルーレイの売り上げも、オリコン週間ランキングで邦画史上初の2冠を達成するなど大ヒットを記録していた。

 今回の「金曜ロードSHOW!」での放送では、佐藤貴博プロデューサーが、佐藤信介監督と共に映像、音を再編集した劇場公開版ともDVD、ブルーレイとも異なる“GANTZ”を放送予定。XハンドガンやXショットガン、GANTZボール、できれば直径125cmのGANTZ玉や田中星人、千手観音をプレゼントしたいと考えているという。

 「GANTZファンの方にも、そしてこのテレビ放送でGANTZに初めて触れる方にも、できるだけ楽しんでもらいたい」。佐藤プロデューサーの思いを乗せ、公開から1年あまり、“GANTZ”が早くも地上波に登場する。(編集部・島村幸恵)

映画『GANTZ』は4月20日(金)、映画『GANTZ:PERFECT ANSWER』は4月27日(金)21時から23時24分まで日本テレビ系列「金曜ロードSHOW!」にて放送

ぬぉお!これはどう編集されているのかまたまたチェックせねばなりませぬな(汗)
アナザーもDVDと放送版では違うので両方保存しておりますけど、今回のこのGANTZ&PAも録画して保存せねばなりませぬな。あとプレゼントかぁ~。なんか千手とかGANTZ球とかも放出するらしいけど…色々やってくれますね~さすが佐藤PD、GJです!
2012.1.25記述
コミックナタリーより

加藤フィギュア003


奥浩哉「GANTZ」に登場する加藤勝のフィギュア「-KATOU- Battle for Justice.」が、ART OF WARより5月に発売される。価格は6万8250円。

単行本22巻収録のエピソード「ひたむきな男」でのシーンを立体化したこのフィギュア。可動式とは一線を画し、関節の継ぎ目などがない塗装済み完成品であることにこだわって制作された。スーツはブルーやパープルなど複数色を調合した黒色で彩色し、リアルなラバー感を再現している。

初回生産数は100体。すべてにシリアルナンバープレートが付属する。予約は2月10日正午より、ART OF WAR公式サイトにて受付開始。なお1月28日より2週間程度、ボークス秋葉原ショールームにてサンプルが公開されるので、実物を確認したいファンは足を運んでみては。


ART OF WAR 創業15周年記念作品 –KATOU- Battle for Justice.


 この度、当社の創業15周年を記念するシリーズとして新たに『GANTZ』シリーズを開始します。
 「GANTZ」は当社が主テーマとする「戦い」をキーワードとした作品であり、また連載開始から10年を超える
 今もなお、緊張感を保ったままクライマックスに突入し、壮大なスケールでストーリーを展開しています。
 当社はこの作品に深く感銘し、敬意と情熱を持って、今後当社を代表する主要作品の一つとして製品シリー
 ズを発表することを決定いたしました。

加藤フィギュア001


 第一弾・加藤 勝(かとう まさる)
 『Battle for Justice』

 2012年2月10日(金) 正午12時より受注開始。

 ご予約お申込みは、HPまた、お電話でも承ります。(TEL:03-5299-5617)
 GANTZシリーズについて、ご要望、ご不明点がございましたらどうお気軽にお問い合わせください。


 「加藤 勝(かとう まさる)」NONスケール(約1/5スケール)
 製品価格:68,250円(税込)
 サイズ:高29×幅39×奥14 (cm) 
 初回限定数:100体 
 2012年4月下旬~5月入荷予定。



『ART OF WAR』の公式サイトはこちらへ(詳しい情報に関して) 

かっこいいですね~
こちらはコミックの方の加藤なのでケンちゃんではないんですけどね。
私はキャラクターの中でやっぱ加藤が好きですね。
偽善といわれようと計ちゃんが大好きで弟を大切に思ってて、GANTZのメンバーを一途に助ける加藤。
そんな加藤に計ちゃんや他の人たちも加藤の思いを引き継いで行くそんな人物が加藤です。

たとえ星人でも人間と同じように感じている加藤。
だから基本的に武器もYガンを使う加藤。

コミックも本当に目が離せない今日この頃です。
gantz_movieで佐藤Pが企画してくれました。

佐藤Pです。来週遂にGANTZ PART1 BD&DVDが皆様のお手元に届くことになるので、繰り返し愉しむためのロケMAPや、細かすぎるネタをこの後改めてツイートしていきたいと思います!

佐藤Pです。連日暑いですねぇ 汗。でも久しぶりに『硫黄島からの手紙』を観てニノの演技で鳥肌たちましたw GANTZにもそんな鳥肌モンのシーンが多いのでまずはPART1からピックアップしてこうと思います!

cinemacinema25001_20110705115054.jpg


最終更新日:2011.10.21
≫続きをみる...

2011.10.19記述
ORICONSTYLEより

人気グループ・嵐の二宮和也が主演
する映画『GANTZ PERFECT ANSWER』のDVD(14日発売)が、10/24付オリコン週間DVDランキングとBlu-ray Disc(BD)ランキングでともに初登場総合首位を獲得した(DVD初動3.2万枚、BD初動2.1万枚)。前作『GANTZ』(今年7月13日発売)が7/25付ランキングで記録した実写邦画初のDVD&BD総合部門同時2冠記録をさらに更新し、2作連続での同時2冠達成は、アニメ劇場版も含め邦画初となった。

018_20111019104152.jpg


 2008年7月のBDランキング集計開始以来、映画作品(邦画、洋画、アニメ劇場版を含む)によるシリーズ2作連続でのDVD&BD総合部門同時2冠は、トニー・レオン主演の『レッドクリフPart I/Part II』、ダニエル・ラドクリフ主演の『ハリー・ポッターと謎のプリンス/死の秘宝 Part I』に次いで、史上3作目。

 本作は、奥浩哉原作の人気SFコミックを実写映画化。死んだはずの人間が謎の黒い球体“GANTZ”に召還され、さまざまな“星人”と戦闘を繰り広げるという独創的なストーリーを描いた『GANTZ』2部作の後編。DVD、BDともに劇場未公開シーンを含む「EXTENDED EPILOGUE VERSION」を収録するほか、特典ディスクにはメイキングカット、佐藤信介監督インタビューなどを収録する。さらに、書き下ろしコミック『GANTZ/NISHI』など豪華ブックレットが封入特典となっている。

\(^o^)/やったね♪
まだ見てない方は是非是非、購入すると上記の特典映像そしてEXTENDED EPILOGUE VERSIONも収録されていますし、コメンタリーも楽しめますからね♪
2011.10.14記述
シネマトゥデイ映画ニュースより

本郷奏多、『GANTZ』で共演の吉高由里子はやっぱり不思議キャラ?「何考えているのか0.1パーセントもわからない」

20111014マニア会001

14日、原宿にて映画『GANTZ:PERFECT ANSWER』のDVD&ブルーレイ発売記念イベント「GANTZマニア会」が期間限定開催中の「GANTZ/星人×CAFE」にて行われ、西丈一郎役の本郷奏多をはじめスタッフの佐藤信介監督、渡辺雄介(脚本)、佐藤貴博(プロデューサー)が出席し、ファン垂涎(すいぜん)の裏話や撮影秘話満載のトークを繰り広げた。

 奥浩哉の人気マンガを豪華俳優陣で映像化した本作。中でも本郷は、主演の二宮和也と松山ケンイチについて共演する前からのファンだったといい、「二宮さんは、(劇中では)僕と仲間と言えるような役ではなかったけれど、現場では優しくしてくれてチームリーダーのような方でした。PRキャンペーンの最後に『もう会わないと思う、さようなら』って言われたけど、今でもオンラインでゲームをやったりしています」とほほ笑ましいエピソードを告白。松山については「カメラが回っていなくても役に入り込んでしまう方で、自分の世界観を作り上げてしまう」と実力派俳優との共演に刺激を受けたそうだ。

 一方で、ヒロインのひとり小島多恵を演じた吉高由里子の印象を聞かれると、熟考した末「いまだにあの人の考えていることは0.1パーセントもわからないです」と告白。佐藤プロデューサーは「本当にかわいい」と絶賛で、撮影現場ではお姉さん的存在だったそう。本郷も「僕が(撮影先から)テストを受けに帰らないといけないときがあって、朝早くにホテルの廊下まで迎えに来てくれたこともあった」と明かすも、「でもやっぱり(考えていることは)わからないですね」と吉高とのエピソードを思い返そうと最後まで首をかしげ、集まった観客を笑わせた。

 この日は、そのほかファンからの質疑応答コーナーなども開催。『GANTZ』シリーズを通して、初の死ぬ演技に挑戦したという本郷は、本作の死ぬ演技には実は別バージョンもあったと告白。「刺されて倒れるんだけどまだ生きていて、寒い……と言って死ぬバージョンもありました」と本編で使用されなかった幻のシーンの存在を明かし、ファンを沸かせていた。

映画『GANTZ:PERFECT ANSWER』はSFアクションムービー『GANTZ』2部作の後編。死を迎えた男女たちが黒い謎の球体「GANTZ」に召集され、「星人」と呼ばれる強敵たちと戦いを繰り広げるさまをダイナミックに描く。(取材・文:中村好伸)

DVD&ブルーレイ『GANTZ:PERFECT ANSWER』は発売中(DVD:税込み3,570円、ブルーレイ:税込み4,200円)
「GANTZ/星人×CAFE」は原宿「エコファームカフェ632」で10月16日までオープン

今日の佐藤Pは西を意識した服装での登場でした。
今日はちょっと時間通りみることができなくて最初の方を見ることができなかったんですけど、女子かいとはまた違いさすがマニア会というだけありました。時間が1時間といのが短すぎて残念ではありましたけど、佐藤信介監督も貴重な台本や絵コンテなど持参して下さったり、本郷君が西の名台詞を色々言ってくれたのも感激でした。

普通にしゃべる時はなんだかシャイな感じなんだけど西の名台詞を言う瞬間に表情が完璧に西になってて凄かったですしみんなのリクエストに応えてアレコレ言ってくれたのも嬉しかったですね~。

またこの模様も再UPしてくれると思うので参加できなかった皆様少しお待ちください。(^-^)









Video streaming by Ustream

2011.10.12記述
映画.com ニュースより

20111011女子会

 

二宮和也と松山ケンイチがダブル主演したヒット作「GANTZ PERFECT ANSWER」のDVD&ブルーレイ発売記念イベントが10月11日、東京・原宿に期間限定オープン中の「GANTZ/星人×CAFE」で行われ、「GANTZ」シリーズに出演した女性キャストが勢ぞろい。夏菜、Merii、緑友利恵、水沢奈子が“GANTZ女子会”と銘打ったトークを繰り広げた。

同シリーズに出演し、ブレイクを果たした夏菜は「今回が完結編。皆さん、結末が知りたいはずだし、ぜひ見ながら自分なりに“答え”を考えてほしい」。本格的なアクションにも初挑戦し「特に今回はアクション性が強くなっている。印象に残っているのは電車でのシーン」と見どころをアピールした。緑友は高校の後輩だといい「悔しいくらいかわいい」(夏菜)、「ショートカットが似合う先輩」(緑友)と互いをほめ合った。

Meriiは前作「GANTZ」で“千手観音”に殺されてしまう役どころ。カフェの店内には、実際に撮影で使用された千手観音のモデルが展示されており「思わず『お久しぶり』と声をかけてしまった」。水沢は「アクションはもちろん、人間模様も見どころ。スピードが早くて(劇場では)見えなかったシーンを、おうちでゆっくり楽しんでほしい」とDVD&ブルーレイをPRした。

黒いナゾの球体「GANTZ(ガンツ)」に召還され、異形の敵“星人”との理不尽な戦いに巻き込まれた玄野(二宮)と加藤(松山)の奮闘をダイナミックに描く。完結編となる今作では、玄野と加藤がヒロイン・多恵(吉高由里子)をめぐって対立し、原作とは異なるエンディングを迎える。

「GANTZ/星人×CAFE」は原宿の人気カフェ「エコファームカフェ632」とコラボレートした期間限定カフェ(10月16日まで)。店内には撮影に使われた“GANTZ球”や“千手観音”、“田中星人”をはじめ、武器や原画パネルが展示されている。また、GANTZ球BLTバーガー、おかえり兄ちゃんケーキなど作品をモチーフにしたオリジナルメニューも楽しめる。

「GANTZ PERFECT ANSWER」は10月14日、DVD&ブルーレイ発売。

USTでリアルタイム参加してみていましたが、役とは違ってみんな女子たち明るくてテンションが高かったですね~。
そして途中から佐藤監督もDVDに収録されているエクステンディットバージョンに関しての情報などもポロリと言ってくれてますます楽しみになりました(^_^)

自分がもしGANTZのメンバーになるなら誰になりたいと言う質問で圧倒的に「西君」でしたがMeriilさんが「原作に出てくるホイホイ(パンダ)になりたい」と言っていたのには会場爆笑しておりました(笑)

ガンツスーツをもらえると言っていたらしいのですが(自分が着用したものですよ)まだもらってないと言う話題では女性陣は思い出に欲しいらしいけれど、男性人(ニノ松)は「いらない」と佐藤Pに言ったらしく女性陣は「えーーっ」と言う感じでした(笑)

この動画がUPして見られるようになっておりますで参加できなかった方(見ることが出来なかった方)はお楽しみください。

2011.10.12記述
昨日の女子会のUSTREAMです。
Video streaming by Ustream




 『GANTZ』DVD情報
映画『GANTZ』のDVD関連情報です。

2011.10.10記述
gantz_movieより

DVD宣伝みやんです。いよいよ”GANTZ 星人カフェ”開催が近づいてまいりました。そのカフェの全貌が明らかに!CAFE MAPを公開しました!詳細はhttp://www.vap.co.jp/gantz/ をチェック! 

GANTZカフェ店内見取り図


残念ながら当選されなかった方、遠方なのでイベントに参加できない方に朗報です!
なんと「女子会」「マニア会」イベントの模様をUSTREAM生中継致します!
 
URLなど詳細は11日(火)12時に  で発表します!


イベント情報

「GANTZ PERFECT ANSWER」DVD&Blu-rayの発売を記念してGANTZの星人たちが原宿のカフェをジャック!『GANTZ/星人×CAFE』オープン!イベントの開催も決定!

日時: 10月10日(月祝)~16日(日)
場所: 原宿・エコファームカフェ632(東京都渋谷区神宮前6-32-10)
内容: 劇中に登場した星人をコンセプトとした装飾・展示やオリジナルメニューなどでお店全体をジャックします!
 ★実際に撮影で使われた「GANTZ球」や「千手観音」「田中星人」や武器の展示
 ★パネル展示
 ★GANTZをモチーフにしたオリジナルメニュー(「黒いタピオカ入りミニGANTZ球ドリンク」など)
 ★毎日イベント盛りだくさんの企画を随時していきます!お楽しみに!
 (※カフェ混雑時は時間の制限を設けさせていただく場合もございます。ご了承下さい)

GANZTカフェ


トークイベント開催決定!
 

日時:10月14日(金)19時~
場所:原宿・エコファームカフェ632
出演:本郷奏多、佐藤信介監督、渡辺雄介(脚本)、佐藤貴博プロデューサー

※完全招待制になります。
※イベント中は貸切営業となりますので当選者以外はご入店できません。
※トークイベントの応募は9月29日(木)AM11時~10月6日(木)PM6:00にコチラのサイトにて募集いたします。詳細も発表します。
※カフェへのお問い合わせはご遠慮下さい


≫続きをみる...

2011.7.24記述
メディア・イン・ニュースより




映画の主演俳優二宮和也と松山ケンイチの特別インタビュー映像が公開された。

二宮和也は日本国内ファンクラブ加入人数だけでも100万人以上を保有している日本の代表アイドル グループ 嵐のメンバーで去る2006年には世界的巨匠クリント・イーストウッド監督の映画<硫黄島からの手紙>を通じて成功的にハリウッドに進出した演技派俳優。

また<デスノート>、<喪失の時代(ノルウェイの森)>などの作品で国内でも大きな愛を受けている松山ケンイチもやはり国宝級の俳優だ。

今回公開された映像で二宮和也は今回の作品に出演することになった理由に対して“松山ケンイチとともに作業したいという考えが最も大きかった”と話したし松山ケンイチは“玄野役に初めから二宮和也以外に考えられなかった”として“共に玄野と加藤を作り出せたことはとても良い経験だったと考える”と明らかにした。

また二宮和也は最も記憶に残る場面として仁王像との戦闘シーンを挙げて“いきっている玄野がすごく可愛らしかった。 その間、自身満々な役を演ずる機会がなかったために新鮮だったし後半部に出てくる絶望感と後悔に完全に陥ることができた”と話した。

このインタビュー映像は初めて見たかもしれません。
韓国向けにつられたものなのかしら?単に私が知らなかっただけかしらん?(汗)
いよいよ韓国での公開…楽しみですぅ。
韓国で正式に公開されるようです。
まずは「GANTZ」は7/28(木)から公開、そして「PERFECT AANSWER」は8/11(木)に公開予定です。

ポスター


韓国ポータルサイトDaumサイトの「GANTZ」の紹介ページはこちら
韓国ポータルサイトDaumサイトの「GANTZ PERFECT ANSWER」の紹介ページはこちら
韓国映画雑誌CINE21サイトのGANTZ」の紹介ページはこちら


「GANTZ」韓国版予告編


「GANTZ PA」韓国版予告編



最終更新日:2011.7.21
≫続きをみる...

2011.7.20記述
ORICONSTYLEより

初日舞台挨拶004


人気グループ・嵐の二宮和也と松山ケンイチが主演する映画『GANTZ』のDVDとBlu-ray Disc(BD)が13日に発売され、7/25付オリコン週間DVDランキングとBDランキングでともに初登場総合首位を獲得。DVDが3.5万枚、BDが2.2万枚を売り上げ、邦画作品として初の同時2冠を達成した。


 本作は、奥浩哉の人気コミックを実写映画化した2部作の前編。主人公・玄野計(二宮)と加藤勝(松山)ら死んだはずの人間が謎の球体“GANTZ”に召還され、さまざまな“星人”と戦闘を繰り広げるSFアクション。映画作品のDVDとBDが総合部門で2冠を達成したのは、今年4月に発売されたダニエル・ラドクリフ主演の『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(2011年5/2付)以来で、邦画作品では初の快挙となった。

ブラボー!\(~o~)/
DVDもBDも売り上げ首位なんてなんて素晴らしいこと、きっとニノ松そしてキャスト・スタッフみんな嬉しいことでしょう。
邦画で初の快挙…これに続いてPAのDVDとBDも同じように記録を更新してくれると嬉しいし、まだまだ飼おうかどうしようかと迷っているケンちゃんのファンもいるのでセット販売しないという佐藤Pの言葉を色んなところに啓蒙して購買に結び付くといいですよね~(*^^)v

001_20110716052909.jpg
 

最終更新日:2011.7.16

≫続きをみる...

2011・7.13記述
ムービー・ウィーク(韓国)より


040_20110713164008.jpg


ケンちゃんのロングインタビューです。

≫続きをみる...

2011.7.12記述

7月13日『GANTZ』のDVD&BD発売を記念して、キャンペーンコミュニティがオープンしました!


037_20110712133804.jpg


観れば観るほど奥深い"「GANTZ」"について、このコミュニティで語り合いませんか?「GANTZ」をこよなく愛するみなさんの「声」をお待ちしています!

また「GANTZ」DVD&BD特性エコバックなど、プレミアグッズもご用意。アンケートやテーマなどに答えれば答えるほど当選率がアップします!

「GANTZキャンペーンサークル」参加はこちらから





2011.6.3記述
シネマトゥデイ映画ニュースより

030_20110603135235.jpg



今年のニューヨーク・アジアン・フィルム・フェスティバル(N.Y.A.F.F)のラインナップが発表され、日本からも数多くの作品が上映されることが明らかになった。

 今回は、45作品の長編と1作の短編が選考され、その中から日本の作品は三池崇史監督の新作『忍たま乱太郎』と『十三人の刺客』のノーカット映像、加藤直輝監督の『アブラクサスの祭』、中村義洋監督の『ちょんまげぷりん』、佐藤信介監督の『GANTZ』の前後編の2作などが含まれ、その他に香港からツイ・ハーク監督の『Detective Dee and the Mystery of the Phantom Flame(英題)』や、韓国のイ・ジョンボム監督の『アジョシ』なども出展されることになっている。

 さらに同映画祭の開催中には、山田孝之、坂口拓、三池崇史、山口雄大、ツイ・ハーク、ベニー・チャン等が出席することになっている。

 同映画祭は、7月1日~14日までニューヨークのリンカーンセンターにあるウォルターリード・シアターとジャパン・ソサエティで上映されることになっている。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

こちらで上映作品の紹介を知ることができます

NYAFF 2011 Lineup and Guests Announced!

これはアメリカに住んでいる人たちに朗報ですよね~。
三池監督は「十三人の刺客」「忍たま乱太郎」の2作ですかぁ。
まぁGANTZも2部作だけどさ(笑)

2011.6.14記述
「GANTZ」「GANTZ PA」の上映日程情報です

Sat, July 9
Japan Society:
12:30  GANTZ (130)
3:00    GANTZ: PERFECT ANSWER (150)
** there will be a special double-feature ticket available for both GANTZ movies, for $20 / $14 students, seniors & members; tickets to individual shows also available

詳しくはこちらのサイトで確認ください
http://subwaycinemanews.com/



024_20110131214214.jpg

最終更新日:2011.6.7
≫続きをみる...

脚本家よりSecret Talk
2011.5.11記述
Voceより


voce002.jpg



≫続きをみる...

『GANTZ~PERFECT ANSWER』関連情報
002_20110130221502.jpg


PERFECT ANSWERのページはこちら

PERFECT ANSWER TRAILER


最終更新日:2011.5.16(続きへからどうぞ)

≫続きをみる...

『GANTZ』トレーラー日本縦断中
『GANTZ』のトレーラーが日本を縦断します。
随時ツイッターでどこにいるのか情報が出るので、お近くを走る『GANTZ』トレーラーにあなたは遭遇できるか?

20110115下関


2011.5.15記述

トレーラースタッフTSです。
おはようございます。
本日もイオンモール名取エアリにて、展示イベントを開催いたします。
11時から17時までの予定です。たくさんのご来場ありがとうございます。
混雑時は、入れ替え制でのご案内となります。
あらかじめご了承ください。

宮城県にお住まいの皆様、お時間がありましたら是非マジカでGANTZトレーラーとそしてGANTZスーツやXガンなどを観に行ってください♪そしてお時間があれば映画「GANTZ PERFECT ANSWER」を観るのがサイコーですね♪

≫続きをみる...

2011.5.2記述
cinema★cinamaより



cinemacinema001_20110501233650.jpg 
≫続きをみる...

2011.4.29記述
ザ・テレビジョンより

白石


1月29日の公開から、わずか23日間で202万人の動員を記録した映画「GANTZ」。そのPART2となる「GANTZ PERFECT ANSWER」が4月23日から公開中。PART1、2両編に出演している白石隼也にインタビューを行い、見どころなどを語ってもらった。


≫続きをみる...

2011.4.25記述
ぴあより

0422観売新聞夕刊


雑誌「ぴあ」調査による4月22日、23日公開の映画・満足度ランキングは、二宮和也、松山ケンイチ主演による『GANTZ』の完結編『GANTZ PERFECT ANSWER』がトップに輝いた。2位に人気アニメ『きかんしゃトーマス』の劇場版最新作『きかんしゃトーマス ミスティアイランド レスキュー大作戦!!』が、3位にナタリー・ポートマンとアシュトン・カッチャー主演の『抱きたいカンケイ』が入った。

1位の『GANTZ PERFECT ANSWER』は、前作『GANTZ』で黒い謎の球体“GANTZ”に召還された主人公たちの行方を、奥浩哉原作の漫画とは違った結末で描いたSF大作。出口調査では、「みんなが誰かのために戦うというストーリーに感動!」「終盤にたたみ掛けるようなドラマが巻き起こって、ラストは衝撃的で切なかった」「二宮和也の戦う姿は迫力があってカッコイイ。派手なアクションシーンにワクワクした」「グロテスクなシーンは少ないので、前作で引いてしまった人もためらわずに観てほしい」などの声があがり、若者から高い支持を獲得。前作の満足度82.8点を上回る91.0点を記録しトップに立った。

2位の『きかんしゃトーマス…』は、謎の島に漂着したトーマスの冒険を描いた人気アニメーション。子どもからは「トーマスが海に出たときは心配になったけれど、最後はホッとした」「懐かしいキャラクターが登場して嬉しかった」と大好評。大人からは「映画だと列車のスピード感が味わえて、TVアニメとは違う楽しさがある」「この映画を通して“人はひとりでは生きていけない。友だちは大切で助け合わなければいけない”というメッセージが息子に伝わってくれたら嬉しい」などのコメントが寄せられた。

(本ランキングは、2011年4月22日(金)、23日(土)に公開された新作映画9本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

幸先いいですね。
今週末から黄金週間だし家族連れで是非「GANTZ PERFECT ANSWER」を観に行ってください。
前作を見てなくてもちゃんと最初に「ぱーと1のふくしゅう」がありますので大丈夫ですよ~(^-^)
ニノ&松ケン梅田ジャック!!
2011.4.24記述

23日公開『GANTZ…』巨大広告きょう阪急梅田駅にお目見え

23日公開の映画『GANTZ PERFECT ANSWER』の巨大広告がきょう19日から、大阪・梅田にお目見えする。
同日、工事を終えてオープンする阪急梅田駅・ムービングウォーク横の壁面に、早朝5時から作業を行い縦役2メートル、横約45メートルの広告を掲出。B0判のポスター(1030×1456ミリ)60枚分にあたり、同作の広告では日本一の大きさとなる。

主演の二宮和也、松山ケンイチ、ヒロインの吉高由里子らのクールな巨大ビジュアルには、ファンならずとも思わず目を奪われそうだ。

配給の東宝では、『作品の壮大なスケール感を表現したい」と、巨大広告を採用。
東日本大震災発生後、エンタメ業界は自粛ムードが漂うが「公開を心待ちにする皆さまに、関西から少しでもパワーを与えたい」と、積極的なPRを決めた。

全作「GANTZ」は興収30億円を突破。続編の今作ではアクションに加え感動的な人間ドラマも見せる。
同広告は5月1日まで掲出。

スポーツニッポン0419


という事で先日、仕事の帰り梅田に行った時に撮影してきましたが…
新しくできた動く歩道の所にズラズラァ~と並んで掲出されていますがとても写真1枚では収まりませんので分割してご紹介(汗)

001_20110424160932.jpg

002_20110424160954.jpg

003_20110424161005.jpg

004_20110424161024.jpg

005_20110424161036.jpg

006_20110424161049.jpg


「GANTZ PA」公開初日舞台挨拶
『GANTZ PERFECT ANSWER』公開されました。舞台挨拶関連情報です。

初日舞台挨拶001

最終更新日:2011.4.23

≫続きをみる...

2011.4.20記述
シネマトゥデイ映画ニュースより

『GANTZ』アナザーストーリーが放送決定!二宮&松ケンも出演!加藤晴彦演じるルポライター視点で描く

映画『GANTZ』では描かれなかったもう一つのストーリーを描くスペシャルドラマ「アナザーガンツ」が、完結編となる映画『GANTZ:PERFECT ANSWER』の公開前日となる22日に日本テレビ系にて放送されることが発表された。「アナザーガンツ」では、加藤晴彦演じる原作にも登場するルポライター菊地の視点で、二宮和也演じる玄野計や松山ケンイチ演じる加藤勝の子ども時代の謎や、本郷奏演じる西丈一郎、夏菜演じる岸本恵、田口トモロヲ演じる鈴木の隠された真実に迫っていくという。

 カリスマ的人気を誇る奥浩哉の原作コミックスは、死んだはずの人間が謎の球体“GANTZ”に召喚され、異形の“星人”と呼ばれる敵との戦いを強いられていくストーリー。1月に公開された劇場版PART1となる映画『GATNZ』は、興行収入ランキング4週連続1位を記録し、260万人の観客動員を記録していた。今回、テレビ放送が決定した「アナザーガンツ」では、地下鉄で轢(ひ)かれたはずの玄野(二宮)と加藤(松山)が、忽然(こつぜん)と姿を消した不可解な事件に疑問を持った菊地(加藤)が、“GANTZ”の正体を調査していく姿を描いている。

 23日に公開される『GANTZ:PERFECT ANSWER』で描かれる衝撃の結末に繋がる「アナザーガンツ」。映画と同様に、監督を佐藤信介、脚本を渡辺雄介、音楽を川井憲次が手掛けており、映画公開の前日に、映画の世界観を堪能(たんのう)することができそうだ。

スペシャルドラマ「アナザーガンツ」は日本テレビ系列全国ネットにて4月22日(金)21:00~22:54放送
映画『GANTZ:PERFECT ANSWER』は4月23日全国公開

菊地


2011.4.22記述
GANTZ公式サイトより

4月22日(金)21時00分から日テレ系金曜特別ロードショーで放送の『アナザーガンツ』では、
地デジ・データ放送で「シーンガイド」を実施します!

「シーンガイド」では映像に合わせて、その場面場面の解説やマメ知識を文章で紹介。

映像・物語をより深く楽しんでいただけます。
そしてなんと!
今回この「シーンガイド」のために佐藤信介監督と企画プロデュースの佐藤貴博プロデューサーに特別インタビューを敢行!

そこで明かされたGANTZマニアも知らない裏話が満載です。
また、この「シーンガイド」限定のプレゼントクイズも実施!
『アナザーガンツ』をご覧の際はぜひ一度リモコンの「d」ボタンを押して、データ放送も一緒にご覧ください!



深夜放送していたカウントダウンガンツの時に「アナザーガンツ」の予告編観ました♪
もうすぐですねぇ~ドキドキワクワク♪

≫続きをみる...

色々ありましたが4/18GANTZトレーラーの終了式が急遽執り行われました

終了式003

≫続きをみる...

2011.4.1記述
CLASSYより

≫続きをみる...

GANTZ争奪戦
2011.4.1記述
gantz_movieツイッターより


宣伝まっくです。震災のため「GANTZ争奪戦2」を休止しておりましたが、被災された一部地域で営業再開の目処が立たない劇場があり、全国から主要キャストが舞台挨拶を実施する劇場を選ぶという趣旨を成立させることができません。つきましては、大変恐れ入りますが「GANTZ争奪戦2」を中止させて頂きます。お客様には誠に申し訳ございませんが、何卒諸事情をご了承頂きますようお願い申しあげます。

楽しみにしていたけれど、これこそ仕方ないことだし正しい判断だと思います。
一部の人だけが楽しむイベントではないから、残念に思う人も多いかもしれないけれど、映画が公開されないわけではないのだからはっきり中止と決断したスタッフに感謝します。

きっとニノ松・吉高ちゃん達も残念に思っているだろうし、またいつか被災地の人たちを励ます機会があればいいですよね。

≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .