FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
なんじゃこいつらは…
≫続きをみる...

韓国の試写&プロモも終わったようで、いよいよ全米プロモーションに向かいます。

002_20091111135509.jpg

ヘラルド経済より…原文はこちら
≫続きをみる...

公式HPにメッセージ動画がUPされています。

最後の東京でのオールバックスタイルはもしかして「GANTZ」加藤を示唆してるのかも?(笑)



「何を今さらカムイなんだよ!」なんて野暮なことは言わないでください(笑)

この舞台挨拶を見てこの「カムイ外伝」を色んな雑音や邪念?で楽しく見れなくなった人に私が言いたいなと思うことをケンイチ自らズバッといってくれているんですよね。これってケンイチの好きな人であれば読んでいるはずなんですけど…。


積極に楽しむ、積極的に入り込んでいく…はすごく大切なことなんじゃないかなと思います…(中略)映画というのは、僕の中でですけども、感じていることですけれど、教育だと思っています。全てのことに対しても言えることですけども、やっぱり自分の周りのものは本当に学ぶべき事が沢山あって、それを自分がどう取り込んでいくか自身の中に、だからやはり、流される自分もありますし、いろんな意見に染まってしまう自分もいますけども、やはり自分が今、何を欲しているのか、何が必要なのかそれは是非、芯として持っていていただきたいなと思っています。」

このメッセージをみたあなた、この言葉を改めて読んだあなた…あなたがもし今ケンイチに対して色んな複雑な思いを持っているとしたらそれは本当にあなた自身が感じていることですか?誰かの言葉やどこかの媒体の影響を少なからず受けていませんか?あなたの気持ちは色んな意見に染められていませんか?本当にそれを自分自身に問うていますか?

カムイは本当に色んなメッセージを持つ素敵な作品です。それは今までケンイチが演じてきたどの作品とも甲乙つけられないくらいだと私は思っています。このカムイがあればこそ、その後のさらに成長したきらめく作品の数々を演じることができたのですから。そうではないですか?

ケンイチがどうのこうのではなく一つの作品として素直な気持ちを持ってカムイの世界に積極的に入り込んで楽しんでみてもらえると楽しめる作品ですよ。

 

日本語の字幕をつけてつべにUPしてくださいました。(いつも感謝ます)

いよいよ、全米公開並びに一部世界で公開される日が近づいてきた「ニンジャアサシン」です。
先日も韓国で試写会があったようですが、試写を見た人の感想では「確かにグロいシーンが多くて血が苦手な人もいるかもしれませんが何度も見れば見るほど面白くなるはずです(その描写に慣れてくるのでより物語をちゃんと見ることができるという意味合いです)

アメリカなどでもかなり期待感を持たれているようだし、辛く苦しい訓練の日々がどうか報われるのを思わずにはいられません。

この映像の中でもハリウッドの有名なアクションチームのトレーナーやアクション監督などがRainについてどれだけ彼が努力を強いたのかということを話してくれています。

ケンイチが「カムイ外伝」のために過酷なトレーニングをしている同じ時期にRainも「抜け忍」を演じるためにさらなる努力をしていたと思うと不思議な縁を感じずにはいられません。

カムイとRAIZOの内面の演技対決も楽しみです。(どちらがいいとか悪いとかそういうのを見くらべるつもりは毛頭ありません、それぞれの作品にはそれぞれの良さがあると思うので)私にとってはカムイもアサシンも待ちに待った作品ですから・・・

Rainに興味のないかも知れない皆様も是非こちらの動画をご覧になって、こんなに努力をしている人がいるんだと頭の片隅に入れていただけると嬉しいし、日本で公開されるときにはぜひ劇場に足を運んでいただきたいと思います





「ニンジャアサシン」を見た人たちの一番の感想は「劇中にRainという人もチョンジフンもピも存在しなかった。そこに存在していたのは「ニンジャアサシン」となったRAIZOという人だけだったと…

VIVO(ヴィーボ)06崔洋一監督 『カムイ外伝』インタビューより

VIVOヴィーボ崔監督001

全文はこちら
≫続きをみる...

CINEMA TOPICS ONLINE「水曜シネマ塾~映画の冒険~第10回東京フィルメックスを楽しもう」第1回崔洋一監督より(くろすけさん情報ありがとうございます)

崔監督続編したい002

 
全文はこちら
≫続きをみる...

eiga.com 映画ニュースより 

崔監督続編したい

 

なんでも今日の미안해야 で崔監督が来年くらいにとか言っていたらしいからもうひょっとこすると脚本とかできていたりして(笑)もう予めいくつか作っているのかもね脚本♪

 

≫続きをみる...

日本映画興行成績ランキング

6週目突入カムイ外伝…残念ですが10位圏外になってしまいました
「カイジ」は3位にランクダウンです(T_T)まぁ「沈まぬ太陽」は納得ですが1位は…

でも、あきらめずにまだまだ上映していますから時間の限り、カムイの世界を楽もうジャマイカスルメイカ♪

004_20090924162325.jpg

 

≫続きをみる...

 韓国語の部分を翻訳しましいた(なんちゃってなので&おおまかな雰囲気はこんな感じです)

 

つらい訓練終わりにここまできた

もう

実力を見せろ

劇中: 殺せ!

ジョエルシルバー:特殊効果映画ではない

ジェイムス監督:忍者映画を現代に持ってきて

アクションの強度を高めた

暗殺者になるところはこれだけだ

忍者の道を習え

他の道はない

ジョエルシルバー:武術映画には無限の可能性が存在する

アクション監督:ワイアーやカメラ技法特殊効果に頼らなかった

チームを組織してトレーリングを始めた

武術と高度なアクロバティック技術など...

恐れを克服した後には

心を征服しろ

それがこの映画を作った

技術だけでは不足する

実戦に強くなければならない

劇中:忍者? 俺を殺す?

ナオミハリス:何と言われようとも彼らは存在して人々を殺します

私たちは手の先だけでも

殺すことができる

誰も防げはしない

300武術チームの

2009年最高エクション

忍者を

殺せ!

ニンジャアサシン

アクションが最高だ!


こちらもいよいよ公開までカウントダウンが始まったって感じです。

NYに看板001



Rain(実名チョン・ジフン)の初めてのハリウッド主演作'ニンジャアサシン'の大型電光掲示板が米国,ニューヨーク タイムズスクエアにかかった。

約横18メートル,縦12メートル大きさのこの電光掲示板は,'ニンジャアサシン'の主演のRainの躍動的な姿を現わして見る人々の視線をひきつけている。


サムスンやLGなど韓国の大企業などが電光掲示板を通じてタイムズスクエアに広告をしたことは多い。 しかし韓国俳優がハリウッド映画主演俳優という立場でタイムズスクエア広告に登場したのはRainが唯一無二だ。


Rainの所属会社のJTエンターテイメントは"Rainのタイムズスクエアの電光掲示板広告がニューヨーク在住の韓国人の情報提供で確認された"として"CNNを通じてすでにパク・チソンと共に,'韓国人の代表'であることを認められた状況での広告とより一層満たされる"と明らかにした。


'ニンジャアサシン'は来る11月25日,米国最大の名節の中の一つの収穫感謝祭を期して全世界で公開されて,韓国時間では来る11月26日に公開される予定だ。

ワーナーさん、力入れていますね(汗)
タイムズスクエアにニンジャアサシンの看板…でもこのポスター顔が半分しか出てないからなぁ~
ミステリアス?(笑)

でも、「おっ、忍者映画かぁ~。面白そうだな」という意味ではインパクト強いかなぁ~。
昨日東京から早々に映画とコンサートのプロモのために香港に向かったRainです。

11月映画のプロモでまた世界を駆け巡るんですね~
しかし…日本での公開の情報はいつ?(T_T)

ニンジャアサシンTVスポット

アメリカで放送されている「ニンジャアサシン」のTVスポット








10/18(日)盛岡で崔監督の舞台挨拶がありました。
≫続きをみる...

トロントweb情報誌bitsloungeより



Yoichi Sai映画監督:崔 洋一
共に成長、進化しよう
自由と不自由のちょうどあいだ、そこにはドラマが生まれる

崔監督


≫続きをみる...

男祭りだぁ~(笑)

1015御礼舞台挨拶002

 
≫続きをみる...

ソウル新聞より

012_20091016113040.jpg

 

原文は
こちら
≫続きをみる...

2009.10.7読売新聞文化面より (私の気になる部分だけをご紹介していますので全文ではありません)

9年ぶりに短期連載中の「カムイ外伝」
連載1007読売新聞

 
≫続きをみる...

GyaoマガジンNo.39より

映像プラス002

 倖田來未さんのインタビュー記事です。
彼女が「カムイ外伝」を見て、彼女なりに感じたカムイのこと、そしてカムイのように悩みながら作り上げたのが"Alive"でした。

彼女自身も下積みの時代があったから・・・(先に自分よりも妹のmisonoちゃんの方が売れてしまって苦しい時もあったから)色んな思いを歌詞に込めたのでしょう。

Alive歌詞はこちら

 

≫続きをみる...

続々カムイ外伝 エンタ目崔洋一
 2009.10.1 問題の中日新聞の崔監督のコラムです。

関連トピック:
『カムイ外伝』崔監督がブチ切れ!「ちゃんと観ろ!」と名指しで評論家に宣戦布告

(写真と本文は関係ないです)007_20091002203915.jpg

 

≫続きをみる...

昨日、やほーレビューの中にこの記事について「崔監督が宣戦布告!」と題してレビューを書いているのを見て気になって検索しようとしたらニュースで上がってきました。

生き抜け!崔洋一監督!って感じです
≫続きをみる...

オフィシャルチャンネル・インフォメーションより

≫続きをみる...

F1シンガポールグランプリのイベントの中でRainが「ニンジャアサシン(全米11月封切り日本まだ未定)」の公開プロモーションとしてF1レーサーのMark Alan Webberとニンジャアサシンのチケットを掛けて対決をしたそうな(笑)

 



あまりにもおもしろすぎますこの映像…(爆)
マークさんあんさん、レーサーなんだから…忍者ファッションで顔隠して(スタントの方ごくろうさまです)顔のアップの時だけ本人(笑)

でもRainはちゃんと本人が頑張っていましたね(当然か…)
やはりランニング姿が似合う男(笑)後ろのうなじが綺麗ってどこ見てる←自分(>_<)

最近、新作がなかなか出てこないなぁ…と寂しく思っていたゴロ寝先輩(といっても私よりもはるかかなたに若い)の新作MADがUPされました♪

カムイです。短いけれど業熟されております。やはりケンイチのMADを作らせたら世界一(私的には)なだけあります。



心強い限りです
松フリさん情報より

まんたんウェブ全文はこちら

2009-09-24_12-53-46-anime.gif


 

≫続きをみる...

カムイ外伝オフィシャルチャンネルより

現在大ヒット上映中の『カムイ外伝』全国キャンペーンのため、公開初日から主演の松山ケンイチ&崔洋一監督が、シルバーウィークの5連休で全国27劇場で舞台挨拶を行ってきましたが、本日、そのゴール地点の新宿ピカデリーにて、最終回となる31回目の舞台挨拶が実施されました。そのもようをお届けいたします。

005_20090924025403.jpg

 
≫続きをみる...

まんたんウェブより

008_20090923224148.jpg

 
≫続きをみる...

くろたんことくろすけさんが9・20の福岡ユナイテッドシネマでの舞台挨拶に参加しました。
祝!初生ケンイチとの対面ということでレポートを送ってくださいましたので皆様、会場の様子楽しんでください。

003_20090921210809.jpg

 

≫続きをみる...

なかなか表舞台に出て来れない元さんがこの度華々しく?デビュー?(笑)
*注意:くれぐれも飲食中に見るときには気を付けてください
≫続きをみる...

MovieWalkerより

MovieWalker002_20090916164605.jpg


白土三平の傑作コミックを、崔洋一監督、宮藤官九郎の脚本で実写版映画化した『カムイ外伝』(9月19日公開)。主人公カムイを演じた松山ケンイチは、演じる役柄が乗り移ったようにのめり込む“憑依型”アプローチをする役者として知られるが、今回もどっぷりとカムイになりきったようだ。
≫続きをみる...

ハリウッドチャンネルより(全文はこちらへ)

ハリウッドチャンネル001

 

松山ケンイチが心境告白、心身ともにギリギリで挑んだ「カムイ外伝」

≫続きをみる...

シルバーウィークの舞台挨拶に参加される皆様「カムイ外伝 オフィシャルチャンネル」に告知が上がってきています。

初めて生のケンイチに会える人もたくさんいるかと思いますが、くれぐれも興奮する気持ちはわかりますが周囲に迷惑ましてやケンイチや監督やキャストの皆様に迷惑をかける行為だけはしないでください。

自分1人くらいは大丈夫だろうと言う考えはやめてください。あなた以外にも同じような人たちがたくさんいるだと言うことを自覚するように、そして誰かが迷惑行為をするようであればそれに自分も一緒に「自分も」と思ったりせずに、注意出来る人でありますように…。

映画『カムイ外伝』を応援を頂き、誠にありがとうございます。

今週土曜日、9月19日にいよいよ初日を迎え、東京を皮切りに全国の劇場へ主演の松山ケンイチさん、崔洋一監督が舞台挨拶ツアーを行います。これは、映画『カムイ外伝』の公開を心待ちにして下さっている皆様に、一人でも多くお会いし、直接ご挨拶をしたい、というお二人の気持ちから実現した企画です。実施するにあたり、皆様へマナーに関してのお願い事項がございます。安全な全国舞台挨拶ツアーを行うためにも、ご一読頂き、皆様のご協力をお願い申し上げます。

◆ 交通機関(駅・空港など)及び劇場での出待ち禁止
一般の交通機関、劇場出入口にて出待ちなどをされますと、映画とは関係のない一般のお客様を巻き込んでの事故が起こる可能性がございます。一般のお客様にご迷惑がかかりますので、絶対におやめ下さい。更に、そのような行為で、予定時間に移動が出来ない、到着出来ないなどにより、以降にご挨拶を予定している劇場のお客様にご迷惑がかかる可能性もございます。どうか、節度ある行動、ご理解をお願い申し上げます。

◆ 交通機関での追っかけ行為の禁止
全国舞台挨拶ツアーは、一般交通機関で移動を行っております。この全国舞台挨拶ツアーとは全く関係のない一般のお客様と一緒です。特別扱いはありません。車、バイクなどでの追っかけ行為、飛行機や新幹線に乗り込んでの迷惑行為により、一般のお客様を巻き込んだ事故やトラブルが起こる可能性がございます。一般のお客様にご迷惑がかかりますので、絶対におやめ下さい。

皆様に、より安全に、より気持ちよく、一人でも多くの方に映画『カムイ外伝』を楽しんで頂くためにも、ご理解ご協力頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。

『カムイ外伝』スタッフ一同
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .