感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
神戸・清盛隊 2017
2013.1.14惜しまれながら平安に戻っていった神戸・清盛隊…

2013.5.3に復活して2017年も7人絶賛活動中です。2017年も清盛隊を全力で応援します(後方支援になりますが…)

20130401アメーバブログ001


通販サイトがオープンしました!CD/DVDやグッズ、そしてファン倶楽部の入会もで着ますので興味のある方は是非!


通販サイトこちら



イベント情報

9/13
「雅華・Gakka・平安〜平成に咲き誇れ〜」リメイク盤発売!





【出陣情報】

10/25(水)
Boys Innovation
※開催会場/ROCK  TOWN  http://www.rocktown.jp/
 大阪市阿倍野区阿倍野1-6-1 あべのキューズモール4F       
※開催時間/開場17時30分、開演18時30分
※出演時間/19時17分~19時37分
※料金/3000円(別途1ドリンク代要)
※出陣メンバー/清盛、宗盛、重衡、敦盛、GION
※チケット受付/以下アドレスまで、お名前、枚数をご連絡ください。当日、チケット料金とお引き換えとなります。kiyomoritai.fc@gmail.com
※ご入場の際には、受付スタッフに「清盛隊」とお申し付けください

10/28(土)
かめおか風流芸能の祭典
※開催時間/13時30分~15時45分
※開催会場/ガレリアかめおかコンベンションホール (京都府亀岡市余部町宝久保1-1)  http://www.galleria.or.jp/
※入場無料
※出陣メンバー/清盛
※詳細未定


10/28(土)
神戸ストラット2017
※開催会場/六甲アイランドリバーモール公園
※出演時間/15時05分~15時30分(やぐらステージ)
※出陣メンバー/重盛、宗盛、重衡、敦盛、GION
※観覧無料
※観覧無料


10/29(日)
神戸・清盛隊 岡方ハロウィンスペシャル
岡方倶楽部に5人の平家モンスターが登場!?
モンスターからの挑戦に立ち向ってくださいませ。仮装でのご参加、大歓迎にござりまする。
※開催会場/神戸市兵庫区 岡方倶楽部  https://www.facebook.com/okagataclub/
※開催時間/13時~15時30頃まで
※出陣メンバー/清盛、宗盛、重衡、敦盛、GION
※入場料/大人1000円、小学生700円
※チケット販売、グッズ販売は12時30分頃より予定しています。
※フラッシュを使用しての撮影はご遠慮ください。
※本イベントは演舞はございません。トーク、ゲームイベントとなります。
※清盛隊スタンプ対象イベントです。


11/5(日)
神戸市外国語大学学園祭
※開催会場/神戸市学国語大学
※出演時間/13時50分~14時35分
※出陣メンバー/調整中
※観覧無料
※詳細後日発表


11/11(土)
ナゴヤ座×清盛隊
ポッキー食ってる場合じゃねぇ! 平成の源平合戦の幕開けだー!
※開催会場/カブキカフェ「ナゴヤ座」  http://nagoya-za.com/
名古屋市西区那古野1丁目21-21 ハモニカ荘2B号室
※昼の部11:30〜 ★夜の部16:30〜
※チケット:4500円(1D付)
※[出演]名古屋山三郎一座(名古屋山之助、参駄右衛門、参九郎)
      清盛隊(平清盛、平宗盛、平敦盛)
※チケット抽選予約の応募は10月11日13時~12日23時59分
※おひとり様、昼夜いずれか一部、2枚までの応募となります。
※応募サイト http://nagoya-za.com/event2.html

11/12(日)
神戸・清盛隊 定期演舞
※開催会場/北野工房のまち 3階講堂 http://kitanokoubou.jp/
※開催時間/第一部13時~13時45分、第二部/15時~15時45分
※出陣メンバー/調整中
※一回大人/1000円、小学生600円、二回共通券大人1800円、小学生1000円
※小学生未満のお子様は保護者様の膝上でご鑑賞ください。
※開場、チケット販売は開始の30分前を予定しております。
※開場時間前、早くよりの会場周辺での待機並びに施設ベンチの専有はご遠慮ください。
※早くより待機される皆様には会場より離れていただき、後列におまわりいただくこともございます。
※フラッシュを使用しての写真撮影はご遠慮ください。
※最前列でのカメラ三脚を使用しての撮影は演舞の妨げとなりますのでご遠慮ください。
※初めてお越しの方、お誕生日月にお越しの方と清盛隊の記念撮影を開催しております。
※清盛隊スタンプ対象イベントです。物販展開ございます。

11/19(日)
神戸・清盛隊知盛が神戸マラソンに出場いたします。
https://kobe.keizai.biz/headline/2717/
※出場/知盛


12/23(土・祝)
清盛隊クリスマスパーティー2017(仮称)
※開催会場/K-WAVE
※チケット発売方法など詳細は後日



神戸・清盛隊アメーバブログはこちら
神戸・清盛隊のfacebookは
こちら
神戸・清盛隊のツイッターは
こちら
神戸・清盛隊オフィシャルチャンネル(youtube)はこちら
神戸・清盛隊USTREAM(第1・第3木曜日放送)はこちら
神戸・清盛隊プロデュースFoodBar「Ageha Base」のblogはこちら

清盛隊のプロモーションビデオが完成いたしました。清盛隊って?と思う皆々様是非ご覧下さりませ~♪
これはあくまでも彼らの魅力のほんの一部分に過ぎませぬが…

神戸・清盛隊オフィシャルVTR


この映像は5月3日の復活の義の時のものにござりまするね~生で見たいっす、聞きたいっす…


最終更新日:2017.10.20






スポンサーサイト
2017.9.25記述
神戸経済新聞より

11月19日に行われる「第7回神戸マラソン」に出場する神戸・清盛隊の四男・平知盛らが9月22日、神戸マラソン実行委員会事務局(神戸市中央区北長狭通4)を表敬訪問した。


20170925神戸経済新聞002


 2012年の大河ドラマ「平清盛」に合わせ神戸市が開いたイベント「KOBE de 清盛2012」のPRキャラバン隊として、「平安時代より呼び起こされ、スマホ型タイムマシンで平成にやって来た」平清盛、重盛、宗盛、知盛、重衡、敦盛、GIONの7人で構成する同隊。「KOBE de 清盛2012」が閉幕した2013年1月14日、「平安時代に戻り、眠りについた」が、ファンからの「清盛隊を存続させてほしい」という多くの声に応え、2013年5月に民間団体として復活した。今年9月29日には結成6周年を迎える。

 同隊は熊本地震発生から1年となる4月14日に復興を祈念し、阪神・淡路大震災の地「神戸」から熊本への支援を引き続き呼び掛けることを目的とした熊本城復興チャリティーCDを全国発売。CDの収益は熊本城復興支援金として全額寄付する。今回は、震災を経験した神戸を拠点に活動する武将隊だからこそできることとして、「神戸から元気を届けるためにその思いを胸に走りたい」と知盛が同マラソンに一般応募。抽選により見事当選した。

 表敬訪問したのは、平清盛、重盛、知盛、重衡、敦盛、GIONの6人。同事務局からは、鳥形猛事務局長、山根尚事務局次長、渡邊智明総務部長が出席した。知盛は、同マラソン初出場の決意表明を行った後、これまで公にしていなかった自身の病について初めて明かした。

同隊結成1年目、左耳の突発性難聴が悪化しメニエール病を発症した知盛。予定していた演舞などに出演できない日もあり、電車やバスなどに乗れなかった時期もあったという。同隊としての活動を続けることで多くの人に迷惑をかけてしまうと悩んでいた時、メンバーやスタッフ、ファンから数々の温かい言葉をもらい、病に立ち向かうと決意した。

 知盛は「病気でどうしようもない我を支えてくれたのは、メンバーやスタッフ、関係者の方々、そして清盛隊を応援してくださる皆さんでした。きっと周りに理解してくれる方々がいたからこそ、この病を治すのではなくうまく付き合っていこうと考えることができたと思いまする。我には居場所がある。そう考えるようになって、難病と言われるメニエール病に立ち向かうことができました。病を乗り越えた元気な姿を走りながら伝えたい、支えてくれた皆さんにありがとうと伝えたい、今頑張っている全ての人にエールを送りたい、そして同じ病と闘う人に少しでも勇気を与えたい。そんな思いからエントリーさせていただきました。途中リタイアにならぬよう完走を目指すので、応援お願いいたしまする」と熱く語った。



原文はこちら

知盛さまの笑顔は本当に太陽のように暖かくて優しい。
そんな笑顔の中で本当に病気との戦いは大変だったと思います。おもてなしに出られない日々、でもほかの仲間が知盛さまの分もがんばってくれて、見捨てず、手をしっかり握ってくれていたんですよね。そんな思いで知盛さまもがんばられての復活。

神戸マラソン、大変だと思いますが、どうかご無理をせずに、いつものように笑顔で楽しんで走ってほしいと思います。



2017.6.3記述

6/2の夜、遠路はるばると重衡様が、FMひらかた「フィールミュージック」公開生放送に出演されましt。
神戸は近くて遠く(道路がスムーズであれば1時間くらいで行けるけど、渋滞していたら倍以上の時間がかかるところ)、なかなか清盛隊のイベントなどタイミングがないと行けず…そんな時に、な・な・なんと!枚方駅に重衡様が新曲のプロモーションに来られると聞けば、これは行くっきゃないでしょうよ!ということで、夕食を済ませ、片付けもそこそこに、一路枚方市駅へ。


私が行った時にはすでに枚方市駅の改札前にあるFMひらかたのブースに重衡様はスタンバイされておりまして、ファンの皆様もちらほらとお見受けされました。

≫続きをみる...

2017.4.17記述
神戸経済新聞より

熊本地震発生から1年となる4月14日、神戸を中心に活動している武将隊「神戸・清盛隊」が熊本地震・熊本城復興チャリティーCDを全国発売した。

20170417神戸インストアライブ


 2012年の大河ドラマ「平清盛」に合わせ神戸市が開いたイベント「KOBE de 清盛2012」のPRキャラバン隊として、「平安時代より呼び起こされ、スマホ型タイムマシンで平成にやって来た」平清盛、重盛、宗盛、知盛、重衡、敦盛、GIONの7人で構成する同隊。「KOBE de 清盛2012」が閉幕した2013年1月14日、「平安時代に戻り、眠りについた」が、ファンからの「清盛隊を存続させてほしい」という多くの声援に応え、2013年5月に民間団体として復活した。昨年4月、初の全国流通盤となるシングルCD「桜歌(はなうた)~yamato~」を発売。オリコンインディーズ週間ランキングでは8位を獲得した。

 同隊は、熊本城で活動する「熊本城おもてなし武将隊」との交流が深く、熊本地震発生を受けて直ちに募金活動を開始。昨年9月には熊本城へ出向き、熊本城復興支援金を寄付している。その後も「熊本の復興に微力ながらも何かお助けできないか」と考え続けていた同隊。「復興の街・神戸から、元気と笑顔を届けたい」「神戸がそうであったように、熊本にも継続的な支援を」「熊本のシンボル『熊本城』復興に役立つことを」という思いから、歌って踊れる武将隊「神戸・清盛隊」のコンテンツを生かした新曲の制作に乗り出した。

 今回、全国流通盤となるシングルCDは「光~from my beloved home」(1,200円)。カップリング曲は、熊本地震・熊本城復興チャリティーソング「くまもと しっとぉ!?」(「しっとぉ」は神戸の方言で「知ってる」の意味)。熊本の名産品や名勝などを歌詞に取り入れ、熊本の資産を紹介している。CDの収益は熊本城復興支援金として全額寄付する。

 4月15日は「ミント神戸」(神戸市中央区雲井通7)2階デッキ特設ステージ、16日には「アスピア明石」(明石市)1階アトリウムコートでインストアライブも開催。大勢のファンが集まり、CDは当日予定の販売数を完売。急きょ次回開催分を追加して販売し、こちらもほぼ完売した。

 同隊プロデューサーの若見しのぶさんは「この春の清盛隊の新曲は2曲。共に、阪神・淡路大震災より復興を進めてきた神戸の地で活動する清盛隊の思いを込めたものとなっている。『光~from my beloved home』は、今困難に立ち向かう全ての皆さまに希望の光をエールとして届けたいという思い。『くまもとしっとぉ!?』は熊本へエールを送る思い。清盛隊の思いを受け止めていただき、熊本の復興に協力いただければ」と話す。

 新曲は全国のCDショップで販売するほか、iTunes、レコチョク、amazonデジタルミュージック、LINE MUSICなどでのウェブ配信も行う。


1年ぶりの新曲。それも熊本城の復興のために作られたCD。少しでも熊本城の為になるのであれば…
「くまもとしっとお⁉」では熊本城おもてなし武将隊の加藤清正公とあま姫も参加しているということでぜひぜひたくさんの人に聞いてもらいたいです。
2016.9.1記述


昨年だったかな?もこのキャンペーンをお手伝いしておりましたが、本格的にPR活動するようです。
ポスターや動画などでも啓蒙をします。神戸のいろんな場所で啓蒙動画などが流れたりもするようなので神戸に行かれた時に偶然見る機会があるかしれません。


結核予防キャンペーンポスター 






明らかに咳だけが長引くようでしたが、自分で勝手に大丈夫と思わず、お医者さんに行って検査してもらった方がいいです。意外と自分の身近に知らずに結核になっていたという人を見ているので(現在の話)皆様も気を付けてください。

2016.1.5記述
神戸経済新聞より


20160105001.jpg



生田神社(神戸市中央区下山手通1)境内で1月3日、今年結成5周年を迎える神戸・清盛隊による演舞奉納が行われた。

 正月三が日で150万人の参拝客が訪れたという平家ゆかりの同神社。同隊メンバーは年頭に当たり神事に参加し、その様子を見ようと多くのファンが境内に集まった。

 神事では、同隊の棟梁(とうりょう)・平清盛さんによる玉串奉奠(たまぐしほうてん)、同神社権禰宜(ごんねぎ)の酒井康博さんによる祈とうなどが行われ、同隊がカラフルな扇を使った演舞を奉納。最後に清盛さんが集まった参拝客らに新年のあいさつをした。企業・個人の新年特別祈願が行われる中、突然現れたみやびないでたちのメンバーに参拝客は驚きの表情を見せていたが、最後は大きな拍手で同隊を見送った。その後、同神社内「申(さる)年巨大絵馬」の前に移動し記念撮影に応じた同隊。サルのまねなどしおどけてみせる同隊メンバーにファンや参拝客らが笑顔を見せていた。

 清盛さんは「今年も新年最初の演舞を生田神社さまに奉納させていただくことができ、本当にありがたく思いまする。今年はわれらが現世によみがえって5年となる節目の年。5周年に向け、今まで以上に神戸が盛り上がるよう、これまで出会った皆さまや、まだ出会っていない皆さま方にもたくさん笑顔が咲き広がっていくように7人で励みまする。5周年の記念には、平家や平清盛がこの神戸に文化や歴史資産として、この先も残り続けるようなことを形にしたいと思うておりまする。目標に進んでいく力を本日は生田神社さま、そして皆さまからいただくことができました。本年も神戸・清盛隊をよろしくお願いいたしまする」と話した。

 この日、同隊は発足当時から世話になっているという兵庫区の和田神社にも新年のあいさつのため参拝。夕方からは、「Ageha Base(アゲハベース)」(下山手通2)で年初めのユーストリーム番組「清盛隊のやり隊ほう題・新春スペシャル」の公開生放送を行った。

 同隊の今後の予定は「兵庫津歴史館・岡方倶楽部」(兵庫区)や「北野工房のまち」(中山手通3)での恒例イベントのほか、1月10日=ソリオホール(宝塚市)でのイベント「平和を祈る心のメロディー」、1月17日=新神戸オリエンタル劇場(北野町)での「Dreamin'KOBE~震災復興支援チャリティーコンサート~」、2月6日=諏訪神社での神事「厄除(やくよけ)初午(はつうま)大祭」、2月20日=中部国際空港セントレアでの「第一回全国武将隊大博覧会~宴~」などへの出陣を予定する。

もう、すっかり生田さん詣での方達にとっての恒例の行事となっているのではないかと思いますが…(笑)
こういう積み重ねで、清盛隊がますます兵庫神戸の皆様に愛される存在となればいいですよね。もちろん、それだけではなく、関西、全国にももっともっと知名度が高まればいいなと思います。


2015.8.5記述
神戸経済新聞より

20150804生田神社 大海夏祭001



生田神社(神戸市中央区下山手通1)で8月3日~5日、「生田神社 大海夏祭」が行われている。

同神社の夏の風物詩ともいえる同イベント。3日を宵宮祭、4日を本宮祭、5日を礼代祭とし、「動」をテーマにダンスやさまざまな音楽ステージが繰り広げられている。

 さまざまなゲストが登場し奉納ステージを繰り広げる同イベント。これまでにシンガー・ソングライターの堀江淳さん、オリックス・バッファローズ球団公式ダンス&ボーカルユニット「BsGirls」、神戸発アイドルユニット「KOBerrieS♪(コウベリーズ)」、大阪市西成区を拠点に活動するラッパー・SHINGO★西成さん、熟女デュオ「花魁熟」などのライブ、神戸でPR活動を行っている武将隊「神戸・清盛隊」による「平成夏の演舞」、毎年恒例の「のど自慢大会 in イクタ」予選などを展開し、会場は立ち見も出るにぎわいを見せた。

 最終日となる5日は、シンガー・ソングライターの今村モータースさん、アコロックシンガーの越野翔子さん、元タカラジェンヌの風さやかさんなどがライブを披露。のど自慢大会決勝も行い、3日間で3万人の来場を見込む。

 境内では夜店ブースも特設。神戸の名店が地酒・焼酎・泡盛・ワイン・カクテル・ハイボールなどを提供する「大海祭特設夜空BAR」を展開し、生田神社会館4階ホールでは食べ放題・飲み放題の「ビールまつり」も行われている。

 会場を訪れていた神戸在住の女性は「生田神社の夏祭りでは、年齢性別問わず皆が笑顔でいたのが印象的だった。屋台ではいろんな国の料理も振る舞われており、海外の方も日本の祭りを楽しんでいた」と話す。

 開催時間は17時~22時30分。



昨晩も盛り上がったようですね~。
しかし、一門の皆様の跳躍力のすごいことったら(笑)
演舞では重盛様も宗盛様、敦盛様太刀を振るっておられますね~。
抽選会などもあったみたいで、友人が何かもらえたみたいです(笑)

この場は一の谷の戦いにて陣を張っていた生田の森のある場所ですからね。平家縁の場所です。
ちょっとマイクの具合が悪かったのかしら?清盛隊は昨日だけの出陣でしたけど、今日も色んなパフォーマーが登場するみたいですね。
動画を早々にUPしてくださった方に感謝!



2015.3.4記述
神戸経済新聞より

神戸ブランドに出合える体験型工房「北野工房のまち」(神戸市中央区中山手通3、TEL 078-221-6868)が3月1日、リニューアルオープンした。

20150304北野工房のまちセレモニー001



 旧神戸市立北野小学校を活用した同施設は、トアロードから北野異人館散策の観光バス拠点として、神戸市の歴史や文化をベースに神戸の生活文化産業や新たな神戸ブランドの創造を目的として1998年にオープン。2003年には当初計画の暫定活用期間5年を終了したが、地域社会の支持もあり恒久施設として新たなスタートを切り、現在に至っている。

 今回のリニューアルでは、他府県からの神戸北野観光客と北野山本地区の居住者を主要顧客と設定し、「北野で出逢(あ)う!北野で感じる!エキゾチック&ロマンチックストーリー」をテーマに新規店舗を誘致。客のニーズに基づいた品ぞろえと売り場を目指すという。

 延べ床面積2061平方メートルの3階建て館内には既存の16店舗に加え、新店となる神戸初出店の神戸ビーフ専門店「旭屋」、中央区初出店の神戸発焼きたてパン専門店「小麦庵ボヌール」、スイーツ専門店「ユーカリプティース」、「神戸紅茶」の直営販売店がオープン。北野小学校のメモリアル資料室や、トアロード側中庭と駐車場横歩道にガーデンテーブルを設けたオープンカフェも新しく開設した。

 当日の開館前に行われたオープニングセレモニーには、3階講堂で毎月イベントを開催している武将隊「神戸・清盛隊」や神戸市中央区のマスコットキャラクター「かもめん」も出席。あいにくの雨にもかかわらず商品を買い求める多くの客が来館し、同施設外まで長蛇の列ができた。

 同施設を運営する「サウンドプラン」の迫中智信社長は「雨の中、たくさんのお客さまにお越しいただきありがたい。地元の皆さまには日頃から本当にお世話になっている。これからも各店舗と共にがんばっていくので、ご協力いただければ」と話した。

 開館時間は10時~18時。入館無料。


まだ、1度も行った事はないんですよね。北野工房のまち…
神戸自体、いつも行くと頃って大抵決まっていて、本当に大河ドラマ「平清盛」が放送されて以降、今まで行った事のない神戸に行く機会が増えたという感じです。レトロな建物も好きだから1度は行ってみたいと思っています。清盛隊が演舞してる日だと良いんだろうけどそうも行かないかも。でも色んなお店が楽しめそうだなぁ~。
2015.2.27記述
神戸経済新聞より

フードバー&エンターテインメントスペース「Ageha Base(アゲハベース)」(神戸市中央区下山手通2)で2月22日、「神戸・清盛隊 新作グッズ案お披露目会」が行われ「平家フィギュア」が披露された。

20150227お披露目会002


 当日は多くのファンが集まる中、同隊の三男・平宗盛、五男・重衡、甥・敦盛の3人が登場。新作グッズの案をスライドショー形式で、一部サンプルを交えながら紹介した。同隊メンバーにも内容が明かされていなかったため、予想の斜め上を行く案の数々にメンバーが突っ込みを入れる場面もあり、会場は終止笑いに包まれていた。

 披露したグッズ案は、就寝時に清盛隊気分を味わうことができる
衣装柄のパジャマ、イケメン担当・宗盛の目をプリントしたアイマスク、清盛隊の声でモーニングコールをしてくれる目覚まし時計、清盛隊の等身大衣装柄をプリントした抱き枕、清盛隊メンバーが添い寝しているかのような写真をプリントした枕カバー、清盛隊の楽曲「咲顔(えがお)」のメロディーを奏でるオルゴール、ファンが撮影した写真で作る平宗盛写真集、平知盛の書入り湯飲みなど。同湯飲みは2月27日発売、同写真集は今秋の発売が決まっている。

20150227お披露目会003


 この日一番の目玉は、平家メンバー6人の姿を3Dスキャナーで撮影し、3Dプリンターで製作した10分の1サイズフィギュア。完成品が披露されると大きな拍手が沸き起こった。お披露目会終了後は、来場者に「お気に入りのグッズ案」を3点選んでもらうアンケートを行い、集計結果は、1位=フィギュア、2位=目覚まし時計、3位=オルゴールとなった。アンケートの結果を受けて、今後のグッズ製作・販売の実現を検討するという。

 同隊プロデューサーの若見しのぶさんは「本年、清盛隊は結成して4年を迎える。こうして活動を続けることができるのは、ファンの皆さまの応援が原動力となっていると言っても過言ではない。今回のお披露目会は、ファンの皆さまと一緒にグッズについて考え、意見・感想をいただくというもの。私共が用意したグッズはとんでもない案が多く、ファンの皆さまから笑いや軽い悲鳴をいただいたが、和気あいあいとした中で、一緒に時を過ごすということをありがたく、楽しく思っている。これからも、地元とファンの皆さまと近い存在で活動を続けたい」と話した。

 「平家フィギュア」はしばらくの間、同会場で展示する。

原文はこちら


フィギアはかなり気になります。でももし発売が決まったとすると、値段と相談だし、高かったらコンプは難しいだろうから誰をチョイスするべきか悩みます(ーー;)塗装もちゃんとしていただきたいです(笑)

アイマスクはまるでひらパーのパクリみたいに思えたりもしますが…(汗)
目覚まし・・・使わないしなぁ~、オルゴールは選曲どうするのかな?
でも、こういうイベントも楽しいですよね。宗盛様は急遽参加されたようですけど、参加された皆様には嬉しいサプライズだったのではないでしょうかね~。

神戸・清盛隊が発信する番組がUstreamではじまりますよ~。
私も含めてなかなか清盛隊に会いにいけない皆々様にもようやくリアルで会える機会がで来ますね~♪

20140109北の工房のまち001


番組「Ageha Base TV 清盛隊のやり隊ほう題」
次回放送日:
URL http://www.ustream.tv/channel/agehabasetv

出演 神戸・清盛隊の誰か?


最終更新日:2015.2.13



≫続きをみる...

2015.2.10記述
神戸経済新聞より

神戸の和田神社(神戸市兵庫区)で2月9日、神戸・清盛隊のメンバーが「e-Tax」を使った確定申告を体験した。

20150210神戸経済新聞e-tax体験002


同体験は、「時空を越えて!神戸・清盛隊がe-Taxを体験♪『平成の世は、便利でございまする~!!』」と題し、2014年分所得税の「パソコンを使った確定申告書の作成」と「確定申告の早期提出」をPRするもの。主催は兵庫税務署。

 当日は、同神社本殿で同隊が口上を披露した後、棟梁(とうりょう)・清盛とGIONが「確定申告等作成コーナー」を利用した確定申告の作成と「e-Tax」を初体験。「確定申告等作成コーナー」は、国税庁ホームページ内にある確定申告書などを作成できるコーナーで、画面の案内に従って金額などを入力することにより、計算誤りのない確定申告書などを作ることができるもの。作成したデータは印刷して書面による提出のほか、自宅やオフィスからインターネットで国税に関するさまざまな申告・申請・納税ができる国税電子申告・納税システム「e-Tax」を利用して提出することもできる。自宅などでインターネット環境を使って作成された申告書の件数は年々増加しているという。

20150210神戸経済新聞e-tax体験001


 同隊が発足当時から世話になっているという同神社で兵庫税務署職員による講義の下、実際にパソコンを操作しながら「e-Tax」などを体験。太政大臣(だじょうだいじん)であった清盛は息子たちが見守る中、現在の総理大臣の給与額が書かれた「給与所得の源泉徴収票」をもとに入力作業を慣れない手つきで行った。

20150210神戸経済新聞e-tax体験003


 体験後に棟梁・清盛は「武士のわしでもできるということは、とても便利なものだということが言える。ややこしい計算が数字を入れるだけでできるのがありがたい」と話す。普段の演舞でスマホを使いこなしているGIONは「わたくしは普通にパソコンも使えまするので、清盛さまよりもスムーズに使えた(笑)。しかし、パソコンが苦手な方や年配の方であっても数字を打ち込むだけなので、いつもよりもサクサクと簡単にできるんじゃないかと思いまする」と笑顔で話していた。

 申告期限と納期限は、所得税および復興特別所得税・贈与税=3月16日、個人事業者の消費税および地方消費税=同31日。

原文はこちら

まさかまさかの平成の世でこんな事をするとは清盛様とて思ってなかったことでしょう(笑)まぁ平安の世では周囲の方が計算ごとなどはしてくれていたのではかな老化と思うのですが・・・(笑)GIONちゃんはさすがというか、スマホ型タイムマシンを使いこなせるんですものね、このくらいチョチョイのチョイではかなろうかと思うんですけど…。

我が家も医療費の申告しなくちゃいけないんだ(汗)e-taxを使うために事前に登録しなくちゃいけないことあるんだよね。
そういうのが面倒くさかったりもするけど・・・事業主の皆様は毎年大変ですね~ほんま。

2015.2.4記述
神戸経済新聞より

生田神社(神戸市中央区下山手通1)で2月3日、「生田神社節分祭 節分豆まき神事」が行われた。

20150204神戸経済新聞豆まき001


 同神社の冬の風物詩ともいえる同神事はゲスト、福男、福女が特設する櫓(ろ)の上から豆まきを行うもの。今年は未(ひつじ)年生まれの人が当たり年になり、福男・福女として奉仕する。

 豆まき前には、地域の伝統芸能、振る舞い酒、地域の子どもたちによる豆まき、弓道日置流竹林派による「天地祓(はら)い」などを展開。神戸で活動する武将隊「神戸・清盛隊」、神戸発アイドルユニット「KOBerrieS♪(コウベリーズ)」、アコロックシンガーの越野翔子さん、タレントのナジャ・グランディーバさん、大阪市西成区を拠点に活動するラッパー・SHINGO★西成さん、レゲエシンガーのTAK-Z(タクジー)さん、元タカラジェンヌの風さやかさん、「サクソフォンカルテット・コパン with パーカッション」による奉納ステージが会場をさらに盛り上げた。

 今年は、福男や福女をはじめ、ボクシング元世界王者の長谷川穂積選手、落語家の月亭八方さん、桂きん枝さん、プロレスラーのスペル・デルフィン選手と妻でタレントの早坂好恵さんなどのゲスト約150人が参加。ヴィッセル神戸の「モーヴィ」、INAC神戸レオネッサの「らいむちゃん」、オリックス・バファローズの「バファローブル」「バファローベル」、カネテツデリカフーズの「てっちゃん」、熊本県の「くまモン」、神戸製鋼ラグビー部コベルコスティーラーズの「コーロクン」などのゆるキャラも参加し、「鬼は外、福は内」の大きな掛け声と共に用意された「福豆」をまいた。

 入場制限のある中、同神社を訪れた約3000人は福豆を一つでも多く手に入れようと高く上げた手を大きく広げ拝殿前に詰め掛けた。初めて豆まきに参加したという神戸市在住の女性は「こんなに豪華なゲストが参加しているなんて知らなかった。毎年参加しているのか、慣れている人が『こっちに投げて』とゲストに声を掛けているのが面白かった」と笑顔で話していた。



くまモンとの一門ショットが面白いでした。珍しく重盛様がモフモフされているぅ(笑)
ナジャさんとの絡みではナジャさんの好みが知盛様ということではらどきな知盛様の表情が…(^O^)
天気が悪くなくて本当に良かったですよね~。

2015.1.5記述
神戸経済新聞より

生田神社(神戸市中央区下山手通1)境内で1月4日、神戸・清盛隊による演舞奉納が行われた。

0104生田神社001


 正月三が日で約150万人の参拝客が訪れたという平家ゆかりの同神社。同隊メンバーは年頭に当たり神事に参加し、その様子を見ようと多くのファンが境内に集まった。

 棟梁(とうりょう)・平清盛が玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行い、演舞を奉納。その後、ファンに向けて新年のあいさつをした。企業・個人の新年特別祈願が行われる中、突然現れたみやびないでたちのメンバーに参拝客は驚きの表情を見せていたが、最後は大きな拍手で同隊を見送った。

 清盛は「昨年もこの生田神社さまで演舞奉納をさせていただき非常に実りよい年になりました。今年もこうしてまたお世話になれたことは誠にうれしく、昨年以上に実りよい年にできるのではないかと思うとります。そのためにも7人力を合わせて神戸を盛り上げ、より良い1年を過ごせるように頑張っていきますので、どうぞ皆さま、今年もよろしゅうお願いいたしまする」と話した。

0104やりたい放題001


 この日、同隊は発足当時から世話になっているという兵庫区の和田神社にも新年のあいさつのため参拝。夕方からは、「Ageha Base(アゲハベース)」(下山手通2)で年初めのユーストリーム番組「清盛隊のやり隊ほう題・新春スペシャル」の公開生放送を行った。今後も「兵庫津歴史館・岡方倶楽部」(兵庫区)や「北野工房のまち」(中山手通3)で毎月イベントを開催するほか、ラジオやテレビ番組への出演、全国のイベントへの出演などを精力的にこなしていくという。

原文はこちら

年始の生田さんでの奉納演舞は恒例行事になりつつありますよね。こうして地域の方々に愛されて、それをまた平家の皆様が返して行くことが素晴らしいことだと思いますし、彼らの存在理由だと思います。ただ、知盛様がどうもインフルエンザのようで参加出来なかったことは残念だったと思いますが、何よりつらいのは御本人だと思いますので無理せず、気負わず、治癒に専念してまた素敵な笑顔を見せてくれる事が第一ですよね。

生田さんで初めて清盛隊を見た方々が少しでも彼らに興味を持ってくださると嬉しい限りです。
そして、「やりたい放題」もう、最後のババ抜きが最高でしたね。なんか宗盛様こう言う勝負事になるとことごとく神業を見せてくれますよね(笑)今年も沢山楽しく生きていただきたいものです(^O^)

大河ドラマ『平清盛』は終わり、一度は平安の世に戻っていった神戸・清盛隊(以下清盛隊)
しかし、眠る事数ヶ月…平成の多くの民たちの思い叶い、5月3日再び平安から平成の世に復活!

これからますますの活躍を是非清盛そして平家を愛する皆々様と応援して行きたいと思う所存にござりまするゆえ、今まで彼らのことを知らない、全国の平家を愛する一門の皆々様に清盛隊がどんなパフォーマンスをしているのか?そして、清盛隊を知る事で新たに知った全国のおもてなし武将隊と呼ばれる方々(特にここで紹介する事になるのは名古屋おもてなし武将隊)の素敵な話術とパフォーマンスをご紹介したいと思いまする。

2014.10.29記述

10/26(日)  高知県・こうち旅広場にて神戸・清盛隊×土佐おもてなし勤王党コラボステージ

ファンクラブ主宰の清盛隊バスツアー今回2度目。前回はあいにくの台風で桂浜などゆっくり観光できなかったようですが、今年は天気もよく最高のバスツアーだったのではないでしょうか?参加した皆様にとってもよき思い出がまた一つ出来たことでしょうね~。

そして、動画をUPしてくださった方々に感謝します。

1回目


2回目


滅亡演技からの「最後の瞬間」の流れ…泣けてくるじゃありませんかぁ~(T_T)そしてジェスチャーゲームは重盛様いじりが半端なかったですね(笑)「空」のコラボ最高です。偶然見る事が出来た人が射たら本当にラッキーだったですね~♪


最終更新日:2014.10.29

≫続きをみる...

2014.10.16記述
神戸経済新聞より

高知のご当地幕末志士アイドル「土佐おもてなし勤王党(通称=もて勤)」が10月12日・13日、さまざまイベントに出演するため神戸に滞在した。
20141016神戸経済新聞001


 2011年4月、当時高知県で開催されていた「志国高知龍馬ふるさと博」をPRするため、坂本龍馬、武市半平太、岡田以蔵、中岡慎太郎、岩崎弥太郎、瓦版屋りょうの6人で結成された同グループ。同年7月、JR高知駅南口「こうち旅広場」に「『龍馬伝』幕末志士社中」の開館に合わせ、ステージショーの公演を始めた。同博の期間中のみの活動予定だったが、その後も高知観光を広く県内外にアピールするため、高知県観光コンベンション協会からの委託により活動を継続。同広場を拠点にステージショーやおもてなしのほか、県内外のイベント会場でのPRなど、精力的に活動を続けている。

 12日は、神戸ハーバーランドの高浜岸壁(神戸市中央区東川崎町1)で行われた「ラジオ関西まつり」とそごう神戸店本館2階「サンファーレ広場」でステージショーを披露。そごう神戸店(小野柄通8)には、「神戸・清盛隊」の知盛・重衡が応援に駆けつけた。13日は、神戸・清盛隊の活動拠点である「北野工房のまち」(中山手通3)の定期演舞にゲスト出演。台風19号が接近している中、悪天候にもかかわらず貴重なコラボを見ようと多くの観客が訪れた。立ち見が出るほど客で埋め尽くされた会場は、終始笑い声と声援が飛び交い盛り上がりをみせた。もて勤メンバーたちのコメントは次の通り(以下、原文ママ)。

坂本龍馬=「始めてみるわしらを受け入れてくれて温かさを感じた。また来たいと思ちょりますき、ぜひ土佐へも遊びに来てつかーさい」。
武市半平太=「神戸と高知いうたら昔からゆかりのある地でございます。距離もそう遠くないのでぜひ行き来して密な関係を築けていければ」。
岡田以蔵=「わしは神戸・清盛隊さんがおるき、神戸が好き。歌も演舞も人柄も良いきね」。
中岡慎太郎=「神戸の方が高知に来ていただき、わしらのショーを見ていただく機会が増えた。今回さらに多くの方とふれあいファンを増やして帰りたい」。
岩崎弥太郎=「神戸は人がみんなやさしくありがたい。神戸に住みたいくらい(笑)」。
瓦版屋りょう=「神戸は人がこじゃんとおりますねー。見てくださる人の数が多く良いPRになった」。

 10月26日には「こうち旅広場」で「神戸・清盛隊×土佐おもてなし勤王党コラボステージ」を予定する。

台風が来なければ2回公演だったのに本当に残念でしたね。でも、参加された皆様もきっと初めてもて勤さんたちのパフォーマンスを見た人も多かったかも知れないので、改めて楽しい時間を過ごせたのではないでしょうか?2回公演だったらもしかするとYOAKEのコラボもあったかも知れませんが、それは高知までのお楽しみなのかな?昨年のバスツアーでは清盛隊が高知で台風にあって参加者皆様大変だったと思いますが今年は天気で素敵な思い出作りが出来るといいですよね。

2014.10.8記述
神戸経済新聞より

神戸で活動する武将隊「神戸・清盛隊」が9月29日、3周年を迎えた。

2012年の大河ドラマ「平清盛」の放映に合わせ神戸市が行った「KOBE de 清盛2012」をPRするキャラバン隊として平安時代より呼び起こされ、スマホ型タイムマシンで平成にやって来た平清盛、重盛、宗盛、知盛、重衡、敦盛、GIONの7人で構成された同隊。2011年に神戸市役所1階ホールでデビューを飾り、2012年に本拠地であった「歴史館」で1周年を迎えた。「KOBE de 清盛2012」が閉幕した昨年1月14日、平安に戻り眠りについたが、ファンからの「清盛隊を存続させてほしい」という多くの声援に応え、昨年5月に民間団体として復活。2周年は能福寺で記念イベントを行った。

20141008神戸経済新聞002


 9月26日は「神戸文化ホール」(神戸市中央区楠町4)中ホールで3年間の集大成となる「3周年記念演舞『甦(ikiru)・最期の瞬間(とき)』」を行い、これまでの歌と演舞に加えて、初めて芝居にも挑戦。「武将隊の枠を超えたエンターテインメントを目指してきた」という同隊は、平家の隆盛から滅亡までを清盛隊なりの「平家物語」として披露した。6人それぞれが最期の瞬間に「何を見、何を思ったか」を描くことで現代の家族愛に通ずる「平家の優しさ」を表現。ほぼ満席となった客席からはすすり泣く声も聞こえるほどの感動を呼んだ。

 すでに「3周年記念演舞」DVD化の要望もファンから多く寄せられており、現在はDVDとサウンドトラックの発売を検討しているという。また、3周年当日にはファンレターの宛先を発表。これまで手渡しでしか受け付けていなかった手紙を郵送できるようになった。

 棟梁(とうりょう)・清盛は「われら神戸・清盛隊は現世によみがえり3周年を迎え、それを記念し『3周年記念演舞』を行わせていただきました。会場には800人を超えるお客さまがお越しくださり、共にすてきな時間を過ごすことができました。3年間活動できたのは地元神戸の皆さまをはじめたくさんの方々、そしてファンの皆さまのお力添えのおかげでござりまする。感謝の気持ちを忘れず、これからも神戸を拠点としこの街を、そして日本を盛り上げていきたいと思うておりまする。皆さま、どうぞこれからもよろしゅうお願い申し上げます(以上、原文ママ)」とコメントを寄せた。

 今後の同隊の活動は、今月11日にそごう神戸店(小野柄通8)本館2階「サンファーレ広場」でライブ、13日に「北野工房のまち」(中山手通3)3階講堂で高知の「土佐おもてなし勤王党」をゲスト迎えての演舞などが決まっている。今後も「兵庫津歴史館・岡方倶楽部」(兵庫区)や「北野工房のまち」で毎月イベントを開催するほか、「Ageha Base(アゲハベース)」(下山手通2)でユーストリーム番組の公開生放送を行っていく。


原文はこちら

DVDとサウンドトラック、これは楽しみすぎますぅ。是非とも自分用のクリスマスプレゼントとして年内に発売して欲しいなぁ。
もう、1部は目がウルウルしてきてマフラータオルで何度涙をおさえたことか…。先日の北野工房で敦盛様のあのマイクトラブルの時の事を少し話をしてくださったみたいですね。今日の言いたい放題で色々話が聞けるかなぁ~
はぁ、情報が出てくるのを首を長くして待とうっと。


2014.9.26神戸文化中ホールで行われた神戸・清盛隊三周年記念演舞「甦・最期の瞬間(とき)」に行ってきました。

20140916三周年記念演舞001


行きたかったけど、どうしようか、どうしようかと思っていたけれど、1ヶ月くらい前にやっぱこれは見届けないと、と思い、年休を取ってチケットを購入しようかと思ったら清盛隊事務局からチケットの販売のメールが来たのでそれで購入する事に。

何より意味深なタイトル。「最期の瞬間」ってなに?活動スケジュールも、ファンクラブも一応この日までのことしかわからない。応援している人間にとってはひょっとして平安に戻ってしまうのか?そういう不安を抱えながらの日々…

当日が近づくにつれ、以降のスケジュールなども少し見えてきて、少し安堵しましたが。
折角の神戸。会場に行く前にちょっと寄り道したいところがあったんだけど…行ったらなんとこの日に限って臨時休業って(T_T)

仕方ないからどうしようかと迷いに迷って、平野商店街に向いました。
お目当てはマスダヤさんの「きよもんサイダー」(笑)好きなんですよ~。

その前に、時間もお昼ということで平野商店街で鍋焼きうどんを食べる(笑)

20140926三周年記念演舞005


そしてマスダヤさんに行ってきよもんサイダーを今回は5本購入することに。1年に1度来れるかという感じだからいつもよりも少し多めに買おう。そして他のお酒を見ると、「福寿」の1升瓶が売ってる!大阪とか京都とかだと700mlぐらいしか売ってなくて、これは買っておいたほうがいいかもと思ってサンディにメールをしたら「GJ!」と言われた(笑)

巉酒の神器ラベル


そして、知盛様がラベルを書いてる「巉酒の神器-さんしゅのじんぎ-」も一番小さいサイズを購入しました(^O^)時間はまだまだあるけど、駐車場の関係もあるので一路会場へ向いました。


≫続きをみる...

「天下一決定戦~宴~」
全国の武将隊が集い、金の太刀を勝ち取る為にそれぞれの力を見せる年に1度の戦い「天下一決定戦~宴~」が三度開催される事になりました。



始めに

思い出してほしい。
かつてこの国には、十倍の敵にも怯まず、勝ち抜いた武士がいたことを。
貧困のドン底から、天下人へ上り詰めた武士がいたことを。
決して損得ではなく、自らの志に従い、命を賭けた武士がいたことを。
暗く、厳しく、混沌とした日本。故に、我らはよみがえる。
下を向く日本に、元気と勇気を届けるために。
郷土の英雄に、夢と希望を託し、いざ聖地へ。
忘れかけていた自信と誇りを、もう1度手にするために。
全国武将隊天下一決定戦「-宴(えん)-」、ここに開幕。


昨年は、本戦に出場できませんでしたが、今回神戸・清盛隊が本線に参戦する事になったようです。と言う事は…
9月以降も活動はあるという事だと思います。

今回は予選と決勝の日程および、会場に変更が有ります。


2014年9月13-15日セントレア空港 トーク・演武などイベント
予選2014年9月15日(祝)名鉄ホール
決勝2015年1月26日新宿文化センター

【参加武将隊】*あいうえお順

あいち戦国姫隊 公式サイト
安芸ひろしま武将隊 
公式サイト
奥州・仙台おもてなし集団 
公式サイト
忍城おもてなし甲冑隊 
公式サイト
熊本城おもてなし武将隊 
公式サイト
グレート家康公「葵」武将隊 
公式サイト
神戸・清盛隊 公式サイト
信州上田おもてなし武将隊 
公式サイト
土佐おもてなし勤王党 
公式サイト
名古屋おもてなし武将隊 
公式サイト
福岡黒田武将隊 
公式サイト

スペシャルサポーター
金澤百万石武将隊 公式サイト
岐阜城盛り上げ隊 公式サイト

一体どんな戦いになるのか楽しみですね♪
土佐やグレート,仙台、名古屋など一部メンバーが新しくなっておりますのでそれも楽しみですよね。
清盛隊がんばれ!

最終更新日:2014.9.12
≫続きをみる...

2014.8.22記述
Kiss PRESSより

神戸・清盛隊 三周年記念演舞『甦・最期の瞬間』

 

神戸の魅力を全国に伝える使命を担った神戸・清盛隊。2012年に誕生し、平清盛をテーマとした館「歴史館」を本拠地に神戸市の広報の顔として様々な活動を行う。歴史館の閉館の後、一旦の活動休止となっていたが、たくさんのファンの声に応えて復活を果たした。活動の幅をさらに広げてついに三周年を迎え、9月26日(金)に三周年記念演舞『甦・最期の瞬間』を行う神戸・清盛隊にインタビューした。

20140822kisspress001.jpg


原文はこちら

≫続きをみる...

2014.5.30記述
神戸経済新聞より

神戸電子専門学校コラボ


神戸電子専門学校(神戸市中央区北野町1)北野館地下1階のソニックホールで6月28日、コラボイベント「神戸電子専門学校×神戸・清盛隊コラボ『雅華平安』~いざともに参る~」が開催される。

 実践型教育をもとに専門職業人の育成を目指す同校が神戸で活動する武将隊「神戸・清盛隊」とコラボし、学生たちが舞台制作を実体験する特別カリキュラムとして開催。学生にイベントプロデュース・舞台制作の実体験を促すのみならず、同隊のコンテンツを通じて「神戸における平家の歴史」に触れ探究することで、学生の神戸における歴史的文化の価値の認識を図り、さらにその価値を広く神戸市民に発信する。

 同カリキュラムでは、4月より同校サウンドテクニック学科の学生たちに向けて、同隊プロジェクトが「イベントプロデュース」について講義。さらに、同隊を出演者とした舞台演出についてのワークショップを実施した。今回のイベントは、講義・ワークショップの集大成として行う。開催のきっかけは、昨年11月の同校学園祭に同隊がゲスト出演したこと。その時から「学生たちと何か一緒にできないか」と考えており、今回のコラボが実現したという。

 当日は、同隊の平清盛・重盛・宗盛・知盛・重衡・敦盛・GIONが出演。特別カリキュラムを通じての感想や工夫した点など学生と同隊のトーク、同隊「演舞」を題材に学生自身が演出プランを考え、音響・照明・映像・美術・ナレーションを担当したライブプログラムの披露、同隊の歌のライブショーなどを行う。

 同隊プロデューサーの若見しのぶさんは「神戸・清盛隊が初めて学生の皆さまとコラボする。また神戸電子専門学校にとっても初の試みのようで、どのような舞台が出来上がるのか私にもまだ分からない。神戸の武将隊『清盛隊』と神戸の学生のパワーが集結した舞台をぜひご覧いただければ」と話す。同隊イケメン担当の宗盛は「皆が、わしをどれだけかっこよく演出してくれるか楽しみじゃ」と語った。

開催時間は18時30分~20時。料金は2,000円(全席自由席、3歳児以下は保護者膝上に限り無料)。チケットは、6月8日・15日の同隊イベント会場で販売する。定員200人のうちペア50組100人を無料招待。応募は官製ハガキで同校の雅華平安係まで。6月5日必着。抽選により当選者を決定し、招待状を発送する。

若い人達が清盛隊を通じて平家のこと二興味をもってもらえるということはこれこそ、清盛隊の存在する意味の成果ではないかと思うんですよね。そして、平家と学生が切磋琢磨して新しい何かにチャレンジするということこそまさに清盛様がいつもおっしゃられる「生きる事を楽しむ」に繫がるのではないかと思います。

学生と清盛隊のコラボが一体どのようにケミストリーするのか楽しみです。(見に行けたら最高なんじゃけど…)


2014.5.15記述
神戸経済新聞より

神戸祭り


5月18日に開催される「神戸まつりメインフェスティバル」の「おまつりパレード」で「生田神社神事芸能団」と「神戸・清盛隊」がコラボパレードを披露する。

 1971(昭和46)年に市民参加型の祭りとして誕生し、今年で44回目を数える同イベント。今年は「緑と海そして愛」をメーンテーマとし、「神戸から いい汗 いい夢 いい笑顔」を合言葉にさまざまなイベントを展開する。

 当日は中央区旧居留地一帯を交通規制し、フラワーロード~三宮中央通りの車道では「オープニング~総踊り」(11時~11時25分)、「おまつりパフォーマンス」(11時25分~12時30分)、「おまつりパレード」(12時30分~16時30分)を開催。個性あふれる77団体(うち初出場3団体)が、趣向を凝らした華やかなパフォーマンスを交えながら練り歩く。

 同パレードの16時ごろ、生田神社神事芸能団のパレードに神戸・清盛隊も参加。生田神社には、800年前に源氏を迎え打つため陣を敷いた「生田の森」があり、平家ゆかりの地としても知られており、昨年よりコラボパレードを披露している。生田雅楽会元タカラジェンヌの風さやかさん、ダンスチーム「騎勇舞」、歌謡アイドル系パンクバンド「バラバラバナナ」、「弓道・箙(えびら)会」「生田神社獅子頭保存会」、フラダンスチームなどもパフォーマンスを行う。

 同隊の平敦盛は「今年も生田神社さまと共に神戸まつりに出陣できることとなりました。わしは特にパレードが楽しみ。手をブンブン振るので皆さまよろしくお願いいたしまする」と話す。「神戸・清盛隊は9月26日に3周年記念演舞『甦(ikiru)・最期の瞬間(とき)』を開催いたしまする。この機会に、ご存じでない方にもわしらを知っていただければ」とも。

 開催時間は11時~(イベントごとに終了時間は異なる)。

昨年はあいにくの雨でしたが今年はどうか天気よくパレードが出来ますように。
今年もテレビ中継をしっかりチェックしなくちゃです(汗)

2014.3.21記述
ピンポ~ン♪
宅配便が来ました。
「なんだ?」と思ったら

な・な・なんと!
先日申し込んだ「2時コレ知っとぉ!?」からではないですかぁ\(◎o◎)/
そう、先日、神戸・清盛隊が全員で出演した時の放送でプレゼントの新マフラータオルと北野工房のまちでの演舞のペア招待券でした。

当たって欲しい!と思ってはいたけれど、アテにして外れたらと思っていたのでマフラータオルはネットで購入したんですよね~(^O^)前回のマフラータオルは欲しいときには既に売り切れちゃっていたので…


201403212時コレ知っとぉプレゼント


さて、北野工房のまち有効期限が5月末までなのでどうしよう…
サンディに言ったら「行ってきたら」と言うけどねぇ~いざ以降と思うとグズるんですよね~。
でも、このままと言うのも勿体無いし、ちょっとどうするか考えないといけないなぁ。

4月からも月イチ出演してくれるので楽しみです♪
2014.2.27記述
神戸経済新聞より

20140217001.jpg

神戸・三宮の雑居ビル地下1階に2月12日、フードバー&エンターテインメントスペース「Ageha Base(アゲハベース)」(神戸市中央区下山手通2、TEL 050-5798-3550 )がオープンした。同店は、1階の鉄板焼き店「鉄板焼 空海」の姉妹店。


≫続きをみる...

2014.2.12記述
神戸経済新聞より

神戸・清盛隊の三男・宗盛と四男・知盛が2月9日、生田神社に併設される生田神社会館(神戸市中央区下山手通1、TEL 078-391-8765 )の「春のブライダルフェア」でモデルに初挑戦した。

20140212生田ブライダルモデルイケメンツインタワー002


 挙式を考えるカップル向けに「ミニコース試食会」「模擬披露宴」「和装・かつら体験」などを行う同フェア。同神社は縁結びの神でもあり、平家ゆかりの地としても知られており、かねて同隊とのコラボレーションを考えていたという

 そうした折、モデルが新郎新婦役になって披露宴の模様を再現する「模擬披露宴」への出演依頼の書状が同神社から同隊に届いた。書状には「生田神社にゆかりの深い平家の皆さま。中でも、イケメンツインタワーと呼ばれておられる宗盛さま、知盛さまにこのイベントの新郎役としてご出演いただけないか」と書かれており、すぐさま宗盛と知盛は棟梁(とうりょう)・清盛に相談。棟梁は「われらゆかりの生田神社さまよりのご依頼であることに加え、平成の世の結婚式という文化の勉強にもなろう。さらには生田神社で挙式をする方が増えるとなると、なんともわれらも喜ばしいことではないか。ぜひ、お手伝い申せ」と2人に告げた。

 当日は、和装を知盛、洋装を宗盛が担当。まず、知盛が蛇の目傘を持って入場し、鏡開きと衣装換えを披露。続いて宗盛が入場し、シャンパンを注ぐ「クリスタルイリュージョン」と、ブーケに数本のリボンを付け女性ゲストに引っ張ってもらう演出「ブーケプルズ」を披露した。同隊メンバーが平成の装いで登場したのは今回が初めてだという。

 知盛は「800年前、源氏を迎え打つために陣を敷いた『生田の森』がございます生田神社にて新郎役をさせていただき、『縁結びの神』をわれは感じましてございます。由緒ある神社で幸福を味わう挙式をすることは、平安時代と変わりませぬ。しかし、平成の挙式の演出はみやびで華やかですなあ。誠に素晴らしゅうございました」と話した。

まこと、生田神社様からの思いも寄らないお声掛け、そしてイケメンツインタワーがモデルとして参加というのはなんともにくい演出にござりませぬか~。なかなか平成のスタイルでの結婚披露宴のモデルなんて。お二人ともさすが素敵にござりまする♪モデルの花嫁様が羨ましい限りにござりまする。さりとて、自分がという気はさらさらないのであしからず(笑)

生田の森でのおふざけも平和だからこそにござりまするゆえですし、若干違和感もござりまするが、こうして何かと縁を大切にしてくださる生田神社様これからもどうぞ清盛隊の背中を押してあげてくださりませ。貴重な経験をまたする事が出来ましたねぇ~♪



2014.2.4記述
神戸経済新聞より

20140204生田神社豆まき001


生田神社(神戸市中央区下山手通1)で2月3日、「生田神社節分祭 節分豆まき神事」が行われた。

 同神社の冬の風物詩ともいえる同神事はゲスト、福男、福女が特設する櫓(ろ)の上から豆まきを行うもの。今年は午年生まれの人が当たり年になり、福男・福女として奉仕する。

 豆まき前には、地域の伝統芸能、振る舞い酒、振る舞い餅、地域の子どもたちによる豆まき、弓道日置流竹林派による「天地祓(はら)い」などを展開。「サクソフォンアンサンブル ラック!」、神戸・清盛隊の平清盛・重盛・宗盛・知盛・重衡・敦盛・GION、大阪市西成区を拠点に活動するラッパー・SHINGO★西成さん、元タカラジェンヌの風さやかさんによる奉納ステージが会場を盛り上げた。

 今年は、月亭八方さん・月亭八光さん親子をはじめ、プロボクサーの長谷川穂積選手、プロレスラーのスペル・デルフィン選手と妻でタレントの早坂好恵さん、タレントのナジャ・グランディーバさんなどのゲスト約150人も参加。ヴィッセル神戸の「モーヴィ」、INAC神戸レオネッサの「らいむちゃん」、オリックス・バファローズの「バファローブル」「バファローベル」、カネテツデリカフーズの「てっちゃん」、熊本県の「くまモン」、神戸製鋼ラグビー部コベルコスティーラーズの「コーロクン」などのゆるキャラも参加し、「鬼は外、福は内」の大きな掛け声と共に用意された「福豆」をまいた。

 入場制限のある中、同神社を訪れた約1200人は福豆を一つでも多く手に入れようと高く上げた手を大きく広げ拝殿前に詰め掛けた。初めて節分祭に参加したという神戸市在住の女性は「新聞やニュースなどで優雅に豆をまくシーンを見たことがあったが、こんなに迫力のある行事だとは思わなかった。毎年参加しているベテランの方に『拾いに行かず、豆が振ってくるのを待てばいい』と教えてもらい、たくさんの豆をゲットすることができた」と笑顔で話していた。


全国的に色んな場所で豆まきが開催されていましたね~。
どこかの場所では成親様(吉沢悠さん)と由良御前(田中麗奈さん)が並んで豆まいておりました(笑)
北河内方面では寝屋川の成田さんにめ以子はんと卯野のお母さんが豆まいていたようです。
ひらパー兄さん(官兵衛殿)は関東の成田さんで豆まいていましたね~。(大河は毎年あそこやからね)

しかし、清盛隊は豆まきだけではなく、演舞もご披露したようで、きっとはじめて彼らを見た人達も沢山おられた事ともいますが、本当に生田さんには感謝するばかりです。これからも何かと清盛隊とのご縁を大切にして言っていただきたいものです。昨年は丁度、平安に戻られていたので参加出来なかったですものね。これからもどんどんと関わって色んな人に認知してもらえるように、そして見た人が興味をもって応援してくれることを願うのみです。

2014.1.9記述
神戸経済新聞より

20140109北の工房のまち001


神戸・清盛隊が1月7日、神戸ブランドに出合う体験型工房「北野工房のまち」(神戸市中央区中山手通3丁目17−1、TEL 078-221-6868 )を新しい活動拠点(本拠地)にすると発表した。

20140109北の工房のまち002



 2012年の大河ドラマ「平清盛」の放映に合わせ神戸市が行った「KOBE de 清盛2012」をPRするキャラバン隊として平安時代より呼び起こされスマホ型タイムマシンで平成に「やって来た」平清盛、重盛、宗盛、知盛、重衡、敦盛の平家ファミリーと謎の人物・GIONの7人で構成された同隊。本拠地である歴史館が閉幕した昨年1月14日に平安に「戻り」眠りについていた7人だったが、ファンからの「清盛隊を存続させてほしい」という多くの声援に応え復活を果たした。

 昨年4月の復活後は、「兵庫津歴史館・岡方倶楽部」(兵庫区)で毎月イベントを開催するほか、ホールイベント、神出鬼没の神戸の街徘徊(はいかい)、ラジオやテレビ番組への出演、全国のイベントへの出演などを精力的にこなしながら本拠地を探していた。

 多くの観光客が訪れる同館とパワーアップした同隊がタッグを組み、双方の魅力を発信しながら、神戸観光のさらなる活性化を目指す第1弾として、月2回の定期公演を開催。今月12日・19日は、平家の歴史ストーリーの中に歌・踊り・殺陣を融合させた新しいジャンルのエンターテインメントとしてメンバー全員が演舞「甦 ikiru」を行う。

 棟梁(とうりょう)・清盛は「今年から『北野工房のまち』を拠点に活動できるのは誠にうれしゅうござります。たくさんの観光客の方にお越しいただき、神戸を盛り上げられるよう励みまする」と意気込みを見せる。同館では、オリジナルグッズ販売や来館客との記念撮影なども行うという。

 開催時間は13時~13時40分、15時15分~15時55分。
入場料は、大人=700円、小学生=400円(完全入替制)。
2回共通券は、大人=1,300円、小学生=700円(当日のみ有効)。
2月は2日と16日に開く。

毎週とは行きませんが、月2回、あと岡方倶楽部の方でも引き続き月一で何かしていただけるのではと思っておりますので、今までよりもファンの皆様も清盛隊に会える機会は増えるのではないかと思います。特に遠方のファンも週末に予定を立てられるのではと思います(それなのに私は休日拘束されるのでなかなかいけないのが残念ですが…)

有料になっちゃいますが、それでも楽しい時間をすごせるだろうし、後ろ盾のない彼らの為に応援する気持ちでファンの皆様の暖かい気持ちでお願いします<(_ _)>


2014.1.6記述
神戸経済新聞より

20140105生田神社003


生田神社(神戸市中央区下山手通1)境内で1月5日、神戸・清盛隊による演舞奉納が行われた。

 正月三が日で152万人の参拝客が訪れたという平家ゆかりの同神社。同隊の平清盛、重盛、宗盛、知盛、重衡、敦盛の平家ファミリーと謎の人物・GIONの7人は年頭にあたり神事に参加し、その様子を見ようと多くのファンが境内に集まった。

 ファンに向けて新年のあいさつをした後、棟梁(とうりょう)・平清盛が玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行い、演舞を奉納。企業・個人の新年特別祈願が行われる中、みやびないでたちをしたメンバーの登場に参拝客も驚きの表情を見せていた。

 同神社巫女(みこ)の辰馬晶さんは「今年初の演舞を生田神社でご奉納いただけたことをうれしく思う。本日の演舞は扇を使用したもので、新年にふさわしい華やかなもの。今年が神戸・清盛隊さまにとって良き年となるよう、今後ますますのご活躍を応援している」と話した。

 この日、同隊は発足当時から世話になっているという兵庫区の和田神社にも新年のあいさつのため参拝した。

全文はこちら



動画UPしてくださって感謝します。<(_ _)>
そしていつも清盛隊の記事を書いてくださる神戸経済新聞さんに感謝します♪

昨日の神戸もかなり寒かったことと思いますが沢山の参拝者の方もいる中、きっと清盛隊を知らない人達も沢山来ていたと思うので、あの煌びやかな姿をした平家一門の皆様の姿を見て驚いたんじゃないかなと(笑)

生田さんや能福寺さん、そして清盛様縁の場所の皆々様からいつも沢山の愛を清盛隊に向けてくださっているのが本当に感じられて、有難い限りです。こうして清盛隊が活動できるのもファンの思いを清盛隊の皆さんが受けてくださってそして、何かと気にかけてくださる地元の皆様がいてくれるおかげですよね。

これからも彼らを応援する為にもくれぐれもファンとして迷惑をかけないような振る舞いをしていかねばと思いますね。
今月からは新しく演舞が出来る場所が出来たようなのでますます、頑張って応援しなくては(といっても私はどうしても後方部隊になりますが)

2013.12.11記述
神戸経済新聞より

神戸の映画館と神戸・清盛隊がコラボイベント-アテレコ挑戦も


20131211神戸経済新聞OSシネマズコラボ001

神戸ハーバーランド「umie SOUTH MALL」(神戸市中央区東川崎町1)5階の「OSシネマズ神戸ハーバーランド」で12月6日、「神戸・清盛隊」とのコラボ企画が開催された。題して「栄華!?いや映画館じゃよ。シネマズじゃ!!神戸・清盛隊OSシネマズ出陣!!」。

 同施設は、演劇や音楽など映画ではない作品を最新のデジタル上映設備で楽しむ「ODS」にも取り組み、さまざまなエンターテインメントコンテンツを提供することを掲げ、今年4月に開館。同時期に復活宣言を行い、その後の活動場所を模索していた同隊を応援するメディア関係者が同施設関係者に紹介したことから、今回のイベントが実現した。171席ある座席は、チケット発売日にほぼ満席になったという。

 当日は、同隊の平清盛、重盛、宗盛、知盛、重衡、敦盛の平家ファミリーと謎の人物・GIONの7人が登場し、近距離で触れ合いながら歌・ゲームなどが行われた。

 オリジナル曲「雅華・Gakka・平安~平成に咲き誇れ~」「甦(IKIRU)・時空を超えて~」「想(omoi)~僕を呼ぶ声~」や新演舞を披露したほか、同館上映の作品の中からメンバーが選んだおすすめの予告編をアテレコするという、同施設ならではの企画も展開。途中、メンバーが観客席を回ったり、今月8日に発売したDVD「甦・時空を超えて」の一部を先行上映したりと、会場を大いに盛り上げた。

 同隊の三男・宗盛は「今回のコラボは誠に楽しかったの!大きいスクリーンで映画館でしかできないこともあり、わしらの演舞もあり。見に来てくれた者とも楽しむこともできた。これからもまだまだ新しいこと、面白いことを、さらにこういったコラボをしてどんどん神戸を盛り上げたいの」と話す。「おぉ、そうじゃ。わしらが今月23日に神戸ポートアイランドのジーベックホールでクリスマスイベントを開催することとなった。サプライズ満載の楽しい時をともに過ごそうぞ」とも。

他の武将隊とは違い、復活してからは行政の後ろ盾なしに頑張っておられるゆえの大変さも在りながらも、しかし、反対にある意味自由に自分たちのやりたい事が出来ると言う利点もあるんじゃないかと思うんですよね。財政問題や拠点の問題はあるけれど、積極的に神戸の様々なイベントそして定期的に神戸の町を徘徊したりして歴史館の時代からの地元の人達の応援や、行政の後ろ盾がないからと言っても関係は良好だと思うのでとても愛されている武将隊だと思うんです。

これからもこのような清盛隊だから出来るイベントを沢山考えてファンをいつも驚かせ、楽しませてくれるとうれしいです♪
なかなか参加出来ないけれど…(T_T)


≫続きをみる...

2013.10.8Kiss FM KOBEの「4SEASONS」と言う番組の「CORRECT HYOGO~tek tec」コーナー に棟梁・重盛様・GIONちゃんが生出演致しました。




Kiss FM KOBE 開催
コスモ アースコンシャスアクト クリーン・キャンペーン in 姫路
開催日時 : 2013年 10月26日(土曜日) 10:00~14:30

2013.11.11記述


先日の清掃活動の模様がコスモ アースコンシャスアクト のサイトにUPされています。

コスモ アースコンシャスアクト クリーン・キャンペーン in 姫路の清掃活動報告はこちら


そして昨日KISS FMKOBEにて放送がありました。 (清盛隊関連の部分のみ)


これからもこういう活動もしてくださると色んな人たちとの交流、そして出会いがあると思いますので是非、企画してもらえるといいなと思ったりしました。

2013.10.23記述

10/23生放送されたユーストリームの番組「音バカどっとTV」です。 
 


今回の出陣メンバーは宗盛様重衡様敦盛様です。(一ノ谷組-1人)
棟梁も若干心配しておりましたが、MCのMioさんがまるで現世のGIONちゃんのようなトークの散らかしぶりで(笑)そのお陰もあってなのか、3人ともなかなかトーク頑張っておりました(^O^)。

自己紹介で自分たちの年齢を言うのが笑えた(笑)皆800歳越えだものね~♪

復活の儀の映像もいつもより多く流れたし、清盛隊初心者の方、初めて見た方も楽しんでもらえたのではないかと思いますね。勿論、古参のファンの方たちも(笑)

VTRあけの宗盛様のアカペラも最高でしたよね~♪
これだけでも「あっ、歌うまい」と知らない人達にインパクトを与えたと思いますし、これからもこういう番組に出演して欲しいなぁ~。

というよりも名古屋さんみたいにニコ動でもユーストでもいいから自分たちのチャンネルでワチャワチャして欲しいなと思っているのですが…ダメですか?

そうしたら日本中のファンの人達が清盛隊の皆さんと会う事が出来るし、やり取りも出来て楽しいじゃないですかぁ。大変だとは思いますがご検討していただきたいものです(笑)。




Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .