感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2016.12.29記述
ナリナリドットコムより

Ameba冬ドラマ密着編集部ブログは12月28日、2017年1月8日からスタートする連続ドラマ「大貧乏」(フジテレビ系/毎週日曜21時〜)の撮影現場で、主演を務める女優の小雪(40歳)が、同ドラマでコンビを組む俳優の伊藤淳史(33歳)と成田凌(23歳)からサプライズバースデーを受けた様子を公開した。

20161228誕生日お祝い001



本作は、会社の倒産で“大貧乏”に転落してしまった小雪演じる主人公のシングルマザー・七草ゆず子が、暴れん坊な息子とおてんば盛りの娘を抱えながら、理不尽な社会に立ち向かうという、安達奈緒子脚本の完全オリジナルヒューマン・コメディー。

高校時代から憧れていたゆず子の状況を聞いて、助けたい一心で彼女を支えるエリート弁護士を伊藤が、ゆず子の勤めていた人材派遣会社ディメンションズ・オブ・ヒューマニティ(DOH)の入社3年目の社員で敏腕営業マンを加藤が演じる。小雪にとって、同局連続ドラマでの主演は初めての作品だ。

「『大貧乏』の撮影現場で小雪さんのお誕生日をお祝いしました!」と題したブログは、「リハーサルの前に伊藤淳史さん&成田凌さんがバースデーケーキを運んで登場されました〜 撮影場所のオフィスビルのロビーが広すぎて、ケーキが来るまでにロウソクが消えてしまうというハプニングもありましたが 改めてロウソクに火をつけてお祝いしましたよ」と、12月18日に40歳の誕生日を迎えた小雪へ、伊藤と成田からサプライズでバースデーケーキが用意されたことを明かした。

20161228誕生日お祝い002


ゆず子にちなんで“ゆずの飾り”にフルーツがたくさんのった華やかなケーキを前に、うれしいそうな表情の小雪と、伊藤、成田とのお祝い3ショットも公開。

ファンからは「こんな綺麗なお母さん羨ましい!」「小雪さんおめでとうございます!」「小雪さんこんな綺麗で三児の母とは思えません!シングルマザー役も楽しみにしてます!」「小雪さんまじ綺麗〜40歳にはみえない…」「お誕生日おめでとうございます!」「小雪さん、顔小さいし、ママに見えないですしほんと綺麗です」など、40歳でも美しい小雪に称賛の声や、「お美しい小雪さまが観れるのめちゃくちゃ楽しみです!」「大貧乏、期待してます!」「とても楽しそうな撮影現場ですね!!」とドラマ開始を楽しみにしているとの声がたくさん寄せられている。

良かったですね~。おいしそうなケーキ♪
家族でのお祝いもしただろうけど、ドラマ撮影始まってこういうイベントされると士気も高まると思うし、放送楽しみですわ。

スポンサーサイト
2016.12.7記述
スポニチアネックスより

001_20161207062311f84.jpg

女優の小雪(39)が無一文に追い込まれたシングルマザーを演じる。来年1月8日スタートのフジテレビ「大貧乏」(日曜後9・00)で、俳優の伊藤淳史(33)と共演。理不尽な社会に立ち向かう爽快なヒューマンコメディーだ。

 2人の子供を育てるシングルマザーの七草ゆず子役。勤める会社が突然倒産してしまい途方に暮れている時、伊藤が演じる元同級生の弁護士・柿原新一が「倒産には裏がある」と助言し、2人で真実に迫っていく。

 対照的な“デコボココンビ”。ゆず子は貧乏で足を使って走り回るシングルマザー。新一は年商107億円の敏腕弁護士で、知識と知恵で勝負する。身長の差も小雪は1メートル70、伊藤は1メートル62で8センチ。小雪は「全くかみ合ってないコンビになると思いますが、そのかみ合ってないところが面白くなると思います」と自信を見せた。小雪自身が3人の子供を育てる母親。「作品全体のビジョンとして、生きる強さ、生き抜く強さみたいなものを描ければ」と話している。

 伊藤は「僕自身も今まで経験したことがない役柄で、凄く楽しみにしています。今年は楽しい年にできるかもと思ってもらえるようなドラマにしたい」と話した。

昨日の女性自身に書かれていた作品ですね。こういう役やってほしいなと思っていたので一体どんな作品になるのか楽しみです。まさに同時間、旦那様と対決になりますが…両方ともチェックしますよ。フジのこの時間帯の番組は結構ハートウォーミングな作品が多いですよね。伊藤さんと恋愛?と思ったけどその行方も含めて楽しみです。ちょっとお母さんとお父さんも撮影が重なるので子供たちは大変かもしれませんけどね(^O^)

小雪さんの第三子出産後の初CMはたまごのイメージキャラクターになりました。



2015.10.10記述

きよら グルメ仕立て CM「おふとん篇」WEB限定 30秒バージョン


きよニャ可愛いけどこのCMかなりシュールだよね(笑)


きよら グルメ仕立て CM「ねびえ篇」WEB限定 30秒バージョン


放置されたまま…可哀想なきよニャですなぁ~。せめて作る前に確認してあげてぇ~なんてな(笑)


きよら グルメ仕立て CM「NG集」


あはは~(^O^)きよニヤの声がおもしろすぎます。
でも、これって難しいと思う。なかなか思う所にたまごのお布団をかけてあげることって(笑)


最終更新日:2016.5.24

≫続きをみる...

小雪さんが花王メリットの新キャラクターになったそうです。

2016.4.6記述

小雪、花王メリットの新キャラクターに決定!新CM「出会い篇」、4月6日〜5日間限定で公開!

女優・小雪(こゆき)が、花王・メリットの新CMキャラクターに起用され、新CM「出会い」篇が、本日2016年4月6日(水)から全国で放映開始された。4月6日(水)から4月10日(月)までの5日間限定での放映だ。4月9日(土)のメリット改良新発売に合わせたもので、下記にて見ることができる。

CMでは、子供と楽しく遊ぶ自然体の小雪を見ることができる。髪をかきあげながらさわやかな笑顔を見せる姿も必見だ。そして、「私はメリット。意外?」と語りかけてくるところが印象的なCMだ。

新しくなったメリットは、地肌からきれいシャンプー。気になるニオイ*1のもとまで浮かせる泡で、地肌からすっきり洗い上げる。汗をかいたときのニオイも気にならず、清潔な地肌と根元からサラサラな軽い髪で、1日中気持ちよく過ごせる。
※1 汗や皮脂汚れ

▼新しくなったメリットのラインナップ・商品情報は、メリット・Websiteにて♪
http://www.kao.co.jp/merit/

実感編


出会い編


偶然CM放送見てびっくりしました(笑)期間限定ですか…キャラクターとしては今後もCMが色々放送されるのかな?
見た感想としては私は結構好きですね。子供たちと楽しそうにしている感じとか、なんだか日常とリンクする感じもあって。


2015.11.12記述
cinemacafenetより

20151112イルミネーション点灯式001


都内のクリスマスイルミネーションの中でもひときわ高い人気を誇る六本木の東京ミッドタウンのイルミネーション点灯式が11月12日(木)に開催され、映画『杉原千畝 スギハラチウネ』で夫婦役を演じた唐沢寿明と小雪がそろって参加した。

今年で9回目を迎える東京ミッドタウンのクリスマスだが、560万人が来場した昨年と同じく「ミッドタウン・クルーズ」をコンセプトに52万個のLED電球を使用し、地球から宇宙への旅を表現。特に芝生広場では、直径6メートルのビジョンドーム、18万個の電球を使った星空イルミネーションなど、幻想的な光景が繰り広げられる。

唐沢さんは、これまでもミッドタウンを訪れたことはあるが、クリスマスのイルミネーションを見たことはないそうで「今日はすごく、楽しみです」と語る。小雪さんも「車で通った時に点灯中のイルミネーションを見たことはありますが、この最初の点灯に携わらせていただくのは初めてで、楽しみです」と笑顔を見せた。

2人は一緒にスイッチに手を添えて暗闇の中で点灯! すると、まばゆい幻想的な光が芝生広場一面に広がっていき、会場に足を運んだ観客からもその美しさに歓声が上がった。唐沢さんは、光の灯ったイルミネーションを見渡し「作るの大変だったでしょうね。広さもあるし。おかげでこんなに素晴らしいイルミネーションをたくさんの方が楽しめます」と感嘆。小雪さんは「こんな仕事をしてますが、まるでドラマや映画の1シーンのようで高揚感を覚えました!」と興奮気味に語った。

映画『杉原千畝 スギハラチウネ』は“命のビザ”で知られ、ナチスに追われる亡命ユダヤ人のためにビザを発行し続けた外交官・杉原千畝の姿を描いており、小雪さんは彼に付き添い、献身的に支える妻を演じている。

プライベートでは唐沢さんは女優の山口智子を妻に、小雪さんは俳優の松山ケンイチを夫に持つが「ステキな夫婦の秘訣」を尋ねられると、唐沢さんは「リスペクトじゃないですか? それは友人関係でも仕事でもそう」と語る。小雪さんは「私は世界中に友達がいますが、日本の方は何事も一生懸命ですよね。いま、母となって毎日、いろんな自分がいますが、夫婦の時間を少しでも作る努力があるといいかなと思います。デートでも、お話でもいいし、プライベートな会話を少しでも持つように、心の余裕を持てるようにすることだと思います」と語った。

『杉原千畝 スギハラチウネ』は12月5日(土)より公開。
東京ミッドタウンのクリスマスイルミネーションは12月25日まで(17:00~23:00)開催。


ぼちぼちと、映画のプロモーション始まったかな?公開楽しみなんですよねぇ~。
子供が増えて仕事も大変だろうけど、少しの時間でも夫婦の時間を持つ事は大切ですよね。
私は子供がいないけど、たとえ数時間でも2人で仕事の事も忘れて(勿論子供たちの事は考えていたとしてもね)過ごす時間があるだけでもリフレッシュ出来て良いんじゃないかな?

2015.7.30記述
cinemacafenetより

上賀茂神社奉納劇001


今月第三子を出産した女優の小雪が、京都・上賀茂神社(賀茂別雷神社)第42回式年遷宮で10月に上演される奉納劇「降臨」で語り部を務めることが7月30日(木)、都内で行われた製作発表会見で明らかになった。

小雪さんにとっては、第三子出産後の“初舞台”。出産からまだ日が浅いため、会見は欠席したが「このたびご縁をいただきまして、語り部として奉納劇に参加させていただきます。風土記の中の玉依姫の物語を知り、母として、またひとりの女性として、この奉納劇に携わらせていただくことを光栄に思います。式年遷宮という先人が守り伝えてきた日本の伝統を多くの方々に知っていただき、次の世代へ繋げていくきっかけとなればと思っています」とコメントを寄せた。

会見には原案・演出を手がける宮本亜門、上賀茂神社の田中安比呂宮司が出席。宮本氏は「僕自身が境内で感じる透明感を舞台でも大切にしたいと思い、同じ透明感をもち、子を愛する小雪さんにぜひ参加していただきたいと思った。また、全世界に共通する精神性を持った風土記を、世界の方々にも知って頂きたいという思いから、国際的にも知られる小雪さんにお声をかけた」と起用理由を説明。また、夫の松山ケンイチが上賀茂神社を数回訪問した“縁”もあるそうで、「そのことも小雪さんにとって、大切な理由だったようです」と補足していた。

今年秋に、奈良時代から数えて42回目の式年遷宮を迎える京都最古の神社・上賀茂神社の奉納行事として上演される「降臨」は、古くからこの神社に伝わる「山城国風土記」の一章「賀茂別雷神の誕生神話」をもとに、宮本氏が新たな現代解釈を盛り込んだ。同神社で奉納劇が上演されるのは、長い歴史のなかで初めて。ひとりの巫女が神の導きにより、子どもを宿し、母としての試練を乗り越えながら、わが子が大いなる雷神になる姿を見守る姿を描く。

奉納劇「降臨」は2015年10月23日(金)、24日(土)、25日(日)に、京都・上賀茂神社(賀茂別雷神社)境内の特設野外会場で上演される。

先日、NHKで(多分関西ローカル放送)親元を離れ施設で生活している子供たちとそれをサポートする人達のドキュメントの番組で小雪さんがナレーションをされていて、多分、ご自身が親になったからこそ、この様な仕事を積極的にされているんだろうなと思いました。きっと映像を見ながらナレーション取りの時も色々感じる事、思う事が会ったのではないかと思いましたし、そのナレーションがとても良かったんです。

自分に出来る仕事を、受身ではなくて、積極的に取り組んでいる事は松山家を応援しているファンとしては嬉しい限りだし、きっとこの朗読も素晴らしいものになるのではないかと思います。見に行きたいですねぇ。二人にとってもとても縁のある場所でもありますものね。とりあえず、それまで小雪さんも体調を万全に頑張って欲しいです。




今週末ですね。家族で京都入りするのかしら?
NHKかwowowで放送してくれるといいなぁ~。

2015.5.19記述
cinemacafenetより

20150519杉原千畝記者会見001


映画『杉原千畝 スギハラチウネ』の製作報告会見が5月19日(火)に開催され、主演の唐沢寿明、現在、第三子を妊娠中の小雪、ポーランド人キャストのボリス・スジック、アグニェシュカ・グロホウスカ、チェリン・グラック監督らが出席した。

終戦70年特別企画として製作され、ポーランドで2か月にわたって撮影が行われた本作。ユダヤ人難民のためにヴィザを発行し続け、6千人にも及ぶ人々を救い“日本のシンドラー”と言われる外交官・杉原千畝の“インテリジェンス・オフィサー”としての側面に光を当てつつ、その姿を描き出す。

唐沢さんは実在の人物、教科書にも登場するような“偉人”を演じるにあたり「彼の名前と功績をより広く知っていただくつもりでポーランドでの撮影に臨みました」と語り「その結果は、映像に出てくれていると思います」と手応えを口にする。資料などにあたりつつ、人物像を作り上げていったそうだが、難しかった部分として「千畝さんがどんなことを考えてあの時代に、なぜあのようなことができたのか? それは誰にも分からない」と漏らしつつ「彼の誠実さや寡黙さを頼りに、同じ日本人として恥ずかしくないように演じようと思いました」と語る。またこの役を通じて改めて「差別はよくない」と感じたという。「僕もヨーロッパのある国で、日本人としてではなく別の国の人と間違われて差別を受けたことがあります。『差別を受けた人はこういう気持ちになるのか』と心から思いました」と明かし、以前より根底にあったという差別を憎む思いが本作を通じて「より強くなった」と語った。

千畝の妻を演じた小雪さんは、ポーランドで「千畝さんのことを熟知されている方が多くて驚いた」と語り「日本でもまだご存じない方も多いと思います。自分たちがどういう人生を生きているのか? ということを問う作品になればと思います」と語った。小雪さんが演じる幸子は千畝との間に生まれた3人の子どもたちを育て上げたが、小雪さんも現在第三子を妊娠中。幸子という役について「根底が明るい人間であり、彼女も外国で彼女らしく生きられる人だと感じました。3人の子を育てた、たくましさと日本の女性の柔らかさを兼ね備えている人と感じながら演じました」と語り、現在の自らにも重ね合わせ「(小雪さん自身も)強くならざるを得ないですよね。女優としても女性としてもいろんな経験をさせていただいて、自分にとってプラスになっていると思います。親になって初めて人間にさせていただいているなと感じます。自分ひとりで生きてきたような錯覚に陥ることがありますが、親がいて、周りがいて、いろんなことを体験して、苦労したり、我慢したり、みんなの力を借りて生きてこられたんだなと感じています」としみじみと語った。

撮影現場は「和気あいあいとしていた」という唐沢さんの言葉通り、この日の会見も現場のムードメーカーだったという、千畝を支えるペシュ役のボリスが冗談を飛ばすなど、チームとしての一体感を強く感じさせた。

『杉原千畝 スギハラチウネ』は12月5日(土)より公開。

淡い色のドレス姿のせいか、あまりお腹の膨らみは正面から目立ちませんでしたけど、ネットなどでは「親になってはじめて人間にさせていただいている~」という言葉に過剰反応してる人達がいるようですが、あくまでも彼女自身が親になって改めて感じたことであって、だからと言って世間の人達に対しても「子供を生む事が人間になる事」とか言っているわけではないのにと思います。

彼女にとって、家族を持つ事で今まで感じる事のなかった何かを感じ、それが自分をより人間らしい感情などを知る事が出来た事に感謝している。それぞれの家庭、それぞれの人が生きていることに対して自分ひとりで生きているわけではないんだと感じる事が大切なのではと言いたいんじゃないかとおもうんだけど、どうしてそんなヒステリックな言動になるんだろうね。

あくまでも「自分ひとりで生きてきたような錯覚に陥ることがありますが、親がいて、周りがいて、いろんなことを体験して、苦労したり、我慢したり、みんなの力を借りて生きてこられたんだなと感じています」ということを言いたい為に前の言葉があるんだと思うし、でもそう言う人達は「子供を生みたくても生めない人達に配慮がない」とか言うんだろうけど、そういう事を言いたいんじゃないと思う。

まぁ、言いたい人はどないでも言ってくださいという感じですけどね。そういう思考回路しか持てないことの可哀想なことと思うだけです。


今回は第2夜。田口トモロヲさんといえばやはり「プロジェクトX」のナレーションですよね(^.^)そして小雪さんはラストサムライ以降旦那様との出会いから結婚・出産そして現在という事になるでしょうから松友としてはどんな話とどんな曲をチョイス下の課と手も気になりますよね。トモロヲさんとの音楽のセレクトの違いなども前回とても面白かったので今回もその辺も見逃せませんね~♪

ミュージックポートレート003


毎回豪華ゲストが、それぞれ選んだ10曲を持ち寄り、人生を語り合う。まったく違う道のりを歩いてきた2つの人生が、音楽で重なりあい、響きあう。言わば、音楽で綴る「半生」=セルフ・ポートレイトともいえる知的エンターテイメント番組『ミュージック・ポートレイト』(NHK Eテレ)。5月8日(木)は、小雪と田口トモロヲをゲストに迎えて第2夜を放送。人生の後半6曲目から10曲目までを紹介する。

俳優デビューから、わずか5年でハリウッド進出を果たした小雪だが、原因不明の頭痛に悩まされ、長期休養を取ることに……。そんな時、休暇先のスペインで、めまぐるしい日々を忘れさせてくれたのは「ノラ・ジョーンズ」の歌声だったという。

そして、俳優・ミュージシャンとしてサブカルチャーの世界で活躍していた田口にも、大きな転機が訪れる。2000年春、「プロジェクトX~挑戦者たち~」のナレーターに抜擢。さらに憧れの大島渚や今村昌平の監督作品にも出演し、45歳で、夢の「映画監督」デビューを果たす。

復帰後、数々の作品に出演し、演技において新たな一面を見せていった小雪は、31歳で人生初のアクション映画「カムイ外伝」に挑戦。ここで、夫・松山ケンイチと出会った。2人の思い出のBGMはビートルズの「ノルウェイの森」。一方、田口は「植物男子ベランダー」で、NHKドラマ初主演。さらに、ふたりは今、土曜ドラマ「ロング・グッドバイ」で共演。俳優として、終わりなき挑戦は続く。





≫続きをみる...

毎回2人のゲストが自分にとっての10曲の音楽をセレクトして色々トークをする番組なのですが、なかなか興味深い番組で時々見たりしますが、今回のゲストが田口トモロヲさんと小雪さんということでこれは楽しみです。一体この2人がどんな曲を紹介してくれるのか…今回は第1夜放送です。

ミュージックポートレート001



毎回豪華ゲストが、それぞれ選んだ10曲を持ち寄り、人生を語り合う。まったく違う道のりを歩いてきた2つの人生が、音楽で重なりあい、響きあう。言わば、音楽で綴る「半生」=セルフ・ポートレイトともいえる知的エンターテイメント番組『ミュージック・ポートレイト』(NHK Eテレ)。5月1日(木)は、小雪と田口トモロヲをゲストに迎えて第1夜を放送。人生の前半1曲目から5曲目までを紹介する。

3人兄弟の末っ子として、神奈川で育った小雪は、おテンバで好奇心旺盛な幼少時代を過ごした。当時の自分の姿に重なったのがテレビアニメ「キャンディキャンディ」のテーマだという。歌詞の通り「オテンバ いたずら だいすき かけっこ スキップ だいすき」な少女は、高校でバレーボールに明け暮れる。インターハイを目指した日々では、THE BOOMの「島唄」に癒やされたと語る。卒業後、看護学校に通う一方で、モデルのアルバイトを始めた小雪は、20歳のとき、“モデル”か“看護師”か……人生の決断を迫られる。岐路に立たされた時、響いたのが、カーペンターズの「スーパースター」だった。

そしてもう一人のゲスト、少年時代の田口トモロヲの心をとらえたのは、母が大切に聴いていた、越路吹雪のLP。中学時代、いじめにあったと語る田口少年を救ってくれたのが、アメリカ映画「マッシュ」。鬱屈した青春時代を過ごす中、大学生の田口は「アングラ演劇」「漫画」「パンクロック」にのめり込んでいった……。大学を中退し、漫画家として生計を立てていた田口に衝撃を与えたのが、日本のパンクバンド「じゃがたら」だった。そして、自らもバンドを結成し、過激なパフォーマンスで話題となる。転機が訪れたのは31歳のとき。それは、映画への主演。1年半に及ぶ撮影の中、支えとなった歌とは?




番組公式サイトはこちら

≫続きをみる...

2013.10.16記述
えん食べより

ふと仕事の手を休めて外を見ると、だいぶ陽が短くなったことに気付きます。秋って、なんで訳もなく切なくなるのかな…なんて感傷に浸りたいところですが、いかんせんもう17時過ぎ。小腹が空いてそれどころじゃありません。隣のあの子にお腹の音を聞かれる前に、何か食べねば。

こんな時重宝するのがカップスープ。ポッカサッポロフード&ビバレッジの『じっくりコトコト』シリーズから、「あらびきコーン」を入手してきました。


作り方はご存じのとおり、熱湯を注いでスプーンでかき混ぜるだけ。…いや、ちょっと待ってください!みなさん、カップスープってけっこう適当に作ってませんか?ちなみに筆者の母親が作ると薄くて残念な感じになります。どうしたらもっと美味しく作れるのだろう。

その答えをやさしく、そしてあたたかく教えてくれたのは小雪さんでした。『じっくりコトコト』の Web サイトでは、女優の小雪さんが「堪能小説」を朗読するムービーが公開されています。この小説は、異常なくらい丁寧にかつ正しくカップスープを作る女性の物語。昼下がりのリビングに響き渡る小雪さんの美しい声と、謎の文章のギャップが色々刺激してきてたまらないムービーです。あ、あくまで“た・ん・の・う”小説ですよ?変な期待はしないでくださいね!



コーンのやさしい香りにたまらずひと口。おっ、いつもと違うかも?!とろりとした濃厚な舌触りに、甘いコーンのシャキシャキした歯ごたえもしっかり感じます。この甘しょっぱさの絶妙なバランス、飲み終わってしまうのが寂しいくらい。

実はこの作り方は、パッケージに記載されているレシピの通りにしているだけ。ポッカサッポロによると、『じっくりコトコト』シリーズの濃密な味わいを堪能するのに、一番重要なのは“基本通り”に作ること。ですが、「残念ながら自己流で作ってしまうことで、本来の濃厚な美味しさを味わえていない人がいることも事実」なんだとか。そこで、今回のムービーが作成されたそうです。 


じっくり001


なお、現在『じっくりコトコト』シリーズは、寒い季節にもピッタリな7種類のラインナップで販売されています。上手く作れたら、小雪さんが褒めてくれるかな…えへへ。

全文はこちら

あはは~何だか面白いっす。意外と適当に作っちゃうんですよねこういうのって。
でもこうしてレクチャーしてくれたら美味しく堪能できるのかなぁ~

小雪の「堪能小説」の特設サイトはこちら


私の10のルール 女優小雪
2013.10.16記述

2009年にTBS系列で放送された番組だそうですが、私の住んでいる地域では放送されてない番組だったので知りませんんでした。番組は毎回一人のゲストに焦点を当てて、その人物が普段決めている10のルールから、内面を探り出すというものだそうです。 (動画UPしてくださった方ありがとうございます)



≫続きをみる...

2013.9.17記述
サンスポより

リーガルハイ001


「リーガルハイ」は昨年4月期に放送された連続ドラマの新シリーズ。“人格破綻者”だが、勝率100%を誇る敏腕弁護士・古美門研介(堺)と、きまじめな女性弁護士・黛真知子(新垣結衣)の凸凹コンビが奮闘する法廷コメディーだ。

 古美門と対峙(たいじ)する弁護士役の岡田将生(24)に続き、小雪が新キャストに決まった。今年1月、松山との間に第2子となる長女を出産後初の演技。連ドラ出演は3年ぶりで、結婚して以来初めてだ。交際相手の会社社長とその娘を保険金目当てで殺害し、死刑判決を受けた安藤貴和を演じる。

 安藤は2度の結婚歴があり、最初の夫は不審死。2番目の夫は自殺して保険金を受け取った“世紀の悪女”として世間を騒がせる人物で、古美門に弁護を依頼する。

 普段は2児の母として育児に励む小雪。清涼感あふれるイメージとはかけ離れた難役だが、フジテレビ側は「小雪さんご自身もほとんど演じたことがなかった“希代の悪女”。その美貌とますます磨きがかかった演技で(ドラマに)また新しい色をつけてもらえると思います」と期待を寄せる。

 小雪は「久しぶりの連続ドラマ出演なので、皆さんと長い時間をかけて作品を創り上げていく楽しみをかみしめたいです」と女優業再開に大喜び。今、注目の堺とは同局系「エンジン」(2005年)以来の共演となり、「堺さんは本当に優しい方。今から楽しみで仕方がありません」と心待ちにしている。

レギュラーということはこの物語は引っ張り続けるという事なのかしら?
一体小雪さん演じる安藤貴和と言う女性は有罪なのか無罪なのか?古美門との絡みもかなり楽しみになってきました。
1話にはマツケンさん(サンバの人ね)も検事役で対峙するみたいなのでこれもまた楽しみです♪

前作から好きな作品なのでますます楽しみですとしか言いようがない(笑)
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .