FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2010.11.12
桐生タイムスより

リニューアル工事が進む桐生が岡遊園地の観覧車。桐生市はすでに撤去した旧観覧車のうち、映画「人のセックスを笑うな」の中で人気俳優の松山ケンイチさんと蒼井優さんが乗車し、それを目当てに県外からの来場者がある「8番」のゴンドラを保存、園内で展示することを決めた。どう展示するかは、現在、検討中ということだが、担当の都市整備部は「少なくとも乗れて、記念撮影ができるようにはしたい」と考えているようだ。

 同遊園地の話によれば映画公開後(2008年公開)以降、8番のゴンドラ乗車目当ての観光客が来場するようになり、運転を担当する職員は「松山さんが座ったのは、どっちですか?」などと聞かれることもあったという。来場者は東京都、山梨県、神奈川県などから、わざわざやってきていたという。

 こうした話を聞いた市では、旧観覧車撤去後も展示することを検討し、園内に残すこととした。旧観覧車はすでに撤去され、観覧車のあった場所は更地に。新しい観覧車は旧観覧車とほぼ同じ大きさで、来年3月中旬までに完成する予定だ。

031_20101112215901.jpg

素朴な遊園地の中の観覧車。
映画の中でユリが既婚者という事実を知ってなんとももやもやしているみるめをみているのがいたたまれないえんちゃんが遊園地に連れて来てこの観覧車でみるめのユリに対する思いを知ることと、自分が好きだという事を知らずに優しくすることにまたどうしようもなく怒りをぶつけちゃうシーン。

映画を見て多くの人たちが遊園地に来てくれているという事が遊園地の人にも理解してもらえて、映画で使用された観覧車の一部が残されるということは素敵な事じゃないですか?

いつか行きたいと思っていてもそこに足跡が残っていると行った人たちの中でみるめとえんちゃんを感じることが出来る場所があるのはいつまでもそこに作品も息づくという事ですもんね♪
スポンサーサイト



2010.11.12記述
eiga.comより

松ケン&凛子のラブシーンがポスターに 「ノルウェイの森」キャンペーン

ポスター003


村上春樹のベストセラー小説を、トラン・アン・ユン監督が映画化する「ノルウェイの森」の新ポスタービジュアル2種類が初公開された。今回発表されたビジュアルは、ポスターのメインコピーを一般公募する“コトバの森キャンペーン”の受賞結果を受けて制作されたもので、原作ファンを中心に3000通を超える応募が寄せられた。

配給を手がける東宝は、予想以上の反響に急きょ、CMプランナーとしてソフトバンクモバイルの「ホワイト家族24 予想外な家族」シリーズで知られる電通の澤本嘉光氏を審査員に招へい。白熱した審査の末、
大賞は大阪在住の名引祐季さんの「涙は涸れても、愛は枯れない。」に決定した。原作のブックカバー同様、赤と緑が印象的なポスターが制作され、応募された数多くのコピーが背景にうっすらと盛り込まれたデザインに仕上がり、11月下旬から全国の劇場で掲出される。

ポスター004



また、応募されたなかに優秀なコピーが多く見受けられたため、特別賞と審査員特別賞を設けた。特別賞は、東京在住の日野原良行さんの「愛は、どんな森よりも深い。」に決定。書店用新ポスターに起用された同コピーは、松山ケンイチ扮する主人公のワタナベと、菊地凛子演じる直子のラブシーンのビジュアルのど真ん中に掲載。さらに、澤本氏が絶賛した「どうにもならない。」を投稿した高知在住の小原麻衣さんが、審査員特別賞に選ばれた。

審査を終えた澤本氏は、「個人的には上手なコピーより、映画的ではなくても強いコピーが好き。大賞も特別賞も、映画の内容をうまく想像させるとても良いものだと思っています」と絶賛。大賞を受賞した名引さんには、映画にちなみ「ノルウェイまでのペア往復航空券」がおくられる。第67回ベネチア国際映画祭ではコンペティション部門に出品されるなど世界中から注目されているが、日本では11月23日に映画の舞台となった早稲田大学でジャパンプレミアを行う。


受賞の皆様おめでとうございます<(_ _)>
応募した人たちにはこの劇場用ポスターを見るのは何より楽しみになるかもしれませんね。
小さい文字の中に自分が出したコピーを見つける楽しみも映画と一緒の楽しみと思い出になるんですからね。
あー、私もなんか書いて出しゃ~良かった(爆)
 
書店用のポスター、こんなに官能的でいいのでしょうか?(笑)
思わずお店でがん見しちゃうか遠くからニヤニヤして見ちゃうか(怪しい奴だよね…)
直子を抱いて何を思っているんでしょうねワタナベ君は…
公開までもうすぐですね、待ち遠しいです。




≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .