FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2010.12.17記述

「ノルウェイの森」のインタビューの中で玉鉄が監督に言われていた「肘の角度が永沢じゃない」。
でも実際色んなところで目にするけれどどんなふうにと気になっていたら…

先日の「笑っていいとも!」で再現してくれました♪


techinsightより

玉山は今回の「ノルウェイの森」のオーディションを受ける際には細心の注意を払ったのだ。オーディションで「好きな俳優は誰か?」と聞かれた彼は『本当はサモ・ハン・キンポーが好き』なのだが「ラッセル・クロウ」と答えて無事に合格したと明かしたのである。
 
この告白にはトラン監督も苦笑いしていたが、もちろん監督が玉山を選んだのは彼の魅力を見抜いたからである。トラン監督は「今まで出会った男優でも、もっとも色っぽい」と言うほど玉山鉄二を高く評価しており、撮影でも彼への演技指導は繊細さを極めたという。
 
玉山の話では肘をついているその腕の角度が監督のイメージと違っていたために「永沢じゃ無い!」と指摘された。玉山が『肘の角度で?』と内心思いながらも角度を少し変えて肘をついたら「トレヴィアン!」と監督からOKが出たのだった。

いいとも永沢の角度004 
これか!と言う感じでしたが(笑)
へぇ~って感じですがなるほどぉ~でもありますね。
細かい部分までキャラクターのイメージができていると言うのはさすが監督ですが、「トレビアン」を聞きたいから頑張ったと玉鉄も言っていましたね~。

再現してくださった感謝♪
スポンサーサイト



Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .