FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
韓国語blog 掲示文人気TOP10
韓国語blog 掲示文人気TOP10(12/13-12/19) 
2010-12-20_14-01-37-anime_20110105130905.gif

1. 映画「ヌードの夜 愛は惜しみなく奪う」243
2. 2011年日本NHK大河ドラマ「平清盛」主演決定!143
3. 芦田愛菜ちゃん 33
4. 交渉1年超、映画『ノルウェイの森』主題歌にビートルズ「ノルウェーの森」27
5. 2011年夏公開「うさぎドロップ」24
6. 映画「悪人」20
7. アン・ソボンさんとキム・ジェムンさん夫婦に捧げます 16
8. 自然体のタレント、松山ケンイチの魅力 14
9.「ノルウェーの森」日本での観覧等級は… 12
10.99年の愛~JAPANESE AMERICANS~11
スポンサーサイト



感じる存在感訪問者&検索キーワードランキング(12/12-12/18)


人気トピック
1. ここはどこ…「ノルウェイの森」
2. NHK京都放送局「ニュース610 京いちにち」
3. 松山ケンイチ、原作の“アレ”やる覚悟
4. グリコ ワクワク プロジェクト『日本縦断グリコワゴン』
5. 松山ケンイチ :重文・清盛像と“初対面”「色黒で体を大きく」大河ドラマ役作りで肉体改造誓う
6. お試しかっ!「帰れま10」
7. 2012年NHK大河「平清盛」主演
8. 玉山鉄二「肘の角度が永沢じゃない」と怒られても…
9. K&R今月の放送予定
10.あなたが感じた「ノルウェイの森」名場面・感想


ゲスト言語ランキング
1. 日本語 (ja)
2. 日本語/日本 (ja-jp)
3. 英語/米国 (en-us)
4. 中国語/台湾 (zh-tw)
5. 英語 (en)
6. 韓国語 (ko)
7. 中国語/中国 (zh-cn)
8. タイ語 (th)
9. 英語/オーストラリア (en-au)
10.ポルトガル語/ブラジル (pt-br)


ゲスト地域ランキング
1. jp 日本
2. com 不明 (米国営利組織)
3. net 不明 (ネットワーク組織)
4. au オーストラリア
5. fr フランス
6. tw 台湾
7. th タイ
8. mx メキシコ
9. uk 英国
10.nl オランダ


検索キーワードランキング
1. 日本縦断グリコワゴン
2. ガンツ キャスト
3. 99年の愛~JAPANESE AMERICANS~
4. ノルウエーの森
5. 感じる存在感
6.松山ケンイチ
7. ノルウェイの森 映画 評価
8. マイ・バック・ページ
9. 柄本時生
10.ノルウェイの森 キャスト

「L 図書館 トップランナー」や「 K&R本の読破方法」「ノルウェイの森 バーテンダー 村上春樹
」「デトロイトメタルシティ 規制音」も残念ながらランクがいでしたが注目する検索として上がってきていました。

2010.12.21記述
ORICONSTYLEより

20101220広島訪問001



≫続きをみる...

2010.12.21記述
映画.com ニュースより

村上春樹の世界的ベストセラーを映画化した「ノルウェイの森」が、第7回ドバイ国際映画祭で最優秀作曲賞を受賞した。

ドバイ国際映画祭音楽賞001


同作は、国内発行総累計部数1095万部を突破する村上春樹の世界的ベストセラーを、松山ケンイチと菊地凛子主演で映画化したラブストーリー。世界中の村上ファンが公開を待ちわびている話題作で、すでに50の国と地域で配給が決定している。

今年で7回目を迎えた同映画祭は、アラブ、アジア、アフリカ諸国の映画産業の活性化を目的に創立され、中東地区で活躍する映画監督にとっては年に1度の大舞台となる。同作は、アジア・アフリカの長編映画部門にノミネートされ、15本のなかから最優秀作曲賞に輝いた。

音楽を手がけたのは、英ロックバンド「レディオヘッド」のギタリスト、ジョニー・グリーンウッド。ギターソロからノイズまでさまざまな音楽を使い分け、エモーショナルかつ骨太な世界観を作りだした。グリーンウッドは「映画としても美しいし、物語も美しいし、だからほとんど完璧だね」と本作を絶賛しており、トラン・アン・ユン監督も「ジョニーの美しいスコアは受賞に値する素晴らしいものだったから、ここドバイ国際映画祭で評価されたことをとてもうれしく思う。おめでとう、ジョニー!」とコメントを寄せた。松山も、この快挙に「ジョニーさん、万歳!」と手放しで喜んだ

本当におめでとうございま~す\(~o~)/
いやぁ、嬉しいじゃないですかぁ。
ドバイと言えば、ここでもケンイチの作品って何かと公開される機会がありますね。

ワタナベが受話器を取った瞬間に音楽がピタッと消えたり、同じ感じで永沢とのシーンでもああいうの好き場面転換、そこにいる人間の感情を音楽で表現しいてるところとか、ワタナベの嘆きのシーンも敢えて声を抑えて音楽で表現している所とか、映像と同じようにその時代、湿度、空気、雨の音や香りがしてくるような…

サントラ買おうか今迷ってるんだけど何度も映画を観るたびに気になってくる今日この頃…(汗)
これからもいろんな場所での公開があるので良い報告が聞けるといいなぁ。

監督ドバイに行って受賞出来て本当に良かったですね。(自分の手で像をいただけて)


Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .