FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
感じる存在感訪問者&検索キーワードランキング(3/6-3/12)


人気トピック
1. 松山・菊地・水原それぞれの視点
2. 目と耳で楽しむ1に対して、2は心で観るというか、頭で観ると言う感じで
3. こうして大人になっていく
4. 「カムイ外伝」の韓国封切り控える崔洋一監督
5. 京都ぴあ2011-2012の中に!?
6. 『GANTZ:PERFECT ANSWER』のジャパン・プレミア
7. 日本っぽさをどう伝えるか
8. 誰がそんな事言ってんの!(怒)(by前忠)
9. 「GANTZ(ガンツ)」キャスト情報
10.映画『マイ・バック・ページ』劇中モデルとなった「朝日ジャーナル」が復刊!原作者 川本三郎×中森明夫対談も掲載!

ゲスト言語ランキング
1. 日本語 (ja)
2. 日本語/日本 (ja-jp)
3. 英語/米国 (en-us)
4. 中国語/台湾 (zh-tw)
5. 英語 (en)
6. 韓国語 (ko)
7. 英語/英国 (en-gb)
8. ドイツ語/ドイツ (de-de)
9. 中国語/香港 (zh-hk)
10.フランス語 (fr)


ゲスト地域ランキング
1. jp 日本
2. com 不明 (米国営利組織)
3. net 不明 (ネットワーク組織)
4. my マレーシア
5. fr フランス
6. uk 英国
7. ph フィリピン
8. au オーストラリア
9. edu 不明 (4年制大学)
10.at オーストリア

初訪問は「pf 仏領ポリネシア 」遠路訪問ありがとうございます(といつもと同じく日本語で挨拶)。


検索キーワードランキング
1. ガンツ キャスト
2. 感じる存在感
3. 二宮和也
4. 鮎川映莉子
5. 99年の愛~JAPANESE AMERICANS~
6. GANTZ
7. GANTZ争奪戦2
8. GANTZトレーラー 
9. 松山ケンイチ
10.妻夫木聡

11日に起こった東日本大震災。まさかこんなことになるとは想像もつかなかったし、訪問してくださる東北地方並びに被災地にお住まいの皆様に対して本当になんといえばいいのか分かりません。
ランク外ですが前日に開催された「GANTZ PAジャパンプレミア」ひょっとすると被災地になっている方面から参加された方たちもいたかもしれませんね。ランク外ですがグングンと検索してきて下さったのが「マイ・バック・ページ」関連と「ボクキュー」少しずつ情報が出てきているから気になる人が多いのかもしれません。
スポンサーサイト



2011.3.15記述


Brothers  Me


パク・チニョン、キム・テウ、Rainの三人の男が一同に集った。

去る10日、キム・テウのティーザー映像公開とともに知らされた‘Big Project’の実体がいよいよ公開される。

キム・テウ所属会社ソウルショップエンターテイメントは14日パク・チニョン、キム・テウ、Rainが歌った‘Brothers & me’を22日のタイトル曲公開に先立ち15日音源サイトを通じて公開すると明らかにした。

キム・テウは今回のアルバムの名前を‘T-SCHOOL’と決めたことに対して“頭や体でない胸で感じるようなアナログ感性の音楽をしたかった。”と伝えた。

これにキム・テウと格別の間柄のパク・チニョンとRainが積極的に彼の要望に応じてアルバムに参加することとなった。

‘Brothers & me’のミュージックビデオは先月25日夜11時からJYPエンターテイメント録音室で極秘裏に進行されて三人の普段の姿を見ることが出来る。




本当にご無沙汰なキム・テウssiのカムバック♪
それも師弟共演とはなんと贅沢な(>_<)

あっ、写真でご紹介すると写真右の眼鏡でピンクのシャツがキム・テウssi、中央が2人の師匠であり兄さんであるJYP(パク・チニョン)、そして左がすごい弟のRainです(笑)

MTVもRainは久しぶりに悪戯っ子で甘えん坊な末っ子ぶりを発揮しております(笑)
3人だからとてもリラックスして楽しそうな表情ですし曲もテウssiらしいバラード調で3人の声が心地よいです。

こういうRainも可愛いんですよね~♪

2011.3.15記述
Stephe @cloudusa.wordpress.com / www.cloudusa.orgより

UCLAディスカッションでRain


韓国の爆発的なポップアイコンのチョン・ジフン(Rain)は世界の大学と関連して(?) さらに沢山の研究の主題となっています。

最初は昨年の12月に香港大学で出版されてゴールドスミスと英国のロンドン大学、オーストラリアのメルボルン大学の教材に採用された"韓国の男性性と多文化消費:ヨン様、Rain、オールドボーイ、K-POPアイドル"の著者のジョンソン氏の研究を上げられます。

今回は南部のカリフォルニア韓国系弁護士協会、UCLA法大、そしていくつかのUCLA学生団体が共にしてRainと彼の映画ニンジャアサシン、その他韓国の資料を利用して米国とアジアの間の大衆文化の交流の試みに関し討論する席を準備中です。

2011年4月5日、夕方7時にロサンゼルス(受付と簡単なレセプションは6時30分に始まります) UCLA法大でハリウッドのメジャー映画会社のワーナーブラザーズ(ニンジャアサシンの配給会社)のマイケル・チャン、専門法律会社のバード、マレルラ、パクで、月パット、Drooks & Lincenberg(Rainのアメリカでの弁護を担当している?)ウイEkwan E. Rhow弁護士、FOXの放送のYaphett Powell 、そして元MBCのアメリカの弁護士ロバートJ.カンなどの愉快なパネリストが関心のあるすべての人々にどのような映画、音楽、テレビ プログラムを太平洋を渡って移動するようにするのかに対して紹介するでしょう。

参加費は無料で、芸能界の専門家でも関心がある非専門家たちも全員が出席可能で学生たちの出席も承認されました。

これは本当に素敵な便りです。 文化交流のための努力の真の産物のニンジャアサシンがこういう種類の討論のため完ぺきな例だと言えます。 事実、自身の活動領域を広げる過程で自らの闘志で世界の多くの人々に知らされたので、"Rain"の文化交流のための努力の産物だと話すこともできます。

ジフンさん、おめでとう!

002_20110315095055.jpg



世界の大学などで韓国文化に関するディスカッションが行われる中でこうしてRainの事や今回は「ニンジャアサシン」に関する事をみんなで話をするということは本当に嬉しい限りです。

どんな人たちが参加してどんな話をするのか興味あります。
またその後どんな内容だったのか報告を知りたいです。
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .