感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
7・29に開催された<生>清盛ツイッター解説を自分なりにまとめたものです。
「第30回平家納経」の物語に関する解説の一部はレビューの方に紹介しています。

007_20120729235511.jpg


こちらではそれ以外の井浦新さんのコメントその他関連ツィートや今後に関してのことなどを抜粋し、まとめて紹介しております。





≫続きをみる...

スポンサーサイト
7/27(金)午後10:00~ツイッターにて東大教授・本郷先生による源平決戦に向けた第3部の予習を兼ねた講義が開催 されました。

004_20120727085914.jpg


【スタッフです】
今夜の本郷先生特別講義は、全6時限で開講します。
1時限ごとに1つのテーマを、大体3ツイートで解説。
その後、質疑応答を受けて次の時限へと進みます。
1時限は15分、終了時刻は11時30分を予定しています!

【スタッフです】
本日の本郷先生特別講義、
「清盛の出生とキャリア」
「永遠のライバル・義朝」
「保元の乱」
「清盛の友・信西」
「平治の乱」
「清盛と交易」
の全6テーマを予定しています。それぞれについて3~4ツイートでズバリと解説します!

一応まとめましたが、なにに対しての質問か分からないものに関しては勝手に当てはめているので間違っているかもしれませんがご了承くださいませ<(_ _)>

≫続きをみる...

Rain主演作品「R2B:リターン・トゥ・ベース」に関する情報です 

 ポスター001

最終更新日:2012.7.25

≫続きをみる...

2012.7.24記述
japan internet.comより

女性向けのフリーペーパーやフリーマガジン、Web サイトの発行・運営を行うサンケイリビング新聞社は2012年7月2日、主婦向けサイト「えるこみ」、OL 向けサイト「Citywave」、母親向けサイト「あんふぁんぶる」の3つを「Living.jp」としてリニューアルオープンした。
(中略)
サンケイリビング新聞社では、上記「わたしと社会の幸福度」の結果を受け、各界著名人の「2012年上半期の幸福度イメージ」についてもインターネットで調査を行った。調査対象は全国18歳以上の女性1,199人で、調査期間は7月3日~7月10日。


全文はこちら


≫続きをみる...

2012.7.22記述
ORICONSTYLEより

002_20120722100135.jpg


過去2回実施されたNHK大河ドラマ『平清盛』の制作統括・磯智明プロデューサーによるツイッター生解説第3弾を、29日(日)放送の「第30回 平家納経」(オリンピック編成のため午後9時より放送)で実施する。“崇徳院最終回”でもあることから、崇徳院役の俳優・井浦新が出演者としては初めて同時解説に参加。元より崇徳院に特別な思い入れがあったという井浦が、俳優の視点からどのような解説をツイートするのか。

 過去2回の「生解説ツイート数」は、同じ検索ワードで、同時間(後8:00~8:44)で比較すると、第1弾(6月17日)「第24回 清盛の大一番」は、2万1865ツイート、 5937人、第2弾(7月8日)「第27回 宿命の対決」は1万9091ツイート、 5294人となっている。

 また、8月5日の放送から始まる第3部に備えて、27日(金)に『夏休み 特別集中講義 90分で分かる『平清盛』の時代』(後10:00)と称して、東京大学の本郷和人教授による特別番組が放送される。

 「第30回」は、保元の乱で敗北し、隠岐に流され、軟禁生活を送っていた崇徳院が登場。弟の後白河院(松田翔太)にわびようと写経をしたためる。ところが、後白河院は、そんなものは受け取れないとつき返してきて…。さらに子・重仁の突然の死に、崇徳の恨みはついに頂点に達する。

 一方の後白河は滋子(成海璃子)との子、憲仁親王をもうけていた。時忠(森田剛)は平氏の血の流れる憲仁を東宮にしようと画策するが、二条帝(冨浦智嗣)に知れ、清盛(松山ケンイチ)によって解官させられてしまう。

 崇徳院の死後、都では災いが次々と起こり、西行(藤木直人)から崇徳の怨霊話を聞いた清盛は、保元・平治の乱で失われた人々の鎮魂のために、平家一門で経典を厳島神社に納めることを思いつく。

これは嬉しいニュースですよね~♪
崇徳上皇様自らツィートに参加してくださるだなんて本当に有難いですよね。
BSで予習して質問とか考えておかなきゃです(汗)
先日のツィートでいそP(だったかな?)が言っていた崇徳上皇と新さんの会話も是非教えていただきたいですよね。

特番に関しては現時点ではまだ番組表に出てこないので分かり次第お知らせしたいと思います。


2012.7.21記述
ORICONSTYLEより

「美坊主が続々登場している」と一部で話題のNHK大河ドラマ『平清盛』(毎週日曜 後8:00)。このほど、大本命ともいえる俳優・松山ケンイチ扮する清盛入道姿が明らかになった。ポスター撮影時はまだ特殊メイクだったようだが、公式ツイッター(D・アクターズ・ファイル)には、「本編のワンシーンとして、収録しながら実際に髪を落とすそうです」とある。同作への主演が決まった当初から「役作りで剃髪を考え、カツラはない」と話していた松山は、初志貫徹で主演俳優としての矜持を示す。

≫続きをみる...

2012.7.20記述

新しいポスターがついに完成
諸行無常はじまる


今回は・・・ 「入道清盛・包囲網」篇で、
権力者・清盛と、その巨人に立ち向かう5人というコンセプト。

平家カラーを意識しつつも際立つ独特な赤色と、足下の水のゆらぎが かなりのインパクト!です。

宙に舞う金色は、撮影時に「特殊効果部」が天井側から、うまい具合に降らしているのです。
そのバランスも芸術的です。

さっそくむらイヌ、106スタジオ前に貼りだすことに。

すると・・・
ポスター以上にスペースが広がっているものが・・・!
120720001.jpg

そう、今スタジオ前は「平清盛イラスト祭り!」

前回のブログで高田明美さんのイラストを紹介して2週間余り。
他の方からも、続々とイラストが届いております!!

清盛に限らず、義朝信西崇徳上皇頼長常盤御前信頼、そして忠実の鸚鵡まで。
さらには、時代考証を担当されている本郷和人先生の似顔絵!もありました!

120720002.jpg


写実的なものから、四コマ漫画なものまで幅広く、しかもコアな部分まで攻めている画もあり、スタッフだけでなく、俳優部も興味深い視線を向けております!

そして、その逆サイドには・・・・・・


☆☆小学生から贈り物☆☆
120720003.jpg


神戸市立湊山小学校の児童の皆さんから、お手紙と一緒に届きました。

平家メンバーは大感動!!
清盛役、松山ケンイチさんの呼びかけから、今月11日、湊山小学校への訪問が実現しました!
松山さんの他に、経盛役の駿河太郎さん、重盛役の窪田正孝さん、宗盛役の石黒英雄さんも訪問しました。

120720004.jpg


『106スタ・ムーブメント』 、かなりボルテージが上がって↑↑ おります!

8月5日からは「平清盛」、第三部がスタート!
伊豆に流された源頼朝が、再び源氏の魂を目覚めさせます。
ついに頼朝の本役・岡田将生さんが登場します。

都で権力を強大にさせ、次々と新事業を進めていく清盛平家。
やがて起こる、平家への反発。

源平最終決戦へ、歴史の舵がきられていきます。

そ・こ・で・・・

第三部スタートの直前、2分予告PRが放送されます!
最新清盛映像や伊豆・源氏側ニュー出演者映像も楽しめます!
私、むらイヌが担当しましたので、ぜひぜひご覧ください!

◆放送日時(現在、放送が予定されている日時のご紹介です)
第三部スタート!ストーリー篇

放送日時:
7月23日11:35~  
7月24日24:47~ 
7月29日 5:48~  
8月5日14:56~ 


第三部スタート!頼朝登場メイキング篇

放送日時:
7月23日15:55~ 
7月27日11:35~ 



そして今週は・・・
チャーミングな滋子が盛りだくさん♪
見たことのない表情のオンパレードです!

お楽しみに!!
『藤原信頼』語録
後白河天皇の寵臣、平治の乱を起こすとなる『藤原信頼』の印象的な言葉を集めました。

PDVD_209_20120516140428.jpg
(これ以外にも気になるセリフなどありましたらお気軽にコメントしてください)

≫続きをみる...

2012.7.18記述
7/17(火)読売新聞番組ガイド「テレビ知り隊」より 

001_20120718134105.jpg


≫続きをみる...

2012.7.15記述
ORICONSTYLEより

NHK大河ドラマ『平清盛』(毎週日曜 後8:00)に主演する俳優・松山ケンイチの入道姿が15日、新ポスターで初公開された。清盛を中心に左から源頼朝(岡田将生)、北条政子(杏)、源義経(神木隆之介)、弁慶(青木崇高)、後白河上皇(松田翔太)が取り囲む画は、これから始まる源平最終決戦に向けたそれぞれの思惑をにじませる。




≫続きをみる...

神木隆之介が大河で義経
2012.7.14記述 
 日刊スポーツより

俳優神木隆之介(19)が放送中のNHK大河ドラマ「平清盛」(日曜午後8時)で源義経を演じることが13日、分かった。05年に滝沢秀明(30)主演の大河ドラマ「義経」でも、義経の幼少時代、牛若丸を演じている。大河ドラマで、作品を変えて、同じ人物の幼少期と成人期を演じたのは、96年「秀吉」と09年「天地人」で石田三成を演じた小栗旬(29)以来2人目で極めて異例のこと。神木は「運命を感じます」と話している。

 牛若丸を演じたのは、小学5年生の時だった。演技派子役として注目され、その後も多くのドラマ、映画に出演。今年春には高校も卒業し、りりしい若者になった。「平清盛」の磯智明プロデューサーは「天才子役から同世代を代表する演技派に成長した。純真無垢(むく)な心と類いまれな武力を併せ持つ義経を演じきれるのは、神木さんしかいない」と絶大な信頼を寄せている。

 神木も万全の準備をしている。収録参加に向けて、長野県内で約半年間、乗馬の訓練を重ねた。さらに現在は殺陣の稽古に余念がない。義経との縁も感じながら役作りに励んでいる。義経が最期を迎えた現在の岩手県は、07年に出演した朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」の舞台で、東日本大震災発生後は復興支援のため何度も訪れた場所だ。

 磯プロデューサーからは「義経の登場で、ドラマは一気にクライマックスを迎える」と大きな期待を寄せられている。神木も「悲劇の英雄、義経の名に恥じぬよう、美しく、慈悲深い義経を表現したい」と話している。神木の登場は9月から。


義経001


いよいよ出ましたね~。色んなところから神木君がと言ううわさは出ていましたがやはりという感じですね。
ドラマの義経は伝承のように美少年と言うパターンで行く訳ですね(ハゲ散らかった肖像画とは違って)
16日の早朝に新しいポスターも公開予定ということなので楽しみですね~

2012.7.13記述
7/4(水)読売新聞 関西版文化面より

PDVD_291_20120713163219.jpg



≫続きをみる...

2012.7.9記述

008_20120709154426.jpg


7・8に開催された<生>清盛ツイッター解説を自分なりにまとめたものです。
「第27回宿命の対決」の物語に関する解説はレビューの方に紹介しています。

こちらではそれ以外のQ&Aやキャストに関してや、今後に関してのことなどをまとめて紹介しております。


≫続きをみる...

ざこば師匠の連れ回しの餌食?
2012.7.4記述
7.2(月)毎日放送「ちちんぷいぷい」より

7月2日(月)で関西ローカル番組「ちちんぷいぷい」が放送3000回を迎えました。
番組開始当時からのレギュラーを務めているのが月曜日の桂ざこば師匠となるみちゃんのお二人。
オープニングでは他のレギュラー陣も含めて1回目からのプイプイでの特に思い出深かったことを紹介したのですが、その中でざこば師匠が一番嬉しかったこと、思い出がなんと小雪さんと出会ったことだったそうです。


ざこば師匠:色々思いでありますよ~あの~ゲストでね、小雪さんが来てくれはってね、その…この番組終わった後「飲みに行こうか」と言ったら付き合うてくれはったんや。これちょっとないで(^O^)
なるみちゃん:私見てたもん。いきなり(小雪さんが)「いいですよ」って。
ざこば師匠:うれしいよ~ほんだら、彼…婚約者?
たむけん:松山ケンイチ君?
なるみちゃん:結婚前の。
ざこば師匠:うん、「もう1人来てもよろしいか?」「誰や」って聞いたら松山君やぁ。ただ、テレビでいつも言わんとってなと言われてんのに言うてまうねん(笑)それがアカンとこやねん(笑)

数多放送に出演している中でほんまに嬉しかったんでしょうね。あと楽しかったのでしょう。色んな人と出会う機会のある師匠が何かあるたびに必ず小雪さんとの出会いの話をしてくれて、それも本当に楽しそうに話してくれる様子を見るのが本当に嬉しいなぁと思うんですよね。番組がきっかけで偶然いつものように軽く声を掛けたら気軽にお付き合いしてくれたと言う事が本当に嬉しかったんですね師匠。そんなお付き合いしていた頃の2人は今やパパとママですもんね。これからも2人を温かく見守ってください♪


≫続きをみる...

NHK大河ドラマ「平清盛」の前半戦の山場となる第27回「宿命の対決」のマスコミ向け試写会7月3日(火)に行われ、松山ケンイチと玉木宏が報道陣の質問に答えました。

第27回試写会&記者会見006




≫続きをみる...

2012.7.3記述

第27回『宿命の対決』の試写&記者会見の模様をスタッフがTwitterでリアル報告をしてくれるようです。
本日の会見出席者は出演者2名(松山ケンイチさんと玉木宏さん)と、いそっぴぃこと磯P、演出の渡辺一貴Dです 

第27回試写会&記者会見001



TwitterのTLは気になる部分だけを私の独断で選んで分類に分けてUPしております。内容に関しては全てをUPしているわけではないと思いますのであしからず。

≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .