感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2012.8.29記述
Yomiurion-lineより

真野市長(左)から宮島彫の盆を贈られた松山さん


NHK大河ドラマ「平清盛」のロケが28日、廿日市市・宮島の厳島神社であり、同ドラマ県推進協議会の副会長を務める真野勝弘市長らが、主演の松山ケンイチさんや平盛国役の上川隆也さんらを激励に訪れた。

 松山さんらは午前6時頃から約3時間、清盛と盛国が、今後の国のあり方について語り合うなどする2シーンを撮影。その後、宮島歴史民俗資料館に設けられている「平清盛館」に行き、真野市長らから特産の宮島彫の盆を受け取った。

 真野市長は「ドラマで宮島に関心を持ってもらっている」と感謝。赤い法衣姿の松山さんは「晩年の清盛にとって大事な場所である厳島神社に立て、うれしく思う」と言い、上川さんは「一生誇れる作品に出演していることを感じながら、今日の撮影に臨んだ」と話した。

Youtubeで先日この平清盛館の10万人のセレモニーの映像を見たんですけど(10万人は石川県から来たご家族でした)そのあと面白かったのが今、広島県が展開している「おしい広島」とかけて99999人目と後1人で10万人目になれたのにおしいということでその方たちにも記念品とインタビューをしていたのがナイスだなと思いました(その方たちも県外の人でしたね)

視聴率がどうこう言われておりますが、自分が実際行った「平清盛展」なども本当に子供からご高齢のいろんな方たちが見に来ていましたし、こうして縁の場所などにも沢山の人が来ている事を思うと、愛されているドラマなんだなと実感しますよね。

このロケの映像がどんな風になるのか楽しみでなりませんね(^O^)

スポンサーサイト
『二条天皇』語録
『二条天皇』の印象的な言葉を集めました。

PDVD_119_20120828150644.jpg
(これ以外にも気になるセリフなどありましたらお気軽にコメントしてください)
≫続きをみる...

2012.8.26記述
まんたんウェブより

俳優の松山ケンイチさんが主演するNHK大河ドラマ「平清盛」の大きな見どころの一つ、五条大橋での源義経と弁慶の戦いの場面の演出が26日、明らかになった。チーフ演出を手がける柴田岳志エグゼクティブディレクターが「禿(かむろ)と呼ばれる平家の悪童集団が絡んでいきます」と明かしている。また同場面が、10月14日の第40回で放送されることも明らかになった。これまでに義経は神木隆之介さんが演じることが発表されており、弁慶は青木崇高さんが演じている。

 五条大橋は義経と弁慶が出会った場所ともいわれ、そこで繰り広げられた二人の戦いは古来、絵本や舞台で描かれてきた有名な場面。05年に人気ユニット「タッキー&翼」の滝沢秀明さん主演の大河ドラマ「義経」では、日本的な美しさの象徴として桜と月明かりのもと、二人が戦いを繰り広げるドラマチックで幻想的な手法がとられた。

004_20120826141651.jpg


 今回は、義経と弁慶の迫力ある立ち回りに、平家の悪童集団が絡むことから、義経と弁慶の源氏のシンボルカラー白と、平家の悪童集団のシンボルカラー赤が入り乱れ、後の源平合戦を彷彿(ほうふつ)させるシーンになるという。

 柴田エグゼクティブディレクターは「今回の殺陣はスピードが勝負。二人の迫力ある立ち回りにご期待ください!」ともコメントしている。

 大河ドラマ「平清盛」は、武士が貴族たちから差別されていた時代、武士の新興勢力・平氏の元で育てられた少年が、瀬戸内海の海賊を束ねて武士の頂点に立ち、貿易こそがこの国が豊かになる道だと人々に説く……という物語。平清盛(松山ケンイチさん)は白河法皇(伊東四朗さん)の“落胤(らくいん)”で、忠盛(中井貴一さん)が養子にしたという設定で描かれる。総合テレビで毎週日曜午後8時に放送。(毎日新聞デジタル)

禿に化けていたのか?義経?
義経見てないのでどんなだったのか分からないけれどあまりファンタジーでない方が嬉しいですけど…
今日のとっておきサンデーで少しリハの映像が紹介されましたけど、義経とわかった時の弁慶のリアクション楽しみです♪

2012.8.26記述
シネマトゥデイ映画ニュースより

193.jpg


現在放送中の「平清盛」で、千葉雄大、二階堂ふみ、辻本祐樹がNHK大河ドラマ初出演を果たすことになった。千葉は平家政権を支えた高倉天皇を、二階堂は清盛の娘・徳子を、辻本は清盛の五男にして美男子・重衡を演じる。

 今回発表されたのは、松山ケンイチ演じる清盛が平家政権を築いた後、その栄華を支えた若者たち3人のキャスティング。千葉演じる高倉天皇は、後白河上皇(松田翔太)と平清盛の義妹・滋子(成海璃子)の間に生まれ、わずか7歳で即位した平家政権の顔ともいえる人物。容姿端麗な若き賢帝として清盛を支えることになる。

 その高倉天皇が10歳のときに結婚するのが、二階堂演じる清盛の娘・建礼門院徳子。親兄弟の愛情を存分に受けて育ったお姫様という役柄であり、後に高倉天皇との間に安徳天皇をもうける。この安徳天皇は清盛の悲願となる平家の流れを汲む天皇で、平家が滅亡に至る壇ノ浦の戦いで悲劇的な最期を遂げることでも知られている。

 そして、政治面ではなく、軍事的な面で清盛を助ける重衡には、辻本がキャスティング。清盛と時子(深田恭子)の間に生まれた五男坊であり、戦を知らないままに育ったが故の無邪気さで周囲を困らせると同時に、平家一門の中で最も貴族的な優雅さを備えた美男子だ。その一方で、源義経(神木隆之介)を苦境に追い込むほどの武芸の才を発揮するが、最終的にはその天真爛漫さがあだに。奈良・南都を焼き討ちしたことで、世の平家への反感を募らせることになってしまう。

 二階堂と辻本は9月16日放送回より、千葉は同月30日の放送回より出演予定。いずれも大河初出演という若手俳優陣が、本作にいったいどんな風を吹き込むことになるのか。楽しみだ。(編集部・福田麗)

やっとでてきましたね~(^O^)
またもちりとてファミリーから辻本さん、辻本さんといえばケンちゃんとは「男たちの大和」で共演でこの時は辻本さんのせいでケンちゃんが罰を受ける事になるんですよね~。2人とも呉に縁がありますね。どんな親子共演になるのか楽しみです♪

千葉さんもなんか出てくると目が釘付けになる若手俳優さんですよね。
徳子役の二階堂さんは「テンペスト」での縁起が印象的でした。「ヒミズ」はまだ見てないので是非機会があれば見たいです。
この若手たちとケンちゃんがどう絡んで行くのか目が離せないですね~。
2012.8.20記述
まんたんウェブより

藤原秀衡


俳優の京本政樹さんが、松山ケンイチさん主演で放送中のNHK大河ドラマ「平清盛」で、清盛も一目置いた平家にならぶ“北の王者”、奥州藤原氏の当主・藤原秀衡役として9月23日の放送から新たに出演することが20日、明らかになった。京本さんが大河ドラマに出演するのは03年の「武蔵 MUSASHI」以来9年ぶり5作目となる。

 京本さんが演じる藤原秀衡は、平泉を中心に東北地方一帯に勢力を張った奥州藤原氏の当主で、馬と金という豊富な財力によって、都にもその威勢を誇り、清盛(松山さん)が秀衡の金を宋への輸出品として重用するなど、平家とは交易での良きパートナー。その一方で、巨大化する平家の力を警戒、源氏の嫡流である源義経(神木隆之介さん)が平泉に立ち寄ると歓迎し、その才能を見抜くと対平家への大きな力となることを期待する。

 京本さんが大河ドラマに出演するのは、1979年の「草燃える」、95年の「八代将軍 吉宗」、97年の「毛利元就」、03年の「武蔵 MUSASHI」に続き5回目。藤原秀衡役はこれまで、「炎立つ」(93~94年)の渡瀬恒彦さん、「義経」(05年)の高橋英樹さんといった名優が演じてきた役どころだ。京本さん演じる秀衡が登場するのは、9月23日の「殿下乗合事件(仮)」となる予定。

 制作統括の磯智明チーフ・プロデューサーは、「奥州藤原氏の館がある平泉は黄金の都。その財力に裏打ちされた圧倒的なカリスマ性とゴージャス感を表現できるのは京本政樹さんをおいてはいないと思いました」と起用理由を説明。「平家の権勢を遠くから眺め、策謀をめぐらす京本さんのお芝居を想像するとワクワクします。また、源義経にとっては父のような存在であり、演じる神木隆之介さんとの芝居も見どころのひとつです。秀衡が、義経をどのようにして一人前の武士に育てていくのか、楽しみです」と期待している。

おぉ、京本さんが・・またまたちりとてファミリーが参加ですね。
写真を見た限りでも似合っていますよね~(年齢不詳な感じも(笑))
清盛と堂からんで行くのか楽しみです。
2012.8.19記述

お盆を過ぎてもなお、オリンピック熱が漂う中・・・
一週間のお休みを経て

「平清盛」、本日放送です!

お待たせしました・・・

今夜はついに、清盛後白河上皇
そして・・・二人にとって重要な人物
3人がクロスする、スーパーレアな回でもあります。。

そして、その舞台も、
今までの芸能事が披露された場所と、一味も二味も違う場所です。

幻想的なナイトシーンをお楽しみにしてください!

120819001.jpg

 実際の撮影では、この舞台は夜のシーンで使われました。

120819002.jpg

                    美術チーム、渾身の飾りをぜひお楽しみに!

さらに、さらに!
京にいる平清盛と 伊豆にいる源頼朝が、
遠く離れながらも、交錯します・・・。

最後まで・・・息が抜けません。

2012.8.19記述

Rain(ピ)が“最高の骨格美男”に選ばれた。

 韓国の音楽専門サイト「モンキー3(www.monkey3.co.kr)」がホームページを通じて、“最高の骨格美男は?”というテーマで異色アンケートを行った結果、総450名中46%(205名)の圧倒的な支持率で1位を獲得した。

002_20120819113745.jpg


 回答者たちは「鎖骨もセクシー」「鎖骨に水が溜まりそう」という理由でRainを選んだ。現在軍服務中であるRainは、最近封切した映画『R2B:リターントゥベース』に主演し、話題を集めた。

 ソロアルバムでのカムバックを目前に控えているBIGBANGのG-DRAGON(ジードラゴン)が2位(13%)に挙げられ、3位には翌日放送のKBSドラマ『世界のどこにもいない優しい男』の主演ソン・ジュンギ(11%)が挙げられた。

 続いてJYJパク・ユチョン、ドラマ『神医』のイ・ミンホ、アジアツアー中のチャン・グンソクが4,5,6位と名を連ねた。

あはは~何じゃそりゃって感じですね(笑)
兵役中でもこうして注目されてアンケートで1位になると言うのはファンとしては何とも嬉しいわけでが…
R2Bも評判はまずまずいいみたいですけど、また帰国してから色々情報収集しなくてはいけませんなぁ~。

12日の放送はお休みですが、ツイッター特別企画「伊豆大島の流人・源為朝特集」を8時頃から行います。
当日は「歴史に疎い若手Dをシゴきまくる時代考証の鬼軍曹」こと、NHKの大森ディレクターを琵琶法師に見立て、為朝の生涯と伝説について物語いたします! 

 
PDVD_043_20120807091114.jpg


【いそPです】
さて、特別企画「伊豆大島の流人・源為朝特集」をお送りします。藤原頼長・崇徳上皇、に続くこの番組の人気キャラが源為朝。このドラマでは18回から登場し、21回「保元の乱」で炎上する白河殿の中に消えました。

その後、再登場希望の声が多く寄せられました。
その独特の風貌から、「平安のガンダム」と呼ばれました為朝の、半生と魅力について今日は語り尽くしたいと思います。

語り部は、ドラマ部で大河や朝ドラ、戦争ものなどの時代考証を幅広く担当している大森洋平ディレクターです。
大森さんはNHK職員で、大河ドラマや梅ちゃん先生など、多くの番組の考証にあたっています。

「平清盛」で言えば高橋・本郷先生が史料をもとに、時代の大枠、世界観や歴史観を決めていて、大森さんはドラマのディテールを埋めるような考証をしています。

私も「毛利元就」で助監督をしていた時に、大森さんに鍛えられました。小道具を揃える時や敬語の言い回し、衣装や風俗の確認などよくアドバイスを仰ぎ、大森さんに歴史知識を叩き込まれました。今もうちの若い助監督が毎日、怒鳴られつつ彼の知識を吸収しています。

尚、当管理人は当日ツイッターの繫がらない環境の国に滞在中なのでまとめなどの更新が若干遅くなる可能性がある事をご了承ください。ツイッターが繫がる環境の国に移動したら更新する予定です) 遅くなりましたが更新しました。

≫続きをみる...

スカイパーフェクトTV!
いよいよスカパーのCMファイナルです。


高梨夫妻002


スカパー!とあたらしいまいにち。のサイトはこちらへ 

最終更新日:2012.8.4
≫続きをみる...

『平清盛』語録 Part3
主人公『平清盛』21~30回までの印象的な言葉を集めました。

PDVD_347_20120622085144.jpg
(これ以外にも気になるセリフなどありましたらお気軽にコメントしてください)

≫続きをみる...

『平基盛』語録
清盛と明子の間に生まれた次男『平基盛』の印象的な言葉を集めました。

PDVD_030_20120622133538.jpg   
(これ以外にも気になるセリフなどありましたらお気軽にコメントしてください)
≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .