FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
12日の放送はお休みですが、ツイッター特別企画「伊豆大島の流人・源為朝特集」を8時頃から行います。
当日は「歴史に疎い若手Dをシゴきまくる時代考証の鬼軍曹」こと、NHKの大森ディレクターを琵琶法師に見立て、為朝の生涯と伝説について物語いたします! 

 
PDVD_043_20120807091114.jpg


【いそPです】
さて、特別企画「伊豆大島の流人・源為朝特集」をお送りします。藤原頼長・崇徳上皇、に続くこの番組の人気キャラが源為朝。このドラマでは18回から登場し、21回「保元の乱」で炎上する白河殿の中に消えました。

その後、再登場希望の声が多く寄せられました。
その独特の風貌から、「平安のガンダム」と呼ばれました為朝の、半生と魅力について今日は語り尽くしたいと思います。

語り部は、ドラマ部で大河や朝ドラ、戦争ものなどの時代考証を幅広く担当している大森洋平ディレクターです。
大森さんはNHK職員で、大河ドラマや梅ちゃん先生など、多くの番組の考証にあたっています。

「平清盛」で言えば高橋・本郷先生が史料をもとに、時代の大枠、世界観や歴史観を決めていて、大森さんはドラマのディテールを埋めるような考証をしています。

私も「毛利元就」で助監督をしていた時に、大森さんに鍛えられました。小道具を揃える時や敬語の言い回し、衣装や風俗の確認などよくアドバイスを仰ぎ、大森さんに歴史知識を叩き込まれました。今もうちの若い助監督が毎日、怒鳴られつつ彼の知識を吸収しています。

尚、当管理人は当日ツイッターの繫がらない環境の国に滞在中なのでまとめなどの更新が若干遅くなる可能性がある事をご了承ください。ツイッターが繫がる環境の国に移動したら更新する予定です) 遅くなりましたが更新しました。

≫続きをみる...

スポンサーサイト



Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .