感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
『盛絵』巡回展情報
広島アンテナショップで開催された『盛絵』の全国巡回が開催される事になりました。
まずは、広島と神戸です。これから色んな地域での開催してくれる事を激しく希望します<(_ _)>


盛絵001



神戸会場
10月19日(金)~2013年1月14日まで延長しました♪
KOBE DE 清盛・ドラマ館(ハーバーランド)

広島会場

12月2日(日)~12月16日(日)まで
広島県立歴史民俗資料館ホール(三次市)で開催

高松会場

11月10日(土)~12/24(月)
高松市歴史資料館の企画展と同時開催が決定!
盛絵に加え、崇徳上皇様、義経殿が使用した劇中小物も展示。

高松放送局の綾川高遠様が頑張っておられますね。四国の皆様是非沢山来館して楽しんでいただきたいですね。



北九州会場
12/1()~12/9(
関門海峡ミュージアム1階 多目的ホール(北九州市門司区西海岸1丁目3-3)
午前9:00~午後5:00


  
その他情報は<続きを読む>へ
最終更新日:2012.11.30


≫続きをみる...

スポンサーサイト
2012.11.30記述
zakzak「連載:TV視てますか」より

002_20121130152245.jpg


NHK大河「平清盛」は頼朝挙兵でいよいよ佳境に入った。18日放送の視聴率が“歴代最低”を更新したようだけど、こんな面白いドラマはなかなか見られない。

 いや、実はけっこう見られているんじゃないのか。ただ単に午後8時からリアルタイム視聴する世帯数が“歴代最低”なだけなんじゃないか。より画質のいいBSプレミアムで午後6時から見るとか、録画しておいて落ち着いた時間にじっくり見るとか、そういう見られ方を制作サイドも“確信犯的”に企図しているんじゃなかろうかと、オヤジは本気で思っている。

 25日の放送では西行(藤木直人)が旧友・清盛(松山ケンイチ)を訪ね、源義朝(玉木宏)と3人で将来の夢を語った若き頃を振り返って、清盛の変わりようにがくぜんとする場面があった。

 おやっと思ったのは、藤木直人の頭。出家しているから、清盛と同じく剃髪なのだが、彼は現在、フジの月9「PRICELESS」で木村拓哉のライバルとして出演している。松山ケンイチは主演だからホンモノの剃髪だろうと思うが、藤木直人もそう見える。

 清盛のライバル、後白河法皇(松田翔太)も剃髪だが、彼もホンモノにしか見えない。

 同じことを、TBSの今季ドラマ「大奥 ~誕生~[有功・家光篇]」を見ながら思っている。

 主演の堺雅人は名演を高く評価された4月期のフジドラマ「リーガル・ハイ」に独特の髪形で臨んでいた。ならば「大奥」にもかなり力が入っているはずだ。ホントに髪を剃っていてもおかしくない。しかし、共演の田中聖(KAT-TUN)はアイドルだから(丸刈り時代もあったけど)、剃髪は無理だろう。でも、どう見てもホンモノだ。

 CGではなかろう。ならば、カツラだとしたら、長髪をどこに仕舞っているんだろう? 考えると夜も眠れない。(新橋のネクタイ巻き)


まぁ…大奥のハゲズラは(笑)でも本当に一頃に比べても時代劇のカツラって局によって色々ですよね。
中でも確かにNHKのクオリティはすごいですよね。

松田さんとかあと新さんとか長髪をあの薄いカツラにどう納まってんだか気になりますよね~。
でも大変らしいですよね。加藤虎之介さんは流石に最後のシーン、激しい動きがあるのですぐズラがずれるからと剃髪しちゃってましたもんね。人間と言うか視聴者って結構ズラの境目とかがん見しちゃったりしますからね(笑)

でもズラの話よりも視聴率が悪いという事がわからないと言ってくれている事が嬉しいです♪

舞台「遠い夏のゴッホ」製作記者会見情報関連です。

記者会見004

最終更新日:2012.11.28


≫続きをみる...

2012.11.28記述

Yahoo! JAPANを運営するヤフーは11月26日、今年「Yahoo!検索」で検索されたキーワードを集計し、ランキング形式で紹介する「2012検索ワードランキング」(1月1日から10月31日)を発表。

色んなランキングがあるのですが、テレビ番組ランキングに「平清盛」がランクインですので…

PDVD_448_20121128130240.jpg



テレビ番組ランキング

1位梅ちゃん先生(-)
2位平清盛(-)
3位仮面ライダーフォーゼ(12)
4位GTO(-)
5位はなまるマーケット(14)
6位ZIP(-)
7位痛快!ビッグダディ(-)
8位リッチマン、プアウーマン(-)
9位24時間テレビ(-)
10位ミュージックステーション(9)
()は昨年順位

何やかんやと言いながらも色んな人が「平清盛」という言葉を検索してくれたということですよね。
これはある意味喜ばしき事だと思ったほうがいいと思います。数多ある番組の中で堂々の2位。
私は素直に喜ばせていただきます(^O^)

まだまだ最終回まであと少し、皆最後の最後まで清盛公そして平家一門の最後を見届けましょうぞ。

『遠い夏のゴッホ』キャスト情報
松山ケンイチ初舞台作品『遠い夏のゴッホ』キャスト情報です。


相関図 

最終更新日:2012.11.26

≫続きをみる...

NISSAN リーフ
NISSANの公式HPの「日産リーフオーナーの声」に新しく「the new オーナー」にケンちゃんが登場しました

001_20120130063350.jpg


こちらではインタビュー動画をみることが出来るので興味のある方は是非。

CMギャラリー「the newオーナー松山ケンイチ編」のCMはこちら

すでにTVでも流れ始めましたが、皆様もうTVの大きな画面でご覧になれましたでしょうか?(^O^)

最終更新日:2012.11.20
≫続きをみる...

2012.11.14記述

城南宮を後にして次の目的地である「安楽寿院」へ向かいました。
と言っても清盛の時代この一体が鳥羽離宮だと思えば本当にどんだけ広いんだと言う感じです。

城南宮から油小路通を渡って安楽寿院へ。

安楽寿院004




≫続きをみる...

2012.11.14記述

一旦自宅に戻って少しこれからの計画を1人会議する(笑)
そして、協議した結果、まず映画を見に行く(「のぼうの城」)その後、前回の最後後白河法皇が幽閉された鳥羽離宮のあったとされる「城南宮」「安楽寿院」を周る事に決定!

010_20121115123913.jpg


先ずは城南宮へ。ここも基本的には境内は無料ですが「城南宮 神苑 楽水苑(源氏物語花の庭)」という庭園を見るには料金が必要ですのであしからず)ここでもまた庭園見学中に2度ほど小雨に降られました(写真:本当に1回が2分くらいの霧雨みたいなもの)

≫続きをみる...

2012.11.14記述

事情があって会社を休む事になったので、これは1日を有効に使わねばと思い、先日(11日)いけなかったところに今日は行こうと思います。まずは仕事に向かうサンディを京都駅に送って行って、さて何処をどう攻めようかなぁ~と思案。朝の8時頃から開いている縁の場所を探すとありました!
 
「六波羅蜜寺」です。朝は8時から開門ということで念願の清盛公に会いに早速向かいました。
(ただし、宝物館は8時30分からです)


行く前、サンディに「mayは最近京都ツウやなぁ(笑)」と言われたので「京都ツウちゃうで、清盛ツウやわ。」なんていいながらサンディはお仕事に向かいました。


017_20121115094702.jpg


≫続きをみる...

『清須会議』キャスト情報
映画『清須会議』キャスト情報です。
  
001_20130629054517.jpg


原文ソースは
こちら

最終更新日:2012.11.13

≫続きをみる...

2012.11.10記述

一路、「高津古文化会館」へ向かいました。
近くには北野天満宮があってそちらはすごい人でした。
ここは関西のローカルニュースの展覧会情報で知ったんです。
丁度この日、武装風俗研究家の一澤喜久夫さんのキャラリートークが午後2時からあるということで、サンディがいないこの日行かねばいつ行くんだと言う感じだったんです(^_^)

004_20121112152214.jpg
(写真は若一神社の楠社)

≫続きをみる...

2012.11.10記述

ドラマの中で、三十三間堂(蓮華王院)のシーンは2度登場しますね。
最初は忠盛が鳥羽帝の為に寄進した(ロケは蓮華王院ですが本当は違うという設定。沢山の観音像を見て癒されていましたよね。その後は清盛が後白河上皇様の為に建立した蓮華王院。たいそう喜んだ上皇様だけど、二条帝が見に来てくれなくてブチ切れていましたけどね(汗)

019_20121112105345.jpg


そんなまたまたごっしー縁の三十三間堂へ行ってきました。
いやぁ~修学旅行生やら、外国人観光客やら、グループ旅行のおっちゃん、おばちゃん、はたまた女子グループにカップルなど様々な方々がどんどん本堂へ吸い込まれていきます。

私もまずはさらっと本堂の見学をば…


≫続きをみる...

2012.11.10記述

長講堂を出てさて次は何処に行こうか…予定の「高津古文化会館」は午後2時までに行けばいいからその間、まずは三十三間堂に行こうと思い出発。生れてこの方一度も行った事がなかったんですよね~。(そんな場所は数多ありますけどね)

しかし、目的地三十三間堂に行く前にその道向かいにある京都国立博物館にて現在特別展覧会で「宸翰(しんかん) 天皇の書 ―御手(みて)が織りなす至高の美―」が開催されておりまして過去から現代の天皇の方々の宸翰が一同に集まって展示されているんですよ。


005_20121112090219.jpg


その中に神護寺にある後白河法皇の「文覚四十五箇條起請文」も展示されているということでこれは是非この目で見なくてはと思い三十三間堂に行く前にまずはこちらに行こうと言う事になりました。(といっても1人だから好きなようになんなとなるもんです)
≫続きをみる...

2012.11.12記述
月刊SPA!より


ウルトラ052
世の中には一般的常識をはるかに超えた映画がある。超大作のはずがトホホな感じだったり、芸術的すぎて意味不明だったり、エログロすぎて正視できなかったり……。そんないろんな意味で“すごい映画”を選者がセレクト。秋の夜長に、ぜひお試しあれ!



≫続きをみる...

2012.11.10記述

偶然見たテレビで紹介されていたのを見てこれは何かの縁だ…ということで朝から早速行って来ました。
今日のメインは「長講堂」と「高津古文化会館」あと行けたらと計画していたのは「三十三間堂」「六波羅蜜寺」「若一神社」「重衡受戒之地」など…。

まずは長講堂へ向かいました。

長講堂003



≫続きをみる...

2012.11.10記述
webザテレビジョンより

剛力、上川、涼成…連ドラに引っ張りだこの役者たち


ぼつぼつと2013年の情報が流れ始めた連ドラシーン。ことしを振り返ると、武井咲が3クール連続の主役をはったニュースが記憶に新しい。3クールどころか、大河ドラマ「平清盛」の松山ケンイチは1年間、すなわち4クール連続で主役をはったともいえる。

では、2012年の連ドラシーンで松山ケンイチ以外にも、4クールとも連ドラに出演した俳優はいるのだろうか。そこで、主演、レギュラー出演、ゲスト出演を問わず、2012年の連ドラのオファーが絶えない役者たちをリサーチしてみた。まず、ことし大活躍の武井咲だが、新春クールはお休み。「平清盛」にも出演しているが、登場は4月からだった。ほか「平清盛」のキャストを見ると、松田聖子、上川隆也、深田恭子、加藤浩次、松田翔太、森田剛、藤木直人らが1~3月、4~6月、7~9月、10月~といずれのクールにも、どこかの回に顔を見せている。

リスト1には、4クールのどこかで連ドラの主役をはり、かつ4クールとも何らかの連ドラに出演した俳優をピックアップ。上川隆也は「平清盛」に出演しつつも、新春に「ステップファザー・ステップ」、夏に「遺留捜査」に主演。間の春クールは「私立バカレア高校」にレギュラー出演していた。武将をはじめ、怪盗、刑事、高校の理事長を演じ、確かな演技力を披露。若手ながら、千葉雄大は新春に「白戸修の事件簿」で主演し、その後「カエルの王女さま」「黒の女教師」に続き、今クールから「平清盛」で高倉天皇を演じている。ほか、松重豊は主演作「孤独のグルメ」がことし2度製作されたほか、3作品に出演。安田顕は地元の北海道放送製作「スープカレー」に主演をはじめ、4クール連続登板。山本耕史も新春に「くろねこルーシー」、夏に「薄桜記」(BSプレミアムで放送され、現在NHK総合で放送中)と2度主役を務め、今クールの「MONSTERS」にゲスト出演し、2004年の大河ドラマ「新撰組!」以来となる香取慎吾との共演を実現させた。女優の該当者は2人。前述の深田恭子の主演作は、放送中の「TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~」。もう1人は剛力彩芽で、新春に「ティーンコート」で単独としては連ドラ初主演。その後、「未来日記-ANOTHER:WORLD-」「Wの悲劇」「ビギナーズ!」で活躍し、今クールでは、「イロドリヒムラ」の第1回のゲストに選ばれた。

リスト2は、連ドラの主役ははっていないものの、4クールとも何らかの連ドラに出演した俳優編(「平清盛」以外の連ドラに出ていない松田聖子、加藤浩次、森田剛はリスト外)。バイプレーヤーがずらり顔をそろえた。田山涼成以外は「平清盛」に出演した顔ぶれ。田山は「ハングリー!」「家族八景 Nanase, Telepathy Girl's Ballad」「Answer~警視庁検証捜査官」「37歳で医者になった僕~研修医純情物語~」「GTO」「匿名探偵」と大河以外の連ドラで、4クールさまざまな役を演じ切った(しかも6作品中、4作品がレギュラー出演)。一方、紅一点、吉田羊の売れっ子ぶりがよく分かる。現在は「純と愛」でクールな接遇指導の担当役を好演。ほか、「平清盛」「最後から二番目の恋」「13歳のハローワーク」「最高の人生の終り方〜エンディングプランナー」「Answer〜警視庁検証捜査官」「GTO」「大奥 ~誕生~[有功・家光篇]」と、ゲスト出演が多いながら連ドラ出演本数は片手に余る。

すでに発表されている次期大河ドラマ「八重の桜」では、本リスト中、剛力彩芽と松重豊の出演が決定。今回リストアップされた俳優たちが、来年の連ドラでどんなポジションを築き、どんな役どころを演じるのか、期待しながら情報を待とう!

宇梶さんの10~12月のところに「平清盛」が明記されてない(抜けてる)じゃないですかぁ~。
本当に、清盛キャストの他のドラマもついつい気になってしまうんですよね。
ケンちゃんと共演した人達の事って何か気になるんですよね(笑)もち良い意味でね。
応援したくなっちゃうんですよ、それも松山ケンイチの魅力の一つというべきなのか…
彼と仕事した人達、俳優さんだけに限らずプロデューサーさんや脚本家、そして監督さんたちなどなど。

来年も清盛組の皆様がテレビや映画をにぎわせてくれると嬉しいですよね♪
2012.11.8記述
NHK「コレ見て!MOVIE」より

動画はこちら


≫続きをみる...

『平清盛』キャスト情報
2012年NHK大河ドラマ『平清盛』のキャスト情報です。分かり次第順次更新していきます。

『平清盛」人物相関図
  相関図001

最終更新日:2012.11.4
≫続きをみる...

2012.11.1記述
Business Journalより
――『カンブリア宮殿』『ガイアの夜明け』(共にテレビ東京)『情熱大陸』(TBS)などの経済ドキュメンタリー番組を日夜ウォッチし続けている映画監督・松江哲明氏が、ドキュメンタリー作家の視点で裏読みレビュー!

今回の番組:10月28日放送『情熱大陸』(テーマ:俳優・松坂桃季)




≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .