感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
ハピくる!『敗者』紹介
2013.2.27記述

関西テレビの芸能ワイドショー『ハピくる!』で『敗者』の紹介がありましたのでとりあえずテキストでご紹介
一部聞き取れなかったり一度に複数の人間が離しているので聞き取れてない部分がありますのでご了承ください。



≫続きをみる...

スポンサーサイト
2013.2.20記述
Bunkamura web magazine B-styleインタビューより
 
Bunkamura NEWS001

2012年のNHK大河ドラマ「平清盛」にて一年間タイトルロールを務めた松山ケンイチ。2月の赤坂ACTシアター公演「遠い夏のゴッホ」で満を持して初めての舞台主演に挑む彼に、役者としての意気込みや、作中描かれる自然への思いについて語ってもらった。


原文はこちら

≫続きをみる...

大河「平清盛」の経済効果193億円
2013.2.16記述
ニッカンスポーツより
 
142_20130216195232.jpg


兵庫県立大政策科学研究所は15日、昨年のNHK大河ドラマ「平清盛」に合わせた神戸市の観光キャンペーンで同県内に193億円の経済波及効果があったとする推計を発表した。

 研究所によるとドラマに関する神戸市の展示館に約57万人が来場。宿泊や飲食などの金額から算出した。キャンペーンはドラマ以外にも神戸市の観光地を紹介しており、年間の観光客数を「5%程度押し上げた」と結論付けた。

 井戸敏三兵庫県知事が「画面が汚い」と酷評した「平清盛」は平均視聴率が過去最低を記録したが、推計に加わった神戸女子大の小沢康英准教授は「過去の大河ドラマでも舞台となった地元では観光客が5%くらい増加した。平清盛も集客力と経済波及効果では評価できるのでは」と話した。

そうです、そうですとも!
私も初めて自分の意志で平家縁の場所へ足を運びましたからね。
平安時代の院政や歴史など殆ど無知で苦手だった私がこのドラマが興味を持たせてくれて、今まで知らなかった色んなことを改めて教えてくれて、自ら勉強して縁の場所に行くだなんてそれだけでもすごい作品だったと思いますし、このドラマのお陰でこの作品に登場する色んな人達を身近に感じる事が出来ました。

神戸市民の方たちは県知事の妨害とも言える発言にも負けず、精力的に頑張っておられました。
こうしてよい結果を聞くと嬉しいし、ドラマは終わったけれどまた機会があればまだいけてない縁の場所もいろいろ行ってみたいなと思っています。
2013.2.16記述
チケットぴあより

ぴあ003


≫続きをみる...

極上男子 index
2013.2.6記述
MOREより

MORE003.jpg


≫続きをみる...

大河終わった後のお仕事が初舞台に決定!?それも「セミ」って…(笑)松山ケンイチらしいといいましょうか…

ポスター001



「遠い夏のゴッホ」公式サイトはこちら
「遠い夏のゴッホ」ツイッターフォーローは
@gogh2013です
「遠い夏のゴッホのブログ」はこちら




公演情報 東京・大阪チケット発売中です 

東京 2013年2月3日(日)~24日(日)
・会場=赤坂ACTシアター
・料金=全席指定S席9,800円/A席7,000円

新歌舞伎座


【大阪公演】

公演期間:3月7日(木)~3月10日(日)
3/7(木)午後6時30分
3/8(金)午後1時
3/9(土)午後1時・午後6時
3/10(日)午後1時      

【チケット料金】
S席/9,800円 A席/7,000円 特別席/12,000円
            
【チケット取扱い】
新歌舞伎座テレホン予約センター/06-7730-2222

【問合せ】
新歌舞伎座/06-7730-2121

初舞台を迎える松山ケンイチさんからメッセージ 「遠い夏のゴッホ」は
こちら

【物語】
とある森、地上でたくさんのセミが羽化して歌う頃―。

羽化前のユウダチゼミのゴッホ(松山ケンイチ)は、せっかちすぎる少年。
そんな彼の理解者は同じ年に卵から生まれた、芯の強い少女、ベアトリーチェ(美波)である。
せっかちで、決まりを守ることも苦手なゴッホのために、ベアトリーチェは必ず羽化すればゴッホと恋人同士になることを約束してくれていた。

だがゴッホは大きな勘違いをしていた。なんと、ベアトリーチェよりも生まれが一年早かったのだ!
ゴッホの体は、ひとり先に羽化してしまった。
成虫になったゴッホは「セミは地上に出れば、絶対にその年に死ぬ」ということを知る。
このままでは、二度とベアトリーチェに会えなくなってしまう!

「お願いです!セミが冬を越す方法を教えてください!」
体力温存のため、本能に逆らって歌うことも飛ぶこともせずに、
あらゆる森の生物に無茶苦茶なことを聞いてまわるゴッホ。
様々な虫たちとの交流を経て、ついにゴッホは、冬が来ないという「四角い森」の存在を知る。
自分と同じように、夏を過ぎても生きているセミの仲間、アムンゼン(筒井道隆)とともに、四角い森を目指すゴッホ。

しかしそこに、女王エレオノーラ(安蘭けい)率いるアリの大群が、ゴッホたちを冬の食糧にしようと迫っていた―。

はたしてゴッホはベアトリーチェと再会することが出来るのか?
はたしてゴッホはベアトリーチェと再会し、歌を聴かせることができるのか?


最終更新日:2013.2.7


≫続きをみる...

2013.2.6記述
CLASSYより

classy003.jpg


≫続きをみる...

「ノルウェイの森」で感じた松山ケンイチとは

小川PD

 
≫続きをみる...

2013.2.3記述
スポニチアネックスより

20130203スポニチより




≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .