FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
大河終わった後のお仕事が初舞台に決定!?それも「セミ」って…(笑)松山ケンイチらしいといいましょうか…

ポスター001



「遠い夏のゴッホ」公式サイトはこちら
「遠い夏のゴッホ」ツイッターフォーローは
@gogh2013です
「遠い夏のゴッホのブログ」はこちら




公演情報 東京・大阪チケット発売中です 

東京 2013年2月3日(日)~24日(日)
・会場=赤坂ACTシアター
・料金=全席指定S席9,800円/A席7,000円

新歌舞伎座


【大阪公演】

公演期間:3月7日(木)~3月10日(日)
3/7(木)午後6時30分
3/8(金)午後1時
3/9(土)午後1時・午後6時
3/10(日)午後1時      

【チケット料金】
S席/9,800円 A席/7,000円 特別席/12,000円
            
【チケット取扱い】
新歌舞伎座テレホン予約センター/06-7730-2222

【問合せ】
新歌舞伎座/06-7730-2121

初舞台を迎える松山ケンイチさんからメッセージ 「遠い夏のゴッホ」は
こちら

【物語】
とある森、地上でたくさんのセミが羽化して歌う頃―。

羽化前のユウダチゼミのゴッホ(松山ケンイチ)は、せっかちすぎる少年。
そんな彼の理解者は同じ年に卵から生まれた、芯の強い少女、ベアトリーチェ(美波)である。
せっかちで、決まりを守ることも苦手なゴッホのために、ベアトリーチェは必ず羽化すればゴッホと恋人同士になることを約束してくれていた。

だがゴッホは大きな勘違いをしていた。なんと、ベアトリーチェよりも生まれが一年早かったのだ!
ゴッホの体は、ひとり先に羽化してしまった。
成虫になったゴッホは「セミは地上に出れば、絶対にその年に死ぬ」ということを知る。
このままでは、二度とベアトリーチェに会えなくなってしまう!

「お願いです!セミが冬を越す方法を教えてください!」
体力温存のため、本能に逆らって歌うことも飛ぶこともせずに、
あらゆる森の生物に無茶苦茶なことを聞いてまわるゴッホ。
様々な虫たちとの交流を経て、ついにゴッホは、冬が来ないという「四角い森」の存在を知る。
自分と同じように、夏を過ぎても生きているセミの仲間、アムンゼン(筒井道隆)とともに、四角い森を目指すゴッホ。

しかしそこに、女王エレオノーラ(安蘭けい)率いるアリの大群が、ゴッホたちを冬の食糧にしようと迫っていた―。

はたしてゴッホはベアトリーチェと再会することが出来るのか?
はたしてゴッホはベアトリーチェと再会し、歌を聴かせることができるのか?


最終更新日:2013.2.7


≫続きをみる...

スポンサーサイト



Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .