FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2014.3.5記述
ぴあ映画生活より

ぴあ映画生活001


大河ドラマ「平清盛」に初舞台「遠い夏のゴッホ」とここ数年、新たな挑戦に身を投じてきた松山ケンイチが、自ら「ホームグラウンド」と語る映画の世界に帰ってきた。久々の主演映画にして、福島でいまを生きる人々の姿を描いた『家路』だ。
 
≫続きをみる...

スポンサーサイト



2014.3.5記述
東洋経済より

東日本大震災後の福島を舞台にした映画『家路』が3月1日から全国公開されている。松山ケンイチ、内野聖陽、安藤サクラら豪華キャストの出演も話題の人間ドラマだ。

 厳しくも美しい自然の中で、農作物を育て、先祖代々受け継いできた土地を守りながら生きてきた一家。震災直後に警戒区域に指定され、無人となった故郷に弟・次郎(松山ケンイチ)が帰ってくる。そこで彼はたったひとりで田を起こし、苗を育てる。一方、震災によって、先祖から受け継いだ土地を失い、家業だった農業もできなくなった長男・総一(内野聖陽)は、鬱々とした日々を過ごしていた。そんなある日、長きにわたって音信不通だった弟が帰ってきたと知った総一は、警戒区域に次郎を迎えに行くことにするが――。

 深い葛藤を抱えながらも、希望を見出そうとする家族の物語を描き出した本作のメガホンを執ったのは、2007年にMIPDOCでTRAIBLAZER賞を受賞し、世界の8人のドキュメンタリストに選出された経歴を持つ久保田直。本作では、ドキュメンタリストならではの視点を織り交ぜながら、「家族の絆とは?」「人間の誇りとは?」を観客に問いかける物語を紡ぎ出している。そこで今回は、本作が劇映画デビュー作となった久保田監督に、本作の制作の裏側について聞いた。

東洋経済001


原文はこちら


≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .