感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2014.6.30記述
まにら新聞より

010_201406301359143a4.jpg


7月の比日友好月間に合わせ、国際交流基金マニラ文化センターや在比日本大使館が中心となり、約2カ月にわたり全国各地で多彩なイベントを企画している。3日から一般公開される恒例の日本映画祭をはじめ、20日の「比日友好の日」の式典やダンス大会などが予定されている。

 「日本映画祭2013」は3日を皮切りに、首都圏マンダルーヨン市のシャングリラ・プラザモールで13日まで、さらにミンダナオ地方ダバオ市(同25〜8月3日)、ビサヤ地方セブ市(8月6〜10日)を巡回する。

 東日本大震災(11年3月)と台風ヨランダ(13年11月)の発生で、比日両国で命や家族の大切さが再認識されたことから、今年は「家族」がテーマ。「家路」(14年、久保田直監督)や、カンヌ映画祭審査員特別賞を受賞した「そして父になる」(13年、是枝裕和監督)など全17作品が上映される。入場無料、予約不要。

 19日には首都圏パサイ市のモール・オブ・アジアで「Jポップ/アニメ・シング&ダンス・コンテスト」が、26日には首都圏マカティ市のPETAシアターセンターで日本の劇団銅鑼とフィリピン教育演劇協会(PETA)による演劇が開催される。

 さらにルソン地方ベンゲット州バギオ市でも、北ルソン日本人会などの主催で、8月10〜30日に「バギオ七夕祭り」が行われる。同会は今年から、最大級の七夕祭りで有名な「仙台の七夕飾り」の製作に初挑戦する。これに先立ち13日には、同市の高校で「コスプレ・七夕祭り」も予定されている。イベントに関する問い合わせは国際交流基金マニラ文化センター(811・6155〜6158)、北ルソン日本人会ブログ(
http://janl.exblog.jp)まで。

家族の物語なら「春を背負って」もあるんですけど…(汗)
でも、フィリピンの皆様に作品を沢山観てもらいたいです♪


スポンサーサイト
2014.6.28記述
東洋経済より

日本映画界を代表する名カメラマン・木村大作にとって『劔岳 点の記』(2009年)以来、5年ぶりとなる監督作『春を背負って』が公開されている。

 笹本稜平の同名小説を原作に、松山ケンイチ、蒼井優、豊川悦司、檀ふみ、小林薫、新井浩文、吉田栄作、安藤サクラ、仲村トオル、石橋蓮司ら実力派のキャストが集結した本作。父から子へと受け継がれる思い、仲間を思う人間たちにスポットを当て、山に生きる人々の物語が描かれる。今回は原作の舞台・奥秩父を、立山連峰の3000メートルを超える大汝山に建つ山小屋へと変更。その山頂から見える360度の大自然を背景に、美しい四季の移ろいが描かれている。そこには、「人は皆、何かを背負って生きていくしかない」という木村監督の人生哲学が映し出されている。

 前回に続き、今回も、木村大作監督に、映画に対する思い、情熱、こだわりなどについて聞いた。

前回:「木村大作監督が語る撮影に対する“覚悟”」はこちら


原文はこちら


≫続きをみる...

2014.6.28記述


20140628001.jpg


こんにちは。猛暑の中で健康はいかが­ですか?もうすぐ僕が出演した『THE PRINCE』がまずアメリカで公開されます

初めてセクシーで邪悪な殺し屋役に挑戦しました。小さな役ですが、謙虚な­心で最善を尽くしました」とし「これからも映画のシーンスティーラー(Scene Stealer:スターよりも注目される脇役)になれるようにどんな役でも最善を尽く­す俳優になります。多くの関心をお願いします。


2014.6.25記述

「ジャパン・フィルム・フェスティバル Japan Film Festival 2014」が6月26日(木)から7月12日(土)まで、シンガポール国立博物館ギャラリーシアター(National Museum of Singapore, Gallery Theatre)で開催される。

シンガポール日本映画蔡ポスター


24本の日本映画が上映され、そのうち17本は無料で公開。故市川崑監督のトリビュートとして15本が上映されるほか、久保田直監督の『家路』といった今年の作品も公開される。7月12日のフェスティバル最終日に上映される作品は「ミステリーフィルム」として、タイトルは公表されていない。


スケジュールおよび無料上映作品のチケット入手方法および有料作品のチケット購入方法はウェブサイトhttp://jpfilmfestival.com/jff2014/にて確認を。


6月26日(木)19:30日本橋/無料
6月27日(金)19:45 土竜の唄/有料
6月28日(土)14:00 こころ/無料、16:30 処刑の部屋/無料、19:30中学生丸山/有料
6月29日(日)14:00満員電車/無料、16:30ビルマの竪琴/無料
6月30日(月)19:45破戒/無料
7月1日(火)19:45雪之丞変化/無料
7月2日(水)19:45鍵/無料
7月3日(木)19:45黒い十人の女/無料
7月4日(金)19:45 SURVIVE STYLE 5+ /有料
7月5日(土)14:00 野火/無料、16:30ホームシック/有料、19:30旅立ちの唄~十五の春~/有料
7月6日(日)14:00細雪/無料
7月7日(月)19:45ぼんち/無料
7月8日(火)19:45私は二歳/無料
7月9日(水)19:45太平洋ひとりぼっち/無料
7月10日(水)19:45股旅/無料
7月11日(金)19:45家路/有料
7月12日(土)16:00祖谷 (いや) 物語おくのひと/有料、19:30ミステリーフィルム/チケット非売。抽選による。

新旧作品が取りそろえられていますね。
日本の秀作の映画を無料で観ていただくも言いし、是非、有料ですが「家路」をシンガポールの人達に沢山観ていただきたいです。



「家路」8/29台湾公開
8/29台湾で家路が公開されるようです。具体的な情報は分かりませんが…(汗)

台湾版予告編


ケンちゃんの名前もちゃんと「松山研一」になってるので安心・安心。もう大丈夫だね♪
プロモーションなど気になりますねぇ。


2014.6.22記述
まんたんウェブより

木村監督まんたんウェブ001

初の映画監督作「劔岳 点の記」(2009年)が、興行収入26億円に迫るヒット作となった木村大作さんが、5年ぶりにメガホンをとった「春を背負って」が14日に全国で公開された。「地道な宣伝がヒットにつながる」と、前作同様、自家用車で国内47都道府県をめぐる横断キャンペーンを2月下旬、富山県からスタートさせた木村監督。2カ月におよぶ全国行脚を終え、行く先々で好反応を得られたと手応えを語る木村監督に話を聞いた。



≫続きをみる...

2014.6.21記述
夕刊フジより

029_20140621184053b76.jpg


≫続きをみる...

2014.6.20記述
テレビドガッチより

6月21日(土)の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)は、俳優・松山ケンイチが登場。もしも松山と嵐がサラリーマンだったら、という設定で立ち飲みに行き、男6人で仕事のことなどを語る。また、初夏のファッション10万円コーディネート対決も行う。

ほぼ同世代の松山と嵐。もしも6人がサラリーマンだったら……ということで都内のサラリーマン御用達の立ち飲み居酒屋ロケへ。¥5000の予算でドリンクと焼き鳥などを頼み、男6人のトークに花を咲かせる。仕事や私生活のことなど、どんな本音が飛び出すのか。

さらに、スタジオ内に作られた、夏の最新ファッションアイテムが200点揃うセレクトショップで、松山と嵐が総額10万円のコーディネートに挑戦。トップス、ボトムス、靴、アクセサリーなど、トータルでぴったり10万円の全身コーディネイトを目指す。果たして、ファッションのことをを最も分かっているのは誰なのか?


これって6人で5000円?1人5000円じゃないよね?(汗)
一体この人達がどんなお店でどんな話が展開されるのか楽しみ♪
久し振りにニノ松コンビが見れると思うだけでもウキウキわくわくですよね~。

コーディネイトもどんなになるのか怖い気もしますが…
放送楽しみですね(^_-)-☆
2014.6.20記述
シネマトゥデイ映画ニュースより

シネマトゥデイ映画ニュース

大ヒットを記録した映画『劔岳 点の記』に続き、再び立山連峰での撮影に挑んだ映画『春を背負って』が公開された木村大作監督が、映画に懸ける情熱を語った。


≫続きをみる...

2014.6.20記述
産経新聞より

産経新聞





≫続きをみる...

2014.6.20記述
読売新聞カルチャーより

020_201406201011458e6.jpg


≫続きをみる...

2014.6.20記述
東洋経済より

日本映画史に残る数々の名作を手掛けてきた名カメラマン・木村大作の監督作第2弾となる『春を背負って』が公開されている。

 松山ケンイチ扮する主人公の長嶺亨は、多額の金を動かすトレーダーの仕事にむなしさを覚え、父親・勇夫の死をきっかけに山小屋“菫小屋”を継ぐ決心をする。そんな彼の周りに集まった人々が、美しくも厳しい自然の中で育む、人間の優しさと心の成長を描きだした本作。 “菫小屋”で働く従業員・高澤愛に蒼井優。勇夫の大学の後輩で、“菫小屋”で働きながら亨の成長を見守る多田悟郎に豊川悦司。さらには亨の母親・菫に檀ふみ、亨の亡き父・勇夫には小林薫が出演している。

 本作の撮影は、東京・新宿の高層ビルや、富山県の内山邸のほか、四季を追って立山連峰でも延べ60日間の山岳ロケを敢行。『劔岳 点の記』同様、スタッフ・キャストが実際に山に登って撮影するという、木村監督ならではの演出スタイルは本作でも健在だ。

 今回、歯に衣着せぬコメントで人気を集める木村大作監督に、映画に対する思い、情熱、こだわりなどについて、2回に分けて聞いた。

東洋経済001


原文はこちら

≫続きをみる...

2014.6.19記述
赤旗より

016_20140619085329c95.jpg


≫続きをみる...

2014.6.18記述
本の話WEBより

本の話002


山岳小説の旗手、笹本稜平氏が奥秩父の山小屋に集う人々の人生の物語を紡ぎ、新境地を開いた『春を背負って』を、監督デビュー作『劔岳 点の記』が絶賛された木村大作監督が満を持して映画化、ついに2014年6月14日・全国東宝系で公開される。

人はなぜ山に惹かれるのか。そして2人はなぜ山を描き続けるのか。原作者と映画監督が、創作の秘密に触れながら、すべてを語り尽くす――。


原文はこちら

≫続きをみる...

2014.6.17記述
日刊ゲンダイより

019_2014061714230969b.jpg


≫続きをみる...

2014.6.16記述
ぴあ映画生活より

027_20140616235041779.jpg


「ぴあ」調査による2014年6月13日、14日のぴあ映画初日満足度ランキングは、名カメラマン・木村大作の監督第2作目となる『春を背負って』がトップに輝いた。2位に未完の映画『DUNE』をめぐるドキュメンタリー『ホドロフスキーのDUNE』が、3位に伊仏合作のヒューマンドラマ『幸せのバランス』が入った。


(順位→タイトル→上映館数→満足度→調査人数)
1位 春を背負って 全国334館 90.4 41
2位 ホドロフスキーのDUNE 全国8館 88.9 33
3位 幸せのバランス 関東1館 85.0 25
4位 スイートプールサイド 全国10館 83.8 22
5位 ノア 約束の舟 全国338館 82.8 62
6位 私の男 全国71館 79.2 57
7位 ザ・ホスト 美しき侵略者 全国23館  78.3 13
8位 わたしのハワイの歩きかた 全国200館 76.0 31



『春を背負って』

1位の『春を背負って』は、立山連峰を舞台に父から子へと受け継がれる想いを描いた家族の物語。出口調査では「風景、家族の関係性が素晴らしく安らぎを感じた。山で生きていくのは厳しいが、言葉にできない山の魅力に気づかされた」「人の温かさや絆がどのように深まっていくのかが描かれていてほっこりした」「大自然の美しさと山々の迫力に圧倒された。山は一歩一歩、歩んだ分だけ自分に返ってくるが、それは人生も同じだなと心に響いた」「傑作! 上映後に拍手をしたくなった。人生で荷物を降ろせる場面は少ないが、私も荷物も降ろしていいんだと感じた」など、20代から70代までの観客から支持された。

2位の『ホドロフスキーのDUNE』は、“映画史上最も有名な実現しなかった映画”と言われる『DUNE』プロジェクトの全貌に迫る記録映画。観客からは「『DUNE』が他の作品に与えた影響の大きさを知り、監督の体からあふれるパワーに圧倒された」「ストイックで固定観念にとらわれないホドロフスキーの魅力がよく出ていた」「監督が語る場面が多いので、彼のことが更によくわかった。絵コンテがたくさん出てくるのが印象的。本にして出してほしい」「ホドロフスキーについてよく知らなかったが、人を巻き込む力や映画にかける情熱に圧倒され、彼の作品を観たくなった」などの声が寄せられた。

(本ランキングは、6月13日(金)、14日(土)に公開された新作映画8本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

こうしたレビューで低い評価をしている人がマイナス要素だと書いている部分なども含めて、満足したといってくれている方々がいてくださることの嬉しさ。監督は公開された翌日そして月曜日も富山で積極的に舞台挨拶を慣行しております。今日も平日だと言うのにきっと監督が舞台挨拶に来ているということを知って観に来てくださった方が多かったかも知れません。この作品に対する並々ならぬ監督の思い。ここまで自分の作品に責任を取ろうと頑張っている監督、映画を誰よりも愛している姿を体現している監督の思いだけでも胸が一杯になる今日この頃。もちろん、それは決して同情とかではありません。本当に素晴らしいあの映像を見るとそれだけでも価値がある感動せずにはいられないと思うのです。その中で作品の中で生きている人達が本当にそれぞれの荷物を背負いながら迷いながらも明るく生きている姿に感動するのです。

そう言う本物の目を持つ人達がこの1位に繋げてくださったんだと思いますがこれからが勝負です。
低いレビューに二の足を踏む人達にどうしたらこの作品のよさを知ってもらって劇場に足を運んでもらえるのかが観た私たちの使命でもあるのかもしれませんよ。


2014.6.15記述
日本経済新聞映画レビューより


015_2014061521100129a.jpg



原文は
こちら

≫続きをみる...

『春を背負って』初日舞台挨拶
『春を背負って』無事公開初日を迎えました。

002_20140614135646650.jpg








≫続きをみる...

2014.6.13記述
Yahoo映画より

yahoo映画001


『劔岳 点の記』で初監督を務めた名カメラマン・木村大作が、北アルプス立山連峰を舞台にした『春を背負って』で再びメガホンを取った。笹本稜平の同名小説を映画化した本作は、山小屋の厳しい自然環境の中で生きる人々を温かく描くヒューマンドラマ。亡き父の遺(のこ)した「菫(すみれ)小屋」を継ぐために帰郷する主人公・長嶺亨を松山ケンイチが演じ、菫小屋で働くヒロインの高澤愛を蒼井優が演じている。立山連峰最高峰・大汝山での過酷な長期ロケに挑んだ二人が、撮影時のウラ話を語った。


原文はこちら

≫続きをみる...

2014.6.13記述
シネマネットカフェより

シネマネットカフェ001


原文はこちら


≫続きをみる...

「春を背負って」青空会見in大阪
6/4(水)大阪・あべのハルカス屋上ヘリポートで出演映画「春を背負って」(14日公開)の日本一高い? 青空会見を行った。

20140604デイリースポーツ002

最終更新日:2014.6.12

≫続きをみる...

2014.6.12記述
ぴあ映画生活より

名カメラマンとして数々の作品を手掛けた木村大作の監督2作目『春を背負って』。厳しくも美しい自然に抱かれながら、命の輝きを見つめたヒューマンドラマで、共演を果たした松山ケンイチと蒼井優が、初タッグを組んだ名匠の“背中”に見た映画作りの神髄とは?


≫続きをみる...

2014.6.12記述
東京新聞より

024_20140612151220f0e.jpg


 
変幻自在の演技派・松山ケンイチが、十四日公開の映画「春を背負って」(木村大作監督)で、山小屋を父から受け継ぐ等身大の若者に扮(ふん)した。高山に実際に登り、厳しい条件下での撮影を行う木村作品への出演は初めてだが、「なるべく演技をせず、素のままでいるよう心掛けた」という。そのわけは-。 (前田朋子)

≫続きをみる...

2014.6.12記述
シネマトゥディより

シネマトゥディ001

『劔岳 点の記』で初監督を務めた名カメラマン・木村大作が、北アルプス立山連峰を舞台にした『春を背負って』で再びメガホンを取った。笹本稜平の同名小説を映画化した本作は、山小屋の厳しい自然環境の中で生きる人々を温かく描くヒューマンドラマ。亡き父の遺(のこ)した「菫(すみれ)小屋」を継ぐために帰郷する主人公・長嶺亨を松山ケンイチが演じ、菫小屋で働くヒロインの高澤愛を蒼井優が演じている。立山連峰最高峰・大汝山での過酷な長期ロケに挑んだ二人が、撮影時のウラ話を語った。


原文はこちら


≫続きをみる...

ホンマでっか!?TV
6/11(水)ホンマでっか!?TV蒼井優が松山ケンイチの悩みを相談!松山が○○過ぎて木村監督も撮り直し!?意外な素顔が明らかに!!


004_20140605041939490.jpg


2014.6.11記述

後半に登場かと思ったら今回は最初に登場しましたね♪
感化されやすいのは俳優としては良いことだということで、そんなに半沢直樹に入れ込んでいたのですか(笑)
もう、椅子1脚買うのも渋るのにフットマッサージ器買っちゃうんですかい(ー3ー;)
でもその結果ザ・ヒューマン凡庸の人ということです。その通り!
何よりマツコさんが中二病といわれたけんちゃんの事を「だから可愛いのよ!」と連呼しまくっておりましたが、多分テレビを見ている人達の中にも同じような事を言っていただろう(自分も含め)

でも、ケンちゃんよりも先生方は優ちゃんの方が気になっていたみたい。
それも女優には必要な要素だとさんまさんやケンちゃんは納得していましたね。

全体的に和やかで、木村監督も静かに2人を見届けておりました。
とにかく、29歳とは思えない可愛らしさ全開のケンちゃんでしたよね♪



2014.6.11記述
コラム:LiLiCoのHappy eiga ダイニング - 第19回より


TBS「王様のブランチ」の映画コメンテーターとして人気のLiLiCoが、旬の俳優・女優・監督から映画に対する思い、プライベートな素顔に至るまでを多角的に展開する対談連載「LiLiCoのHappy eiga ダイニング」。第19回のゲストは、「春を背負って」のメガホンをとった日本を代表する名キャメラマンでもある木村大作監督と、主演の松山ケンイチ。立山連峰での過酷な撮影を“踏破”した2人に、LiLiCoが迫った。


原文はこちら


≫続きをみる...

「春を背負って」関連情報
映画「春を背負って」に関しての情報です。2013.6.14公開予定です♪

公式サイトTOP


立山連峰で幼少期を過ごした長嶺亨(松山さん)は、山小屋の主として生きる父・勇夫(小林さん)への反発から立山を飛び出し、東京で社会生活をスタートさせていた。優秀な外資系投資銀行のトレーダーとして活躍する亨だったが、日々の仕事に忙殺される中で、どこか自分の居場所がないという思いを抱き始めていた。そんなある日、父の訃報が届く。

通夜のために久しぶりに立山に帰った亨の前には、気丈に振る舞う母・菫(檀さん)、涙を必死に堪えて山小屋で働く高澤愛(蒼井さん)、その姿を沈痛な面持ちで見守る山の仲間たちの姿があった。父の想い、そして山に触れた亨は、疑問を感じていたいまの生活を捨て、多くの人に愛された父の山小屋である“菫小屋”を継ぐことを決意する。

都会とはまるで勝手の違う山での生活に悪戦苦闘するが、亨は愛と共に、美しく、時に厳しさを持つ山の自然と向き合ううちに自分の“居場所”を見つけていく。そんなある日、亨の前に、父の友人を名乗る不思議な山男・ゴロさん(豊川さん)が現れ…。


2014.6.11記述

「春を背負って」メイキング映像


特報



予告編




【イベント情報】



木村大作監督から見た松山ケンイチ

公式サイトはこちら

最終更新日:2014.6.11

≫続きをみる...

2014.6.11記述

落語家の笑福亭銀瓶さんがツイッターで以前つぶやいていた木村監督とケンちゃんのインタビュー無事放送されました。
ラジオ大阪「笑福亭銀瓶の銀ぎんワイド」のコーナー「話の銀座」



音声が悪くて申し訳ない<(_ _)>
カーラジオとipodtouchのボイスレコーダーを使って音をとったのでごそごそ音が入っておりますが何とか聞こえるから良しとして下さりませ(汗)いやぁ、訛り全開でしたよね。監督もケンちゃんにはなさせてくれてありがとうございますだし、銀瓶さんも、面白い質問をしてくれたので聞き応えありました。

こちらに本日のインタビュー時の写真と、紹介が出ていますのでご覧くださいませ
笑福亭銀瓶の銀ぎんワイド


蒼井優さんから見た松山ケンイチ
『男たちの大和/YAMATO』そして『人のセックスを笑うな』、そして『春を背負って』で久しぶりに共演する事となった蒼井優さんが感じる松山ケンイチとは。

070925_hitoseku_sub2.jpg



≫続きをみる...

檀ふみさんから見た松山ケンイチ
「春を背負って」で初共演。お母さんを演じた檀ふみさんが感じた俳優松山ケンイチとは。

025_20140610103258e08.jpg






≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .