感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2014.9.29記述
テレビドガッチより

周防監督&上白石萌音、台湾の熱烈歓迎に感激!『舞妓はレディ』桃園映画祭でオープニング上映

015_20140929163932b63.jpg


大ヒット上映中の周防正行監督の最新作『舞妓はレディ』が26日、台湾で開催されている第2回桃園映画祭(9月26日~10月5日)のオープニング作品として公式上映され、招待を受けた周防監督と主演の上白石萌音が会見と舞台あいさつティーチインを行った。

桃園映画祭は、台湾の大手配給会社数社が、“お客様が本当に喜ぶ作品”、“観客の目線に近い娯楽性の高い作品”を主眼に作品を選定し、“映画を通じて、世界の土地と文化を知る”ことをテーマにしている。今年は、世界30ヶ国から60作品を上映。日本からは、『舞妓はレディ』のほか、『春を背負って』、『そこのみにて光り輝く』の3作品が上映される予定となっている。『舞妓はレディ』は、台湾でも人気のある長谷川博己や妻夫木聡などのオールスターキャストがこぞって歌い踊る、高いエンターテインメント性と、日本文化を代表する“京都”を舞台にした物語であることがポイントとなり、オープニング上映に選ばれた。

26日に現地入りした周防監督と上白石は、台湾マスコミの前での会見後、オープニング上映の舞台あいさつを行い、集まった約450名の映画関係者、地元招待客と一緒に映画を鑑賞した。上映中に笑ったり泣いたりする観客の姿に二人は感激し、随所で大きな笑いが起きるなどあまりの反応良さに、周防監督が「字幕が上手いのかな?」と驚くほど。上映後のティーチインでは、周防監督の大ファンだという男性が、思い余って壇上に登壇。「僕は『シコふんじゃった。』が大好きで、『Shall we ダンス?』は10回観た。まさか周防監督と同じ空間で映画を観られるなんて!」と大感激し、最後は監督とハグを交わす一幕も。さらに客席からは、映画の中に出てくる「おおきに」という京ことばコールがわき起こるなど大きな盛り上がりを見せた。

周防監督は、「台湾の人たちは、本当に感情表現が素直で豊か。笑うところで笑ってくれて、泣くところで泣いてくれる。こんな風に映画を観てくれて、とても感動しています」と語り、上白石も、「空港から出たときに熱気を感じて暑いなと思ったんですけど、映画館の中もすごい人の熱気で、台湾の方々の映画に対する温かさを感じました。映画を観た人たちが、とても楽しそうに映画館を後にされる姿を見られて、本当に嬉しいです」と語っており、台湾での手応えを感じたようだ。

映画祭の具体的な上映スケジュールがわからないのですが、春を背負ってがこうして選定してもらえて台湾で上映してもらえるということはとてもうれしい事ですよね。今、御嶽山の噴火のニュースがある中、ついつい思うのは亨やゴローさん、愛ちゃん、そして山岳救助隊の人達のこと。予知できない突然の火山の噴火。人命救助の為にいろんな人達が頑張っています。どうか1人でも無事に助けられる事を思うと同時にこの作品を本当に多くの人に観てもらいたいなと思うばかりです。


スポンサーサイト
2014.9.29記述
ベテラン記者のデイリーコラム・渡部裕明の奇人礼讃より

原文はこちら

PDVD_012_20140929142210853.jpg

「平家にあらずんば人にあらず」と高言して世の顰蹙(ひんしゅく)を買い、その報いを受けるかのように壇ノ浦で捕らわれた平清盛の義弟、平時忠(ときただ、1130~1189年)。失意のうちに、京都へ送還された。彼の処分について、朝廷周辺の空気は「斬刑(ざんけい)やむなし」だったが、逆境に強いのがこの男の真骨頂だ。権謀術数の限りを尽くし、自らの「助命」に成功したのである。



≫続きをみる...

2014.9.29記述
ベテラン記者のデイリーコラム・渡部裕明の奇人礼讃より

原文はこちら
PDVD_256_20140929123647dd9.jpg


 「平家にあらずんば人にあらず」という、だれもが知っているセリフ。平清盛率いる平氏政権の全盛期、その驕慢(きょうまん)さを象徴する言葉である。しかし、口にしたのは清盛でも、彼の息子たちでもない。清盛の妻・時子の弟、平時忠(ときただ、1130~1189年)という人物である。「虎の威を借りた」傲岸不遜な男とみられがちだが、どっこいこの時忠、実は切れ者だった。清盛も頼りにした義弟の生き方を今回はみてみたい。


≫続きをみる...

2014.9.26神戸文化中ホールで行われた神戸・清盛隊三周年記念演舞「甦・最期の瞬間(とき)」に行ってきました。

20140916三周年記念演舞001


行きたかったけど、どうしようか、どうしようかと思っていたけれど、1ヶ月くらい前にやっぱこれは見届けないと、と思い、年休を取ってチケットを購入しようかと思ったら清盛隊事務局からチケットの販売のメールが来たのでそれで購入する事に。

何より意味深なタイトル。「最期の瞬間」ってなに?活動スケジュールも、ファンクラブも一応この日までのことしかわからない。応援している人間にとってはひょっとして平安に戻ってしまうのか?そういう不安を抱えながらの日々…

当日が近づくにつれ、以降のスケジュールなども少し見えてきて、少し安堵しましたが。
折角の神戸。会場に行く前にちょっと寄り道したいところがあったんだけど…行ったらなんとこの日に限って臨時休業って(T_T)

仕方ないからどうしようかと迷いに迷って、平野商店街に向いました。
お目当てはマスダヤさんの「きよもんサイダー」(笑)好きなんですよ~。

その前に、時間もお昼ということで平野商店街で鍋焼きうどんを食べる(笑)

20140926三周年記念演舞005


そしてマスダヤさんに行ってきよもんサイダーを今回は5本購入することに。1年に1度来れるかという感じだからいつもよりも少し多めに買おう。そして他のお酒を見ると、「福寿」の1升瓶が売ってる!大阪とか京都とかだと700mlぐらいしか売ってなくて、これは買っておいたほうがいいかもと思ってサンディにメールをしたら「GJ!」と言われた(笑)

巉酒の神器ラベル


そして、知盛様がラベルを書いてる「巉酒の神器-さんしゅのじんぎ-」も一番小さいサイズを購入しました(^O^)時間はまだまだあるけど、駐車場の関係もあるので一路会場へ向いました。


≫続きをみる...

『平忠盛』語録
「平忠盛」の印象的な言葉を集めました

082.jpg

(これ以外にも気になるセリフなどありましたらお気軽にコメントしてください)


≫続きをみる...

映画「男たちの大和/YAMATO」で共演した山田純大さんが感じた俳優松山ケンイチとは。

006_20140925143118563.jpg



≫続きをみる...

「椿三十郎」「サウスバウンド」そして「僕達急行 A列車で行こう」で三度タッグを組ませていただき、ケンイチも大好きな監督でもある森田芳光監督が感じた松山ケンイチとは

042_20120321124728.jpg


≫続きをみる...

映画「家路」で初めてお仕事をした久保田監督から見た俳優松山ケンイチとは

009_20140212201726139.jpg


≫続きをみる...

2014.9.17記述

20140917001.jpg 


こんにちは! 私の彼女... ついに今夜初回放送です
今週から毎週水木は私の彼女と共にしてください~
特に僕たちの2人の女優、チャ・イェリョン、チョン・スジョンの風変わりな魅力を見ることができます
そして私たちのチョン兄弟姉妹のケミを期待してねふふふ今夜sbs 9時55分です

暫くすると誰かが字幕つきでUPしてくれるかしら?(笑)
リアルでPCで見る気力がない(この時管理上歯のテレビドラマが重なってて忙しいし…)
でも、楽しいドラマになるといいな…


『家路』DVD&Blu-ray発売情報
『家路』Blu-ray&DVDが2014/9/17 発売決定です

DVDパッケージ  


内容紹介


ここで、生きていく。3月11日ーーあの日、故郷を失った家族の再生の物語。

[セールスポイント]
◆ベルリン映画祭公式出品作品。
震災の影響で立ち入れなくなった故郷- 突然の弟の帰還がもたらす、家族の未来とは。
深い葛藤を抱えながら、希望を見出そうとする家族の感動の物語。
◆主演:松山ケンイチをはじめ内野聖陽、田中裕子、安藤サクラ等豪華キャストの卓越した演技力が胸を打つ。
◆監督は、ギャラクシー大賞をはじめ数々のドキュメンタリーの受賞歴を持つ久保田直。
劇映画デビュー作となる本作では25年以上にわたるテレビドキュメンタリーのキャリアを通じて追いかけてきた「家族の姿」を描く。
◆福島ロケで、日本の原風景ともいえる厳しいながらも美しい自然の中で、
「家族とは」「生きるとは」「人間の誇りとは」「命とは」を観るものに問いかける
◆主題歌は本作のテーマに共感したSalyu「アイニユケル」(作詞・作曲・編曲:小林武史)が作品の世界を彩る。

[内容解説]
“故郷"― それは、自分が生まれた場所。
かけがえのない家族がいた場所。
そこが無人になった時、故郷を捨てた弟が帰ってきた。
ある思いを胸に。


震災の影響によって、故郷が“帰れない場所"になってしまった。
先祖代々受け継いできた土地を失い鬱々と過ごす兄と、胸の奥に諦めと深い悲しみを抱えた母。
生きてきた土地を離れ、先の見えない日々を過ごす彼らの元へ、20年近く前に故郷を出たまま、音信不通だった弟が突然帰郷した。
たった一人で苗を育て、今はもう誰もいなくなってしまった田圃に苗を植える弟。
過去の葛藤を抱えながらも、故郷で生きることを決めた弟が、バラバラになってしまった家族の心を結びつけていく--

DVD版
[特殊内容/特典]
本編DISC+特典DISC【2枚組】特典DVD:
・メイキング
・ナビゲーション番組 映画「家路」の世界 希望を紡ぐ物語篇/想いを語る俳優篇
・ドキュメンタリー番組 ここで生きていく~映画「家路」がみつめた福島の今~・イベント集(ベルリン映画祭 プレミア試写会 )
◆初回生産版仕様 スペシャル・アウターケース付
◆初回生産版封入特典 インタビュー&フォトブックレット(16P) 封入
※初回特典は数量限定により、在庫がなくなり次第終了となります

Blu-ray版
[特殊内容/特典]
【2枚組】本編Blu-ray+特典DISC(DVD)
特典DVD:
・メイキング
・ナビゲーション番組 映画「家路」の世界 希望を紡ぐ物語篇/想いを語る俳優篇
・ドキュメンタリー番組 ここで生きていく~映画「家路」がみつめた福島の今~・イベント集(ベルリン映画祭 プレミア試写会 )
◆初回生産版仕様 スペシャル・アウターケース付
◆初回生産版封入特典 インタビュー&フォトブックレット(16P) 封入
※初回特典は数量限定により、在庫がなくなり次第終了となります

最終更新日:2014.9.16

≫続きをみる...

2014年9月17日から水・木曜夜10時に放送。SBS新水木ドラマ「僕にはとても愛らしい彼女」(脚本:ノ・ジソル、演出:パク・ヒョンギ)にRainが出演。





「僕にはとても愛らしい彼女」ハイライト映像

最終更新日:2014.9.16
≫続きをみる...

2014.9.12記述
シネマトゥディより

9月13日に公開される映画『るろうに剣心 伝説の最期編』をはじめ、今の映画に漫画は欠かせない存在となっている。しかし、原作のファンにしてみれば、その世界観を果たして実写で表現できるのか気になるところ。そこで今回は、漫画の実写化作品でファンの期待を裏切らないほどの完成度を見せたハマり役の数々を紹介する。文・構成:編集部 吉田唯


全文はこちら

おかっぱ頭が最高にキュート!『ピンポン』(2002)のペコ(窪塚洋介)




ピンポン ― 2枚組DTS特別版 (初回生産限定版) [DVD]
ピンポン ― 2枚組DTS特別版 (初回生産限定版) [DVD]
(2003/02/14)
窪塚洋介、ARATA 他

商品詳細を見る



猫背の天才青年を完コピ!『DEATH NOTE デスノート 前編』(2006)のL(松山ケンイチ)


003_20140912155411edc.jpg



「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートするやいなや、その衝撃的な内容が話題になった大人気漫画を実写映画化した本作。書き込んだ名前の人間を死に至らしめる不思議なノート「デスノート」を手に入れた青年・夜神月(藤原竜也)が理想の世界を作り上げようとするさまを、その野望を阻止しようとする人々との攻防を交えて描いている。

 本作で夜神月の正体を突き止めようとする天才青年・Lを演じたのは松山ケンイチ。目の下の真っ黒なクマや極度の甘党という設定、異常なまでの猫背など、原作でもその変人っぷりが印象的であったLを見事に再現した。実写映画化発表当時はどのように原作を再現するのか話題沸騰であったが、公開されてみると「まさにLそのもの!」と絶賛の声が相次ぎ、
松山はこの役で一気に知名度を上げることとなった。そのハマりっぷりはLを主人公にしたスピンオフ映画『L change the WorLd』まで製作されるほど。さらに松山は本作を含めた『DEATH NOTE』シリーズの演技が評価され、アジア太平洋地域の映画産業に貢献した人物に贈られるAPNアワードを受賞している。

古代ローマ人を演じたのはまさかの日本人!『テルマエ・ロマエ』(2012)のルシウス(阿部寛)



テルマエ・ロマエ 豪華盤(特典DVD付2枚組)テルマエ・ロマエ 豪華盤(特典DVD付2枚組)
(2012/11/23)
阿部寛、上戸彩 他

商品詳細を見る


アメコミだって負けていない!『アイアンマン』(2008)のトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)



アイアンマン デラックス・コレクターズ・エディション (2枚組) [DVD]アイアンマン デラックス・コレクターズ・エディション (2枚組) [DVD]
(2009/03/18)
グウィネス・パルトロー、テレンス・ハワード 他

商品詳細を見る


今やジョーカーの代名詞!『ダークナイト』(2008)のジョーカー(ヒース・レジャー)



ダークナイト 特別版 [DVD]ダークナイト 特別版 [DVD]
(2008/12/10)
クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン 他

商品詳細を見る


サブカル女子のバイブル!『ゴーストワールド』(2001)のイーニド(ゾーラ・バーチ)



ゴーストワールド [DVD]ゴーストワールド [DVD]
(2002/06/07)
ソーラ・バーチ、スカーレット・ヨハンスン 他

商品詳細を見る


カンヌで主演女優2人もパルムドールを受賞!『アデル、ブルーは熱い色』(2013)のエマ(レア・セドゥ)



アデル、ブルーは熱い色 [DVD]アデル、ブルーは熱い色 [DVD]
(2014/11/26)
アブデラティフ・ケシシュ

商品詳細を見る


「天下一決定戦~宴~」
全国の武将隊が集い、金の太刀を勝ち取る為にそれぞれの力を見せる年に1度の戦い「天下一決定戦~宴~」が三度開催される事になりました。



始めに

思い出してほしい。
かつてこの国には、十倍の敵にも怯まず、勝ち抜いた武士がいたことを。
貧困のドン底から、天下人へ上り詰めた武士がいたことを。
決して損得ではなく、自らの志に従い、命を賭けた武士がいたことを。
暗く、厳しく、混沌とした日本。故に、我らはよみがえる。
下を向く日本に、元気と勇気を届けるために。
郷土の英雄に、夢と希望を託し、いざ聖地へ。
忘れかけていた自信と誇りを、もう1度手にするために。
全国武将隊天下一決定戦「-宴(えん)-」、ここに開幕。


昨年は、本戦に出場できませんでしたが、今回神戸・清盛隊が本線に参戦する事になったようです。と言う事は…
9月以降も活動はあるという事だと思います。

今回は予選と決勝の日程および、会場に変更が有ります。


2014年9月13-15日セントレア空港 トーク・演武などイベント
予選2014年9月15日(祝)名鉄ホール
決勝2015年1月26日新宿文化センター

【参加武将隊】*あいうえお順

あいち戦国姫隊 公式サイト
安芸ひろしま武将隊 
公式サイト
奥州・仙台おもてなし集団 
公式サイト
忍城おもてなし甲冑隊 
公式サイト
熊本城おもてなし武将隊 
公式サイト
グレート家康公「葵」武将隊 
公式サイト
神戸・清盛隊 公式サイト
信州上田おもてなし武将隊 
公式サイト
土佐おもてなし勤王党 
公式サイト
名古屋おもてなし武将隊 
公式サイト
福岡黒田武将隊 
公式サイト

スペシャルサポーター
金澤百万石武将隊 公式サイト
岐阜城盛り上げ隊 公式サイト

一体どんな戦いになるのか楽しみですね♪
土佐やグレート,仙台、名古屋など一部メンバーが新しくなっておりますのでそれも楽しみですよね。
清盛隊がんばれ!

最終更新日:2014.9.12
≫続きをみる...

2014.9.9記述
innolife.netより

ジャンパープレゼント


4年ぶりにお茶の間カムバックを控えたRain(ピ)が、秋夕を迎えてスタッフにサプライズプレゼントを贈った。

Rain(ピ)は民族の大名節・秋夕をむかえて、撮影中のSBS新水木ドラマ『僕にはかわいすぎる彼女』のスタッフたちに、サプライズプレゼントを贈った。

制作社AストーリーはRain(ピ)が自ら準備したプレゼントを、スタッフ一人ひとりに渡す姿をキャッチした写真を公開した。朝夕の涼しさを心配したRain(ピ)はジャンパー100着を準備して、共に苦労する俳優やスタッフを喜ばせた。Rain(ピ)のサプライズプレゼントに、『僕にはかわいすぎる彼女』の撮影現場は、和気あいあいとした雰囲気が続いたという。

下半期をスタートする「驚きのファンタジーロマンス」として期待を集める『僕にはかわいすぎる彼女』は、大韓民国最高の芸能企画社AnAを背景に展開する「夢多きドリームガール」セナと、「謎の完ぺき男」の夢と愛を描いたドラマで、4年ぶりにテレビドラマに復帰するRain(ピ)と、f(x)のクリスタルの共演で話題を集めている。

こういうのも作品を作り上げて行く上ではモチベーションUPしますよね。
どんなジャンパーなのか、またこれから見る機会があるかな?(笑)
どうか無事に撮影が進みますように。

Rain中国映画「紅顔露水」に出演
中国映画「紅顔露水」は11月7日から中国(本土)にて公開予定。日本に来るか?

001_20140327130508643.jpg


最終更新日:2014.9.4


≫続きをみる...

2014.8.26記述

今回の作品、自分にとってもある意味思い入れがある作品だったりもします。

うちの両親の父親(私にとっての祖父)たちって、どうも病弱というのか?父方の祖父は元々健康な方ではなかったようですが、結核持ちだったので、戦地には行かず内地で飛行機のエンジニアの様な事をしていたと小さい頃よく祖父に聞きました(私のほうから話を聞かせてと言って)

そして母方の祖父は元々大工で戦時中は満鉄の仕事で家族で満州に行っておりました。母は4人姉妹で一番下の叔父は満州で生れたそうです。父がよく母に「お前、満州に住んどったくせに中国語しゃべられへんのんか」と言うと母は「向こうの中国人は日本語話していたから中国語なんかしゃべらんでも良かったんや」って。あと「(自分の周囲にいた)中国の人は皆親切やった」とも。我が家のトリのから揚げは他の物とは違って、にんにくと醤油などで下味を付けて片栗粉をまぶしその上からさらにパン粉を付けて揚げます。それは祖父が満州時代に中国の人から教えてもらったそうで、それが母に、そして私たち子供たちに受け継がれています。我が家のトリ唐はそんな感じです。

あと、冬になると、学校の校庭に水をまいて一晩すると氷がはって子供たちはスケートを楽しんでいたそうです。母もスケート靴を祖母におねだりしたそうですが「小2になったらスケート靴を買ってあげる」と言われ、それを心待ちにしていたそうです。しかし、祖父の持病が悪化してそのまま仕事を続ける事が難しくなったため、昭和19年の春(母が小2になる前)に一家は日本に引き揚げてきました。

だから、日本残留孤児やこういう引き揚げの書籍やドラマやニュースを見るともし、祖父がそのまま終戦まで持病が悪化する事なければ、母ももしかしたら、こういう人達のようになっていたかもしれない、そうしたら今、自分はここにはいなかったのかもしれないといつも思いますし、だから、満州や残留孤児などの物語の作品って、他人事のようには思えず、自分のことのように見るし、幼い頃から中国と言うところに何かしら魅力を感じていたんだと思います。

同じような題材の作品ではNHKさんが制作、満島ひかりさんが主演していた「開拓者たち」。これは千振開拓団に日本からお嫁に行った女性を主人公にした作品でしたが、ここでも過酷な逃避行、そして収容所で辛く厳しい生活が描かれていました。そういう事も今回のドラマにリンクしながら観ておりました。

ということで前置きが長くなりましたが本題と参りましょう(笑)あっ、本文も長いんですけどね(汗)





以前、ある人が言っていました「死は死でしかない。どんな風だとしても死でしかない」と。
でも、死は確かに死だけれど、ゼロになるわけではないと思うし、必ずしも死≠すべてがなくなる、ではないと思う。
どんな物にだって死は訪れる。でも、死に向かって生きているけれど、その為には生きなければならない。
どんな事があっても自らの死が訪れるその瞬間まで生きていなければならない。
このドラマで死んでいった子供たちも、単に死んでいったんじゃない。三郎君の残した手紙ではないけれど、皆本当に頑張って生きた。だからこの物語は単に戦争の犠牲になって祖国の土を踏めず死んだ子供たちの可愛そうな物語というのではなく、逆境の中でも頑張って生きようとした子供たちの物語だと私は感じます。


≫続きをみる...

映画「家路」関連情報
 2014年3月1日公開「家路」に関する情報です。

公式サイトトップページ002


物語

 震災の影響によって、故郷が“帰れない場所”になってしまった。
 先祖代々受け継いできた土地を失い、鬱々と過ごす兄と、胸の奥に諦めと深い悲しみを抱えた母。生きてきた土地を離れ、先の見えない日々を過ごす彼らの元へ、20 年近く前に故郷を出たまま、音信不通だった弟が突然帰郷した。たった一人で苗を育て、今はもう誰もいなくなってしまった田圃に苗を植える弟。過去の葛藤を抱えながらも、故郷で生きることを決めた弟が、バラバラになってしまった家族の心を結び付けていく。


2014.9.2記述
日本弁護士連合会の情報より

~映画『家路』の上映とトークイベントを行います~第55回「法の日」週間記念行事 法の日フェスタ 法を身近に感じてみよう

毎年10月1日は「法の日」です。「法の日」は、皆さんに、法の役割や重要性について考えていただくきっかけとなるように設けられました。毎年、「法の日」の週を「法の日」週間として、最高裁、法務省・最高検及び日弁連の共催でイベントを行っています。

今年の日弁連は、東日本大震災・福島第一原子力発電所事故の影響で故郷を失いバラバラになってしまった家族が再び絆を深めていく姿を描いた映画「家路」の上映と、ジャズシンガーの綾戸智恵さんや、被災地・被災者の復興に携わる弁護士とのトークイベントを行います。

被災した人々の復興に向けての様子や、現在の被災地、それを応援する人々の生の声を聴くことのできる貴重な機会ですので、皆さまぜひご参加ください!

上映会の詳細はこちら


公式サイトはこちら
facebookはこちら
ツイッターはこちら



Lに捧げるちいさな図書館の『まろうさぎさんの「家路」久保田直監督ティーチインレポ in シネマート六本木


「家路」予告編




最終更新日:2014.9.2

≫続きをみる...

いつも訪問ありがとうございます
 2009.2.9に始めたこのblog「感じる存在感」ですが、皆様本当にいつもご訪問いただきありがとうございます<(_ _)>

1周年ありがとう


2015.10.4記述


いつも「感じる存在感」に訪問してくださる皆々様、本当に感謝しております<(_ _)>
本日、訪問者が「60万カウント」達成いたしました。\(^o^)/


「ふたがしら」「ど根性ガエル」で楽しい夏を過ごして、少し寂しい秋がやってきた中での訪問者60万人達成と言う嬉しい一報です。
Rainも新事務所に移籍も無事決まって、これからの活動も楽しみ、ですが、ケンちゃん、そして松山家も映画の撮影や小雪さんも奉納舞台に向けて忙しい日々を過ごしていると思います。他の俳優さんに比べるとゆっくりとした活動かも知れませんが、1作1作大切に、私たちの心にキラキラした何かを残してくれる事が何より嬉しく思いますし、色んな番組で新たなファンを作っている事も嬉しいですよね。

これからもボチボチと応援長く続けて行きたいと思いますので宜しくお願いします。


≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .