感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2015.1.27記述
TVREPORTより

001_20150127212942e2c.jpg



中国ドラマ「DIAMOND LOVER」のRAIN(ピ、本名チョン・ジフン)とタン・イェン(湯嬿)の甘いワンシーンが公開された。

26日、ドラマ「DIAMOND LOVER」の公式WeiboでRAINとタン・イェンのハグシーンを収めたスチールカットが公開され、ファンの視線を集めた。

公開された写真でドラマの男女主人公であるRAINはタン・イェンを後ろから抱きしめている。タン・イェンはRAINにギュッと抱きしめられながら幸せそうに微笑んでおり、RAINもタン・イェンを抱きしめながら明るい笑顔を見せ、幸せそうな雰囲気を漂わせた。

中国で2015年の期待作として挙げられている「DIAMOND LOVER」は、醜い女性が輝くダイヤモンドになる過程で幸せを探すストーリーを描いたロマンスドラマで、RAINは世界最高のダイヤモンド会社の代表ソン・シャオリャン役に扮し、完璧で冷たい都会の男を演じ、ヒロインミドゥ(タン・イェン)の心を揺さぶる予定だ。

台湾版「運命のように君を愛している」を演出したチェン・ミンチャン(陳銘章)監督がメガホンを取った「DIAMOND LOVER」は1億5千万元(約261億ウォン)という巨額の制作費と韓流スターであるRAINと中国で熱い人気を誇る女優タン・イェンの共演で話題を集めている。12月頭にクランクインした「DIAMOND LOVER」は3ヶ月間にわたり中国の上海をはじめ、韓国、ベルギーなどで撮影を行う。


ほんわかしたドラマになってるのかな?
もしかしたら中国で放送した後、日本のBSかCSで放送してくれるかもしれない?
でも、韓国とか中国とかこういう感じの役が多いね~。
コメディかもっとハードな感じの作品も観てみたい…

スポンサーサイト
冬幻舎plus『天の茶助』ページ開設
冬幻舎からSABU監督の書き下ろし小説が発行されるようです。公開と発行に向けて特設ページが開設されたようです。

003_20150121194840991.jpg


SABU監督の書き下ろし小説『天の茶助』(幻冬舎より発売予定)を、監督自ら映画化!! 日本での映画公開(6/27)まで〈茶助情報〉を随時更新いたします。


【更新情報】

2015.121
 SABU/松山ケンイチ主演天の茶助 映画化決定!!SABU

無料会員登録などもできます。

ブルース・ウィリス主演作「The prince」にRainが出演しております。 日本での公開は2015年1月12日~全国順次公開されるようです。




【ストーリー】
裏社会に一大勢力を築く組織のボス・オマール。かつて彼の妻子は殺し屋の手によって仕­掛けられた爆弾で、無残にもその命を奪われていた。犯人の殺し屋は<プリンス>のコー­ドネームで裏社会にその名をはせた男。しかし事件を境に消息を絶ち、オマールは以来そ­の行方を追い続けていた。一方標的だったオマールを殺すはずが、誤ってその家族の命を­奪ってしまったことをきっかけに、足を洗ったかつての殺し屋<プリンス>ことポール。­今は田舎で自動車整備工場を営みながら、ひっそりと暮らしていた。過去の殺伐とした世­界とはかけ離れた平穏な暮らし。しかし、そんなある日突如ポールの娘が行方不明になる­。何かの事件に巻き込まれたのか?必死に娘を捜索するポールの脳裏にかつての標的たち­の影がよぎる。「これは俺への復讐なのか!?」愛する娘を救うため、ポールが再び銃を­持った時、男たちの非情な運命が交錯する!!


とりあえずというかさすがハリウッド映画?ブルース・ウィリスが出演してるから?どちらでもええけどひとまず公開してるようなので後は関西での公開時に見にいけるかどうかが心配だ…。

最終更新日:2015.1.20


≫続きをみる...

「イタコ俳優」と命名した李闘士男監督が感じた松山ケンイチとは…

PDVD_000_2015011312230412c.jpg

  
≫続きをみる...

『平忠正』語録
平忠盛の弟で清盛の血の繫がらない叔父である「平忠正」の印象的な言葉を集めました。

PDVD_133_20120329150409.jpg

(これ以外にも気になるセリフなどありましたらお気軽にコメントしてください)

≫続きをみる...

『源為義』語録
源義朝の父「源為義」の印象的な言葉を集めました。

PDVD_186.jpg

(これ以外にも気になるセリフなどありましたらお気軽にコメントしてください)


≫続きをみる...

2015.1.8記述
シネマトゥディより

全国10か所の映画祭のディレクターが選考した結果を基に、審査委員長を務めるビートたけしが独断で選ぶ「第24回東京スポーツ映画大賞」のノミネーションが6日、決定した。

東スポノミネート


最多は、宮沢りえが7年ぶりに映画主演を務めた『紙の月』の計8ノミネート。本年度の米アカデミー賞日本代表であった綾野剛主演作『そこのみにて光輝く』は計7ノミネートとなった。
.
 新人賞には、オーディションで選ばれた演技経験のまったくない素人を含む7人の女性をキャスティングした、『キツツキと雨』『横道世之介』の沖田修一監督作『滝を見にいく』から“滝を見に行った7人のおばさん”が選出されるなど、同賞ならではのユニークな候補者も目立っている。
.
 受賞結果は、これらの選考を基に今月下旬、たけし委員長が最終ジャッジを行い、同紙紙面で発表される。授賞式は2月22日、都内のホテルにて行われる。(編集部・中山雄一朗)
.
「第24回東京スポーツ映画大賞」ノミネーションは以下の通り。

作品賞
『そこのみにて光輝く』
『紙の月』
『百円の恋』
『蜩ノ記(ひぐらしのき)』
『野のなななのか』
『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』

監督賞
呉美保『そこのみにて光輝く』
吉田大八『紙の月』
大林宣彦『野のなななのか』
石井裕也『バンクーバーの朝日』『ぼくたちの家族』
小泉堯史『蜩ノ記(ひぐらしのき)』
武正晴『百円の恋』
周防正行『舞妓はレディ』

主演男優賞
綾野剛『そこのみにて光輝く』
大泉洋『青天の霹靂』
役所広司『蜩ノ記(ひぐらしのき)』
唐沢寿明『イン・ザ・ヒーロー』
妻夫木聡『ぼくたちの家族』
松山ケンイチ『家路』『春を背負って』
浅野忠信『私の男』
染谷将太『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』

主演女優賞
宮沢りえ『紙の月』
池脇千鶴『そこのみにて光輝く』
安藤サクラ『0.5ミリ』『百円の恋』
二階堂ふみ『私の男』『ほとりの朔子』
芦田愛菜『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』
片桐はいり『小野寺の弟・小野寺の姉』
松たか子『小さいおうち』
橋本愛『リトル・フォレスト 夏・秋』
田中裕子『家路』

助演男優賞
池松壮亮『ぼくたちの家族』『紙の月』『バンクーバーの朝日』
菅田将暉『そこのみにて光輝く』
岡田准一『蜩ノ記(ひぐらしのき)』
伊藤英明『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』
佐藤浩市『バンクーバーの朝日』
山本剛史『超能力研究部の3人』
坂田利夫『0.5ミリ』
新井浩文『百円の恋』
平幹二朗『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』
神木隆之介『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』
杉本哲太『2つ目の窓』
豊川悦司『春を背負って』
火野正平『そこのみにて光輝く』
鈴木亮平『TOKYO TRIBE』
藤竜也『私の男』


助演女優賞
小林聡美『紙の月』
大島優子『紙の月』
富司純子『舞妓はレディ』
黒木華『小さいおうち』
池脇千鶴『そこのみにて光輝く』

新人賞
上白石萌音『舞妓はレディ』
大島優子『紙の月』
小松菜奈『渇き。』
清野菜名『TOKYO TRIBE』
池松壮亮『ぼくたちの家族』『紙の月』『バンクーバーの朝日』
武田梨奈『祖谷物語 -おくのひと-』
門脇麦『愛の渦』
山本美月『東京難民』
大島美幸『福福荘の福ちゃん』
劇団ひとり『青天の霹靂』
登坂広臣『ホットロード』
小芝風花『魔女の宅急便』
鈴木亮平『TOKYO TRIBE』
山崎紘菜『野のなななのか』
滝を見に行った7人のおばさん『滝を見にいく』
.

外国作品賞
『ジャージー・ボーイズ』
『グランド・ブダペスト・ホテル』
『アデル、ブルーは熱い色』
『ゴーン・ガール』
『チョコレートドーナツ』

たけしさんがこの中で誰を選出するのか…
今までケンちゃん、ノミネートされたことあったかなぁ?
今回は2作品でノミネートされておりますが…
他には「家路」で田中裕子さんが、「春を背負って」では豊川悦司さんがノミネートさて鄭ます。
いずれも強豪揃いの中でもしこの中の1人でも受賞してくれると本当にうれしいことはありません。
もちろん、一番望んでいるのはもちろんケンちゃんの受賞ですけど、たけしさんどうでしょう?


木村大作監督ようやくお仕事が一緒に出来ますね。木村監督から見た俳優「松山ケンイチ」とは。

014_2014050523011554e.jpg


≫続きをみる...

新年おめでとう
2015.1.8記述

20150108.jpg


みんな元気だった?
仕事をしていたら遅くなってしまいましたね。
新年おめでとう。

昨年末は中国のテレビドラマの撮影に入ったりしていて、今もまだ撮影続いているのかしら?
少し、時間あったのかな?正装姿でのご挨拶(^O^)
若干お疲れ気味でない?今年も精力的にお仕事頑張って欲しいですね。
昨年公開されたハリウッドや中国の映画、日本で公開してもらえるのかな?それも気になるところです…


2015.1.5記述
zakzakより

この年末年始、どこに行っても人だらけ。だったら、いっそのこと家でゆっくりと映画観賞というのもいいかも。
邦画に洋画、アニメにドラマ…、見れば元気になれる1本をご紹介します。


原文はこちら


≫続きをみる...

2015.1.5記述
神戸経済新聞より

生田神社(神戸市中央区下山手通1)境内で1月4日、神戸・清盛隊による演舞奉納が行われた。

0104生田神社001


 正月三が日で約150万人の参拝客が訪れたという平家ゆかりの同神社。同隊メンバーは年頭に当たり神事に参加し、その様子を見ようと多くのファンが境内に集まった。

 棟梁(とうりょう)・平清盛が玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行い、演舞を奉納。その後、ファンに向けて新年のあいさつをした。企業・個人の新年特別祈願が行われる中、突然現れたみやびないでたちのメンバーに参拝客は驚きの表情を見せていたが、最後は大きな拍手で同隊を見送った。

 清盛は「昨年もこの生田神社さまで演舞奉納をさせていただき非常に実りよい年になりました。今年もこうしてまたお世話になれたことは誠にうれしく、昨年以上に実りよい年にできるのではないかと思うとります。そのためにも7人力を合わせて神戸を盛り上げ、より良い1年を過ごせるように頑張っていきますので、どうぞ皆さま、今年もよろしゅうお願いいたしまする」と話した。

0104やりたい放題001


 この日、同隊は発足当時から世話になっているという兵庫区の和田神社にも新年のあいさつのため参拝。夕方からは、「Ageha Base(アゲハベース)」(下山手通2)で年初めのユーストリーム番組「清盛隊のやり隊ほう題・新春スペシャル」の公開生放送を行った。今後も「兵庫津歴史館・岡方倶楽部」(兵庫区)や「北野工房のまち」(中山手通3)で毎月イベントを開催するほか、ラジオやテレビ番組への出演、全国のイベントへの出演などを精力的にこなしていくという。

原文はこちら

年始の生田さんでの奉納演舞は恒例行事になりつつありますよね。こうして地域の方々に愛されて、それをまた平家の皆様が返して行くことが素晴らしいことだと思いますし、彼らの存在理由だと思います。ただ、知盛様がどうもインフルエンザのようで参加出来なかったことは残念だったと思いますが、何よりつらいのは御本人だと思いますので無理せず、気負わず、治癒に専念してまた素敵な笑顔を見せてくれる事が第一ですよね。

生田さんで初めて清盛隊を見た方々が少しでも彼らに興味を持ってくださると嬉しい限りです。
そして、「やりたい放題」もう、最後のババ抜きが最高でしたね。なんか宗盛様こう言う勝負事になるとことごとく神業を見せてくれますよね(笑)今年も沢山楽しく生きていただきたいものです(^O^)

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .