感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2015.4.22記述
CINEMATOPICS ON-LINEより

監督デビュー作『弾丸ランナー』(1996)以来、国内はもとより海外からも熱い視線を浴び続けるSABU監督の最新作『天の茶助』が6月27日(土)より全国公開いたします。本作は、異世界をめぐる独特のファンタジーでありながら、南国・沖縄を舞台に笑いと涙、愛とスリルの人間ドラマが弾ける痛快エンタテインメントです。

主演は、『うさぎドロップ』に続きSABU監督との再タッグとなる松山ケンイチ。茶助をめぐる面々には大野いと、
伊勢谷友介、田口浩正、玉城ティナといったニューフェイス組に加え、SABU組常連の大杉漣、寺島進がさらなる支えに回って見事に脇を固めています。さらに地元エキストラの全面協力により沖縄ゆかりの祭事、祭礼が混沌と再現されるクライマックスのダイナミックな映像表現も大きな見どころです。

名匠・北野武を擁するオフィス北野が制作を担当。SABU監督の作家性が100%保障された本作品は、第65回ベルリン国際映画祭コンペティション部門にも選出されました。

この度、本編より迫力満点の沖縄の「伝統エイサー」のシーンを解禁させていただきます。
全編沖縄で撮影された本作には、沖縄各地の様々な伝統芸能団体が登場しています。その中には、世界各地で公演する伝統エイサーの青年会や、映画初出演となる貴重な伝統エイサーまで!さらに、映画のクライマックスでは、普段では絶対に一堂に会することのない伝統芸能の団体が集結し、奇跡のコラボレーションが実現致しました。

まず、地上に降り立った茶助が遭遇するのは、世界的に名高い伝統芸能「エイサー」です。沖縄市を代表する青年会のひとつである「沖縄市園田青年会」による迫力ある勇壮なエイサーはこの映画前半の大きな見どころです。

SABU監督コメント:
「エイサー団体ひとつをとってもとんでもない数があるんです。全部を呼びたかったんですけど、中でも白塗りをして踊る『こっけい』には特別な想いがありました。ユリを助けられなかった茶助がうなだれて歩いているところに出て来ますけど、あのシーンが一番好きなくらい。そして、茶助が天界から降りて来たときに舞っている「沖縄市園田青年会」は特に協力的で、撮影のために何回も演じてくれました。気温の高い沖縄で、梅雨の湿度も合わさって、それはもう息苦しい程の暑さなんです。それなのにOKが出たあとに、もう一回と、出演者とスタッフの為だけに演舞して下さった時にはただただ感動で胸がいっぱいでした。」





第16回 沖縄物産展


日程 : 4月23日(木)~4月28日(火)
時間 : 10時~21時 ※最終日は18時閉場
会場 : 東急渋谷駅・東横店 西館8階 催物場
コラボ内容 : 『天の茶助』プレスシート(10名様分)、オリジナルエコバック(10名様)、ムビチケ(5組10名様)が当たるプレゼントキャンペーンを開催いたします。

東京、そして近郊にお住まいの方、プレゼント申し込みでまずは運試しと云うのはいかがでしょうか?(^O^)
地上に降りた茶助と、エイサーの太鼓の音の迫力、きっと劇場で見るとさらに迫力を増してこちらに伝わってくるんだろうなぁ~。



スポンサーサイト
 2015.3.23記述




ドラマを観て一番感じたこと…現代の紅白も改めて原点回帰して欲しい。
単に人気ある人達を大勢出すだけでなく、いいじゃないですか?
演歌があって、POPSもあって、童謡があっても…

それまで、童謡とか演歌とかと思っていたけれど、このドラマを見た多くの人達はきっと思ったはず。「良いじゃないか、こういう紅白も」ってね。(本当に某姉妹ごめんなさい<(_ _)>)

日本が死んだと言ってもいいこの年に、自らも放送に対する希望を見出せずもがき苦しむ主人公が、人々に少しでも明るい年を迎えられるようにと考えた「紅白歌合戦」の本来の目的に戻ってみる事って。

きっとこのドラマをみた多くの人達も同じように感じたんじゃないか思うし、ドタバタありながらもそれを成し遂げようとした人達の思いが伝わってくる作品でした。
(以下、長くなりますので御了承ください)

≫続きをみる...

『崇徳天皇』語録
『崇徳天皇』の印象的な言葉を集めました。

180.jpg

(これ以外にも気になるセリフなどありましたらお気軽にコメントしてください)

≫続きをみる...

第30回『平家納経』
2012年7月29日放送

003_20120728225649.jpg

応保元年(1161)、崇徳上皇(井浦新)は配流先の讃岐にいた。
今は静かに暮らす崇徳だったが、弟への侘びの気持ちを込めて写経をしたため、後白河院(松田翔太)に送る。

一方、後白河上皇と滋子との間に、憲仁親王が誕生した。
時忠(森田剛)は平氏の血の流れる憲仁を東宮にしようと画策するが、二条帝(冨浦智嗣)に知られ、清盛によって解官させられてしまう。

崇徳の送った写経は、破られて送り返された。
子・重仁の突然の死の知らせに、崇徳はついに恨みの頂点に達する。西行(藤木直人)によって崇徳の怨霊話を聞いた清盛(松山ケンイチ)は、一門で経典を厳島神社に納め、一門の繁栄を祈願することを思いつく。


≫続きをみる...

2015.4.17記述

0417中国001


歌手で俳優のRAINが16日、マカオで行われた第19回チャイナ・ミュージック・アワードに出席。旅客船「セウォル号」沈没事故から1年を迎えるに当たり、黄色いリボンを身に着け哀悼の意を表した。

 RAINは同日、中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」に「僕はチャイナ・ミュージック・アワードに来ています。ファンの皆さん、感謝しています」という書き込みとともに写真を掲載。写真を見ると、RAINはセウォル号沈没事故の犠牲者に対する哀悼の意を込めた黄色いリボンをつけ、授賞式に出席していた。

 なお、RAINはこの日、「アジアで最も影響力のある韓国のアーティスト賞」を受賞した。

受賞おめでとうございます♪
そうだよね~、もう1年なんですね。でも現地での状況は今も進展してないように思えます。
船体を引き揚げて船内にいるかもしれない遺体を1日でもは役収容して欲しいと願う遺族と朴大統領もその方向で進めたいみたいだけど、それに反対する人たちもいて、どないもならない状態…この日は多くの芸能人の皆様が黄色いリボンのバッチなどを付けてイベントに参加されていましたね。

Rainも髪が伸びで良い感じです(笑)

映画「天の茶助」で初めてお仕事を共にされた市山Pから見た俳優松山ケンイチとは。

レッドカーペット009


≫続きをみる...

2015.4.14記述

WOWOWで6月から連続ドラマWでオノ・ナツメ原作の「ふたがしら」が放送されるのに合わせ、同じオノの原作によるTVアニメーション「さらい屋五葉」全12話を一挙放送。

さらい屋五葉


 このアニメは、気弱で恥ずかしがり屋ながら剣の腕は確かな浪人・秋津政之助が主人公の新感覚時代劇。行き掛かり上、人さらいの集団「五葉」に加わることになった政之助が、ひと癖も二癖もある個性的な五葉の面々とともに仕事を行なううちに、人として成長していく物語で「ふたがしら」は前日譚にあたる。

監督とシリーズ構成はスタジオジブリ制作『海がきこえる』などを手掛けてきた望月智充、キャラクターデザインはクエンティン・タランティーノ監督映画『キル・ビル』のアニメパートを担当したことで知られる中澤一登が務めている。

<ストーリー>
剣の腕は立つものの、気弱で恥ずかしがり屋の浪人・秋津政之助は、江戸で用心棒をしていたが、人前に立つことが苦手な性格が災いし、せっかく決まった仕事も首になってしまう。勤め先が見つからず町をぶらついていたある日、弥一と名乗る遊び人に遭遇。弥一は、初対面にも関わらず、政之助の剣の腕を見込み自分の用心棒になるよう依頼する。二つ返事で引き受けた政之助だったが、実は弥一は人をさらって大金をせしめる集団「五葉」の一味だった。

行き掛り上とはいえ、不本意にも誘拐組織を手助けすることになり、お人よしの政之助は落ち込む。だが、盗賊団から足を洗い娘と料理屋を営む梅造、飾り職人でかつては一匹狼の盗賊だった松吉、素性の知れない妖艶な美女・おたけ、そして、口達者ながら自らの過去を語りたがらない頭目の弥一ら五葉の面々がそれぞれ抱える事情に関係するうちに、政之助はやがて人として成長を遂げていく。


<スタッフ・キャスト>
原作:オノ・ナツメ(小学館「月刊IKKI」)、監督・シリーズ構成:望月智充、キャラクターデザイン:中澤一登、総作画監督:山下喜光、美術設定:佐藤正浩(ヘッドワークス)、美術:渡辺三千恵(グリーン)、小物設定:常木志伸、色彩設計:一瀬美代子、編集:長坂智樹(ジェイフィルム)、撮影監督:山田和弘(旭プロダクション)、音楽:小西香葉・近藤由紀夫(MOKA☆)、音響:神南スタジオ、アニメーション制作:マングローブ
声の出演:浪川大輔(役名:秋津政之助)、櫻井孝宏(役名:弥一)、大浦冬華(役名:おたけ)、高塚正也(役名:梅造)、内田夕夜(役名:松吉)、木下浩之(役名:八木平左衛門)、高梁 碧(役名:お絹)、宝亀克寿(役名:ご隠居)


さらい屋五葉
6月12日(金)深夜1:00~(全12話)[第1話無料放送]

<関連番組>
土曜オリジナルドラマ 連続ドラマW ふたがしら(全5話)   
6月13日(土)スタート毎週土曜 夜10:00[第1話無料放送]

直接ドラマとは関係ないんだけど、この作品の中に、弁蔵と宗次が登場するそうです。この作品時代から遡った物語が「ふたがしら」となるそうで、この作品では、メインキャラクターではないけれどアニメを観ることでより蓋頭が楽しめそうな気がします。


2015.4.10記述
cinemacafenetより


014_20150410210200574.jpg



WOWOW連続ドラマW「ふたがしら」や『の・ようなもの のようなもの』(仮題)など主演作を控える松山ケンイチを迎え、『うさぎドロップ』に続きSABU監督との再タッグとなった『天の茶助』。この度、南国・沖縄を舞台に描いた本作から「ORANGE RANGE」のメンバーでボーカルを務めるRYOが地元作で映画初出演を果たしていることが明らかになった。

天界――。白い霧が漂い、どこまでも続くような広間。そこでは数えきれぬほど多くの脚本家が白装束で巻紙に向かい、下界の人間たちの「シナリオ」を書いていた。人間たちは彼らが書くシナリオどおりに人生を生き、それぞれの運命を全うしているのである。茶番頭の茶助(松山ケンイチ)は脚本家たちに茶を配りながら、そんなシナリオの中で生きている人間たちの姿を興味深く眺めていた。中でも、口のきけない可憐で清純な女性・新城ユリ(大野いと)への関心には恋心にも似た感情があった。

そのユリが車に跳ねられて、死ぬ運命に陥ってしまったことを知る茶助。ユリを救う道はただひとつ、シナリオに影響のない天界の住人・茶助が自ら下界に降り、彼女を事故から回避させるしかなかった…。

第65回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門にも選出されている本作には、主演の松山さんを始め、大野いと、伊勢谷友介、田口浩正、玉城ティナ、さらにSABU組常連の大杉漣、寺島進が脇を固めている。

そんな中、RYOさんが演じるのは、ヤクザである黒竜会の黒木(寺島進)に茶助(松山ケンイチ)の殺害を依頼され、陰から茶助を狙う超絶危険なドレッドヘアーの殺し屋・根岸一輝役。映画初出演ながらも、寡黙なスナイパーを好演している。

実力派俳優陣が集結している中で、初めてとは思えない自然な演技と存在感を解き放つRYOさん。危険な香りを漂わせるスナイパー姿をぜひ劇場で確かめて。

『天の茶助』は6月27日(土)より全国にて公開。


予告編で茶助が銃弾に撃たれると思われるシーンがありますよね。
その後、茶助がどうなるのかも気になるけどね(^O^)


2015.4.10記述
cinemacafenetより

002_201504100856194ee.jpg


大河ドラマ「平清盛」以来3 年ぶりの連続ドラマ主演となる松山ケンイチと、「100年にひとりの女形」といわれる早乙女太一がタッグを組む、WOWOWの連続ドラマW「ふたがしら」。このほど、松山さん&早乙女さんの敵役として、「相棒」後、初のドラマ出演となる成宮寛貴と時代劇初挑戦となる菜々緒が出演していることが分かった。

豪放な性格の弁蔵(松山ケンイチ)とクールな色男・宗次(早乙女太一)は、八王子の飛脚問屋で働いていた。彼らの裏の顔は“赤目”を名乗る盗賊。「脅さず殺さず汚え金を根こそぎいただく」のが赤目の仕事。ある日、赤目の頭(かしら)・辰五郎が「一味のこと、まかせた」と2人に託し息を引き取るが、姐さん(菜々緒)が預かった遺言状には、跡目は辰五郎の弟分 ・甚三郎(成宮寛貴)に継がせると記されていた。納得のいかない2人は、一味とたもとを分かち、旅立つ決意をする…。

オノ・ナツメによる原作マンガを『ジョーカー・ゲーム』『日々ロック』などで知られる入江悠監督が手掛け、連続ドラマWとしては初の試みとなる時代劇となる本作。

成宮さんが演じるのは、“つとめ”を果たすためには殺しも躊躇わない、非道な男・甚三郎。脚本を読んだ際、「どれだけ魅力的な悪役ができるか挑戦したいなと思いました」と真摯に語る成宮さん。

「いま、このタイミングでこの作品をやらせていただいたことに意味を感じます。初めて同じ役を長く演じた『相棒』が終わり、そのあとすぐに参加した作品。『相棒』で学んだことを早く他の作品、役で試したかったし、自分への期待も含めた“挑戦”の意味合いがあった」と話し、本作に「良いタイミングで出会えた」と明かす。

初共演となる菜々緒さんとは、
「はじめましての挨拶からすぐにキスシーンだったりと、2人でのシーンが多かったので、限られた時間の中でどれだけ信頼関係を築いていけるか」に留意していたとのこと。「“おこん”と“甚三”のラストシーンがお気に入りです」とコメントしてくれた。

また、菜々緒さんが演じるのは、辰五郎の妻でありながら、甚三郎と関係を持ち、過去には弁蔵と宗次とも関係を持っていたという魔性の女・おこん。「脚本を拝見したとき、一人一人の思いや、様々な愛の形が垣間見え、いろんな感情が込み上げてきました。やはり、この時代から日本人は人情深いというか、想い、気持ちが強い人たちが多かったのかな、と考えさせられる部分がありました」と物語に心打たれた様子。

「辰五郎とおこんは、相思相愛。優しく、寛容で、賢い、辰五郎を愛しているおこん。男の世界も凄いですが、その世界で生きていくおこんも凄い。弁蔵とも、宗次とも、甚三郎とも関係をもっているおこんを側における辰五郎も、それを分かっていて側にいるおこんも、歪んでいるけど、愛がある」と役柄を鋭く分析。

「辰五郎の愛以上に歪んでいるのが、甚三郎との愛」と言うが、甚三郎の傲慢な部分とは裏腹に成宮さんには優しくリードしてもらったそう。「初共演で濃密なシーンが多かったですが、お陰様でぶつかっていけました」と語り、体当たりのラブシーンをふり返っていた。

連続ドラマW「ふたがしら」は6月13日(土)22:00よりWOWOWにて放送(全5話)。

なかなか菜々緒さんの髷姿お似合いですよね~。
成宮さんとケンちゃんとの共演はNANA振り?2人とも陀羅尼大人になってどんなから実を見せてくれるのか楽しみです。
前5話かぁ~どういうエピソード、何処までドラマに反映されてるんだろう?

他のキャスト情報も知りたいし、早く主人公2人の髷姿みたいよね~(>_<)
2015.3.26~2015.4.6まで第39回香港電影節に「天の茶助」が上映されることになりました。



「天の茶助」の上映は
4月6日 PM3:15 香港文化中心
4月4日 PM6:45 The Grand Cinema

第39回香港国際映画祭の公式サイトはこちら

香港映画祭もケンちゃんにとって思い出のある所ですね。
ドラマの撮影あるけど、香港には行くのかしら?
多分、この作品は香港で大々的に公開されるんじゃないかと思います。
きっと、チケットすぐ完売するんじゃないかと思いますけど・・・(^O^)
香港では「天使の茶助」なのね(笑)(ローマ字だと天の茶助と書かれてるけど)


2015年4月1日~6日までオランダで開催されるCinema Asia Festivalに「天の茶助」がクロージング上映と決まったようです。

011_20150316161318f4c.jpg



「天の茶助」の上映は4/6の(現地時間)午後8:00~

詳しくは映画祭の公式サイト
映画祭の「天の茶助」の紹介ページは
こちら

やはり、ベルリンでの上映の影響が大きいのかな?
少しでも沢山のオランダの人達に作品を観てもらえると良いなぁ~
日本より早く見れて羨ましい…。

『美福門院得子』語録
鳥羽天皇の側女から国母になった「美福門院得子」の印象的な言葉を集めました。

PDVD_075_20120727144428.jpg
(これ以外にも気になるセリフなどありましたらお気軽にコメントしてください)

≫続きをみる...

『平家貞』語録
平氏代々の家人「平家貞」の印象的な言葉を集めました。 

PDVD_044_20120727150417.jpg

(これ以外にも気になるセリフなどありましたらお気軽にコメントしてください)

≫続きをみる...

第29回『滋子の婚礼』
2012.7.22放送

002_20120722001712.jpg

永暦元年(1160)、平清盛(松山ケンイチ)はついに公卿の座にのぼった。
それは父・忠盛(中井貴一)もなしえなかった快挙であった。平氏は一門の多くが出世し、この世の春を謳歌する。家貞(中村梅雀)や美福門院(松雪泰子)も世を去り、時代は大きく変わりつつあった。

そんな折、上西門院の女房となっていた清盛の義妹・滋子(成海璃子)は時忠(森田剛)から二条帝(冨浦智嗣)のもとへの入内をもちかけられるが、きっぱりと拒否をする。二条帝とそりが合わず面白くない後白河院(松田翔太)はある日、宮中で滋子と会い、一目でその姿と気の強さに心ひかれる。やがて滋子は五白河院の子を懐妊、平氏一門は大騒ぎになってしまう。


≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .