FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2015.5.19記述
cinemacafenetより

20150519杉原千畝記者会見001


映画『杉原千畝 スギハラチウネ』の製作報告会見が5月19日(火)に開催され、主演の唐沢寿明、現在、第三子を妊娠中の小雪、ポーランド人キャストのボリス・スジック、アグニェシュカ・グロホウスカ、チェリン・グラック監督らが出席した。

終戦70年特別企画として製作され、ポーランドで2か月にわたって撮影が行われた本作。ユダヤ人難民のためにヴィザを発行し続け、6千人にも及ぶ人々を救い“日本のシンドラー”と言われる外交官・杉原千畝の“インテリジェンス・オフィサー”としての側面に光を当てつつ、その姿を描き出す。

唐沢さんは実在の人物、教科書にも登場するような“偉人”を演じるにあたり「彼の名前と功績をより広く知っていただくつもりでポーランドでの撮影に臨みました」と語り「その結果は、映像に出てくれていると思います」と手応えを口にする。資料などにあたりつつ、人物像を作り上げていったそうだが、難しかった部分として「千畝さんがどんなことを考えてあの時代に、なぜあのようなことができたのか? それは誰にも分からない」と漏らしつつ「彼の誠実さや寡黙さを頼りに、同じ日本人として恥ずかしくないように演じようと思いました」と語る。またこの役を通じて改めて「差別はよくない」と感じたという。「僕もヨーロッパのある国で、日本人としてではなく別の国の人と間違われて差別を受けたことがあります。『差別を受けた人はこういう気持ちになるのか』と心から思いました」と明かし、以前より根底にあったという差別を憎む思いが本作を通じて「より強くなった」と語った。

千畝の妻を演じた小雪さんは、ポーランドで「千畝さんのことを熟知されている方が多くて驚いた」と語り「日本でもまだご存じない方も多いと思います。自分たちがどういう人生を生きているのか? ということを問う作品になればと思います」と語った。小雪さんが演じる幸子は千畝との間に生まれた3人の子どもたちを育て上げたが、小雪さんも現在第三子を妊娠中。幸子という役について「根底が明るい人間であり、彼女も外国で彼女らしく生きられる人だと感じました。3人の子を育てた、たくましさと日本の女性の柔らかさを兼ね備えている人と感じながら演じました」と語り、現在の自らにも重ね合わせ「(小雪さん自身も)強くならざるを得ないですよね。女優としても女性としてもいろんな経験をさせていただいて、自分にとってプラスになっていると思います。親になって初めて人間にさせていただいているなと感じます。自分ひとりで生きてきたような錯覚に陥ることがありますが、親がいて、周りがいて、いろんなことを体験して、苦労したり、我慢したり、みんなの力を借りて生きてこられたんだなと感じています」としみじみと語った。

撮影現場は「和気あいあいとしていた」という唐沢さんの言葉通り、この日の会見も現場のムードメーカーだったという、千畝を支えるペシュ役のボリスが冗談を飛ばすなど、チームとしての一体感を強く感じさせた。

『杉原千畝 スギハラチウネ』は12月5日(土)より公開。

淡い色のドレス姿のせいか、あまりお腹の膨らみは正面から目立ちませんでしたけど、ネットなどでは「親になってはじめて人間にさせていただいている~」という言葉に過剰反応してる人達がいるようですが、あくまでも彼女自身が親になって改めて感じたことであって、だからと言って世間の人達に対しても「子供を生む事が人間になる事」とか言っているわけではないのにと思います。

彼女にとって、家族を持つ事で今まで感じる事のなかった何かを感じ、それが自分をより人間らしい感情などを知る事が出来た事に感謝している。それぞれの家庭、それぞれの人が生きていることに対して自分ひとりで生きているわけではないんだと感じる事が大切なのではと言いたいんじゃないかとおもうんだけど、どうしてそんなヒステリックな言動になるんだろうね。

あくまでも「自分ひとりで生きてきたような錯覚に陥ることがありますが、親がいて、周りがいて、いろんなことを体験して、苦労したり、我慢したり、みんなの力を借りて生きてこられたんだなと感じています」ということを言いたい為に前の言葉があるんだと思うし、でもそう言う人達は「子供を生みたくても生めない人達に配慮がない」とか言うんだろうけど、そういう事を言いたいんじゃないと思う。

まぁ、言いたい人はどないでも言ってくださいという感じですけどね。そういう思考回路しか持てないことの可哀想なことと思うだけです。


スポンサーサイト



2015.5.19記述
新華ニュースより

011_20150519123744592.jpg


上海国際映画祭は17日、「天の茶助」のほか、2015年の映画祭期間中に「味園ユニバース」、「滝を見に行く」、「深夜食堂」など8本の日本映画が上映公開される。

第18回上海国際映画祭は6月13日-21日に行われる。また、海外映画の上映は6月6日に正式に開始する。

中国に日本映画ファンは多い。毎年、上海国際映画祭で古い映画を放映する日本映画ウィークのほか、日本の最新作や日本で高い興行収入と評価を得る映画を公開し、日本映画ファンらの大歓迎を得た。2015年に風格がきめ細かい、あるいは鋭い日本映画が公開されると同時に、組織委員会はまた、人気のある日本スターを招待した。

有名な漫画がドラマ化され、その後映画化された「深夜食堂」は最も人気のある映画作品だ。

第18回上海国際映画祭の公式サイトはこちら

またも天の茶助が映画祭に。今回は中国上海です。中国の方が沢山茶助の姿を見るんですねぇ~これは楽しみ。
でも、中国で映画見るとき(香港も中国本土も)困るのは、最後エンドロールになると照明が付いて観客が早々に滞積しちゃうんだよね~掃除のおばちゃんも入ってくるし…頼むから余韻とエンドロール最後まで見せてよと思うんですわ(ー3ー;)

またも日本公開より早いんでね?
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .