FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2015.6.26記述
スポニチアネックスより

060_201506262111000c9.jpg


松山ケンイチ、早乙女太一主演の時代劇「ふたがしら」が13日からWOWOWでスタートした。「食肉偽装」など、地上波のドラマでは難しい刺激的な題材をテーマに“挑戦するドラマ”を制作してきたWOWOWだが、今回は地上波での放送が少なくなってきた時代劇を制作するとあって話題となっている。

 このドラマは二人の若い盗賊が“でっかいことをやる”ために旅に出るという痛快時代劇。NHK大河ドラマ「平清盛」の松山ケンイチがまっすぐで熱く騙されやすい男を、大衆演劇界の若きスター早乙女太一がクールで頭脳派の色男を演じ、フレッシュな顔ぶれでありながらまげ姿も板につくという、時代劇の世界観を損なわない絶妙なキャスティングとなっている。また今年公開された映画「ジョーカー・ゲーム」などで知られる入江悠が監督を務め、音楽はジャズバンドのSOIL & “PIMP” SESSIONSが担当、“盗み”が見せ場とあって暗いシーンが多いが、重くなり過ぎない映像にジャズが流れるという新感覚の時代劇に仕上った。

 データニュース社(東京)が行なっているWOWOW加入者を対象としたWOWOWウォッチャー(対象者1000人)によると、「松山ケンイチと早乙女太一コンビに期待」(57歳・女性)、「テンポが良くて楽しかった。次回も見たい」(33歳・女性)、「映画のような背景でストーリーも面白い」(56歳・女性)、「WOWOWとしては今までにない企画」(49歳・男性)」と視聴者の評判も上々。満足度は第1話から3・93(5段階評価)と高満足度の基準3・7を超え、第2話は4・13とさらに上昇している。初の時代劇でありながら視聴者には違和感なく受け入れられたようだ。

 ストーリーは毎回悪人から汚い金を奪うという明快な部分と、二人が離れた盗賊一味との駆け引きという軸もあり、続きが気になる工夫もされている。これまで時代劇に触れたことがなかった視聴者に、時代劇を楽しくみてもらうきっかけになるか、今後の展開に注目だ。


凄い、凄い!見た人の多くが満足してくれているそして期待もしてくれてる。なんでもかこの土曜ドラマWの中で一番視聴率がよいらしいですから、この満足度も頷けますね。あとは最後まで楽しんで観てもらって続編も見たいと思ってくれると良いなぁ~

スポンサーサイト



2015.6.26記述
cinemacafenetより

006_20150626051949416.jpg


俳優・松山ケンイチが主人公を務め、1970年に少年ジャンプで連載開始、2年後にはアニメ化された人気作を、オリジナルストーリーとして実写ドラマ化する「ど根性ガエル」。この度、本作のオープニングテーマ曲がアニメでお馴染みの“「ど根性ガエル」のテーマ曲”に決定。さらに、松山さんをはじめ豪華レギュラー出演者10名が熱唱していることが明らかになった。

物語の舞台は2015年の夏。14歳だったひろしも30歳になりすっかりダメ男に成長。シャツにはりついた相棒のピョン吉も心配で「根性だせよ!」「ど根性ガエル」は、7月より毎週土曜21時~日本テレビにて放送。と言い続ける毎日…。そして、京子ちゃんやゴリライモ、五郎や梅さんなど、皆もすっかり大人になった。そんな周りの仲間を巻き込んで、笑いと涙とアクション満載で繰り広げられる人間とカエルの物語が描かれる。

主人公のひろしを演じるのは松山さん。ピョン吉の声を務めるのは『駆込み女と駆出し男』の好演が記憶に新しい満島ひかり。京子ちゃん役を務めるのは、『さよなら歌舞伎町』『イニシエーション・ラブ』など立て続けて話題作に出演する前田敦子。五郎役を、ドラマ「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」に出演していた勝地涼。母ちゃん役を、先日、橋本環奈を主演に、シリーズのその後のストーリーの映像化が決定した『セーラー服と機関銃』の薬師丸ひろ子が務める。

今回発表されたオープニングテーマ曲は、彼らを含めたレギュラー出演者総勢10名による合唱曲。アニメで歌われていた「ぴょこんぺたんぴったんこ~ トノサマガエル アマガエル カエルにいろいろあるけれど~ この世で一匹!」という懐かしい「ど根性ガエル」のテーマ曲が、音楽を担当するサキタハヂメのアレンジによって蘇り、ドラマのオープニングを飾る。

さらに、本オープニング曲の大合唱をバックに、ドラマ本編映像が番組公式サイト上で解禁されるとのこと。

また、本作の主題歌が「ザ!クロマニヨンズ」の「エルビス(仮)」に決定。9月9日(水)にリリース予定の本シングルは、疾走感あふれるロックンロールに仕上がっており、ドラマのプロデューサー河野英裕は主題歌決定について「ザ・クロマニヨンズのロックンロールが、土曜の夜に、日本中に、テレビの中から鳴り響く。想像しただけで、それだけで夢のようで。『エルビス(仮)』最高です」と熱いコメントを寄せた。

「ど根性ガエル」は、7月11日(土)より毎週土曜21時~日本テレビにて放送。

何故か「ど根性ガエル」の名前を聞けば浮かんでくるのがこの歌。そして個人的には何故かこの曲を聞くと思い浮かぶのが地元にある「私市」の駅前の風景と子供の頃良く行った郡津のお寿司屋さん(今もあるのかしら?)。何でだろうと思うけど刷り込まれているんですよね、いまだにこのキーワードを見るとね。(笑)

キャストが全員で歌うって言うのは以前生田斗真さんが出演していたドラマ「遅咲きのヒマワリ」でありましたよね。一体どんなOPに仕上がってるのか、まだ公式更新されてないみたいですけど、楽しみです。そしてエンディングがクロマニヨンズ、河野さん頑張りましたねぇ。いつも音楽に関してもこだわりのある方なので良いお仕事されてますよ。こちらの曲も楽しみ。



動画UPに感謝♪

2015.6.2~4日でケンちゃんのインタビュー記事読売新聞青森版で掲載されました。松友さん、ありがとうございます。

少子高齢化の人口減少など、地方の衰退が叫ばれています。読売新聞はそんな地方を元気にしたいと、地元が生んだ全国で活躍するスターたちに呼びかけてみました。「あなたの大切なふるさとの力になってもらえませんか?」。故郷の読者に思いを伝える新企画「ふるさとにエール」。初回はむつ出身で、映画やテレビドラマなどに引っ張りだこの人気俳優・松山ケンイチさん(30)です。

読売新聞青森版003


ネット版もUPされました

むつ 自分探しの少年期…俳優・松山ケンイチさん(上)
新たな可能性 映画で…俳優・松山ケンイチさん(中)
面白いアイデア出そう…俳優・松山ケンイチさん(下)

≫続きをみる...

バサラ002


新感線35周年記念企画の春夏展としてご紹介している、写真展『婆娑羅(バサラ)』が、博多に続き大阪での開催も決定!
また、写真集『婆娑羅』の取扱いに関して、博多展示会場に続き、5月27日より舞台『五右衛門vs轟天』物販コーナー及び
イーオシバイドットコムでの販売も決定いたしました。

◎春夏展
劇団☆新感線35周年記念写真展『婆娑羅』
~写真家・野波浩と劇団☆新感線のアートワーク~

■博多
2015年5月13日(水)~24日(日) 博多阪急イベントホール『ミューズ』
■大阪
2015年6月5日(金)~14日(日) なんばパークス パークスホール

■東京
7/15(水)~8/3(月)東京・紀伊國屋書店新宿本店4階 紀伊國屋フォーラム


詳しい情報に関しては『婆娑羅』特設サイト



最終更新日:2015.6.26






≫続きをみる...

2015.6.26記述
cinemacafenetより

入江監督と春日太一対談



『日々ロック』『ジョーカーゲーム』の新鋭・入江悠監督が初の時代劇に挑む連続ドラマW「ふたがしら」。このほど、入江監督が時代劇研究家・春日太一と語り合う番組『「ふらがしら」放送記念スペシャル対談』が6月26日(金)に配信されることが明らかになった。

春日さんは、「なぜ時代劇は滅びるのか」「仁義なき日本沈没―東宝VS.東映の戦後サバイバル」「時代劇は死なず! ―京都太秦の「職人」たち」など多数の著書があり、入江監督は初めて時代劇を撮るにあたって、事前に春日さんの著書を熟読して臨んだと言う。

一方、春日さんも入江監督はどんなふうに時代劇を撮るか興味をもっていたとのこと。2人は同じ大学出身、世代的にも近いため互いに意識していたこともあり、初体面ながら話は大いに弾み、1時間20分をノンストップで語り続けた。収録後も「あと30分は話せた」と惜しがるほどの盛り上がりをみせた。


事前に「ふたがしら」の1、2話を見た春日さんは、「時代劇や京都をナメた作り方をしていたら容赦なく批判するつもりでしたが(笑)、監督は過去の時代劇に対するリスペクトをもちながら、なおかつ京都への闘いも挑んでいて、非常に嬉しい作品でした」と感想を述べる。

入江監督は「まったくノープランで京都に行くよりは、どういう状況でどういう歴史があるか知らないと駄目だなと思ったので、『あかんやつら』と『なぜ時代劇は滅びるのか』を読んだことで、自分のなかでひとつ武器ができた感じがします」と感謝を語り、京都の職人特有の仕事の仕方と、東京から来たスタッフや俳優の戸惑いと挑戦を、春日さんにいろいろと報告する場面も。春日さんは時代劇研究家だけあって、東映京都撮影所作品の歴史と慣習を熟知しており、監督の話にひとつひとつの敏感に反応し、自身の知識やエピソード、意見を惜しげもなく語った。

話はこれからの時代劇のあり方にまで発展。入江監督は「『ふたがしら』に関して辛口批評も聞きたいし、春日さんから昔の時代劇の話をもっと聞きたい!」と熱望。いつかトークイベント「ふたがしらナイト」を開催しようというアイデアまで飛び出すほどだった。

「ふたがしら」は6月27日に第3話が放送。「舞台は大阪に移り、登場人物がいっきに増えて、ぼくの大好きなマキノ雅弘監督の集団劇のようになっていきますので、そこを楽しんでいただきたいです」と入江監督。

伝統を引き継ぎながらも新しいものを創りだす入江監督と、時代劇の新潮流を応援する春日さんの熱いトークをお見逃しなく。

「連続ドラマW『ふたがしら』放送記念スペシャル対談」は、6月26日(金)8:00より「W流」内で公開。

8時って朝?夜?今の所カミングスーンなんだよね~(午前9時現在)
先日お邪魔した衣装展でもお店の人とふたがしらの中の小物使いの話とか、京都と東京の撮影の違いとか感じるかとか、他の時代劇を観て気になる部分ってありますかなんていう話も実はしていたんですよね(^O^)歴史は詳しくなくてもその劇中の何気ないシーンでも今まで知らなかった事を知る事が出来る、好奇心をくすぐられる、ケンちゃんの作品ってそういうところが多々あるのが好きなんです。決してあざとくなくて本当に何気なく、さりげなく見せてくれるので、歴史が好きになります。

対談どんな話が聞けるのか楽しみです♪

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .