FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
鑑賞記録
1回目 2015.6.27(土)
2回目 2015.6.30(火)


パンフ


初日、1回目の鑑賞。観客は年齢層が高めの中高年カップルが多かったのが以外?
とにかく、色んな姿の茶助を堪能する事が出来ます。ユリを助ける為に奮闘する茶助を中心に、天界の脚本家と動かされる地上の人間たち、そしてそんな茶助を阻止しようとするこれまた天界の脚本家と地上の人間たちの攻防。茶助もどうやら誰かに動かされている?それってあの方の意思?

徐々に生前の自分の生い立ちを知る茶助の変化が凄かったです。1つの作品でこれだけの色んなケンちゃんの表情、姿を見せてもらえるだけでもお徳感満載だし、他の映画のパロディの部分も、普通だったら「なんだよぉ~ベタな」と思うけど、これもあくまでも天界の下手な脚本家が考えたネタの上だと思うとね(笑)白塗りの警官とかも普通だったら成立しない。この作品でそれをどうこう言うやつはナンセンス極まりないのです。

生きていると辛い事の方が楽しいことよりも多いのかもしれません。でもそういう時こそ、ネガティブに考えるのではなく、「こんなへっぽこな脚本を書きやがって」と思って、それに抗ってやろうと行動するほうが良いと思いません?きっとこの作品を見た後、少なからずそのように思う人達が増えたら良いな~。

でも今回、公開前にケンちゃんがさきにネタバレしてる部分があったからそれはちょっと探す楽しみが減って残念だった(茶助の左右の目の違い)(笑)後うれしかったのは今までの作品の中で走り方をそのキャラクターによって変えているということを自分で明言してくれたこと(笑)

まぁ、今回も胸毛、ダンス、そして走りとSABUワールド満載ですし、色彩が綺麗だし、それぞれ決して幸せではない人達がへっぽこなりに生きている姿も見所です。ケンちゃんの腰のクビれにドギマギそして釘付けになるし、最後はほんわか心が温まりました。そうそう、SABU監督がワンシーン登場していたりもするし、とにかく機会があれば多くの人に観て欲しいですね。

(以下、長文ネタバレなのでまだ映画を観ていない方で知りたくない方は、ここまでということで。あと、書いていることはあくまでも私個人が感じたことなので、一つの考察として作品のご参考にしていただけると嬉しいです。まだ頭の中で整理が付かない状態で書いておりますので、話が飛んだり抜けていたりする部分も多々あると思います)




≫続きをみる...

スポンサーサイト



「ふたがしら」第4話
2015.7.4放送


001_201507071415248d5.jpg


夜坂の仕事を見せてくれと鉄治郎に詰め寄る弁蔵。しかし一向に動こうとしない鉄次郎に芳はしびれを切らし、強硬手段に出てしまう。夜坂崩壊の危機に戸惑う弁蔵と宗次に、ご隠居は辰五郎の生前の話を語りだす。そこには遺言状にまつわる驚くべき真実が隠されていた。辰五郎の秘めた深い思いを初めて知る2人。その一方で江戸を制した赤目の使いが夜坂へと迫り来る……。






≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .