感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
ユーチューバーのマックス村井さんのところに山口監督、鬼ヶ島おおかわらさん、そしてケンちゃんが訪問。ゲームの話で大盛り上がり。珍遊記のお話もかなり面白かったです。前バリの話などもありましたね(笑)まだまだ続くみたいで(対決があるみたいです)また随時UPされましたらこちらにも上げようと思います。

最終更新日:2016.2.29

≫続きをみる...

スポンサーサイト
2016.2.16読売新聞「編集手帳」より
2016.2.29記述


P1120368-001.jpg



何歳の人がもらした感慨に聞こえるだろう。<この年まで生きられると思っていなかった>。90歳か100歳か、大方の答えはそのあたりに違いない。

20歳の誕生日にそう語った人がいる。夭逝の天才棋士、将棋の村山聖九段である。

5歳で腎臓の難病ネフローゼ。関連する疾病。27歳で膀胱がん。病魔に魅入られたような一生である。1998年、A級に在籍したまま29歳で他界した。羽生善治名人の1歳年長、いわゆる“羽生世代”の一人である。

村山‐羽生戦の公式記録は村山の6勝7敗でほぼ互角、天才の呼び名は誇張ではない。
やはり早世の人、石川啄木の歌がある。<うすみどり 飲めば身体が水のごと透きとほるてふ 薬はなきか>。

あり余る棋才と闘志を抱きながら、無念であったろう。作家の大崎善生さんによる評伝『聖の青春』(講談社刊)を原作に、その生涯が映画になると「スポーツ報知」の記事にあった。松山ケンイチさんが村山九段を演じるという。

誰と指していたのか。5四銀、同歩、同飛、6五歩…意識が遠のいていく臨終の床で棋譜を諳んじた。最後の言葉は「2七銀」だったという。


森信雄先生となのか、それとも羽生名人とだったのか…それを聞くすべはないけれど、苦しい中でもその瞬間は好きな相手と対局していたのだったらいいなと思うばかりです。
2016.2.29記述
2/27産経新聞関西版夕刊より


P1120589-001.jpg 

平成10年に29歳で亡くなった天才棋士、村山聖九段の生涯を描いた作家、大崎善生さんのノンフィクション『聖の青春』が人気俳優、松山ケンイチさんの主演で映画化される。難病と闘いながら、命を削って将棋に全人生を懸けた壮絶な生き方、そんな悲壮感を感じさせない愛嬌のある風貌…。今秋に公開予定で、今でもファンや棋士仲間に愛され続ける村山九段の人生が共感を呼びそうだ(古野英明)


≫続きをみる...






アメブロで放送されていた番組。今回作品も作品ということでやはり、テレビなどでは色々会話の規制が出てくるのかもしれないね。そういう意味ではあえてネット動画などでのプロモ活動よかったかもしれませんね。
規制が緩い?からもう、自由度が半端なくなっておりますね(笑)

でも楽しそうな様子が見れてHappyでした。ちゃんと見れなかったらごめんなさいね~。

2016.2.28記述
映画ナタリーより


20160227アメブロフラッシュ001


松山ケンイチが「珍遊記」生特番出演、“過去最小の線みたいな前貼り”での撮影語る

昨日2月27日に封切られた「珍遊記」。同日、それを記念した「『珍遊記』公開記念特別番組」がAmebaFRESH!にて公開生放送され、キャストの松山ケンイチ、温水洋一、監督の山口雄大、脚本のおおかわらと松原秀が登場した。

司会のLiLiCoから公開初日を迎えた気持ちを問われた松山は「めちゃくちゃな原作なので映画として成立するのか、公開できるのか少し不安だったけど、無事に公開できてうれしかったし、安心しています」と明かす。温水も「途中で中止と言われるんじゃないかと思ってたけど、よかったです!」と笑顔で語った。

山口は、本作で松山のために“過去最小の線みたいな前貼り”を作ったとのこと。さらに撮影当時、その前貼りを付けて恥ずかしそうに身体を丸めて隠していた松山が、2時間も経つとガウンも着ずにトイレに行ったり、歩いたりしていたというエピソードが明らかに。松山は自身の脱ぎっぷりについて「脱ぎたかったのでちょうどよかった! 外で脱ぐと捕まってしまうから、シラフで脱げるのはありがたい」と笑いを誘った。

最後に松山は「気楽に観れる映画です。3歳から老人までみんなで観れるファミリー映画なので、ぜひ劇場に観に来てください!」とアピールし、番組を締めくくった。なお、この特別番組は映画公開期間中であればいつでも視聴できるので、AmebaFRESH!をチェックしてみては。

「珍遊記」は、漫☆画太郎のギャグマンガ「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」をもとにしたコメディ。天下の不良少年・山田太郎と、彼を引き取ることになった坊主・玄奘の波乱に満ちた旅を描く。全国の劇場で上映中。



映画「珍遊記」初日舞台挨拶
2016.2.27映画「珍遊記」が公開です。


20160227初日舞台挨拶001


≫続きをみる...

2016.2.27記述




ケンちゃん登場シーンから動画UPしてくださってプレミアム会員限定部分までありがとうございます。
私は一般会員なもんで動かない音声が出てない画面で流れるコメントを見て笑っておりましたがこんな感じだったんですね。
登場シーンからつかみはOKという感じでしたね。

ケンちゃんが来る前に私が書いたコメントに何度か監督が答えてくれ嬉しかったですわ。
見れなかった皆様ご堪能ください。


そして、今晩もアメブロのほうでも放送されますね。そちらも楽しみです。

2016.2.26記述
T-SITEニュース エンタメ より

TSITE001.jpg


伝説のコミック「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」がついに映画化された。同漫画を執筆した漫☆画太郎の作品(「地獄甲子園」など)をこれまでも実写化するという暴挙を達成してきた山口雄大監督が満を持してメガホンをとり、主演はまさかの松山ケンイチ。坊主頭で半裸の主人公、山田太郎が「西遊記」によく似ているが、あとには何も残らない大冒険を繰り広げる。


原文はこちら



≫続きをみる...

2016.2.26記述
映画.comより


映画com001


競馬で騎手が好騎乗を見せると「人馬一体」などと表現される。俳優に置き換えれば“人役一体”といったところか。この言葉が最もしっくりとくるのが松山ケンイチだろう。これまでも、「デトロイト・メタル・シティ」のヨハネ・クラウザーII世をはじめとするコミックの個性的なキャラクターに続々と憑依(ひょうい)。独特の画風で知られる漫☆画太郎氏の傑作ギャグ漫画を実写化した「珍遊記」の山田太郎は、その真骨頂だ。(取材・文/鈴木元、写真/江藤海彦)


原文はこちら

≫続きをみる...

2016.2.25記述
Aolニュースより

Aolnet001.jpg


漫☆画太郎原作の「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」が、主人公・山田太郎役に松山ケンイチを迎え、まさかの実写映画化! 本人は出演を決めた理由について、「挑戦する機会を逃したくなかった」と真摯に語る。最近ではバラエティー番組などでコミカルな一面も披露して、これまでのパブリックイメージとは異なる表情も出す実力派俳優。「イメージというものに対して、反抗しているところがあります」とホンネでインタビューに答えた。


原文はこちら



≫続きをみる...

2016.2.25記述
スポニチアネックスより

20160225スポニチアネックス



俳優の松山ケンイチ(30)が映画「聖(さとし)の青春」(監督森義隆、今秋公開)のロケを大阪・福島の関西将棋会館で行った。同会館は羽生善治名人(45)のライバルで、1998年に29歳でぼうこうがんのため亡くなった映画の主人公・村山聖九段の本拠地。ロケは福島県会津若松市の旅館以外に今回、同会館の御上段の間、生前毎日のように通って焼き魚定食を注文した同会館近くの更科食堂でも撮影された。

 幼少期から腎ネフローゼを患い、むくんだ村山九段を演じるため増量して臨んだ松山。「(増量によって)村山さんの歩き方、指し方になる。精神も体の大きさとリンクして、形だけじゃなく内面も追い付いていくように撮りながら感じた」と森監督。原作ノンフィクションを読み「全身全霊をかけても足りない役」と、映画化と村山九段役を熱望してきた松山の意欲が実りつつある。

 3月13、14日には同会館から直線距離7キロ足らずの兵庫・尼崎の都ホテルニューアルカイックで羽生が郷田真隆王将(44)に挑む第65期王将戦7番勝負第5局(本社主催)がある。現在2勝2敗と佳境の大舞台に村山九段が7大タイトル戦で唯一、立ったのが93年だった。当時の谷川浩司王将に挑んだが体調不良が響き、0勝4敗で屈した。公開へ向けて、ロケ地の将棋熱も盛り上がってきた。

.
実際、村山聖さんが生きた場所を自分の足で歩いたり、空気を感じたりしてどんなことを思いながら演じたのかと思うと…
まだまだキャストなど具体的な情報は出てきてませんが(一部目撃情報はあったみたいですけど実際どうなのかわかりませんので)ひとまず撮影はい終わったので本当にお疲れ様でした。そして早く村山聖さんにスクリーンで会いたいものですね。




フリーライターのマフィア梶田さんが感じた松山ケンイチとは

マフィア梶田さんと



≫続きをみる...

2016.2.23記述
dot.より

オリコンスタイル007
(記事と写真は関係ありません)


「『七人の侍』で三船敏郎さんが演じた菊千代と、無責任シリーズの植木等さん。今回、太郎の役には、その両方の要素があると僕は思っているので、ぜひそれでお願いします」

 1990年代に大ヒットしたギャグ漫画の映画化にあたり、松山ケンイチさんは、監督の山口雄大さんからそんな演技指導を受けた。原作は西遊記をモチーフにしており、松山さん演じる山田太郎は、横暴で傍若無人なかぶき者。昔話的な要素も踏まえつつ、特撮ありアクションありの、痛快なコメディー映画に仕上がっている。

「オファーをいただいたときは、“また挑戦できる”と思いました。大河ドラマで1年間一人の役を生きたせいか、それ以降はどうしても、清盛とは極端に違う役をやりたくなってしまう(苦笑)。現場では、自分にできるだけのことはやりましたけど、正直、できあがったものを観るのは怖かったです。太郎という、何を考えているかわからない役が、ちゃんと映画の中で成立しているか心配で」

 この役を演じたときも、監督から、「おなかが出た感じの、子供っぽい体形にしてほしい」と言われ、短期間でイメージに沿えるよう準備した。アクションでも人間ドラマでもコメディーでも、役のなり切り方は徹底しているが、「“うまい役者”と言われることは、あんまり嬉しくないですね」と本音を漏らした。

「“うまい”って言われるくらいなら、“何かわからないけど、気持ち悪い”とか言われたほうがいい。せっかくやるからには、観る人に何かしらのインパクトを残したいんですよ。もし、全身全霊で挑まないで小手先で芝居してたりしたら、観る人にバレてしまうんじゃないかって思う。それはちょっと怖いです」

「珍遊記」はギャグ映画ではあるけれど、太郎が発する「??臭ぇ」という台詞には、メッセージがあるような気がしている。

「太郎には懸賞金がかけられていて、大勢の強者たちに勝負を挑まれる場面があるんです。超楽勝なはずの勝負でも、太郎は怒りを爆発させて、メチャクチャ汗をかきながら、自分を殺そうとする相手を自分の肉体を使って倒していく。敵のことを虫けらみたいに扱わずに、ちゃんと相手にしているんです。その、何にでも“本気”を出していく姿勢は、映画全体に貫かれている気がします。ふざけた必殺技がいっぱい出てきますけど、みんな、それを口にするときは、魂が口から飛び出すんじゃないかって思うぐらい本気でした(笑)。結局、本気が一番面白いんです」

 今年で31歳。年齢を重ねていくことの楽しみを訊くと、「10代のときは、高校受験で、『この高校に受からなかったら人生終わる』って思ったり、目の前にあることがすべてだと思い込んでいた。でもそうじゃなくて、チャレンジを続ければ、世界はどんどん広がっていく。その感じは、何かいいですよね」と答えた。


演技がうまいってどういうことなんだろうね。なかなか難しいですよね。
それぞれの役の中に生きる人だから、単純にうまいとか下手とかいう言葉で表現することは難しいです。
言えることは、そのときのその人が存在していて、その人を演じると聞いた私たちの不安と期待とをいつもいい意味で裏切り続けてくれることがたまらないんですよね。

あとはやはり、原作もの(漫画や小説)を演じる時には私たちよりも、作者やかかわり乗る人たちが彼の演技を見てどう感じたかということの反応がとても気になります。他の人が批判や批評してもそれよりもやはり、原作者や関係者の方々の記憶にいい意味でも、辛かったり切なくなったり、懐かしく思うこともあるかもしれないけれど、それでも彼に演じてもらえてよかったと思ってもらえることが本当にうれしいんですよね私的には。

そういう思いをさせてくれる松山ケンイチが好きなんですよね。



≫続きをみる...

2016.2.22記述
シネマトゥディより


シネマトゥディ001


取材・文:南樹里 写真:木川将史
漫☆画太郎(まんがたろう)著の人気ギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」を実写映画化した『珍遊記』。育ての親であるじじい&ばばあを困らせていた悪名高き不良少年の山田太郎が、家に立ち寄った僧侶・玄奘に妖力を封じられ、「更生」という名目のもと、天竺を目指す玄奘の旅に同行するハメに……! 本作で主人公・太郎を体当たりで演じた松山が、破天荒な豪胆キャラをいかに作り出したのか、仰天の肉体改造と共に振り返った。


原文はこちら

≫続きをみる...

2016.2.17記述
ねとらぼより



声優・杉田智和さんがメインMCを務めるラジオ番組「杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン!!」の次回放送(2月18日)のゲストに、俳優の松山ケンイチさんの出演が決定しました。同番組は声優ラジオ界でも特に濃い「オタクトーク」で人気。そこに松山さん降臨という事態に、ネットでは困惑の声が上がっています。


 松山さんはホリプロ所属の俳優。映画「男たちの大和/YAMATO」やNHK大河ドラマ「平清盛」など数多くの映画・ドラマに出演。また、映画「デスノート」では天才探偵Lを完璧に再現、「デトロイト・メタル・シティ」では裏表のあるメタル帝王クラウザーさんを演じるなど、漫画原作の実写作品にも数多く出演していることでも知られます。

 一方、「杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン!!」は、文化放送超!A&G+で隔週木曜日の21時~22時に配信されているインターネットラジオ番組。杉田さんとその仲間たちがアニメやゲームの最新情報をそこそこに扱いつつ、好きな話題をしゃべるスタイルで人気の番組です。毎週濃すぎるオタクトークや下ネタが展開され、その濃さは声優ラジオ界No.1なのではとも言われています。

 また、ゲストの招き方が自由なのも同番組の特色。声優だけでなく、作曲家、漫画家、ゲームプロデューサー、雑誌ライター、個人的なゲーム友達などフリーダムです。俳優では「ライチ☆光クラブ」の池田純矢さんや、「仮面ライダーキバ」の山本匠馬さんなどが招かれています。

 過去の俳優のゲストはいずれも作品内で杉田さんとの共演があり実現したもの。しかし、今回の松山さんと杉田さんにはどんな接点があるのか全く分かりません。今年公開予定の映画「珍遊記」PRの意図もあるのかもしれません。

 ネットではこの超展開に「アニゲラ、松山さんどちらもすごい」「珍遊記とアニゲラは容易に結びつく」など、さまざまな思いをめぐらせるリスナーが大量に発生しています。

 はたして、松山さんはあの面子でオタトークや下ネタトークを繰り広げるのか? 冒頭やEDの小芝居には参加するのか? トークの半分くらいが内輪ネタだけど大丈夫なのか? いずれにせよ、放送が面白くなってきたぞー(腕まくりしながら)。


かなりの反響がツイッターでも飛び交っておりましたね(笑)
たぶん、彼のファンにとっては反対にそんなに騒ぐことなのかしら?と思ったりしております。
世間の彼に対するイメージってどうなんだろう?って。
山田太郎モードで挑めば全く問題ないとおもいますけどね~。
普段の松山ケンイチだとしても、下ネタ関係など全く問題なさ過ぎてそれがファンにとっては心配でもあります。
ちゃんと放送できるのかしらってねアハハ。
放送はツベでもUPしてくれているみたいなので、リアルで視聴できない場合それをかすかに期待しております(笑)



2016.2.19記述



早速UPしてくださって感謝。
ケンちゃんが白猫をやっているということで視聴者の多くで白猫をしてる人たちが早速探してフォローしていたようですね。残念、私は白猫派ではなくて黒猫派なんですよね。梶田さんとケンちゃんの接点がショーンさんつながりだったとは…。ほほうという感じでした(笑)番組に違和感なくなじんでいたということで視聴者の好感度もUPだったみたいでなによりです。


「珍遊記」の完成披露上映会
2016.2.18記述

20160218完成披露上映会001


楽しそうな写真など上がってきていますね。


≫続きをみる...

2016.2.18記述
オリコンスタイルより

オリコンスタイル001


漫画キャラクターを実写で演じさせれば右に出るものはいない――そんな世の高い評価を一身に受ける稀有な俳優・松山ケンイチ。その松山にとってもこれまでにない強烈なインパクトを放ち、かつビジュアルもキャラクターも松山でなければ演じられなかったであろう代表作が誕生した。実写版『珍遊記』であの山田太郎を“パンいち”で怪演した松山。なぜオファーを受けたのか、どのような想いで撮影に臨んだのか? 漫画実写キャラの名優に迫った。

原文はこちら


≫続きをみる...

2016.2.17記述
映画.com ニュースより

山田太郎表情色々



漫☆画太郎氏のギャグ漫画を実写映画化した「珍遊記」で、松山ケンイチが演じている主人公・山田太郎の喜怒哀楽を捉えた場面写真が一挙公開された。腕を広げて威嚇(いかく)する姿や、臭すぎるものに鼻をつまんだり、笑顔で攻撃を仕掛けたりといった、太郎の様々な様子をうかがうことができる。

 同作は、1990年から「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された人気ギャグ漫画「珍遊記 太郎とゆかいな仲間たち」の実写化。通りすがりの旅の坊主・玄奘に妖力を封じられた不良少年・山田太郎が、更生のために玄奘とともに天竺を目指す珍道中を描く。坊主頭で裸にパンツ一丁という出で立ちの太郎を、実力派俳優の松山が体当たりで演じている。

 公開された写真は、そんな松山扮する太郎の喜怒哀楽といった様々な表情を収めている。原作では、つかみどころのないキャラクターとして描かれていた太郎という難役を、松山は表情や細かな仕草のみならず、全身を駆使して喜怒哀楽を軽やかに表現。子どもっぽく好戦的でありながら、どこか優しさも併せ持つ役柄に、分かりやすさと説得力をもたらしている。

 監督は、「地獄甲子園」「魁!!クロマティ高校 THE MOVIE」などを手がけてきた山口雄大。共演には、倉科カナ、溝端淳平、田山涼成、笹野高史、温水洋一、ピエール瀧ら実力と個性を兼ね合わせた俳優たちが名を連ねている。2月27日全国公開。

なんともキュートな表情がいっぱいなんだろう(笑)。とても30歳(もうじき31歳)で3人のパパとは思えない表情の数々。
無邪気すぎる写真。とてもお下劣な映画とは思えないですが…実際動いたらどんな風になっているのか本当に楽しみです。倉科カナさんの玄奘の必殺技もなんだかすごい名前を連呼しておりますよね~。楽しみ楽しみ。

2016.2.15記述
ダ・ヴィンチニュースより

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある一冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、伝説のギャグマンガを実写化した映画『珍遊記』で、主人公・山田太郎を演じ、公開前から話題騒然の松山ケンイチさんが登場。役づくりの参考にしたのは、なんと日本映画を代表するあの2役だとか――。


ダヴィンチ




≫続きをみる...

Rainの新作ドラマ「帰ってきて、おじさん」が2月24日から韓国SBSで放送開始です。




このドラマは日本の小説「椿山課長の7日間」をベースになっています。日本でも映画などにもなっていましたよね。
Rainは主人公に乗り移られる役を演じるようですが、この第二弾予告が面白いですよね。日本で放送されるのを首を長くして待つことにします(笑)



最終更新日:2016.2.15

≫続きをみる...

「珍遊記」関連情報
2016年2月27日公開「珍遊記」関連情報です。




「珍遊記」公式サイトはこちら
ツイッターは
こちら






最終更新日:2016.2.14

≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .