感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2016.3.31記述
映画ナタリーより

松山ケンイチが主演を務める「聖の青春」とドワンゴが主催するプロ棋士とコンピュータ将棋ソフトウェアによる棋戦・第1期電王戦のコラボ映像が、ニコニコ動画にて公開された。

004_20160331205206b67.jpg



大崎善生の同名小説をもとにした「聖の青春」は、幼い頃に腎ネフローゼを患い、名人への夢半ばで倒れた実在の棋士、村山聖の一生を描くノンフィクションドラマ。「東の羽生、西の村山」と並び称された羽生善治らライバルたちとの友情や、師弟愛、家族愛が紡ぎ出される。

映像には「聖の青春」のメイキング映像を収録。松山が将棋盤と向き合う様子、村山の師匠で、本作の将棋所作を監修した森信雄と談笑する姿などが切り取られている。また村山の弟弟子であり、第1期電王戦で将棋ソフトPONANZAと対局する棋士・山崎隆之も登場。尊敬する兄弟子との思い出や、決戦を前にした現在の心境を語っている。

「宇宙兄弟」の森義隆が監督を務める「聖の青春」は、2016年秋全国ロードショー。


本当に、村山さんがそこにいるようです。森先生と山崎叡王が更科食堂で食べているテーブル、先日私も偶然だけど同じところに座って食事しましたわ。将棋のことはちんぷんかんぷんだけど、(昔やったことあるけど詳しくはわからないので)電王戦タイムシフト予約しました。是非山崎叡王頑張ってほしいです。


スポンサーサイト
2016.3.31記述
3/29朝日新聞文化・文芸欄より

003_201603311125146a7.jpg


東日本大震災から5年を経て、被災地を舞台に、震災をテーマに、フィクションとして描く映画や小説が増えてきた。被災した人たちの心情を推し量り、葛藤や限界を感じながら、作り手たちは震災の「真実」をつかもうとしている。

≫続きをみる...

2016.3.30記述
4月2日(土)~15日(金)までシネマート新宿10周年記念特別上映会があるそうです。
ラインナップの中に「ウルトラミラクルラブストーリー」が上映されることになっています。
そして当日、横浜監督も来館されるようです。

ウルトラ060


【日付】4月10日(日)
【時間】16:25の回終了後
【販売開始】4/2(土)オープンより窓口とオンラインにて
【料金】700円 / 会員500円

となっております。今回はデジタルフィルムではなくて35㎜フィルムでの上映ということだそうです。(映画ファンにはたまりませぬな)大きなスクリーンで陽人を見てくださいませ~♪

詳しい情報に関してはこちら

2016.3.26記述
J.SPA!より


20160318SHOCK THE RADIO002

時代とともに変化する美の基準。最近では竹野内豊のようなこってりソース顔より、あっさりとした“塩顔男子”が人気ですよね。
イケメンの巣窟・芸能界にはさまざまなタイプの男前がいますが、なかにはイケメンカテゴリーに属しているけど「あれ?」と疑問を持ちたくなる人物も……。

雰囲気イケメンランキング ということで、「美形じゃなくて雰囲気イケメンだと思う有名人」を調査してみました。女子SPA!の独断で候補者を選出し、30代女性300人にアンケートを実施。どんな結果になったのか、早速チェックしてみましょう。


原文はこちら

≫続きをみる...

「ユメ十夜」そして「珍遊記」でお仕事をすることになった山口雄大監督が感じる松山ケンイチとは

まんたんウェブ001




≫続きをみる...

SABU監督から見た松山ケンイチ
「うさぎドロップ」「天の茶助」で仕事をご一緒したSABU監督が感じた松山ケンイチとは


012_20150314222830289.jpg


≫続きをみる...

2016.3.3記述
アニメ!アニメ!より

アニメアニメ


映画『珍遊記』がついに公開された。漫☆画太郎さんの『珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~』を実写化したもの。坊主・玄奘役に倉科カナ、変身前の山田太郎役にピエール瀧、世界最強の武闘家・中村泰造役を温水洋一が演じるなど、キャスティングも話題となった。

この作品実写映画化のニュースを知り驚きと動揺を隠せなかった人も多いことだろう。一体どんな映像になっているのか、映画公開によってついに明らかとなる。
これまでにも漫☆画太郎作品を実写化してきた山口雄大監督と山田太郎役の松山ケンイチさんに、制作の裏側、役作りなどを伺った。[取材・構成:川俣綾加]


原文はこちら



≫続きをみる...

映画「珍遊記」の脚本と出演で共演したお笑い芸人、鬼ヶ島・おおかわらさんが感じた松山ケンイチとは

ニコ生おおかわらさんと








≫続きをみる...

2016.3.2記述
3/1日本経済新聞夕刊より

NIKKEI.jpg


将棋を題材にした映画や漫画が相次いでいる。「地味」「動きがない」と敬遠されがちだったが、インターネットを通じて興味を持つ人が増え、その“熱さ”が再認識されているようだ。



≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .