感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2016.8.31記述
NMEJapanより

2CELLOSが参加した、坂本龍一書き下ろしの映画『怒り』の主題曲、“M21 – 許し forgiveness”のミュージック・ビデオが公開されている。

映画『怒り』は、『悪人』の監督・李相日と原作・吉田修一が再びタッグを組んだ作品で、主演の渡辺謙のほか、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮﨑あおい、妻夫木聡らが出演する。

音楽は、『戦場のメリークリスマス』(1983年)で英国アカデミー賞を受賞し、『ラストエンペラー』(1987年)では、アカデミーオリジナル音楽作曲賞、グラミー賞などを受賞し、近年では、山田洋次監督作品『母と暮らせば』、アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督作品『レヴェナント:蘇りし者』の音楽を担当した坂本龍一が手掛けている。

今回、坂本氏が作り上げた主題曲を2本のチェロで奏でる最上のパフォーマンスにより世界を魅了するクロアチア出身チェロによるデュオ、2CELLOSが演奏で参加している。




2CELLOSは今回の参加に以下のコメントを寄せている。「このような日本映画の大作に、そして日本を代表する偉大な作曲家、坂本龍一氏とご一緒できて大変光栄です。僕たちは2人とも映画やアニメなど、日本の文化が大好きなので、このプロジェクトに参加できてとてもワクワクしています」

iTunesではサウンドトラックの予約が受け付けられており、予約すると先行で“M21 – 許し forgiveness”をダウンロードできる。

サウンドトラックの詳細は以下の通り。

タイトル:「怒り」オリジナル・サウンドトラック
音楽:坂本龍一
※主題曲 坂本龍一 feat. 2CELLOS収録
発売日:2016年9月14日
品番:SICX-30037 (Blu-spec CD2)
定価:¥3,000+税
発売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
1. M1 – 現場検証 the site
2. M2 – 無人島 no man’s land
3. M3 – 報道特集 special report
4. M4 – ハッテン場 darkroom
5. M5 – 予兆 omen
6. M6 – アパート the apartment
7. M7 – 愛 love
8. M8 – デモ rally
9. M9 – 米兵 GIs
10. M11 – 事件 incident
11. M12 – 表せない怒り smother
12. M13 – 猜疑心 suspicion
13. M14 – 行方 whereabouts
14. M15 – 指名手配犯 wanted
15. M16 – 混乱 confusion
16. M17 – 取り調べ investigation
17. M18 – 真実 truth
18. M19 – 怒り rage
19. M20 – 信 trust
20. M21 – 許し forgiveness

切なくて、でも優しいメロディ。PVも素敵な仕上がりになっていて、いよいよ公開が近づいてきた実感がわいてきましたね。
監督も精力的に日本各地でのプロモーションを頑張られておられるようですし…まぁ、この作品のプロモは謙さんやブッキー先輩がメインで頑張られるのかなぁ~。


スポンサーサイト
2016.8.29記述
映画ナタリーより

002_20160829213831526.jpg


渡辺謙が主演を務めた「怒り」のプレミア試写会が、9月14日に東京・スペースFS汐留で開催される。あわせて上映後に行われるキャストの舞台挨拶が、LINE LIVEにて生配信されることが決定した。

LINE LIVE主催の同試写会には、抽選で40組80名が招待されることに。9月8日正午まで参加の申し込みを受け付けているので、公開より一足早く本編を鑑賞したい人は応募してみよう。申込方法やイベントの詳細はLIVE PRESS公式ブログにて確認してほしい。なお舞台挨拶の登壇者は現時点では発表されていない。

「悪人」で知られる李相日がメガホンを取った「怒り」は、ある殺人事件の容疑者として浮上した3人の男たちを中心に、彼らを取り巻く人々が信用と疑惑の間で揺れるさまを、千葉、東京、沖縄を舞台に描いた群像劇。渡辺のほかに森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡が出演に名を連ねる。9月17日より全国でロードショー。

※宮崎あおいの崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

映画「怒り」LINE LIVEプレミア 舞台挨拶生中継
LINE LIVE 2016年9月14日(水)20:45~配信URL:https://live.line.me/r/channels/21/upcoming/20089


なんかようわからんのですが、取り合えず予約しましたがどうなんでしょう?(汗)
2016.8.25記述
映画ナタリーより

トロント映画祭ポスター


李相日監督作「怒り」が、第41回トロント国際映画祭スペシャルプレゼンテーション部門と第64回サンセバスチャン国際映画祭コンペティション部門に出品されることが決定した。

吉田修一の同名小説を原作とする「怒り」は、ある殺人事件の容疑者として浮上した3人の男たちを中心に、彼らを取り巻く人々が信用と疑惑の間で揺れるさまを、千葉、東京、沖縄を舞台に描いた群像劇。渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡らが出演している。

トロント国際映画祭では、現地時間9月10日に行われるプレミア上映に渡辺、宮崎、李が参加。サンセバスチャン国際映画祭では、現地時間9月23日のプレミア上映と翌24日に行われるクロージングセレモニーに渡辺と李が出席する。

渡辺は「この作品に含まれている人間の本質的な痛みや悩みみたいなものは洋の東西問わないと思うので、海外の方々へどれだけ深く刺さるか、どういうリアクションがかえってくるか、興味深いです」とコメント。宮崎は「『すごい映画が出来ました』と自信を持って言える作品なので、その気持ちを伝えて、たくさんの人に観ていただけるように頑張りたいなと思います」と述べた。

なお映像配信サービスGYAO!にて、「怒り」の特集ページが8月25日14時よりスタート。3つの舞台をテーマにした特別映像と、各舞台のメインキャストとなる俳優の特別インタビュー映像を、映画公開までの3週にわたって配信する。

「怒り」は9月17日より全国でロードショー。

渡辺謙 コメント
僕が日本で出演した作品をアメリカで紹介したいとアメリカのパブリシストに言うと「トロント国際映画祭へ出品しろ」と言われるくらい北米最大の映画祭です。この作品に含まれている人間の本質的な痛みや悩みみたいなものは洋の東西問わないと思うので、海外の方々へどれだけ深く刺さるか、どういうリアクションがかえってくるか、興味深いです。また、ヨーロッパの方は日本に近い感覚を持っていらっしゃるお客様が多いので、また北米とは違うリアクションがあるのではないかと、とても楽しみにしています。オリンピックでもたくさんの種目があるように、日本の映画もいろいろなタイプの映画があります。今、本当に誇れる映画が出来たなという気がしています。ちゃんと日本でこういう映画をつくりました、という誇りを持って、日本代表として行きたいと思います。

宮崎あおい コメント
この作品で李監督と渡辺さんと一緒に映画祭に行けるというのは、本当に嬉しいです。「すごい映画が出来ました」と自信を持って言える作品なので、その気持ちを伝えて、たくさんの人に観ていただけるように頑張りたいなと思います。とても緊張していますが、「怒り」を観た海外の方々の反応を楽しみにして行きたいと思います。そしてトロントは10年以上前ですが、ホームステイをした場所でもあるので、このようなかたちでトロントに行けることも嬉しいです。

なんか、かなり見た人達からも好評のようですがあまり持ち上げられると反対に心配になったりもしますが…
映画祭、謙さん大忙しですね。国内のプロモもどんな番組にだれが出演するのかも気になるんですけどねぇ(汗)

2016.8.23記述
映画.comより

006_2016082316344259f.jpg


東京国際映画祭を運営するユニジャパンは8月23日、第29回東京国際映画祭(10月25日~11月3日)の開催概要を都内で発表した。

今年の目玉は、日本を含むアジアの気鋭の監督3人が、ひとつのテーマのもとにオムニバス映画を製作するプロジェクト「アジア三面鏡」だ。タイトルが「アジア三面鏡2016:リフレクションズ」に正式に決定。ブリランテ・メンドーサ監督、ソト・クォリーカー監督とともに製作に着手した行定勲監督はマレーシアで撮影を敢行し、津川雅彦、永瀬正敏らと「鳩 Pigeon」を撮り上げた。

また、オープニング作品はスティーブン・フリアーズ監督の「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」、クロージング作品は森義隆監督、松山ケンイチ主演の「聖の青春」に決まった。「マダム・フローレンス!」に主演のメリル・ストリープとヒュー・グラントは、オープニングに合わせて来日することも明かされている。

クラシック部門の目玉企画として好評を博してきた「歌舞伎座スペシャルナイト」は10月27日に開催され、尾上菊之助が出演。菊之助が舞踊の名作「鷺娘」を披露し、映画は「忠臣蔵」デジタル最長版と「血煙高田の馬場」が特別上映される。さらに今回から、少年・少女が主人公の映画で世代を問わない作品を集めたユース部門(TIFFチルドレン/TIFFティーンズ)が新設される。プログラミング・アドバイザーは、キンダー・フィルム・フェスティバルの田平美津夫氏が就任した。

なお、従来の六本木ヒルズに加え、新たにEXシアター六本木をメインスクリーンとして10日間使用し、オープニングセレモニーやクロージングセレモニー、コンペティション部門の上映を行う。六本木ヒルズ内「ヒルズアリーナ」では、「東京国際映画祭 Cinema Arena」と題した野外上映をスタートするという。


おぉ!公開前に観るチャンスがありますね(関東のお住まいの方)
映画祭の最後を飾るのが「聖の青春」なんだか嬉しいです。さて、ご覧になられる方々が作品をどう感じるのか楽しみです。

「ふたがしら2」関連情報
ふたがしら2の放送日は9/17(土)です(全5回)

公式サイトリニューアル001 
 
公式サイトリニューアルしました



3分で分かる「ふたがしら」シリーズ



「ふたがしら2」公式サイトは
こちら
最終更新日:2016.8.23


≫続きをみる...

2016.8.23記述
毎日新聞より


20160822かかしロード

青森市から今別町までの国道280号沿いにかかしを並べるイベント「第10回かかしロード280」が27日に開幕するのを前に、青森市羽白のJA青森本店向かいの水田地帯に22日、高さ約8メートルの巨大なシンボルかかしが登場した。

 ねぶた師の北村蓮明さん一家が手掛けたもので、今年のモデルは昨年放映されたテレビドラマ「ど根性ガエル」の主人公ひろしを演じた俳優・松山ケンイチさん(むつ市出身)と平面ガエルのピョン吉だ。

 かかしは約300体並ぶ予定。沿道の稲穂が金色に実る中、9月末まで道行く人の目を楽しませる。【一宮俊介】

面白いイベントですね。これは松山家の本人は勿論だろうけど、親族もさぞ嬉しい出来事ではないかと思います。なんか私だったら、道路を通るたびに思わず笑みがこぼれてしまいそう。



第10回『義清散る』
2012.3.11放送

002_20120307204344.jpg


1139(保延5)年8月。
得子(松雪泰子)は、鳥羽上皇(三上博史)との間に生まれた待望の皇子・躰仁を東宮にしようと画策していた。しかし、鳥羽院がそれを望んでいないと察した得子は、中宮・聖子(大谷英子)の父である関白・藤原忠道(堀部圭亮)に接近。躰仁を崇徳天皇(井浦新)と聖子の養子にさせ、見事念願成就する。

そのころ、僧たちによる強訴が頻発し、清盛(松山ケンイチ)ら平氏一門はしばしば勅命を受けて彼らと戦闘。朝廷の中で、平氏の武力の重要性をさらに高めていた。一方、源義朝(玉木宏)は、東国において次第に武名をとどろかせ、着々と家臣を増やしていた。




≫続きをみる...

第9回『ふたりのはみだし者』
2012.3.4放送

010_20120413015539.jpg


父・鳥羽院(三上博史)に疎まれ、不遇の日々を送っていた崇徳天皇(井浦新)。
子ができぬ自責の念から中宮にも距離をおかれ、一層孤独を募らせていた。
そのころ、清盛(松山ケンイチ)は義清(藤木直人)から、崇徳帝が鳥羽院の実の子ではないと知らされる。

翌年、朝廷の危うい均衡を破るがのごとく、得子(松雪泰子)が鳥羽院との間に始めて男子を産む。
その祝宴で、得子の執念に驚いた璋子(壇れい)は、期せずして周囲を傷つけていたことに涙する。
そんな璋子に、義清の心も揺すぶられ…。


≫続きをみる...

「聖の青春」パネル展
2016.8.6記述

チラシ002 


8/6(土)~8/9(火)開催の東急将棋まつり、東横店会場で「聖の青春」パネル展を実施します!!

羽生善治三冠と郷田真隆王将、渡辺明竜王と佐藤天彦名人による記念対局、棋士の先生方のサイン会にトークショーと豪華イベントが盛り沢山の熱いイベントです。

現役棋士の奥様方が出演されるスペシャルトークショーでは、現役棋士の強さの秘密なども知ることができるかもしれませんね。どなたの奥様かは当日までのお楽しみだそうです。

東横店会場は8/6(土)~8/9(日)、本店会場8/8(月)・8/9(火)の開催です。

詳細はこちら

大きな将棋のイベントの会場でのパネル展、いいですねぇ。
イベント自体も有名な棋士の皆々様が参加されるので、映画の前に関東にお住まいの方、映画い興味のあるかたは是非是非行ってみてはいかがでしょうか?

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .