FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
デスノート Light up the NEW world
鑑賞記録
1回目2016.10.29

001_20161031094606108.jpg


昨年のドラマ「デスノート」の最終回直後に発表されてから個人的には公開されたら観に行こうと思っていました。
公開間近になるとLや夜神月、ミサミサが本作に出演するという情報も入り、ネットでもかなり話題になっていました。

Huluで特別ドラマも公開されてそれも見てウォーミングアップは完了!

まず、Lを崇拝している(または愛してる人)はそれを期待して見に行かない方がいいと思います。
あくまでも純粋に一つの作品としての興味で観に行くことをお勧めします。
そうした目でこの作品を見ると楽しめると思います。
私は原作を読んでないのであくまでもベースは過去のデスノートシリーズとなりますが、飽きることなく最後まで楽しんでみました。

一言でこの作品を表現するとすれば…「死して尚、夜神月…恐るべし(怖ぇえ)」に付きます。
松田やみさみさが切ない…
切ないと言えば、竜崎とアーマの関係も切ないし、Lと竜崎の約束も切ない。狂気を持ちながらもLの思いを忘れず苦しみながらも生きる竜崎が切なくて愛おしくなる。(Huluの竜崎編のニアの言葉がこれまた…)

自分の死をデスノートで知ったら何をどう感じたのか…
Lを失ったときの喪失感を再び見届けることの切なさ、でもいかにも竜崎らしい最期…

そして新生キラが…
突っ込みどころも満載ですけど、リュークのあの憎々しいんだけど、憎めないとか、とにかく死神アーマがすごくよかった。
過去作品でいうところの、ジェラスやレムみたいな位置づけ?
ネタバレになるので気になる方は是非劇場で確認してみてください。
あと、エンドロールの途中での退席はいけません。電気が点くまで見てください。

スポンサーサイト



第15回『嵐の中の一門』
2012年4月15日放送

001_20120410143612.jpg

宝塔再建を命じられた高野山を訪れた清盛(松山ケンイチ)は、陸奥国への長旅から戻った僧・西行(藤木直人)、かつての義清と再会する。

そのころ、藤原摂関家の兄弟の争いは激しさを増していた。
1150(久安6)年に近衛天皇が元服すると、すぐ左大臣・藤原頼長(山本耕史)の養女多子(まさるこ)(中田美優)が入内。これに警戒の念を募らせた摂政・忠通(堀部圭亮)は得子(松雪泰子)の養女・呈子(しめこ)(伊藤麻美子)を自分の養女にし、入内に向けて動き始める。忠道は入内を華々しいものにするため、見目麗しい女性を都じゅうから集め、呈子の雑仕女(ぞうしめ)を選べと命じる。

そして病人の母を抱えてる貧しい家の娘・常盤(武井咲)に白羽の矢が立つ。



≫続きをみる...

2016.10.29記述
トレンドニュース(GYAO)より

013_20161029070110e5d.jpg


自分について、読書について、未来についてを聞くインタビュー企画「ドクショノミライ」。最終回のゲストは11月19日に公開される主演映画最新作「聖の青春」で、難病と戦い続けながら将棋と向き合い、若干29歳という若さで亡くなった実在の天才棋士・村山聖を演じた松山ケンイチさん。元のスリムな体形からは想像できないほどの“増量“をして撮影に挑んだ、その作品にかける思い、読書への思いは、将棋をまったく知らない人にもとてもとても興味深いインタビューとなっています。

原文はこちら



≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .