FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2016.11.9記述
日刊スポーツより

「怪童」と呼ばれ、29歳で亡くなった伝説の棋士・村山聖(さとし)さんを描いた映画「聖の青春」(19日公開)で、ライバルの羽生善治を演じた俳優、東出昌大(28)が、NHK番組で、村山さんの軌跡を訪ねていたことが9日、分かった。

 番組はNHK総合「にっぽん紀行 ぼくと、29歳で逝った君と」(23日午後6時10分=全国)。将棋好きで、NHKとは連続テレビ小説「ごちそうさん」に出演するなど、縁が深い東出は、大阪市福島区にある村山さんがかつて暮らしたアパートなどを訪ねた。

 福島のアパートは、村山さんをたどる“聖地”のひとつとして、今なお、多くの若者が訪れているといい、東出は「村山さんの生きざまに触れたい」と思い続けてきたという。

 来年2月の誕生日には、村山さんが亡くなった当時と同じ、29歳を迎える東出は、村山さんゆかりの街、人物を訪ねている。NHK大阪放送局は「(番組は)怪童の短くも壮絶な人生に思いをはせる新しい形の『人物紀行』です」としている。

20160205前田アパート002


若者ではないですけど(汗)前田アパートの前には何度か行きました。
部屋に入りたいと思ってもなんせヘタレなもんですから無理です…
都会の中にポッカリと時間が止まったような空間を感じる場所ですよね。

残念なのは羽生さんと村山さんが食事した「福島食堂」はいまはもうなくなってしまったことかな?
本当に数年前はあったのになぁ(車で福島を走ってる時によくお店の前を通ったりしていたんだけど)でも他は今でも村山さんの行動範囲の場所はほとんど残ってるので、映画が公開されたらまた色々聖地巡礼する人たちも増えるのかな?

東出さんが福島周辺を歩いて、何を感じるのか楽しみです。


スポンサーサイト



2016.11.9記述
ムビコレニュースより

吉野家コラボポスター 


天才・羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、29歳にして亡くなった実在の棋士・村山聖。病と闘いながら将棋に全人生を懸け、全力で駆け抜けた彼の半生を描いた映画『聖の青春』と吉野家とのコラボポスターが完成した。

・松山ケンイチ、29歳で亡くなった実在の天才棋士演じる!

村山は生前、お好み焼きやシュークリームなど、好きな食べ物にこだわりを持っていた。その中でも牛丼へのこだわりは特に強く、「牛丼は吉野家」と周囲に語っていたことは広く知られている。

劇中でも、吉野家ではない牛丼を買ってきた弟弟子に対し「牛丼は吉野家じゃないと意味がないんです」と一喝したり、吉野家の牛丼をおいしく食べている父に対し「じゃけん言うたじゃろ?」と得意げに語る、吉野家愛溢れる村山の姿を見ることができる。

そんな本作と吉野家のコラボレーションが実現! 吉野家への深い愛が込められたメッセージ入りコラボポスターが、11月12日より全国の吉野家で掲出される(一部掲出のない店舗も)。

『聖の青春』は11月19日より丸の内ピカデリーほかにて全国公開となる。



ケンちゃんもこういう形で大好きな牛丼とコラボすることとなるとは…(笑)
お水も南アルプスの天然水だったかしら?が好きでサントリーさんもコラボ如何でしょうか?
私は残念ながら牛丼は嫌いなので食べないんですけど、吉野家には行きますよ(ここ数年は行ってないけど)
牛丼ではないものを食べております(汗)

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .