FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2016.11.11記述
Filmers.より

006_201611111400322c6.jpg


29歳でこの世を去った天才棋士・村山聖(むらやま・さとし)の青春を描いた本作。村山聖を演じた松山ケンイチさん、羽生善治を演じた東出昌大さん、ともに「将棋が趣味」というだけあって、物語のラストを飾る2人の対局シーンは迫力の名場面となりました。体重を増量して村山聖になりきった松山さんに負けず、東出さんも羽生善治さんのディティールを忠実に再現。その役作りには羽生さん自身も協力してくれたのだとか…。


原文はこちら


≫続きをみる...

スポンサーサイト



2016.11.11記述
Filmers.より

フィルマーズ001


将棋の世界で「東の羽生、西の村山」と並び称されながら29歳という若さで亡くなった伝説の棋士・村山聖(むらやま・さとし)(1969年生~1998年没)。幼いころから難病と戦いながら、自分の命を削るように、羽生善治ら同世代の棋士たちと名勝負を繰り広げた天才棋士の生涯を描いた『聖の青春(さとしのせいしゅん)』。先日行われた東京国際映画祭のクロージング作品としても上映された注目作がいよいよ11月19日より公開されます。

主人公・村山聖を演じたのは松山ケンイチ。「自分にとって一生に一本の作品になる」と語るほど思い入れの強い作品になった。病気が進行していくにつれ身体がむくんでいった聖の姿を再現するため、過酷な増量を行うなど驚異的な役作りで臨んでいます。聖のライバルで、将棋ファンでなくても誰もが知る天才棋士・羽生善治役には東出昌大。村山の師匠・森信雄役にリリー・フランキー。弟弟子には染谷将太。さらに竹下景子、安田顕など豪華キャストで、薄命の棋士・村山聖の最期の4年間にフォーカスし、将棋に懸けた短い人生を描きます。

将棋雑誌の編集長でもあった大崎善生氏の原作を映画化したのは、『ひゃくはち』『宇宙兄弟』をヒットさせた森義隆監督。
自身が村山と同じ29歳の頃から着手し、実に8年をかけて完成したこの映画について、監督の思いをお聞きしました。


原文はこちら


≫続きをみる...

2016.11.11記述
モデルプラスより

SMAPの木村拓哉が、日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」(TBS、毎週日曜よる9時~/2017年1月スタート)にて主演を務めることが、11日に発表。合わせて豪華共演キャストも明らかとなった。


≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .