FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2016.11.15記述
TOKYO HEADLINEより

映画『聖の青春』主演
TOKYO HEADLINE001


棋聖・羽生善治と“東の羽生、西の村山”と並び称されながらも29歳という若さで亡くなった実在の天才棋士・村山聖(むらやま さとし)。難病と闘いながら勝負の世界に挑み続けたその鮮烈な青春を松山ケンイチを主演に迎え、『宇宙兄弟』の森義隆監督が映画化。『デスノート』から『怒り』までをカメレオン的に演じきる“演技界の怪童”松山が、将棋界の“怪童”と共鳴した―!


原文はこちら

≫続きをみる...

スポンサーサイト



ケンちゃん乱入?東京国際映画祭
2016.11.1記述
第29回東京国際映画祭イベントレポートより

「この作品はフィクションとリアリティの狭間にあると思います。」CROSSCUT ASIA 『フィクション。』-10/31(月):Q&A

関係者みたいに映っておりますが全く関係ない俳優を生業としているイチ観客の人です(笑)

20161031飛び入り参加003


10/31(月)、国際交流基金アジアセンター presents CROSSCUT ASIA #03 カラフル! インドネシア『フィクション。』の上映後、モーリー・スリヤ監督、ラディア・シェリル(女優)さんをお迎えし、Q&A が行われました。

原文はこちら





ケンちゃん登場は動画開始から13分頃からです。「俳優をしている松山」という言葉を言った途端の観客席の前の人などが後ろを振り向いてみていましたね(笑)そして質問の最後はちゃんとお礼を言って、関係者の方が「聖の青春」もよろしくというフォローをしていただきケンちゃんも「よろしくお願いします」って(笑)



≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .