FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2016.11.17記述
THEPAGEより

thepage001.jpg


「役作り」という言葉は曖昧だ。人によって演じるキャラクターへのアプローチ方法は違うし、あえて“作らない”という手法をとる人もいる。そんな中、松山ケンイチは、徹底的に役を作っていくタイプの俳優のように思われる。映画『聖の青春』で彼が演じた棋士・村山聖(さとし)は、29歳の若さでこの世を去るまで、ただひたすら将棋界でトップをとるために、全力で命の炎を燃やし続けた。「覚悟がなければできない役」と自らに言い聞かせて作品に臨んだ松山。その向き合い方には彼の人生観がにじみ出ているように感じられる。


原文はこちら

≫続きをみる...

スポンサーサイト



2016.11.17記述
otocotoインタビューより

otocoto001.jpg


伝説の棋士・村山 聖が将棋に生き、将棋に懸けた29歳の人生を描いた『聖の青春』が映画化。「燃え尽きた」というほど聖役に命を注ぎ込んだ松山ケンイチ、村山のライバルと言われた名人・羽生善治をクセや仕草までそっくりに演じた東出昌大の対談は、その熱量の高さがヒシヒシと伝わってくるものだった。


原文はこちら


≫続きをみる...

2016.11.17記述
Movie Walkerより

moviewalker001_20161117112833f49.jpg


「東の羽生、西の村山」と羽生善治名人と並び称されながら、29歳の若さで亡くなった天才棋士・村山聖。彼の実話を描く映画『聖の青春』(11月19日公開)では、村山と羽生のライバル関係にもフォーカス。彼らが2人にしかわからない絆を育んでいたことが明かされる。森義隆監督と原作者の大崎善生にインタビューし、“天才同士の絆”について語り合ってもらった。



原文はこちら


≫続きをみる...

2016.11.17記述
シネマトゥディより

シネマトウディ001


取材・文:斉藤博昭 写真:杉映貴子
将棋の天才として、あの羽生善治のライバルとなるも、29歳という若さでこの世を去った村山聖(さとし)。その短くも熱い日々を描いた映画『聖の青春』は、村山役・松山ケンイチと、羽生役の東出昌大による渾身の演技が大きな見どころになっている。伝説の棋士にどのようにアプローチしたのか? 対局シーンも含め、互いの演技から何を感じたのか? 初共演となった彼らが完成作への強い思いも込めながら、語り合った。

原文はこちら


≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .