感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2017.6.26記述
映画ナタリーより

001_2017062608551410a.jpg


「怪盗グルーのミニオン大脱走」のワールドプレミアがアメリカ・ロサンゼルスのダウンタウンにて現地時間6月24日に開催され、日本語吹替キャストの松山ケンイチが参加した。

「怪盗グルー」シリーズ最新作となる本作では、新たな怪盗バルタザール・ブラットが現れ、大騒動が巻き起こる。吹替版では松山がバルタザールに声を当てるほか、前作に続いてグルー役の笑福亭鶴瓶や芦田愛菜、中島美嘉がキャストに名を連ねた。

会場には、ミニオンカラーのイエローカーペットや、バルタザールの武器であるピンクのバブルガム風バルーンが用意された。松山は「イエローカーペットを歩くのは初めてでした! こんな機会はなかなかないので、招待していただいて本当に光栄です」とコメント。鶴瓶ら吹替キャストを代表しての参加にあたり「粗相のないようにします(笑)」と話した。さらに「『怪盗グルー』シリーズは、ジブリの『紅の豚』に出てくる空賊たちみたいに、悪役たちでさえもポジティブに楽しんでいる姿が描かれているところがとても好きです」と作品への思い入れを明かした。カーペットでは監督のピエール・コフィンとカイル・バルダが、松山に「君が日本のバルタザールを演じてくれたんだね! 会えてうれしいよ!」と挨拶。吹替で苦労した点を聞かれた松山はエアロビクスのシーン挙げ「歌のインストラクターがとても厳しくて、何度もテイクを重ねました(笑)」と裏話を明かした。

またプレミアにはプロデューサーでありイルミネーションエンターテインメントの最高経営責任者でもあるクリストファー・メレダンドリも登場し、日本のファンに向けて「前回作った『SING/シング』が日本で人気を得てうれしかったよ!」と話す。コフィンとバルダはミニオンたちのように「オシリ! オシリ!」とコメントした。

さらにグルー役のスティーヴ・カレルが「僕は2カ月前に家族旅行で初めて日本を訪ねたところなんだ! 本当に美しい場所だった。日本の皆さんがこの映画を観に行ってくれればうれしい」と笑顔で語る。最後に松山は、日本の観客に向けて「こっち(ロサンゼルス)もすごいですが、日本の熱もすごい! このワクワクと“楽しい”が詰まった映画をぜひたくさんの方々に観てほしいです!」とメッセージを寄せた。

なおこのたび、松山が参加した吹替版本編映像の一部がYouTubeにて公開された。映像の中では、バルタザールがグルーにダンスバトルを挑み、1980年代の楽曲に合わせて踊る姿が収められている。

「怪盗グルーのミニオン大脱走」は7月21日より全国でロードショー。



めざましテレビで早々チェックしましたが、LAは暑そうでしたね。
後日特集もあるみたいなので楽しみですが、グルーのシリーズはフジテレビが協賛してるのかな?ほかのチャンネルでは放送されてないみたいだから(今朝のこの時間の時点では)また少し髪が伸びて本当に髪型で顔つきも変わるよねぇ~。

スポンサーサイト
第32回『百日の太政大臣』
2012年8月19日放送

002_20120817153914.jpg

仁安元(1166)年、清盛(松山ケンイチ)は武士としてはじめて大納言にのぼった。前代未聞の出世に、貴族たちは反発するが、摂政・基実(忠通の子・上杉蝉之介)を後ろ盾とした清盛の勢いは止まらない。

後白河(松田翔太)はそんな清盛の動きを牽制する。一方、伊豆の頼朝は、豪族・伊東祐親(峰竜太)の娘、八重姫(福田沙紀)と恋仲になっていた。祐親は、大番役で京の清盛のもとに仕えており、その留守の間のことだった。そんな時、八重姫が頼朝の子を宿している事がわかる。頼朝は命にかえても八重姫とその子を守り抜くことを誓うが、それはさらなる悲劇の始まりであった。

京では清盛がさらに内大臣に就任、清盛はさらなる高みにのぼろうと、五節の会にて舞姫の舞を献上する事を思いつく。

そして五節の会の当日、貴族の嫌がらせで返された舞姫の代わりに、清盛と後白河上皇の前に現れたのは、乙前(松田聖子)だった。


≫続きをみる...

7月21日公開予定のアニメ映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」に怪盗バルタザール・ブラットの日本語吹き替えで出演することになりました。

002_20170522053111244.jpg


松山ケンイチ コメント

楽しい仕事が出来て嬉しく思っています。
山田康雄さんが吹き替えも俳優業の一つとおっしゃっている意味を痛感しながらも楽しんでやっています。
皆さんにも楽しみにして頂きたいです。



『怪盗グルーのミニオン大脱走』本予告映像


公式サイトは
こちら

最終更新日:2017.6.22


≫続きをみる...

再び、CS放送銀河チャンネルさんで「平清盛」が8/5(土)から放送開始ですぞ!(我が家のケーブルテレビでは見れないけれど)

137_20170622141836623.jpg


放送終了から4年以上たった現在もTwitterで新たなハッシュタグが次々と生み出されるなど、熱烈なファンを獲得した大河ドラマ「平清盛」。2017年2月にチャンネル銀河でCS初放送した際には、「#銀河盛」というハッシュタグとともに、Twitter上で大きな盛り上がりを見せていました。そんな平清盛ファンの熱いリクエストにお応えし、大河ドラマ「平清盛」を2017年8月より再スタートいたします。




大河ドラマ『平清盛』
放送日:2017年8月5日(土)スタート 毎週土曜 朝7:30~ 2話連続
番組ページ:https://www.ch-ginga.jp/feature/kiyomori/
武士が貴族の番犬でしかなかった時代。実力で日本の覇者に上り詰めた奇跡の男。今まで天下の大悪人として描かれてきた平清盛を先見的で躍動感あふれる男として壮大なスケールで描く。

今回はなんと!週1の放送、それも土曜日の朝から2話とは。チャンネル銀河さんも色々考えましたね(笑)
朝からめくるめく平安ワールドをみるとはなんともすごいジャマイカスルメイカ。
どんな形にせよ、また新たな海の底の民が増えるチャンスになれば嬉しいことはござりませぬな。



2017.6.15記述
ローチケより

観る人の心を動かす表現に真っ直ぐ挑みたい

ローチケ001


劇団☆新感線への出演は『蒼の乱』に続き三年振り二度目となる松山ケンイチ。当時を振り返りつつ、現在の心境を語った。


松山「僕は新感線のファンですし、皆さんとご一緒できてすごく幸せでした。でも自分は舞台初心者なので、稽古場でも『これだけ面白い人達に囲まれて、極力足を引っ張らずやるにはどうしたら良いのだろう?』と悩んだ記憶があります。結果、自分の出せる最大の力でストレートを投げ込むことしかできないと。そういう意味で、この“風”も同じ。ただただ、観る人の心を動かす表現に真っ直ぐ挑む。それだけはやりきりたいと思っています。今回、再び呼んでいただけたことは奇跡です。(『蒼の乱』出演時に)体調管理の難しさを身に染みて感じたし、それだけ激しい現場でした。正直に言うと『二度目のチャンスはないだろう』と考えていた。でも、また挑戦させていただけるのであれば、今32歳の自分が出せるすべてを出し切って、この年を終わらせたい。人間、挑戦する場があるのなら挑戦するべきだと僕は思います」 

ローチケ002



松山の配役は「捨之介・天魔王」の二役。この一人二役は『髑髏城〜』の特色のひとつであり、“花・鳥・風・月”4シーズンにおいて“風”の大きな見どころとなる。

松山「どの『髑髏城〜』もそうですが、捨之介と天魔王は生き方が確立されていて、それぞれ哲学を持っている。ですから、自分なりの表現を追求していくと同時に、これまでの捨之介や天魔王が持っていた哲学もしっかり取り入れていきたいです。一人二役というのは『演じ分ける』ということ。それは自分にとって大きな挑戦だと思います。今回の“風”という言葉が演目自体にどの程度影響するか分からないけれど、『蒼の乱』で演じた将門小次郎という役も風と縁深いキャラクターなので、そういうことを思い出しながらやってみたい。豪快さというか、どこか枠を越えるようなイメージを現時点では持っています。風ですから、縦横無尽にどこまでも行けると思いますし



『髑髏城の七人』連続上演もいよいよ3シーズン目。松山ケンイチの挑戦が「新風」となり、それが「旋風」となって吹き上がる――。そんな想像をしながら、楽しみの尽きないロングラン公演に引き続き注目したい。


インタビュー・文/園田喬し
Photo /村上宗一郎


原文はこちら

2役は大変だろうけど、反面、かなりやりがいもあるだろうね。舞台が360度ということでほかの劇場より運動量も半端なさそうだけど、凄い経験ができるだろうなぁ…地方で見に行けない人のためにもぜひ、ライブビューイングプリーズ!

2017.6.13記述
京都新聞より

20170612京都新聞


壇ノ浦の戦いで生き残り、ひきょう者とも言われた平家最後の最高実力者・平宗盛をしのぶ集いを、「終焉(しゅうえん)の地」とされる野洲市大篠原の住民らが11日に初めて開催した。32年前に没後800年の「宗盛忌」の計画が持ち上がったが、賛同者が広がらず、地元に残る石塚も忘れられたような存在だった。専門家によると、宗盛再評価の声が近年高まっており、住民らは「『盛者必衰』の意味を感じてほしい」としている。

 宗盛は平清盛の息子。郷土史「近江大篠原の歴史」によると、壇ノ浦の戦いで源氏に敗れて鎌倉へ護送され、再び京都へ送られる途中、1185(元歴2)年6月に大篠原で源義経が斬首したと伝わる。現地には宗盛の石塚や案内板、息子清宗の石塚がある。

 しのぶ集いは、住民らでつくる大篠原まちづくり協議会とまちおこし団体「ぶらり街道勝手連」が企画した。勝手連が昨年3月に「地元の自慢できるものを探そう」とまち歩きをした際、宗盛を知ったのがきっかけ。住民らは、かつて石塚の供養をしていた地元の浄勝寺の住職安藤正雄(しょうゆう)さん(69)の協力で勉強会を開き、宗盛が無能だと言われることや、以前の計画を知った。「評判の良くない人物を取り上げてよいのか」と迷いもあったが、大篠原の歴史に詳しい人から歴史の評価は一様ではないと後押しされたという。

 平家物語の時代に詳しい京都大の元木泰雄教授(日本中世史)によると、宗盛は物語でひきょう者、臆病者として描かれ、壇ノ浦の戦いでも自害を恐れて逃亡したため評価が低かった。しかし、10年ほど前から「死に切れなかったのは息子を思ってのことで、家族思いの優しい性格だった」と再評価されているという。「天才・平清盛の後を継ぎ、平家を盛り返した宗盛を再認識する地元の取り組みは意義深い」と話す。

 住民らは石塚や参道を掃除し、周囲に白い砂を敷き詰め、献花用の竹筒も設置した。11日には安藤さんが読経し、参加者が焼香した。フェイスブックを通じて集いを知った神戸市の平家ファンのグループからも参加の連絡が届いた。

 しのぶ集いは毎年続ける方針で、同協議会の橋登喜雄(ときお)会長(66)は「平家の隆盛が途絶えた野洲を、歴史好きや平家ファンが集う場にしたい」と話す。


20170611宗盛公を偲ぶ会001


本当は参加したかったんですが、先週から体調を崩して今回は残念ながらあきらめました。来年も開催されたら絶対参加したいと思っています。いや、今回を機会にぜひ毎年開催していただきたいものです。

関係者の方が神戸・清盛隊の事を知って、連絡を取って今回残念ながら本人は参加できませんでしたが、清盛様、重衡様、敦盛様、GIONちゃんが法要に参加することになりました。この野洲は清盛様にとっても縁のある場所ですからね。

無能じゃない、心優しい宗盛様の事をたくさんの人に知ってもらえるといいなぁ…



第31回『伊豆の流人』
2012年8月5日放送

001_20120801112031.jpg

長寛二(1164)年、伊豆・蛭ヶ小島。
そこに18歳に成長した源頼朝(岡田将生)がいた。5年前、清盛(松山ケンイチ)の沙汰で流罪となった頼朝はこの地に流され、家人の藤九郎(塚本高史)とともに暮らしていた。

一方、清盛は、後白河上皇(松田翔太)と対立する二条帝(冨浦智嗣)の親政のもと、朝廷での力をのばし、港湾の整備、瀬戸内海の開削などに乗り出そうとしていた。

清盛は二条帝にも取り入りつつ、後白河上皇にも蓮華王院を献上するなど、朝廷内で巧みに立ち回っていた。長男・重盛(窪田正孝)はそんな父のやり方に納得がいかず、二条帝に後白河のために建立した蓮華王院へ参詣するよう進言し、清盛の怒りをかう。

そんななか、突然の病の床についた二条帝は、わが子、順仁(六条帝)に譲位し、憲仁を抱える後白河上皇の院政の阻止をはかるが、ついに崩御する。2歳の六条帝の擁立によって、ふたたび朝廷内の勢力均衡が変わりはじめていた…。


≫続きをみる...

映画「関ケ原」関連情報
岡田准一さん主演、映画「関ケ原」で直江兼続を演じることになったようです。2017年8月26日公開の関連情報です。


公式サイト表紙003   


【松山ケンイチコメント】

原田監督のユーモアが大好きで、いつも楽しませていただいています。直江兼続をやらせていただきましたが、今までの直江兼続像から少し離れたところで楽しくやらせていただきました。尊敬する岡田さんと同志といえる間柄を演じる事ができて、素晴らしい経験をさせていただきました。


「関ケ原」特報


「関ケ原」予告編


「関ケ原」公式サイトは
こちら
最終更新日:2017.6.6記述

≫続きをみる...

2017.6.3記述

6/2の夜、遠路はるばると重衡様が、FMひらかた「フィールミュージック」公開生放送に出演されましt。
神戸は近くて遠く(道路がスムーズであれば1時間くらいで行けるけど、渋滞していたら倍以上の時間がかかるところ)、なかなか清盛隊のイベントなどタイミングがないと行けず…そんな時に、な・な・なんと!枚方駅に重衡様が新曲のプロモーションに来られると聞けば、これは行くっきゃないでしょうよ!ということで、夕食を済ませ、片付けもそこそこに、一路枚方市駅へ。


私が行った時にはすでに枚方市駅の改札前にあるFMひらかたのブースに重衡様はスタンバイされておりまして、ファンの皆様もちらほらとお見受けされました。

≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .