FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
第31回『伊豆の流人』
2012年8月5日放送

001_20120801112031.jpg

長寛二(1164)年、伊豆・蛭ヶ小島。
そこに18歳に成長した源頼朝(岡田将生)がいた。5年前、清盛(松山ケンイチ)の沙汰で流罪となった頼朝はこの地に流され、家人の藤九郎(塚本高史)とともに暮らしていた。

一方、清盛は、後白河上皇(松田翔太)と対立する二条帝(冨浦智嗣)の親政のもと、朝廷での力をのばし、港湾の整備、瀬戸内海の開削などに乗り出そうとしていた。

清盛は二条帝にも取り入りつつ、後白河上皇にも蓮華王院を献上するなど、朝廷内で巧みに立ち回っていた。長男・重盛(窪田正孝)はそんな父のやり方に納得がいかず、二条帝に後白河のために建立した蓮華王院へ参詣するよう進言し、清盛の怒りをかう。

そんななか、突然の病の床についた二条帝は、わが子、順仁(六条帝)に譲位し、憲仁を抱える後白河上皇の院政の阻止をはかるが、ついに崩御する。2歳の六条帝の擁立によって、ふたたび朝廷内の勢力均衡が変わりはじめていた…。


≫続きをみる...

スポンサーサイト



Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .