感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2017.7.29記述
シネマカフェネットより

ミスターポンプ


ユニバーサル・スタジオとイルミネーション・スタジオが贈る『怪盗グルー』シリーズ最新作『怪盗グルーのミニオン大脱走』。7月21日(金)より公開中の本作から、この度、本作で主人公・グルーの最大のライバル役の吹き替えを務めている俳優・松山ケンイチが演じるもう1人のキャラクター、ポンプーの登場シーンを収めた本編映像がいち早くシネマカフェに到着した。

世界一の怪盗・グルーと、陽気な“黄色い軍団”ミニオンたちが織り成す大人気シリーズ『怪盗グルー』。シリーズ第3弾となる今回は、新たに登場した悪党のバルザタールをとり逃し、反悪党同盟をクビになってしまったグルーは、生き別れていた双子の兄・ドルーと対面。すっかり意気投合し、再び悪の道に心が揺らいでしまう…。

グルーの声を笑福亭鶴瓶、その娘・アグネスの声を芦田愛菜、そして『怪盗グルーのミニオン危機一発』でもルーシーの声を務めた中島美嘉が引き続き演じるほか、矢島晶子、山寺宏一、宮野真守、福山潤ら豪華声優陣も日本語吹き替えを務める本作。

その中で松山さんが演じているのは、80年代風スタイルでレトロポップな曲とともに盗みを働く大悪党、バルタザール・ブラット。最高にユニークでポップなキャラクターを演じ、公開されている映像ではハイテンションで歌って踊るキャラクターに注目が集まっている。さらに劇中では、人気子役スターだった子ども時代、思春期、さらには小太りのポンプーなど、幅広いキャラクターを演じ分けている。

そこで今回、その小太りのポンプーの登場シーンが公開。映像では、車の中から大きな体を重たそうに動かし、顎とお腹を揺らしながら歩くポンプーの姿が。そして、宝石に関しての世界最高の専門家だという彼が話すのは…なんと“青森弁”! 今回のセリフは松山さん自ら、出身地でもある青森弁を監修する気合の入れようだそうで、一癖も二癖もあるキャラクターを見事演じきっている。

元々シリーズのファンだったと言う松山さんは、「みなさんが演じてきているのも観ていたのですが、全員が楽しそうに演じるイメージが強かったので、僕も難しく感じないで楽しむことだけを考えて頑張りました!」と明かし、シリーズ通して主人公のグルーを演じてきた鶴瓶さんは、「松山の声ってほんまにわからへんくらい上手いけど、何より楽しんでやってる感じが伝わってきててええよね」と絶賛している。


原文映像はこちら


このシーンも笑えますよね。青森弁が妙にマッチしていて。本当にバルタザールを楽しそうに演じていて悪者なんだけど、グルーにミニオンがいるように、バルタザールにはクライブがいて、その関係性にホッとしたり、でも寂しくもありという感じで。このポンプのシーン、この後のシーンも面白くてミラーボウルキラキラで好き♪

スポンサーサイト
2017.7.29記述

002-1_20170729152717515.jpg


な・な・なんと!神戸・清盛隊がMステのステージで歌えるチャンスが来た!
このようなイベントが始まっております。
清盛隊は「桜歌(はなうた)」でエントリーしております。

1日1回投票できますので、是非是非、平清盛クラスタの皆々様、平家一門を全国放送の番組のステージで歌とダンスをお披露目できるようにお力添えいただきたいです<(_ _)>




9月18日(月・祝)に生放送される 『MUSIC STATION ウルトラFES2017』
ミュージックステーション「Mステへの階段 ~降りるためにはまず登れ!~」ウルトラオーディション|テレビ朝日

グランプリ1組は、9月18日(月・祝)に生放送される 『MUSIC STATION ウルトラFES2017』に出演!
投票に参加して、出演者をあなたの手で選ぼう!!
※投票は1日1回、8月18日(金)23:59までとなります。


【投票についての注意事項】
※1日に1回のみ投票可能です。(日付は00:00で切り替わります。)
※Wi-Fiでの閲覧を推奨いたします。
※Cookieを有効にしないと投票ができません。
※不自然な投票については、不正な投票と判断できた場合投票無効となる可能性がございます。


清盛隊への投票はこちらへ(「桜歌(はなうた)」を歌っている映像を見ることができます。
Mステへの階段 ~降りるためにはまず登れ!~」ウルトラオーディショントップページは
こちら

2017.7.29記述
ひらかたパーク公式サイトより

「超ひらパー兄さん」こと、岡田准一さん主演映画『関ヶ原』の8月26日(土)全国公開を記念し、ファン必見の展示イベントを開催。撮影で実際に使用した衣装や甲冑、映画の内容を紹介するパネルなどの展示を実施し、映画『関ヶ原』の世界を存分に感じていただけます。さらに、これまで、岡田准一さん主演の映画公開のたびに実施してきたコラボレーションポスターも掲示いたします。ぜひお楽しみください!

8月5日(土)から8月25日(金)までは着物を展示、8月26日(土)から9月10日(日)までは甲冑を展示予定。

ひらパーコラボポスター001



期間 8月5日(土)~9月10日(日)(9月4日(月)~8日(金)は休園日)
時間 ひらかたパーク営業時間に準ずる
場所 正面ゲート前 特設会場(有料エリア外となります)
料金 入館無料


詳しくはひらかたパーク公式サイト

あはは~、関ケ原から徒歩23時間かかるのかぁ(笑)
さすがに関ケ原ではいいダジャレのキャッチコピーは難しかったか…
それと今回は展示が2部制になってるのね。前半は衣裳展示で後半が甲冑の展示か。
三成はんのはあるやろうけど、直江さんの物って何か展示してくれへんやろうか…

ここは園内の外から入れるので無料で観ること出来ますので興味のある方ぜひぜひひらぱーへおこしやす。
原田監督もひらパーの洗礼を受けるのね。


舞台「蒼の乱」「ふたがしら」シリーズ、そして「髑髏城の七人season風」で共演することになりました、個性派俳優でもある橋本じゅんさんが感じる松山ケンイチとは


PDVD_012_20170728055009a75.jpg  



≫続きをみる...

日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」で初共演する木村拓哉さんが感じる松山ケンイチとは。


005_201701100642385ce.jpg



≫続きをみる...

2017.7.26記述
moviewalkerより

7月21日から全国で公開され、初登場第1位のスタートを切った『怪盗グルーのミニオン大脱走』。日本語吹替えキャスト陣には、『怪盗グルーの月泥棒』からグルーの声を務めてきた笑福亭鶴瓶をはじめ、芦田愛菜、中島美嘉、松山ケンイチ、生瀬勝久などの豪華メンバーが揃っている。

今回、大ヒットを記念して、松山ケンイチ演じるグルーの最強のライバル、バルタザール・ブラットが、懐かしの80年代ナンバーを歌い、エアロビクスをしながら戦いの訓練に励む、シュールな本編映像が解禁された。

松山が演じるのは、大ヒットドラマで悪役を演じ、天才子役として爆発的に世界中でブレイクするも、思春期を上手く乗り越えられずに過去の人になってしまったことにより、80年代のイメージを引きずったまま本物の悪党へ変貌してしまうキャラクターだ。解禁された映像では、奇妙なウェアでエアロビクスを踊りながら、懐かしのオリビア・ニュートン=ジョン「フィジカル」の替え歌を熱唱し、復讐に燃えるバルタザールの姿が映し出されている。お世辞にも上手いとは言えないバルタザールの独特な歌声を、持ち前の演技力で表現しているのは、なんと松山ケンイチ本人!

松山は、この奇抜なキャラクターを演じるにあたり、いろいろと苦戦を強いられたようで「演じるのがすごく大変なキャラクターでしたね。マイケル・ジャクソンの物まねをするシーンとかもあって、恥ずかしさと難しさで、とんでもないスキルを求められている気がしました(笑)」と明かし、解禁されたエアロビクスのシーンについては「歌の先生が、違う!と言う度に何度も歌を録り直して、なんとか出来上がったシーンなんです」と振り返っている。公開前に東京・式根島で行われた特別試写会でも、松山は一番苦労したシーンが歌のテイクだったと明かしており、まさに渾身の演技と言えるだろう。

劇中ではマイケル・ジャクソンの物まねやエアロビクスの他、ルービックキューブやヨーヨー、バブルガム、さらには肩パット入りの衣装も飛び出すなど、80年代のゴキゲンな雰囲気も味わえる本作。

松山ケンイチが恥を捨て去った熱唱シーンを観て、その雰囲気を味わってほしい!【MovieWalker】



松山ケンイチが熱唱!『怪盗グルーのミニオン大脱走』本編映像


なんか、今回も観てるとだんだん、バルタザールがケンちゃんに見えてきて笑えた(笑)
バルタザールのアジトでのあれやこれやのシーンは面白くて好き♪後ろのハゲが面白さと悲哀を感じるよね。


2017.7.26記述
moviewalkerより

020_20170726213514773.jpg


去る7月16日、東京・竹芝からジェット船で約3時間のところにある、人口約500人、映画館のない式根島にて『怪盗グルーのミニオン大脱走』(公開中)の特別試写会が開催され、キャラクターを演じた吹替キャストが勢ぞろいした。

≫続きをみる...

2017.7.26記述
Realsoundより

現在大ヒット公開中の『怪盗グルーのミニオン大脱走』と、7月29日に発売される『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』のコラボレーションが実現。『ドラゴンクエスト』のスライムが登場する、『怪盗グルーのミニオン大脱走』のエンドソング、ファレル・ウィリアムスの「イエロー・ライト」日本版ミュージックビデオが公開された。

 『ミニオンズ』『SING/シング』のイルミネーション・エンターテインメントが贈る、『怪盗グルー』シリーズ最新作となる本作は、グルーにとっての最強のライバル、バルタザール・ブラットの登場や、グルーも知らなかった家族の秘密が描かれる。7月21日に公開された日本では、公開3日間で観客動員数60万5,748人、興行収入7億5,101万円を記録し、初登場1位の大ヒットスタートを記録している。


 「イエロー・ライト」日本版ミュージックビデオでは、ミニオンやバルタザールに加え、『ドラコンクエスト』でおなじみのモンスター“スライム”が出現。ミニオンたちが駆け巡る8ビットの世界に現れたスライムたちが、ファレルの行く手を阻もうと、『ドラゴンクエスト』の世界さながらに飛び跳ね、ミニオンたちに負けず大暴れする姿が確認できる。映像の最後には、バルタザールのロボットが現れ、吹替キャストの松山ケンイチがバルタザールの声で決め台詞「ボクちゃん、悪い子ちゃん!」を披露している。

 また、『ドラゴンクエストXI』の公式サイトで実施されている応援施策「みんなのスライム」特設ページでは、イルミネーション・エンターテインメントが直々にデザインした”ミニオンスライム”が登場している。


怪盗グルーのミニオン大脱走』エンド・ソング♪
ファレル・ウィリアムス「イエロー・ライト」日本版 ミュージック・ビデオ



日本バージョン、嬉しいジャマイカスルメイカ。
観ました?観ました?バルタザールのきめ台詞。英語版にはそういうのあったたかあぁ…
なんだかとにかくうれしい。何度も観ちゃうわ。映画見る前に、英語バージョンのPVを見たときには
さほどどうと思わなかったけど、映画見た後改めて見ると楽しい気持ちになっちゃう。不思議(笑)

2017.7.11、『髑髏城の七人 Season風』、製作発表記者会見が開催されました。

012_20170711221707de0.jpg


ふたりの松山ケンイチに驚愕!『髑髏城の七人 Season風』、製作発表記者会見を写真で紹介

【松山ケンイチ】『髑髏城の七人』製作発表会見


松山ケンイチ「自分を追い込みたい」劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season風 製作発表レポート




松山ケンイチ、90万円の“影武者”人形と対面 「安心感がある」 
舞台「劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風」製作発表会見1





田中麗奈、ブラックドレスでエレガントに 美背中&美脚で大人の魅力 
舞台「劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風」製作発表会見2




生瀬勝久、古田新太にツンデレ?「好きじゃない」からの… 
舞台「劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風」製作発表会見3





生瀬勝久、共演者全員を「全力でぶっ潰す!」“本気”の意気込みで会場沸かす 
舞台「劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風」製作発表会見4




≫続きをみる...

第34回『白河院の伝言』
2012年9月2日放送

006_20120902021443.jpg


仁安3(1168)年、清盛(松山ケンイチ)が病に倒れた。寄生虫による熱病である。
廟堂の頂点にある清盛の発病の報せは、平家一門のみならず、朝廷・貴族・諸国の武士など多くの人々の心を揺るがせる。

熊野詣へ向かう途中にあった後白河上皇(松田翔太)も、清盛病の床への知らせを聞くと、政情不安をもたらすことを危惧し、急ぎ京へとって返す。

病の床にある清盛は、熱にうかされ、夢の中をさまよっていた。その夢のなかで出会ったのは、亡き実母・舞子(吹石一恵)と実の父・白河院(伊東四朗)であった。夢のなかで清盛は白河院と対峙し、対話を始める。

そのころ、源頼朝(岡田将生)の流刑地・伊豆では、北条時政(遠藤憲一)の娘、政子(杏)が少女期を迎えていた。


≫続きをみる...

「怪盗グルーのミニオン大脱走」が公開です。舞台挨拶もメンバー勢ぞろいで楽しそう♪


004_20170722160132c90.jpg


笑福亭鶴瓶、生瀬勝久のあいさつに“猛抗議”「何のために立っとるねん」  
劇場版アニメ「怪盗グルーのミニオン大脱走」公開記念舞台あいさつ1


芦田愛菜、プールの授業から逃げ出したい…25メートル泳げず補習も 
劇場版アニメ「怪盗グルーのミニオン大脱走」公開記念舞台あいさつ2


≫続きをみる...

2017.7.20記述
シネマトゥディより

004_20170720085326cba.jpg


全世界で大人気のキャラクター、ミニオンたちが活躍するヒットシリーズの最新作。大怪盗だったグルーが改心したものの、悪党バルタザールを捕らえることに失敗。ミニオンたちとの関係にも溝が生まれ、彼らはグルーの元を去ってしまう……。この笑いと感動を詰め込んだアニメーション映画で日本語吹き替えを担当したのは、1作目からグルーを演じている笑福亭鶴瓶。そしてバルタザール役で松山ケンイチ、グルーの双子の兄弟ドルー役で生瀬勝久がシリーズ初参戦。息もぴったりな三人が、吹き替えの裏側を大いに語り合った。


原文はこちら

≫続きをみる...

2017.7.6記述


002_2017070613170322a.jpg


笑福亭鶴瓶、5歳で初共演した芦田愛菜の成長に「きれいになった」と目細める


笑福亭鶴瓶、「ミニオン」抱いての登場に自虐? 
映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」日本語吹替版完成報告イベント1


笑福亭鶴瓶も絶賛!生瀬勝久が「ミニオン」で声優デビュー 
映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」日本語吹替版完成報告イベント2


笑福亭鶴瓶、社長から「声優上手くない」と言われショック 共演者はフォロー 
映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」日本語吹替版完成報告イベント3


松山ケンイチ、「子供に見せたい」とパパの顔 「怪盗グルー」吹き替え舞台裏明かす 
映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」日本語吹替版完成報告イベント4


宮野真守の吹替えにタレント声優陣から驚きの声 
映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』日本語吹替版完成報告会


【TNS動画ニュース】笑福亭鶴瓶、生瀬勝久らの願い事とは!?
映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」日本語吹替版完成報告会




≫続きをみる...

吉高由里子からみた松山ケンイチ
『カイジ』『GANTZ』『GANTZ PA』そして『ユリゴコロ』で共演している吉高由里子ちゃんが感じた松山ケンイチって?

007_20170719144019767.jpg
≫続きをみる...

2017.7.18記述
シネマトゥディより


映画『ユリゴコロ』の撮影現場が6月29日に報道陣に公開され、松坂桃李が劇中で演じるペンション&カフェのオーナーにふんした姿が初披露された。撮影の合間には、演じた役どころと違わない松坂の素顔も垣間見えた。

015_201707181336129bc.jpg 


 沼田まほかるによるミステリー小説を映画化する本作。殺人の告白文がつづられたノートを入口に、とある女性の壮絶な人生を描く。吉高由里子が悲しき殺人者・美沙子を、彼女と運命的な出会いを果たす洋介を松山ケンイチが演じ、松坂は謎のノートを発見する亮介役を務める。


 この日に公開されたのは、亮介が営むペンション&カフェ「シャギーヘッド」でのシーン。群馬の山あいにある、木のぬくもりに満ちたログハウスで撮影は行われた。梅雨の晴れ間の青い空の下、鳥のさえずりや虫の鳴き声が響く中での撮影は暑さとの戦いでもあったが、シャツにカフェエプロンというスタイルを見事に着こなした松坂は、終始さわやかな笑顔。


012_20170718133206420.jpg 


 取材に応じた熊澤尚人監督は松坂とは本作が初タッグとなるが、想像以上にフランクでフレンドリーなその人柄に驚いたという。亮介は心が優しい人間。その亮介の魅力を松坂が巧みに表現していると話す熊澤監督は、「セリフだけではなく、たたずまいやどういう眼差しで相手を見ているかということから、『心根からこの人(=松坂)は優しい人なんだな』とすごく感じさせられます」と松坂の役者としての能力の高さを称える。


 亮介は余命わずかな父親、恋人の失踪、謎のノートの真実と、突如運命に翻弄されることになる難しい役どころ。繊細な演技が必要とされるが、松坂と熊澤監督とが絶えずコミュニケーションを取ることで役がつくられている。「1シーン、1シーン、『こういうやり方はどうか』と桃李くん自ら提案してくれるし、僕の狙いを理解しようともしてくれて、“亮介”をつくっていく作業に楽しく取り組めています」と監督が語る通り、撮影現場では監督からの支持を熱心に聞き、時に言葉を返す松坂の姿があった。


 シリアスなテーマの作品だが、公開されたのはカフェで店員や客がやり取りをする比較的おだやかなシーン。松坂はすっかりその場になじみ、集中した様子で撮影に臨んでいたが、カフェに現れる謎多き女性・細谷役の木村多江とは、撮影の合間に談笑する場面がたびたび見られた。また、熊澤監督とだけでなくほかのスタッフともよくコミュニケーションを取っており、撮影現場はとてもいい雰囲気。都合上、シーン見学できず外で待機中の取材陣に「申し訳ない」と気遣いを見せるなど、思いやりあふれる素顔を感じさせられた。(編集部・小山美咲)


映画『ユリゴコロ』は9月23日公開



設定は若干変わってるけど、原作を読んだイメージのお店をよく探せたなぁとロケハン頑張りましたね。
あと、木村多江さん、やはり読んだイメージとはちょっと違ったけど、実際スチールを見ると本当に頑張られていて佇まいがいいです。さすがです。早く両方混ざった映像観たいものです。

「怪盗グルー」式根島イベント
今回もまた映画館のない式根島での上映会が開催されて、主要メンバーが参加されたみたいです。


003_201707170222283dd.jpg 


≫続きをみる...

『ユリゴコロ』キックオフ会見
20177.9『ユリゴコロ』キックオフ会見がありました。


005_20170709150824b94.jpg


吉高由里子、他のキャストに「全然親近感が湧かない」 映画「ユリゴコロ」会見1


松坂桃李「愛のある作品」 映画「ユリゴコロ」会見2


松山ケンイチ、吉高由里子との共演シーンは「ずっとすっぽんぽんで…」 映画「ユリゴコロ」会見3




吉高由里子、肩出し黒ワンピ&ピンヒールでエレガントな大人の着こなし 映画「ユリゴコロ」会見4


≫続きをみる...

2017年9月15日(金)~11月3日(祝・金) IHIステージアラウンド東京にて劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風に出演します。2度目の新感線、今回はそれも2役に挑戦するケンちゃんです。




髑髏城の七人風の公式サイトはこちら



撮影レポート&インタビュー 松山ケンイチ編

最終更新日:2017.7.11


≫続きをみる...

第33回『清盛、五十の宴』
2012年8月26日放送

006_20120826002556.jpg


仁安2(1167)年、清盛(松山ケンイチ)はついに最高の官職、太政大臣の地位に就いた。清盛は50歳になろうとしており、五十の宴が六波羅で盛大に行われる。その宴席に、清盛の父・忠盛が熊野でつくった末の弟・忠度(ムロツヨシ)が現れた。

熊のようなその男の出現に、一門は翻弄されるが、その宴の最中、藤原忠通(堀部圭亮)の子・九条兼実(相島一之)が現れる。

権勢をふるう清盛と平家一門を面白く思わぬ兼実は、「武家は武力をふるうことはできるが、花鳥風月を解することができぬのではないか」と皮肉を言う。

そんな忠度と兼実に清盛は弟・経盛(駿河太郎)に舞をまわせ、さらに突然あらわれた忠度に歌を歌わせる。見事に舞い、歌をうたった弟たちに、清盛は、平家は武だけはないことを思いしらせ、さらに自分も舞いはじめる。そこで、ひとつの奇跡が起こる…。


≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .