感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
第36回『巨人の影』
2012年9月16日放送

001_20120916050630.jpg


清盛(松山ケンイチ)は、京での仕事を嫡男の重盛(窪田正孝)に任せ、自らは福原に移り住んだ。同時期、後白河上皇(松田翔太)は出家し、法皇となる。

嘉応元(1169)年、藤原成親(吉沢悠)の知行国、尾張で寺社がからんだいさかいが起こる。延暦寺は成親の配流を求めて強訴を起こす事件に発展した。

側近の成親の進退をめぐって後白河法皇は判断がつかず、院御所を警備し、事態を納めようとするが、かえって支離滅裂な命を出し、朝廷を混乱させてしまった。重盛も、妻の兄である成親の処遇に迷い、混乱をおさめることができない。

それまで福原で情勢を見守っていた清盛は、ふいに平を率いて上楽、たちどころに混乱をおさめてしまう。
平家の兵力と清盛の采配を目の当たりにした後白河法皇や摂関家は、武士の武力がもはやすべてを解決する重要な力であることを認めざる得なかった。


≫続きをみる...

スポンサーサイト
鑑賞記録
1回目 2017.7.23(日)
2回目 2017.7.27(木)
3回目 2017.8.10(木)


パンフレット


ミニオン好きにとっては、もう少し出番が欲しいとかいうレビューもあるみたいですが、グルーもミニオンも、そして主要人物みんな好きなので、今回、私にとってはちょうどいい塩梅でしたね。まぁ、ミニオンは何をしていても可愛い。

元々、ディズニーもピクシーの作品もさほど観ない人間なんだけど、その中ではイルミネーションのこの「怪盗グルー」のシリーズは観てるんですよね(笑)私は鶴瓶師匠の吹き替え好きですけどね。

劇中、2回くらいウルウルしたシーンがありました。
グルーとルーシーの娘たちを思う愛情、そして、悪から足を洗ったグルーに対して引導渡してミニオンたちが新しい悪事をして売れる主を探すために、家出しちゃんだけど、逮捕されて監獄送り。でもそれなりに監獄生活満喫しているんだけど、ふとした時にメルがグルーとの日々を思い出す回想シーンは泣いちゃいますよ。(そうそう、今回、ネファリオ博士が石になっちゃって出番なし。復活できるのか?)

そしてバルタザールとグルーの対決も見ものでした。
80年代の音楽がたくさん流れて、うきうき気分になっちゃいますし、バルタザールの背景にあるハリウッドに対しての屈折した思いからとんでもない計画を実行しようとしたりして、憎めないキャラクターではありました。

それから両親の離婚で別れて住んでいた双子の兄弟の存在。
ドルー、この2人がバルタザールの基地に潜入するシーン、見た目はドルーの方がびしっとした感じに見えるけど、実際はグルーがカッコ良いというか仕事できる男って感じで頼もしいんですよね。(でも、反悪党同盟に首にされちゃうけど)

ケンちゃんの青森弁のシーンは、「そう来ましたか」という感じで、ウォホホ~でした。(これは見てのお楽しみに)
いつも吹替しか見ないので(この作品は)この吹き替えメンバーは本当に最高でした。

最後はうまく収まったと思ったら…の展開で次回どうなるのかこれまた気になる終わり方でした。
また観たくなったいました。




2017.8.9記述
MovieWalker より

累計部数590万部を超える司馬遼太郎のベストセラー小説を実写化した『関ケ原』(8月26日公開)。岡田准一、役所広司らが有名武将を演じていることでも話題だが、MovieWalkerでは、そんな彼らのキャラクター動画をいち早く7本まとめて公開する!

解禁されたのは、役所広司演じる徳川家康をはじめ、東出昌大扮する小早川秀秋、松山ケンイチ演じる直江兼続ら7人の武将の動画。一瞬ながらも、それぞれの武将の特徴や活躍が把握しやすい内容だ。各々のドラマも感じる映像となっているので、ぜひ7本連続でチェックしてほしい!


西軍
『関ケ原』 キャラクター動画/豊臣秀吉


『関ケ原』 キャラクター動画/大谷刑部

『関ケ原』 キャラクター動画/島左近


『関ケ原』 キャラクター動画/直江兼続


東軍

『関ケ原』 キャラクター動画/徳川家康


『関ケ原』 キャラクター動画/井伊直政


『関ケ原』 キャラクター動画/小早川秀秋


短っ!でもこれが登場シーン全部だったらこれまた悲しい…ということはないはず。もう少し尺はあるはず(笑)
多分最初の方に登城するだろうね(合戦前)。あと最後の方もかな?たとえ短い登場だとしても楽しみです。どんな直江兼続を演じてくれているのかなぁ。




第35回『わが都、福原』
2012年9月9日放送

007_20120906091649.jpg 
仁安3(1168)年、病からよみがえった清盛(松山ケンイチ)は妻の時子(深田恭子)とともに出家する。
そして清盛は一門の前で港の近い福原に移り住むことを表明し、皆を驚かせた。清盛の福原移住を聞いた後白河上皇(松田翔太)は、危機感を覚え、清盛の動きを警戒する。

2月、後白河と滋子(成海璃子)の子・憲仁親王が即位する。高倉天皇である。平家の血を引いた初めての天皇の誕生であった。生母の滋子は皇太后となり、これによって、平家内の勢力均衡は微妙に変化した。

滋子の姉・時子の長男宗盛(石黒英雄)が、先妻明子の子・重盛(窪田正孝)を抑えて台頭し、宗盛の叔父で清盛の血のつながらない弟・頼盛(西島隆弘)が官位を辞任する。そのことは頼盛の心に影を落とす。

一方、伊豆では、わが子を殺され絶望していた頼朝と、北条政子が運命的な出会いをする。


≫続きをみる...

「嵐」の櫻井翔と有吉弘行がMCを担当する「櫻井・有吉THE夜会」が8月3日(木)今夜放送され、舞台“劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season風”に出演する俳優の松山ケンイチ、向井理、女優の田中麗奈の3名がゲストとして登場するほか、芦田愛菜と鈴木福も出演する。

夜会002


2017.8.4記述

昨日の夜会も面白かったですね。
用賀の意味はヨガと関係しているなんて(まぁその時代に日本に入ってきててもおかしくはないよね。仏教も入ってきてるんだからなるほど納得)しかし、鼻うがい、鼻炎持ちで耳抜きとかできない私は鼻うがいできない(旦那はやってるけど)、ケンちゃんも果敢に挑戦していたけど難しそうだったね。ちゃんとできてないし(笑)真面目にやってるけどおかしい…

あと、今回も便利グッズ。確かに小さな子供が3人もいるから飲み物とか普通にこぼすだろうからね、大変だと思うわお父さんもお母さんも。紹介してもらったグッズをはてさて松山家は使用するのだろうか?(笑)

麗奈ちゃん、この3人の中でいちばん年長?そんなに月日が流れたのね~。旦那様のためにお弁当頑張って作ってるよね。
彩り考えて、旦那さまお医者様だったら健康管理しなくちゃね、患者さんにご迷惑かけられないものね。大変だろうけど頑張ってね。

ケンちゃん、ジーパン処分したということなのね。(小雪さんの話題にもよく出てくるやつだね)男じゃないけど私も結構ボロボロになるまで着てるけどね~。今回の風の主要メンバーってほとんど既婚者だね。向井さんとは子育ての話とかしたりするのかなぁ…。
≫続きをみる...

映画「ユリゴコロ」公開関連情報
2017年9月23日公開予定、映画「ユリゴコロ」の関連情報です。





映画「ユリゴコロ」 
ある日、亮介(松坂)は余命わずかな父の書斎で、殺人者の告白文がつづられた1冊のノートを発見する。誰が何のために書いたのか。自分の家族とどんな関係があるのか。数々の疑念を抱きながらも、強烈にノートに引き寄せられていき、自分の運命を狂わせていく。一方、時代は昭和。人を殺すことが心のよりどころの美紗子(吉高)は、他人に理解されない、孤独な生活を送っていた。ある日、洋介(松山)と出会い、お互いの境遇が似ていることに気付き、孤独を埋め合うようになる。



松山ケンイチ(32)コメント
あたたかく、柔和で、暗くなりがちな役柄を演じるのは久しぶりだったので、自分の中のステレオタイプも参考にしながら演じました。由里子ちゃんとの共演も願っていた事だったので、とても嬉しく思っています。熊澤監督とは2回目で10年近く間が空いてますが、プライベートでもお付き合いがあったので、良い関係で最後まで出来ました。僕自身大好きな90年代の映画の匂いのする作品だなと思ったので完成が楽しみです。

松坂桃李(28)コメント
非常に不思議な本でした。ミステリーでもあるけれど人間ドラマとしても深いところをえぐってくる。完成するまで「こういう作品だ」と言いきれないんじゃないかと思いました。偶然にも近いタイミングで同じ原作者の沼田さんの作品に携わることになり、そこにも深い"縁"を感じました。過去の出来事を想像しながら、現在の物語を大切に演じていきたいと思います。

熊澤尚人監督コメント
昭和と現代、二つの時代を通して、主人公であるひとりの女性に、心を揺り動かされ、人生を翻弄されるふたりの男性を松山くんと松坂くんに演じてもらいます。かねてから絶大な信頼を寄せる松山くんは、私の想像を超える柔軟性で、この難役に挑んでくれました。松坂くんとは初めてですが、香りたつ芝居の出来る、今、最も一緒に仕事をしたい俳優さんだったので、今から撮影が楽しみです。


撮影について
ノートに綴られた物語へ出演する吉高由里子さん、松山ケンイチさん、佐津川愛美さん、清原果耶さんは昨年9月初旬~10月中旬に撮影を終了。ノートの秘密へ迫る<現在パート>へ出演する松坂桃李さん、木村多江さん、清野菜名さんらは本年6月下旬から撮影に入ります。過去と現在が交錯する物語をコントラスト強く表現するため、画のトーン、現場スタッフなどを変更。撮影時期もあえてずらし、二部作的スケール感の制作体制を敷いています。本作の完成は8月下旬を予定。ぜひ今後の情報へもご期待ください。



映画『ユリゴコロ』予告編







公式サイトはこちら


最終更新日:2017.8.4



≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .