感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
「嵐」の櫻井翔と有吉弘行がMCを担当する「櫻井・有吉THE夜会」が8月3日(木)今夜放送され、舞台“劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season風”に出演する俳優の松山ケンイチ、向井理、女優の田中麗奈の3名がゲストとして登場するほか、芦田愛菜と鈴木福も出演する。

夜会002


2017.8.4記述

昨日の夜会も面白かったですね。
用賀の意味はヨガと関係しているなんて(まぁその時代に日本に入ってきててもおかしくはないよね。仏教も入ってきてるんだからなるほど納得)しかし、鼻うがい、鼻炎持ちで耳抜きとかできない私は鼻うがいできない(旦那はやってるけど)、ケンちゃんも果敢に挑戦していたけど難しそうだったね。ちゃんとできてないし(笑)真面目にやってるけどおかしい…

あと、今回も便利グッズ。確かに小さな子供が3人もいるから飲み物とか普通にこぼすだろうからね、大変だと思うわお父さんもお母さんも。紹介してもらったグッズをはてさて松山家は使用するのだろうか?(笑)

麗奈ちゃん、この3人の中でいちばん年長?そんなに月日が流れたのね~。旦那様のためにお弁当頑張って作ってるよね。
彩り考えて、旦那さまお医者様だったら健康管理しなくちゃね、患者さんにご迷惑かけられないものね。大変だろうけど頑張ってね。

ケンちゃん、ジーパン処分したということなのね。(小雪さんの話題にもよく出てくるやつだね)男じゃないけど私も結構ボロボロになるまで着てるけどね~。今回の風の主要メンバーってほとんど既婚者だね。向井さんとは子育ての話とかしたりするのかなぁ…。
≫続きをみる...

スポンサーサイト
映画「ユリゴコロ」公開関連情報
2017年9月23日公開予定、映画「ユリゴコロ」の関連情報です。





映画「ユリゴコロ」 
ある日、亮介(松坂)は余命わずかな父の書斎で、殺人者の告白文がつづられた1冊のノートを発見する。誰が何のために書いたのか。自分の家族とどんな関係があるのか。数々の疑念を抱きながらも、強烈にノートに引き寄せられていき、自分の運命を狂わせていく。一方、時代は昭和。人を殺すことが心のよりどころの美紗子(吉高)は、他人に理解されない、孤独な生活を送っていた。ある日、洋介(松山)と出会い、お互いの境遇が似ていることに気付き、孤独を埋め合うようになる。



松山ケンイチ(32)コメント
あたたかく、柔和で、暗くなりがちな役柄を演じるのは久しぶりだったので、自分の中のステレオタイプも参考にしながら演じました。由里子ちゃんとの共演も願っていた事だったので、とても嬉しく思っています。熊澤監督とは2回目で10年近く間が空いてますが、プライベートでもお付き合いがあったので、良い関係で最後まで出来ました。僕自身大好きな90年代の映画の匂いのする作品だなと思ったので完成が楽しみです。

松坂桃李(28)コメント
非常に不思議な本でした。ミステリーでもあるけれど人間ドラマとしても深いところをえぐってくる。完成するまで「こういう作品だ」と言いきれないんじゃないかと思いました。偶然にも近いタイミングで同じ原作者の沼田さんの作品に携わることになり、そこにも深い"縁"を感じました。過去の出来事を想像しながら、現在の物語を大切に演じていきたいと思います。

熊澤尚人監督コメント
昭和と現代、二つの時代を通して、主人公であるひとりの女性に、心を揺り動かされ、人生を翻弄されるふたりの男性を松山くんと松坂くんに演じてもらいます。かねてから絶大な信頼を寄せる松山くんは、私の想像を超える柔軟性で、この難役に挑んでくれました。松坂くんとは初めてですが、香りたつ芝居の出来る、今、最も一緒に仕事をしたい俳優さんだったので、今から撮影が楽しみです。


撮影について
ノートに綴られた物語へ出演する吉高由里子さん、松山ケンイチさん、佐津川愛美さん、清原果耶さんは昨年9月初旬~10月中旬に撮影を終了。ノートの秘密へ迫る<現在パート>へ出演する松坂桃李さん、木村多江さん、清野菜名さんらは本年6月下旬から撮影に入ります。過去と現在が交錯する物語をコントラスト強く表現するため、画のトーン、現場スタッフなどを変更。撮影時期もあえてずらし、二部作的スケール感の制作体制を敷いています。本作の完成は8月下旬を予定。ぜひ今後の情報へもご期待ください。



映画『ユリゴコロ』予告編







公式サイトはこちら


最終更新日:2017.8.4



≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .