感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
鑑賞記録
1回目 2017.7.23(日)
2回目 2017.7.27(木)
3回目 2017.8.10(木)


パンフレット


ミニオン好きにとっては、もう少し出番が欲しいとかいうレビューもあるみたいですが、グルーもミニオンも、そして主要人物みんな好きなので、今回、私にとってはちょうどいい塩梅でしたね。まぁ、ミニオンは何をしていても可愛い。

元々、ディズニーもピクシーの作品もさほど観ない人間なんだけど、その中ではイルミネーションのこの「怪盗グルー」のシリーズは観てるんですよね(笑)私は鶴瓶師匠の吹き替え好きですけどね。

劇中、2回くらいウルウルしたシーンがありました。
グルーとルーシーの娘たちを思う愛情、そして、悪から足を洗ったグルーに対して引導渡してミニオンたちが新しい悪事をして売れる主を探すために、家出しちゃんだけど、逮捕されて監獄送り。でもそれなりに監獄生活満喫しているんだけど、ふとした時にメルがグルーとの日々を思い出す回想シーンは泣いちゃいますよ。(そうそう、今回、ネファリオ博士が石になっちゃって出番なし。復活できるのか?)

そしてバルタザールとグルーの対決も見ものでした。
80年代の音楽がたくさん流れて、うきうき気分になっちゃいますし、バルタザールの背景にあるハリウッドに対しての屈折した思いからとんでもない計画を実行しようとしたりして、憎めないキャラクターではありました。

それから両親の離婚で別れて住んでいた双子の兄弟の存在。
ドルー、この2人がバルタザールの基地に潜入するシーン、見た目はドルーの方がびしっとした感じに見えるけど、実際はグルーがカッコ良いというか仕事できる男って感じで頼もしいんですよね。(でも、反悪党同盟に首にされちゃうけど)

ケンちゃんの青森弁のシーンは、「そう来ましたか」という感じで、ウォホホ~でした。(これは見てのお楽しみに)
いつも吹替しか見ないので(この作品は)この吹き替えメンバーは本当に最高でした。

最後はうまく収まったと思ったら…の展開で次回どうなるのかこれまた気になる終わり方でした。
また観たくなったいました。




スポンサーサイト
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .