FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2017.12.28記述
ザテレビジョンより

深田恭子&松山ケンイチの共演で注目を集める新ドラマ「隣の家族は青く見える」(フジ系)が、いよいよ撮影開始! 複数の家族が意見を出して造る集合住宅“コーポラティブハウス”を舞台に、各家庭の葛藤や成長をハートフルに描く本作で、深田&松山が演じるのは、なんと“妊活”中の夫婦。クランクインは、奈々(深田)と大器(松山)の夫婦が外で待ち合わせるシーンからスタートした。単独の撮影でも、お互いに画面の外で演技をしてサポートするなど、既に息ぴったりの2人。撮影の合間には、深田が松山を街中で見掛けたことを明かし、松山は「どこで!?」とびっくりしていた。


011_20171228084439d7d.jpg


第1話STORY

小さなアパートで住宅購入資金をためながら2人きりの生活を楽しんでいた五十嵐奈々・大器の夫婦。ようやく資金もたまり、コーポラティブハウスの購入を決めた2人は、大器の母・聡子(高畑淳子)からの要望もあり、子づくりを開始する。だが、1年たっても子供は授からず、奈々は不安になって不妊治療を受けることを提案。大器は楽観的な態度だが、「それで安心するなら」と受診に賛成する。一方、コーポラティブハウスに居住する家族も、それぞれに問題を抱えていた。(ザテレビジョン)



これは通勤風景なのかしらね?
公式サイトにも2人の可愛いショットがチラホラあるので是非みてみてください。
寒いのでくれぐれも撮影には気を付けてください。特に奈々ちゃんは水に入るシーンが多いだろうから風邪などひかないように頑張ってほしいです。


スポンサーサイト



2017.12.27記述
歴史マガジン編集部より

2017年はあともう少し。今年は伊達政宗と立花宗茂の生誕450周年であり、幕末維新150周年という、節目の年でもありました。
歴人マガジンでもたくさんの記事をご覧いただきましたが、今年も戦国が強く、特に大河ドラマ「おんな城主 直虎」に、映画「関ヶ原」の大ヒットをうけた関連記事が読まれました。そして、特筆すべきはあの大河ドラマの記事です。
そんな、歴人マガジンならではの、2017年の記事ランキングベスト10を発表します!


129.jpg


【1位】今年のトップは家康!子宝に恵まれた側室選びの秘訣とは?
【2位】これぞ“ソーシャル大河”の実力!みんな大好き「平清盛」
【3位】「直虎」と「真田丸」、赤備え以外の共通点って?
【4位】直虎だけじゃない!勇ましくも麗しい女武者たち
【5位】リピーターも多数!映画「関ヶ原」が大ヒット
【6位】流刑されても奇跡的復活を遂げた源頼朝!
【7位】「政次ロス」な人が続出!「直虎」小野政次の衝撃の最期
【8位】「おんな城主 直虎」を支えた、頼もしい仲間たち
【9位】2大平安大河ドラマのキャストを徹底比較
【10位】諸説あり、平清盛の死因とは?


くそぉ~残念ながら1位は取れなかったけれど、源平関連が4つもランクインしてるのは何とも嬉しいジャマイカスルメイカ(笑)
ネットでボロカスに言われ続けても、今なお、海の底の民の清盛様への愛と忠義い揺るぎは全くない、いや、こうしてチャンネル銀河さんの熱いサポートのおかげで、新たな民も着実に増えて、そしてNHK通販での箱盛の再販追い風が吹いております。

これからもきっと、この熱は冷めることなく続いていくことを海の底の民は願っておりまするぞ(^_-)-☆


詳細、原文はこちら

第45回『以仁王の令旨』
2012年11月18日放送

006_20121118030302.jpg 
後白河法皇(松田翔太)を鳥羽離宮に幽閉した清盛(松山ケンイチ)は、ついに武士として初めて天下の頂に君臨する。清盛は福原にいながら、朝廷の人事権を掌握し、高倉天皇(千葉雄大)に徳子(二階堂ふみ)の産んだ言仁親王への譲位を迫るなど、思いのまま政を展開して行く。

一方、不遇の境遇にある以仁王(柿澤勇人)は、源頼政(宇梶剛士)に接近し、武力決起による平家討伐を考えはじめていた。また伊豆でも、重税に苦しめられる東国武士たちの間では、徐々に平家への不満が高まっていた。そして義経(神木隆之介)は弁慶(青木崇高)とともに奥州藤原氏を頼り、力を蓄えつつある。頂に立った清盛は、各地で燻りはじめた反平家の火種をよそに、孤独のなかで我を失いはじめる。

治承4年、2月、かねてよりの清盛の望みどおりに、高倉天皇は譲位した。清盛は言仁親王の即位の儀を福原で行うといいだし、周囲を驚かせる。


≫続きをみる...

いつも訪問ありがとうございます
 2009.2.9に始めたこのblog「感じる存在感」ですが、皆様本当にいつもご訪問いただきありがとうございます<(_ _)>

1周年ありがとう


2017.12.21記述
  

666660万


いつも「感じる存在感」に訪問してくださる皆々様、本当に感謝しております<(_ _)>
昨日、訪問者が「666660万カウント」達成いたしました。\(^o^)/


これからも変わらず。ボチボチとマイペースで応援していきたいと思っておりますので、皆様今後ともよろしくお願いします。

≫続きをみる...

「関ケ原」Blu-ray&DVD発売情報
2018年2月7日、映画「関ケ原」Blu-ray&DVDが発売になります。



BD DVD豪華版




関ケ原 Blu-ray豪華版(特典DVD付き2枚組)
価格:6,800+税
品番:TBR28067D
POS:4988104109675

DISC1(本編Blu-ray)
分数:本編149分+映像特典
画面サイズ:ワイドスクリーン
層数:2層(BD50G)
字幕: ①日本語字幕 ②英語字幕
音声:
1)日本語DTS-HD Master Audio7.1ch
2)日本語DTS-HD Master Audio2.0ch
3)視覚障がい者用音声ガイド
  日本語DTS-HD Master Audio2.0ch
4)日本語DTS-HD Master Audio2.0ch
  (オーディオ・コメンタリー)

DISC2(特典DVD)※DISC2は、Blu-ray豪華版、DVD豪華版共通です。

分数:未定  画面サイズ:16:9  層数:片面2層 音声:日本語ドルビーデジタル2.0ch
本編ディスク特典内容
【映像特典】
・予告映像(特報・予告編・TVスポット)

【音声特典】
・本編オーディオ・コメンタリー
原田眞人監督、岡田准一、平岳大、原田遊人(編集)による撮影裏話満載の必聴コメンタリー!

特典ディスク収録内容
・メイキング
・イベント映像集(完成披露イベント・舞台挨拶、滋賀特別課外授業イベント、大ヒット祈願イベント、初日舞台挨拶、大ヒット記念イベント)
・公開記念特番
・特番「映画関ヶ原の全て」
・インタビュー集、鼎談映像(インタビュー:岡田准一、役所広司、有村架純、原田監督/鼎談:岡田准一、平岳大、東出昌大)

外装・封入物
・特製アウターケース
・ブックレット


DVDの豪華版も基本同じですので、どちらかをチョイスできますね。後は通常版となります。豪華版…どちらにしようかなぁ…



最終更新日:2017.12.15記述



≫続きをみる...

2017年本日発売雑誌
本日発売の雑誌、購入に迷うあなたへ…(^-^)ご参考にまで。


最終更新日:201712.13
≫続きをみる...

第44回『そこからの眺め』
2012年11月11日放送

006_20121111142213.jpg

治承3年(1179)、清盛(松山ケンイチ)の嫡男・重盛(窪田正孝)が病に倒れた。
正義感が強い半面、心優しい重盛は、後白河法皇(松田翔太)と清盛の間に入って心労を重ねたうえ、鹿ケ谷の事件に深く傷ついていたのである。

さらに摂政・近衛基実の正室となっていた清盛の娘・盛子が病死する。
平家の柱となっていた重盛の病と、摂関家のパイプ役だった盛子の死によって、暗雲がたちこめる。後白河法皇は、盛子の所領を没収し、院は関白基房(細川茂樹)と手を組んで、平家の力を削ごうと画策しはじめる。

平家では病の重盛の代行として、時子(深田恭子)の第1子・宗盛(石黒英雄)が一門の棟梁となった。
平家一門の願いもむなしく、重盛は回復することなく42歳の若さで一生を終える。

すると後白河法皇は、すぐさま重盛の知行国を没収し、福原でこの知らせを聞いた清盛の法皇への怒りは、頂点に達する。


≫続きをみる...

2017.12.1記述

韓国歌手Rain(ピ、35)が久々にカムバックした心境を打ち明けた。

001_201712012350054a8.jpg


 Rain(ピ)は1日午後、Seoul Dragon City Sky Kingdomにて開かれたミニアルバム「MY LIFE 愛」の発売記念記者懇談会を通して「久しぶりに新曲『GANG』で帰ってきた」と明かした。

 この日Rain(ピ)は「久しぶりのアルバムにとてもワクワクする。幸せだ」とし、「『GANG』のダンスに倒れる振り付けがある。番組で言及したゴリラダンスも入れた」と伝えた。

 Rain(ピ)はデビューして15年が経った。彼は「今年、(個人的に)うれしい出来事が多かった」とし「信じられないほどだ。これからより一生懸命に頑張りたい」と覚悟を述べた。

 Rain(ピ)はまた、KBS2TVアイドル再起「THE UNIT」のMCとして活躍中であることに対し「これまで何度かオファーがあったが、僕が誰かを判断するのが嫌だった。THE UNITも何度か断った」と言及。続けて「趣旨が良かった。以前の僕を思い出す。ノウハウを知らない子たち、ステージに上がれない子たちの力になりたかった。パク・チニョンが僕の手を引っ張ってくれたように、僕も誰かのために何かをしたかった」と責任感を示した。

 さらにRain(ピ)は10月に長女が誕生したことについて「僕の人生第2幕だ。本当に感謝している。こうして安定的な家長になれたのはファンの皆さんのおかげだ。世に役立つ子に育てたい」と明かし、「きょう以降は家族の話をしないようにする。妻や子供に良くないようだ」とも語った。


本当に今年は彼にとって、いろんなことがあった1年ですね。
カムバック、ミニアルバムも色んな楽曲があって、楽しめますね。
これから年末にかけて音楽番組などの出演も多いだろうからファンも大忙しになりそうですね(笑)


RAIN 비_ 깡(GANG)

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .