FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
第44回『そこからの眺め』
2012年11月11日放送

006_20121111142213.jpg

治承3年(1179)、清盛(松山ケンイチ)の嫡男・重盛(窪田正孝)が病に倒れた。
正義感が強い半面、心優しい重盛は、後白河法皇(松田翔太)と清盛の間に入って心労を重ねたうえ、鹿ケ谷の事件に深く傷ついていたのである。

さらに摂政・近衛基実の正室となっていた清盛の娘・盛子が病死する。
平家の柱となっていた重盛の病と、摂関家のパイプ役だった盛子の死によって、暗雲がたちこめる。後白河法皇は、盛子の所領を没収し、院は関白基房(細川茂樹)と手を組んで、平家の力を削ごうと画策しはじめる。

平家では病の重盛の代行として、時子(深田恭子)の第1子・宗盛(石黒英雄)が一門の棟梁となった。
平家一門の願いもむなしく、重盛は回復することなく42歳の若さで一生を終える。

すると後白河法皇は、すぐさま重盛の知行国を没収し、福原でこの知らせを聞いた清盛の法皇への怒りは、頂点に達する。


≫続きをみる...

スポンサーサイト



Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .