FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
隣の家族は青く見える 第1話
2018.1.18放送

001_20180118232914495.jpg


スキューバダイビングのインストラクターをしている五十嵐奈々(深田恭子)とおもちゃメーカーに勤務する大器(松山ケンイチ)夫妻は、小さなアパートで暮らしながら資金を貯め、コーポラティブハウスを購入する。同じコーポラティブハウスに住むのは、結婚を控えたバツイチのスタイリスト・川村亮司(平山浩行)とネイリストの杉崎ちひろ(高橋メアリージュン)のカップル、二人の娘を持つ商社マンの小宮山真一郎(野間口徹)と深雪(真飛聖)夫妻、そしてこのコーポラティブハウスの設計も手掛けた建築士の広瀬渉(眞島秀和)だ。

子どもが大好きな奈々と大器は、1年ほど前から子作りを始めていた。そんな矢先、大器の妹・琴音(伊藤沙莉)が、家業の焼き鳥店で働く糸川啓太(前原滉)の子を妊娠。夫の健作(春海四方)と店を切り盛りする大器たちの母・聡子(高畑淳子)は大喜びし、次は奈々の番だと期待を寄せる。

奈々たちが帰宅すると、共有スペースでは小宮山一家が餅つきをしていた。さっそく手伝い始める奈々たち。その際、奈々は、渉を訪ねてきた青木朔(北村匠海)と出会う。実は朔は渉の恋人で、渉と一緒に暮らすつもりでいた。
.
早く子どもが欲しいと願う奈々は、大器を説得し、不妊治療専門のクリニックを訪れる。そこで奈々たちは、1年以上避妊していないにもかかわらず妊娠に至らないのは不妊症と言える、という片岡医師(伊藤かずえ)の言葉にショックを受け……。


≫続きをみる...

スポンサーサイト



2018.1.18記述

017_20180118214938976.jpg


フジテレビで、妊活をテーマにしたドラマが始まる。夫婦を演じるのは深田恭子と松山ケンイチ。

視聴率が安定しやすいと言われる刑事モノや医療モノ、漫画原作モノではなく、ゼロから企画して完全オリジナルで取り組む新しいドラマが『隣の家族は青く見える』だ。

「とてもデリケートな問題だけど、地上波のドラマで扱いたいと思った。それぐらい、身の回りに溢れている問題だから」。

担当した中野利幸プロデューサーに話を聞くと、3、4年前から構想していたものが、やっと身を結んだのだという。ドラマに込めた思いをハフポスト日本版が取材した。(南 麻理江/ハフポスト日本版)

.





≫続きをみる...

2018.1.18記述
サンケイスポーツより


007_20180118133607ed1.jpg



深田恭子(35)と松山ケンイチ(32)が妊活に励む夫婦役を演じるフジテレビ系木曜劇場「隣の家族は青く見える」(18日スタート、木曜後10・0)。

 コーポラティブハウスに住む家族たちの葛藤と成長をハートフルに描くヒューマンドラマで、2人はNHK大河ドラマ「平清盛」(2012年)以来の夫婦役となる。

 スキューバダイビングのインストラクターで活発な妻、奈々を演じる深田と中堅玩具メーカーに勤め、心優しいがちょっと頼りない夫、大器を演じる松山に話を聞いた。

 --最初にこの話を聞いて…

 深田「家族であっても一見しただけでは分からないさまざまな思いが渦巻いていて、それがどのように絡み合っていくのか。誰しもが一人の人間であり、一組のカップルや一つの家族である。いろいろな問題を抱えながらどう生きるかという選択肢を探しているのではないか。大切な人と思いがつながるために葛藤している、そんな愛らしい家族や恋人たちを見て、みなさんの隣にいる人たちに目を向けるきっかけになれば」

 松山「妊活、同性愛、子供がいるけどデリケートな問題を抱えている夫婦など、とてもリアルな話。自分とも関わりがない話ではない。そもそもリアルでないと意味がないと思う。ドラマだから物語や人物像が都合よく描かれるというのは、今回の題材を描く意味がないと思うのでスタッフ、キャスト全員で深めていければ」

 --5年ぶりの夫婦役ですね

 深田「当時(大河で)高下駄、浴衣姿でさっそうと撮影現場を歩いていたのがすごく印象に残っている。松山さんは現場でご家族の話をよくなさるので、聞くのが楽しい。お聞きすると割と何でも答えてくれる(笑)。いろいろと想像しながら聞くと楽しい」

 松山「平清盛は世の中を動かしたくせが強い人間。だからくせが強い相方が必要。ということは、くせ者同士ということで(笑)。普通に作るのはおもしろくないので、非現実的にならない程度に」

 深田「私もくせ者? 普通じゃないということなのですか?(笑)」

 松山「僕、そっちの方が好き。そっちの方でいいじゃないですか(笑)」

 深田「じゃ、そういうことで(笑)」

 --役の印象は?

 深田「奈々は人の気持ちが分かる、先読みする女性。その彼女が今までぶつかったことのない出来事に遭遇する。私は結構悩んだりして引っ張られてしまうことがあるので、正反対の奈々はすてきな女性だと思う」

 松山「大器はバカなんだと思うけど、奈々のことを大切にしなきゃいけないということを忘れない人。忘れてしまいがちなことを忘れない。僕もそう思っているので、そういう人になりたい。愛情をいっぱい持って演じたい」

 --理想のパートナーシップとは?

 深田「この夫婦のように一緒の気持ちで向き合える人。妊活って男女ともに究極のところで難しいじゃないですか。自分が追い詰められたときに思いやりをもってどう優しくいられるか。理想の夫婦じゃないですか」

 松山「一生続くということが前提で結婚したわけで、お互いに努力していかないといけない。それができる関係が理想。また仕事にかまけて家族とのコミュニケーションを怠ってしまうことが一番残念。どんなに仕事がうまくいっても何のために働いているのかが分かっていなければ本当の幸せには届かないと思う。自分自身の課題でもある」

 深田「本当に何でも話してくださるでしょ(笑)」

 松山「(深田の話もスルーし、続けて)僕は役者だから夫の大器を演じるけど、せいぜい3、4カ月で終わる。でもお父さん(女優の小雪との間に2男1女)は一生の仕事。一生の役作りと最近思う(と熱弁)。大器どころじゃないというわけではないですけど(爆笑)」

 --お互いのうらやましいところは?

 深田「松山さんは道を整理してちゃんと進んでいらっしゃる。そこがうらやましい」

 松山「いや、まあ結婚しているだけですけどね。いいように解釈していただいて(笑)。深田さんは…」

 深田「(にこやかに)何でも言ってくださって結構ですよ」

 松山「まあ(深田さんは)独身ですからね。まあこれからいろいろあると思いますが…(爆笑)」

 --妊活というデリケートなテーマの難しさは?

 深田「少しでも励みになれる力になれば。丁寧に演じたい」

 松山「幸せの形がいろいろあるんだということ、きちんとそこを表現できたら」

 --最後に今一度、夫婦の在り方について

 深田「がんばりすぎない。つらいとき、どうしようもないときに優しい気持ちで見てあげる…うまく言えないけど」

 松山「深田さんの言うことはよく分かる。お互いがへこんでいるときに互いを引き上げてくれる関係性。2人で補いながら生活をしていく。そのときの状況で役割が変わるということ」

 中谷まゆみ脚本によるオリジナルストーリー。同局の中野利幸プロデューサーは企画意図をこう語る。

「実際に多くの自分の友人が妊活していることを知り、今日的なテーマだと思った。コーポラティブハウスを舞台にするのも知人の新築祝いに行ったときに話を聞いてからの発案。実在の方々への取材を入念に重ねているので、あなたの隣の方々の物語と思ってもらえるような作品を目指す。隣の芝生は青く見えても”今を生きる”夫婦や家族たちが抱えている秘密や悩みが明らかになっていくところが見どころです」

 出演は平山浩行、高橋メアリージュン、北村匠海、眞島秀和、須賀健太、伊藤沙莉、橋本マナミ、高畑淳子ら。初回15分拡大。
2018.1.18記述
ウーマンエキサイトより

エキサイトウーマン


1月18日(木)にスタートする木曜劇場『隣の家族は青く見える』(フジテレビ)で、妊活という壁にぶち当たる夫を演じる松山ケンイチさん。自身の結婚観、家庭観について率直に語ってくれました。


原文はこちら




≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .