FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
隣の家族は青く見える 第6話
2018.2.22放送

001_2018022204402971a.jpg 

奈々(深田恭子)と大器(松山ケンイチ)のもとに、聡子(高畑淳子)や健作(春海四方)と一緒にお宮参りに行っていた琴音(伊藤沙莉)夫婦がやってきた。琴音の娘・真奈を抱かせてもらい、思わず涙ぐむ奈々。大器から不妊治療のことを打ち明けられていた聡子は、そんな奈々の姿を見ていられない。

ちひろ(高橋メアリージュン)は、亮司(平山浩行)の息子・亮太(和田庵)と上手くコミュニケーションが取れずにいた。肝心の亮司は親バカ状態で、毎週のように亮太におもちゃを買い与えていた。

深雪(真飛聖)は、受験を控えた長女・優香(安藤美優)の成績が落ちていることを知る。深雪は、学習塾の個別指導を増やすことにするが……。

一方、朔(北村匠海)は、渉(眞島秀和)のために何かをしたい、という思いが空回りし、失敗続きだった。渉は、気持ちは嬉しいが得意じゃないことはする必要がない、と朔に告げる。

そんな折、渉は、母親のふみ(田島令子)が骨折しても連絡すらしてこなかったことを知り、久しぶりに実家を訪れることにする。朔は、事務所の後輩のふりをする、といって半ば強引に渉について行く。

奈々は、リセットする度に落ち込みながらも、その思いをひとりで抱えて明るく振る舞っていた。大器は、そんな奈々に対して何もしてあげられないことに悩み……。

≫続きをみる...

スポンサーサイト



「隣の家族は青く見える」で共演した俳優眞島秀和さんから見た松山ケンイチとは

050_20180227051140809.jpg
≫続きをみる...

「隣の家族は青く見える」で兄妹役を演じている伊藤沙莉さんから見た俳優松山ケンイチとは


042_2018022704500617c.jpg



≫続きをみる...

2018.2.22記述
Realsoundより

リアルサウンド002


 『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)での松山ケンイチの夫役に共感の声が続々と上がっている。本作で松山が演じている大器のちょっとばかり無神経な発言があってもどこか憎めないところ、妻である奈々(深田恭子)を想った行動、優しさなど、大器、そして松山自身に“素敵な旦那像”を抱いている視聴者が多い。

 今回、リアルサウンド映画部では、松山ケンイチにインタビューを行った。実際に3人の子供の父親である松山は、妊活に悩む夫婦を演じる上で、どういう姿勢で取り組んでいるのか。また、松山が考えるパートナーの大切さについて、自身の経験から語ってもらった。(編集部)



原文はこちら



≫続きをみる...

隣の家族は青く見える 第5話
2018.2.15放送

002_20180215135242d1b.jpg

妊活に取り組む奈々(深田恭子)と大器(松山ケンイチ)は、タイミング法から人工授精へのステップアップを決意する。それに合わせて奈々は、勤務先のダイビングスクールにシフトの変更を申し出た。だが、上司の倉持(寿大聡)から、他のスタッフから苦情がでると面倒だから急な変更はほどほどにするよう注意されてしまう。
.
渉(眞島秀和)は、三沢建築事務所からの独立を決意する。留美(橋本マナミ)は、渉のことを中傷した怪文書の件は誰も気にしていない、と言って引き留めようとした。すると渉は、あの一件が迷っていた自分の背中を押してくれたと思うことにする、と返す。

いつものように図書館で時間をつぶしていた真一郎(野間口徹)は、敷地内でダンスの練習をしていた中学生の中に、長女の優香(安藤美優)が混じっていることに気づく。

一方、ちひろ(高橋メアリージュン)は、奈々と朔(北村匠海)に引っ越しのあいさつをする。亮司(平山浩行)が引き取ることになった息子・亮太(和田庵)が、名古屋から上京する前に出ていくという。奈々は、本当にこのまま亮司と別れてもいいのか、とちひろに問いかけた。だがちひろは、亮司が何も言ってこないから仕方ないという。

そんなある日、深雪(真飛聖)は、学習塾から優香が来ていないという連絡を受ける。深雪は、優香を探しに行く為に、次女の萌香(古川凛)のことを奈々にみてもらうことに。萌香を預かることになった奈々と大器は……。
≫続きをみる...

第49回『双六が終わるとき』
2012年12月16日放送

003_20121216061517.jpg


治承5(1181)年、平家は憂うつな年明けを迎えていた。平家を悪行三昧と忌み嫌う風潮が、国中にいきわたっていたのである。そんな折、清盛(松山ケンイチ)の頼みの綱だった高倉院(千葉雄大)Tが崩御した。わずか21歳である。安徳天皇はまだ幼く、平家は、朝廷でのよりどころを失った。力を失いつつある清盛の前に再び後白河法皇(松田翔太)が現れ、清盛を挑発する。

一方、鎌倉のもとには、梶原景時(浜田学)をはじめ、続々と坂東の武士たちが集結する。頼朝は彼らを御家人と呼び、新たな「武士の世」の政治体制の原型を作り始めていた。頼朝の国づくりを伝え聞いた清盛は、亡き義朝と誓い合った武士の世が、頼朝によってひきつがれていることを知る。それは、平家の世に揺さぶりをかけることになると知りつつ、清盛は嬉しさを感じていた。

後白河法皇と最後に対峙した清盛は、これより先は、朝廷は力を失い、武士同士が覇権を争う世になる、と後白河法皇に語る。


≫続きをみる...

隣の家族は青く見える 第4話
2018.2.8放送



奈々(深田恭子)は、担当医の片岡(伊藤かずえ)から、人工授精へのステップアップを勧められる。

奈々が自宅に戻ると、大器(松山ケンイチ)の母・聡子(高畑淳子)が来ていた。聡子は、体に良いというジュースや冷え予防の靴下と一緒に、いくつもの子宝グッズを持参し、奈々を困惑させる。
.
渉(眞島秀和)は、朔(北村匠海)から、留美(橋本マナミ)のことをいつまでだますつもりなのかと問われる。女性の好意を利用して自分のセクシャリティをカモフラージュするのは最低だというのだ。渉は、朔の言葉に同意するものの、ゲイであることを必死に隠して生きてきた自分は今さら変えられない、と答える。

同じころ、ちひろ(高橋メアリージュン)は、引っ越しに備えて荷造りを始めていた。それを見た亮司(平山浩行)はショックを受けるが、彼女を引き止めることができない。
.
仕事を終えて帰宅した大器は、棚に並んだ子宝グッズの数々を見てあ然となる。その際、奈々は、人工授精を勧められたことを大器に告げた。すると大器は、理屈ではわかっていても抵抗感があると言い出す。

一方、深雪(真飛聖)は、次女の誕生会の招待状を持って五十嵐家を訪れる。そこで深雪は、ちひろや渉たちと仲直りもしたいので、招待状を渡してほしい、と奈々に頼む。

そんな折、奈々の母・春枝(原日出子)が伊豆から上京してくる。奈々は、不妊治療のことを春枝に打ち明けるが……。

≫続きをみる...

2018.2.15記述
リアルサウンドより

021_20180215085010708.jpg


コーポラティブハウスに住む4組のカップル・家族が抱える悩みが露見していく『隣の家族は青く見える』。2月8日放送の第4話では、“人工授精”、“同性愛”が物語の主軸となり、考えさせられる回だった。

 今回注目したいのは、松山ケンイチ演じる五十嵐大器である。このドラマはコメディタッチだが、テーマは現代社会が抱える課題そのものであり、観ている人に問題提起するような内容ばかりだ。そんな中、松山は楽観的で憎めない、子供が大好きな夫を演じている。

 第4話は、不妊治療に励む大器と奈々(深田恭子)が、次のステップである人工授精に進もうとするところから始まる。奈々は「子供がほしい」という思いから人工授精に進むことに前向きだ。しかし大器は人工受精に対するイメージから、少し違和感を覚え気が進まない。このときの松山の表情が良い。釈然としないモノが心の内にあるが、納得も説得もできないときの表情だ。同じ状態のとき、私の夫も同じ表情をするので驚いた。決して無表情ではない。彼なりに相手を気遣っている顔だ。でも自分が釈然としていないことをどう伝えるべきか考えている、あの表情はとてもリアルだった。

 第4話で、奈々の母親(原日出子)が初めて登場する。奈々は、不妊治療をしていること、人工授精に進むつもりだということを母親に伝えるが、彼女は人工授精どころか不妊治療に反対だった。その様子を玄関先で聞いていた大器は、母と娘の会話に割って入る。このときの空元気っぷりは見事なものである。外で話を聞いていたことがバレバレに思えるので、思わず笑ってしまった。しかし、大器自身も人工授精には抵抗があったはずだ。奈々の母親と同意見にも関わらず、彼は奈々に寄り添う形を取ったということだろう。

 大器が、ただ単に悪い空気が漂うのが苦手な人だということも、松山はセリフがない間の細かい演技で見せてくれる。けれどもそこで空元気な演技をするだけでは、ただの空気が読めない人だ。松山が大器の心情を視聴者にわかりやすく演じることで、彼がどれだけ奈々を大事にしているかが伝わる。松山の演技によって、大器の底抜けない明るさが違和感なく見れるのだ。

 人工授精には後ろ向きだが、子供がほしいのは大器も同じだ。そんな折、妹・琴音(伊藤沙莉)に呼びだされた大器は、琴音から愚痴を聞かされる。それは琴音の夫である啓太(前原滉)が自然分娩しか認めないという話だった。「なんでも自然にこだわるのはどうかと思う」と不満を漏らす琴音だが、大器は何か思い当たる節があるような顔をする。「俺もその考え方にこだわっているんじゃないか」そんなモノローグを連想させる表情を松山は見せる。その表情が映し出されている中、大器が注文していた飲み物「オーガニックグリーン」がなんだか皮肉でもある。

 そんな松山の演技に変化が生じ始めるのが、コーポラティブハウスを設計した広瀬渉(眞島秀和)と青木朔(北村匠海)が同性愛者だということが住人にバレた時だ。「子供に同性愛のことをどう伝えればいい」と怒りを露わにする小宮山深雪(真飛聖)に対し、渉は謝罪をする。しかし奈々は、

「堂々と暮らせる人とそうじゃない人がいるなんておかしいです」
「人は誰だって、自分が望む幸せを手に入れようとする権利があるんです」

 と2人の間に割って入るのだ。この時、松山の顔が映される。奈々の前にいないときにだけする、思い詰めた顔だ。

 深雪が渉と朔の関係について問いただし始めた時には、その空気の悪さをなんとか変えようとクッキーを頬張り「美味しいですね」と渉に声をかけていた大器。しかし奈々の発言を聞いている間は、まるで自分が深雪の立場に立っているかのようだ。大器は、奈々の発言を自分こそ聞かなければならないと思っているのだろう。人工授精も同性愛も、知らないから不自然に感じるだけだ。だからまずは知ろうとするべきなんじゃないか。奈々の発言とほんの少しの間だけ映しだされる大器の思い詰めた表情で、視聴者は訴えかけられたに違いない。

 そして、大器は知ろうとする。人工授精のことを知らなかった彼は、自分なりに勉強する。そしてレポートにまとめると「不妊治療は反対よ」と言っていた奈々の母に渡すのだ。「まずは知ってほしい」と話す大器の目はまっすぐだ。母親も静かにレポートを受け取り、「読ませていただきます」と言った。自らも知らないを理由に人工授精に後ろ向きだった大器。そんな彼が母親に渡すレポートと、その目には説得力があった。彼らは次のステップへ踏み出せるのだ。

 松山の演技は嫌味がない。このドラマの雰囲気を調整しているのは、松山のコロコロ変わる表情なんじゃないかと思う。悪い空気が流れると、決まって明るく割って入るのは大器だ。楽観視する大器にいらだつ視聴者もいたかもしれないが、変わらないムードメーカーでありながら、不妊治療に対する考え方がもっとも変わっている人物でもある。不妊治療に励む大器と奈々、子供ができてもできなくても、どうか2人が納得できるラストになってほしいと願う。
.
片山香帆


原文はこちら

何も考えずに「これ」って注文して出てきたのがオーガニックジュース、笑いました。この時の大器の表情ったら最高です。
このシーンの中だけでも大器の複雑な気持ちの移ろいを感じることが出来ますよね。

共有スペースのシーンでも、シリアスなのにあえて、タルトを食べだしたりして場を和ませようとしたりして。
奈々とお母さん、そして自分のために夜なべして資料を作ったりして、これから奈々と大器が納得できるまで、いろんなこと頑張ってほしいです。それで不妊治療をあきらめることがあったとしても、2人が納得できる結果であればそれはハッピーエンドだと思うから。


今年は大竹しのぶさんと司会頑張ったのでしょうか?(笑)


001_201802081646243db.jpg


サンスポより


大竹しのぶ、初司会で緊張の松ケンに気配り「台本にないこと言ってごめんね」…ブルーリボン賞授賞式

東京映画記者会(報知新聞社など在京7紙)が主催する「第60回(2017年度)ブルーリボン賞」の授賞式が8日、東京・内幸町のイイノホールで行われた。

 司会を務めたのが、昨年の主演男女賞コンビ、大竹しのぶ(60)と松山ケンイチ(32)。

 幕が上がると、両手を大きく振って観客に笑顔を見せた2人。松山が「こういう場所で司会をするのは初めてなんですけど、お通夜みたいにならないように頑張りたいです」と言うと、大竹も「松山君も司会業で頑張ってくれると思う」と昨年の自身の受賞作「後妻業の女」の題名にかけて、笑いを誘った。

 「去年の司会の大泉洋さんは『来年は受賞者として戻ってくる』と言っていたのに、戻ってこれなかったですね」と大竹が苦笑すると、松山も「(去年)うるさ過ぎて、記者さんたちからNGが出たんじゃないですかね」と笑わせた。

 大竹が緊張気味の松山に「台本にないこと言って、ごめんね」と気遣うシーンもあった。

運よく参加された皆様。どんな様子だったのかお聞かせください。
まずは一方まで。




大竹しのぶ&松山ケンイチ、自由な司会に受賞者がタジタジ ユースケ・サンタマリアが助け舟【第60回ブルーリボン賞】


松山ケンイチさんが“派遣で実現する、あなたらしい働き方”を応援


001_20180207095847836.jpg


やったぁ~、CMのお仕事。TVのOAは2/13からです。楽しみ、楽しみ♪


【リクルートスタッフィング】「派遣でもっとあなたらしく。」2018/02 15sec.



リクルートスタッフィングのYouTubeのバナーがケンちゃん仕様になっていた(^.^)顔がにやけちゃうわ~。


最終更新日:2018.2.7


≫続きをみる...

2018.2.5記述
シネマトゥディより

0137.jpg



1日に放送された深田恭子主演の連続ドラマ「隣の家族は青く見える」(フジテレビ系・毎週木曜夜10時~)第3話で、深田演じる不妊治療に耐えてきた奈々が号泣する場面があり、不妊治療中の女性たちの深い共感を誘うとともに、奈々を支える夫・大器(松山ケンイチ)の包容力に感動する声が多く寄せられている。

 注目を浴びているのは第3話の終盤、妊娠の可能性が浮上するも哀しい結果となり落ち込む奈々を大器が慰める場面。土曜日の朝、大器は「まだ寝ていたい」と布団から出ない奈々を無理やり起こし外出。子宝や安産にご利益のあるという「お胎内神社」へと連れ出す。道中、スマートフォンで写真を撮りながら「奈々ってかわいいよね、やっぱり」と褒め、穴に落ちたときにはユーモラスなリアクション。参拝するときには子供を授かることを切に願っているのか、真剣な表情で長々と手を合わせる。そんな大器の思いやりに、奈々もいつしか笑顔に。
.
 夜には大器がお好み焼きを手作り(ソース、マヨネーズをかける動作が鮮やか!)、妊活のためにアルコールを絶っていた奈々に「たまには全部忘れてビール飲む」と乾杯。いたれりつくせりの大器に、奈々は「大ちゃんに言ってないことがある……」と、大器の実家で起きた出来事を打ち明ける。

 大器の妹・琴音(伊藤沙莉)の初めての胎動に皆が盛り上がっている中、自分だけが喜べず、不妊治療を始めてから段々嫌な人間になっているような気がすると涙を流す奈々を、「いいんだよ、奈々。いいところも悪いところもあるのが人間。琴の妊娠を喜べなくて当然」「向こうは作る予定もなかったのに何の苦労もなく妊娠して、こっちはこんなに必死に頑張っているのにできないんだから。それで喜んでいたらお人好しを通り越してバカだよ。いつか俺たちのところにも絶対きてくれる」と励まし、奈々の気持ちを真摯に受け止めていた。そんな頼もしい大器に、「大ちゃんの対応や包容力素晴らしいです」「だいちゃんの優しさに涙でた~」「松ケン演じる大器、本当にナチュラルで旦那さんとして最高に素敵です」「大器みたいな旦那さん、理想です」と絶賛の声が続々。
.

 妊活がうまくいかず情緒不安定になる女性の心情をリアルに表現したこのシーンは、「こんな助け合える夫婦って素敵だなと思っていつも見てます」「このシーン泣けました」「ラストとても感動しました。素敵な夫婦すぎる」と多くの視聴者の琴線に触れ、高い評価を受けている。(編集部・石井百合子)



まぁ、普通夫婦ってそんなもんだろうと思うけど、そうじゃない人たちが多いということなんだろうね。
ケンちゃん自身も、いつも奥様に感謝して、会話を大切にしようと頑張っている人だから、大器と重なる部分あるかもしれませんね。同じように子供が欲しくて、頑張っていても、そこは男性と女性感じ方が違うのは当然。だからこそ、夫婦の中での会話を大事にしていかないといけないと思う所、妊活する目的がおかしくなってきちゃうと思います。

といっても、私は足の障害のことなどがあって、子供はあきらめたけどね。まぁ、来世ではバンバン産みたいものです(笑)

第48回『幻の都』
2012年12月9日放送

007_20121208230913.jpg

富士川の戦いでの惨めな敗戦に激怒し、忠清(藤本隆宏)を斬ろうとして転倒した清盛(松山ケンイチ)は、憔悴感に苛まれていた。そんな清盛に、棟梁・宗盛(石黒英雄)から福原から京への環都の申し出があった。

反平家の勢力は日ごとに増し、京の都を留守にするのは現実的ではなかった。宗盛の涙ながらの訴えに、清盛もついに環都を受け入れざるをえなかった。安徳天皇を頂いて福原で最初で最後の五節の会が行われ、その宴をもって京へ環都する。

環都の知らせを聞いた頼朝(岡田将生)は、清盛がなにを求めて武士の世を目指しているのか、わからなくなり、清盛の過去を知る弁慶(青木崇高)に、若いころの清盛のありようを聞く。若き日、故意に神輿に向けて、矢を射た清盛のことを聞き、頼朝は、清盛の目指す世も、父・義朝が目指し、いまの自分が目指す世も同じものであることに思い至る。

そんな時、反平家の兵を挙げた南都・興福寺を攻めた平家軍の火が興福寺・東大寺の伽藍を消失させるという事件が起こる。


≫続きをみる...

2018.2.3記述

登場人物 
VFX-JAPAN会員からの作品推薦、制作者からの応募を含め、多数の作品の中から
以下の8部門合計25作品が「VFX-JAPANアワード2018」の優秀賞作品に選ばれました。
優秀賞作品は、VFX-JAPAN理事、特別会員、業界有識者の投票によって選出されました。
該当作品の制作関係者の皆様、誠におめでとうございます。




劇場公開実写映画部門
海賊とよばれた男
映画『東京喰種 トーキョーグール』
亜人

劇場公開アニメーション映画部門
ひるね姫
BLAME!
夜明け告げるルーのうた

テレビ番組 VFX部門
精霊の守り人 シーズン2 悲しき破壊神
連続テレビ小説「ひよっこ」タイトルバック

テレビ番組 アニメCG部門
正解するカド
スナックワールド
宝石の国
Lost in Oz

ゲーム映像部門
人喰いの大鷲トリコ
GRAVITY DAZE 2 / 重力的眩暈完結編
グランツーリスモSPORT

CM・プロモーションビデオ部門
きゃりーぱみゅぱみゅ / 原宿いやほい
関門PRムービー「COME ON!関門!」
CRAZYBOY / NEOTOKYO
新幹線YEAR2017「四季を走る新幹線」

ショートフィルム部門
Beyond the Moment of Beauty – Into the Galaxy
ブレードランナー ブラックアウト 2022
ZOIDS FIELD OF REBELLION

先導的視覚効果部門
ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 Produced by TBS
第67回 NHK紅白歌合戦 都庁中継
COCOLORS


この後、VFX-JAPAN個人会員、法人会員の投票により8部門各1作品の「最優秀賞」が選出されます。
尚、最優秀賞作品は2018年3月8日(木)に秋葉原UDXシアターにて開催される
「VFX-JAPANアワード2018表彰式」にて発表されます。


VFX-JAPAN公式サイトはこちら

な・な・なんと!花・鳥もある(今は上弦下弦も公演中)髑髏城の七人の中で、風が選出されたとは嬉しいジャマイカスルメイカ\(^o^)/
是非是非、これは受賞していただきたい!お願いします。結果たのしみにしたいです。

隣の家族は青く見える 第3話
2018.2.1放送


015_201802012308106ea.jpg


奈々(深田恭子)は、朔(北村匠海)と渉(眞島秀和)がキスしているところを目撃してしまう。朔は、奈々に渉との関係を打ち明け、ゲイであることを他人に公表していない渉のために、誰にも言わないでほしいと頼む。一方、事情を知らない大器(松山ケンイチ)は、何かと奈々に接近してくる朔のことが気になって仕方ない。

亮司(平山浩行)は、元妻が急死したため、息子の亮太(和田庵)に会いに名古屋へ行っていたことをちひろ(高橋メアリージュン)に話す。亮司は、亮太を引き取ってこの家で一緒に暮らしたい、とちひろに告げるが……。

最後のタイミング法に臨む奈々は、レディースクリニックの医師・片岡(伊藤かずえ)のもとを訪ねる。そこで片岡は、奈々に、クロミッドという誘発剤を勧める。

大器は、コンペに出した企画が評価され、本社の土地開発部門が進めているアウトレットモールの開発プロジェクトに参加することになる。大器は、奈々からもアイデアをもらい、早速企画書をまとめる。一方、不妊治療を始めてから情緒不安気味の奈々だったが、妊娠した可能性があることに気付く。

そんな折、義母の聡子(高畑淳子)は、薬局で妊娠検査薬を購入しようとしている奈々を見かけ、大器と奈々が子作りしていると知り大喜びで……。



≫続きをみる...

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .