FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
舞台「蒼の乱」、そして「ふたがしら」「プロメア」で共演した早乙女太一さんから見た松山ケンイチとは

029_20150515104912af1.jpg  




≫続きをみる...

スポンサーサイト



2020.7.26記述
cinemacafenetより

京都市東山区にある「ライカギャラリー京都」では、発売中の本「硬派の肖像」の写真展が8月1日(土)より開催されることが決定した。

硬派の肖像京都001


「硬派の肖像」は、真摯、ひたむき、ぼくとつ、実直――そんな言葉がよく似合う、筋の通った生き方をしている男性31人の内面がにじみ出る写真と、人生訓ともいえる示唆に富んだ言葉から、“硬派な生き方”に迫るインタビュー集。


遠藤憲一や岸谷五朗、松山ケンイチ、佐藤浩市、豊川悦司、本木雅弘、松田龍平ら俳優陣をはじめ、作家、ダンサー、ミュージシャン、映画監督など、様々なフィールドで活躍する男性たちが登場している。

本書の発売に合わせて、昨年11月よりライカプロフェッショナルストア東京で開催された写真展の好評を受け、今回は京都での開催が決定。

KEI OGATAが本書のために撮影した写真の中から、15作品を厳選して展示。東京展とは異なるセレクトの写真が並ぶ。

KEI OGATAさんは「印刷やWEB上の写真とは違い、フォトグラファー自らがプリントした作品からは、作家の思いがストレートに伝わってくるはず。また被写体がカメラの前で自分を表現している、その情熱や息づかいまでも感じられると思います」と見どころを解説している。

「『硬派の肖像』写真展」は8月1日(土)~11月5日(木)ライカギャラリー京都にて開催(火曜~日曜日 11時~19時※月曜定休)。

「硬派の肖像 ぶれない男、31人の人生訓」(小学館)は発売中。

確か東京ではケンちゃんの写真もあったみたいだけど、今回京都では果たしてどうなんだろう?
東京と異なるセレクションって書いてるから気になるなぁ…

Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .