感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
第67回日本放送映画藝術大賞
2013.1.22記述
『日本のドラマや映画たちを見つめてきた 日本放送映画藝術大賞』Blogより


第65回日本放送映画藝術大賞 優秀賞が決定しました。 

003_20130310215603.jpg


【放送部門】

最優秀作品賞 『とんび』(日本放送協会)
最優秀監督賞 梶原登城『とんび』
最優秀脚本賞  古沢良太『リーガル・ハイ』
最優秀主演男優賞  松山ケンイチ『平清盛』
最優秀主演女優賞  竹内結子『ストロベリーナイト』
最優秀助演男優賞  北村有起哉『トッカン』
最優秀助演女優賞  真木よう子『運命の人』
最優秀新人賞  高橋光臣『梅ちゃん先生』
最優秀撮影賞  佐々木達之介『とんび』/『それからの海』
最優秀音楽賞  吉松 隆『平清盛』
最優秀美術賞  山口類児『平清盛』
最優秀照明賞  富岡幸春『あっこと僕らが生きた夏』/『シングルマザーズ』
最優秀録音賞  富田和彦・弦巻 裕『ゴーイングマイホーム』
最優秀編集賞  阿部 格『とんび』
最優秀衣装デザイン賞  柘植伊佐夫『平清盛』
最優秀メイクアップ賞  柘植伊佐夫・清水 愛『平清盛』
最優秀視覚効果賞  兼沢将人・松永孝治・野口光一『平清盛』
最優秀音響効果賞  大森力也『開拓者たち』/『尾根のかなたに』
最優秀主題歌賞  buck number『高校入試』

今回は特にいずれのノミネート作品も文句の付けようのない者ばかりで、そんな中で「平清盛」がこれだけの賞を受賞した事は、本当に嬉しいです。やはりこの1年、マスコミや某知事など様々なところでの心無いバッシングに次ぐバッシングに心痛めていた本作を愛して病まない人達にとって、今回のこの受賞はなんだか本当に作品を評価してもらえたような気がして…。

殿のあの演技が本当に評価されたんだと思うと、吉松先生のあの素晴らしい音楽が評価されたと思うと、そして美術・衣装デザインが、視覚効果は箱盛のメイキングを見ると本当にすごく大変だったんだな、あの作業のクオリティを効果的に見せるにはあの画像じゃないとダメだったんだと思うと本当に嬉しいです。

2013.1.22記述
『日本のドラマや映画たちを見つめてきた 日本放送映画藝術大賞』Blogより


第67回 日本放送映画藝術大賞

放送部門

各賞のノミネートが決定しました。
(本賞:日本放送映画藝術大賞についてはこちら
を参照)

2012年もさまざまなドラマが放送されました。
多くの感動を呼び、我々を楽しませてくれましたが、
みなさんはいかがでしたでしょうか。
どんな作品は印象に残りましたか?
どんな俳優さんの演技が心に響きましたでしょうか?
単館ロードショーの作品も含めて、知らない作品も存在するかもしれませんが、
是非DVDなどでチェックしてみてはいかがでしょう。

《第67回日本放送映画藝術大賞について》

 ● 選考対象作品
   2012年1月1日~12月31日までに放送された作品。
   詳細については、《選考対象作品について》 をクリック!

 ● 各賞の内容
   全部で正賞19部門と副賞4部門が存在します。
   《部門賞体系について》 と 《各賞概要》 で説明されてます。

 ● 各賞の選考方法
   主要8部門については、みなさんの一般投票と、
   本賞の会員投票で決定します。(1 : 2 のポイント換算方式)
   それ以外の技術各賞は会員投票のみで決定します。
   逆に、話題賞は一般投票のみで決定します。
   詳細については、《各賞選考方法について》 をクリック!!


【今後のスケジュール】

 ◇ 1月23日(水) 午後5時より発表・投票開始予定
 * 技術賞各賞のノミネート及び話題賞候補の発表
   ※ こちらは優秀賞のネット投票はありません。
 * 優秀賞選考のネット投票開始
   ⇒ 優秀賞投票:1月23日(水)~2月11日(月)

 ◇ 2月13日(水) 午後9時より優秀賞発表予定
  ⇒ 最優秀賞投票:2月16日(土)~3月5日(水)

 ◇ 3月10日(日) 午後4時より最優秀賞発表予定

2/16から最終的になる一般投票も開始になりますので『平清盛』クラスタの皆様、最期の力を殿やドラマにパワーを与えてくださりませ。

PDVD_006_20130122090505.jpg



今回、最優秀賞候補に残った『平清盛』はこちらです。

優秀作品賞
「運命の人」(TBS)
「ゴーイングマイホーム」(フジテレビ)
「平清盛」(NHK)
「とんび」(NHK)
「リーガル・ハイ」(フジテレビ)

優秀監督賞
石川淳一  「リーガル・ハイ」/「遅咲きのヒマワリ」
梶原登城  「とんび」
是枝裕和  「ゴーイングマイホーム」
柴田岳志  「平清盛」
土井裕泰  「運命の人」


優秀脚本賞
岡田惠和  「尾根のかなたに」/「最後から二番目の恋」
古沢良太  「リーガル・ハイ」
羽原大介  「とんび」/「ダブルフェイス」
藤本有紀  「平清盛」
湊かなえ  「高校入試」

優秀主演男優賞
小栗 旬     「リッチマン、プアウーマン」
堺 雅人     「リーガル・ハイ」
堤 真一     「とんび」
松山ケンイチ  「平清盛」
本木雅弘    「運命の人」

優秀助演男優賞
綾野 剛  「クレオパトラな女たち」
 ※『カーネーション』(後編)、『開拓者たち』に対しても。
井浦 新  「平清盛」/「リッチマン、プアウーマン」
瑛 太  「ラッキーセブン」
北村有起哉  「トッカン」
中井貴一  「平清盛」/「PRICELESS んなもんッ、あるわけねえだろ」

優秀助演女優賞
麻生祐未  「大 奥 ~誕 生~ 有功・家光編」
安達祐実  「主に泣いてます」
新垣結衣  「リーガル・ハイ」
真木よう子  「運命の人」/「遅咲きのヒマワリ」
松雪泰子  「平清盛」/「負けて、勝つ」

その他ノミネート一覧は
こちら

2011.2.28記述
『日本のドラマや映画たちを見つめてきた 日本放送映画藝術大賞』Blogより


第65回日本放送映画藝術大賞 優秀賞が決定しました。

【放送部門】

最優秀作品賞 『99年の愛 JAPANESE AMERICANS』
最優秀監督賞 大友啓史『龍馬伝』
最優秀主演男優賞 草なぎ 剛 『99年の愛 JAPANESE AMERICANS』
最優秀主演女優賞 松雪泰子『Mother』『心の糸』
最優秀助演男優賞 香川照之『坂の上の雲 第二部』『龍馬伝』
最優秀助演女優賞 田中裕子『Mother』
最優秀脚本賞 橋部敦子『フリーター、家を買う。』
最優秀新人賞 芦田愛菜『Mother』
最優秀撮影賞 佐々木達之介 清水昇一郎『龍馬伝』
最優秀音楽賞 千住 明『99年の愛 JAPANESE AMERICANS』『大仏開眼』
最優秀美術賞 山口類児『龍馬伝』
最優秀照明賞 佐野清隆 橋本 勝『龍馬伝』
最優秀録音賞 小出 剛『鉄の骨』 『心の糸』
最優秀編集賞 山田宏司『新参者』
最優秀衣装デザイン賞 猪熊兼勝『大仏開眼』
最優秀メイクアップ賞 柘植伊佐夫 橋本良子 弓削田倫全『龍馬伝』
最優秀視覚効果賞 野崎宏二『SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿』
最優秀音響効果賞 島津楽貴 西ノ宮金之助『坂の上の雲 第二部』
最優秀主題歌賞 いきものがかり『ゲゲゲの女房』
企 画 賞 橋田壽賀子『99年の愛 JAPANESE AMERICANS』
話題作品賞 (PICTURE) 『怪物くん』
話題俳優賞 (CHARACTER) 松本 潤『夏の恋は虹色に輝く』
特 別 賞 池内淳子(女 優)  佐藤 慶(俳 優)  田向正健(脚本家)  寺内小春(脚本家)

詳しい講評などはこちら


012_20110106220205.jpg 

ケンちゃん残念ながら受賞しませんでしたが、作品賞を「99年の愛」が受賞しました\(~o~)/
これは嬉しいじゃありませんか?作品を評価してくれたということは結果的にはトータル的に素晴らしい作品だったという事ですもんね。そして他に一郎兄ちゃんが主演男優賞、音楽賞、企画賞大健闘だと思います。連続ドラマではなくスペシャルドラマで5夜連続というリスクの高い作品でもありましたがやはりいいものはちゃんと評価してくださるという事ですよね。

【映画部門】

最優秀作品賞 『悪 人』
最優秀監督賞 中島哲也『告 白』
最優秀主演男優賞 妻夫木聡『悪 人』
最優秀主演女優賞 松たか子『告 白』
最優秀助演男優賞 稲垣吾郎『十三人の刺客』
最優秀助演女優賞 夏川結衣『孤高のメス』
最優秀脚本賞 李 相日 吉田修一『悪 人』
最優秀新人賞 桜庭ななみ『最後の忠臣蔵』『書道ガールズ!! わたしたちの甲子園』
最優秀外国映画作品賞 『インセプション』
最優秀撮影賞 近藤龍人『海炭市叙景』『ソラニン』
最優秀音楽賞 金橋豊彦『告 白』
最優秀美術賞 林田裕至『十三人の刺客』
最優秀照明賞 中村裕樹『今度は愛妻家』『ノルウェイの森』
最優秀録音賞 中村 淳『十三人の刺客』
最優秀衣装デザイン賞 小川久美子『悪 人』『大 奥』
最優秀メイクアップ賞 柘植伊佐夫 千葉友子『十三人の刺客』
最優秀視覚効果賞 澁谷紀世子 山崎 貴『ヤマト SPACE BATTLESHIP』
最優秀音響効果賞 伊藤進一『桜田門外ノ変』『武士の家計簿』
最優秀主題歌賞 福原美穂『悪 人』
最優秀アニメーション作品賞 『カラフル』
最優秀ドキュメンタリー作品賞 『442 日系部隊 アメリカ史上最強の陸軍』
企 画 賞 川村元気『悪 人』 『告 白』
話題作品賞 『ハナミズキ』
話題俳優賞 生田斗真『シーサイドモーテル』 『人間失格』 『ハナミズキ』
特 別 賞 池部 良(俳 優)北林谷栄(女 優)
木村威夫(美術監督)小林桂樹(俳 優)今 敏(アニメーション監督)
高峰秀子(女 優)つかこうへい(劇作家/脚本家)中村公彦(美術監督)渡辺三雄(照 明)

詳しい講評などは
こちら

027_20110228135117.jpg 


新人賞残念でしたが、照明賞って嬉しいなぁ~、すごく素敵だったから(笑)
個人的に嬉しいと思ったのはアニメーションで「カラフル」が受賞した事かな…。
映画も結構自分的にはなるほど納得という結果ですかねぇ。
皆さんはどうでしたか?

来年は映画部門でケンちゃんがどんだけノミネートして受賞してくれるかどうか気になりますね♪



2011.2.15記述
『日本のドラマや映画たちを見つめてきた 日本放送映画藝術大賞』Blogより


第65回日本放送映画藝術大賞 優秀賞が決定しました。
 ◇ 放送部門 優秀賞各賞及び 最優秀賞の投票はこちら
 ◇ 映画部門 優秀賞各賞及び 最優秀賞の投票はこちら

先日の集計を元に最終的な候補が出揃って、一般の本投票が始まりました。
基本どちらの部門を投票する場合も全項目について投票をしてください。
*上記のリンクから更に投票サイトにリンクする案内がありますのでお手数ですがそちらからお願いします

ちなみにドラマ部門で「99年の愛~Japanese Americans~」から「最優秀作品賞」「最優秀監督賞 」「最優秀脚本賞」「優秀主演男優賞(草なぎ剛)」「優秀主演女優賞(仲間由紀恵)」「優秀助演男優賞(松山ケンイチ )」、映画部門で「ノルウェイの森」から「優秀新人賞(水原希子)」が最終候補に残りました。



2011.1.7記述
『日本のドラマや映画たちを見つめてきた 日本放送映画藝術大賞』Blogより


引き続き映画部門のノミネートも決定しました。

この中で「ノルウェイの森」が「優秀主演男優賞(松山ケンイチ)」「優秀新人賞(水原希子)」がノミネートされています(スタッフ部門にかなりノミネートされています)しかし、映画部門の投票はなかなか選ぶのが難しそうです(>_<)困りましたなぁ…。

という事で映画部門の投票や詳しい内容に関しては
こちらへお願いします

030_20110107094207.jpg



2011.1.6記述

第65回 日本放送映画藝術大賞

放送部門

各賞のノミネートが決定しました。
(本賞:日本放送映画藝術大賞については、こちらを参照)

2010年もさまざまなドラマが放送されました。
多くの感動を呼び、我々を楽しませてくれましたが、
みなさんはいかがでしたでしょうか。
どんな作品は印象に残りましたか?
どんな俳優さんの演技が心に響きましたでしょうか?
今年からはWOWOW放送のドラマも対象になりますので、
単発ドラマも含めて、知らない作品も存在するかもしれませんが、
是非DVDなどでチェックしてみてはいかがでしょう。

なお、一般投票も開始しましたので、
お気軽に投票してみてください。


この中で「99年の愛~JAPANESE AMERICANS~」が「優秀作品賞」「優秀監督賞(水田伸生)」「優秀脚本賞(橋田壽賀子)」「優秀主演男優賞(草なぎ剛)」「優秀主演女優賞(仲間由紀恵)」「優秀助演男優賞(松山ケンイチ )」がそれぞれノミネートされて投票できるようになっています。

投票や詳しい内容に関しては
こちらへお願いします。

ドラマ好きの方は良かったなぁ~と思う作品に投票してみてください(^-^)
リンクを快く了解してくださいました日本放送映画藝術大賞の管理人様有難うございます<(_ _)>

私は「優秀主演男優賞」「優秀主演女優賞」が一番選ぶのに困りましたね~それぞれノミネート作品が充実してるのですごく迷いましたけどね(笑)何に投票したのかは秘密です(^_^;)




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .