FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2011.2.5記述
myojoより

cutno261_20110205201602.jpg 


--そもそも、ニノが松山さんのことを「松ちゃん」と呼び始めたのは?

プロデューサーさんに(松ちゃんは)ふだんなんて呼ばれているのか聞いたら、「松山くん」「松山さん」「ケンイチ」「ケンちゃん」って教えてくれたの。

一般の人は「松ケン」だけど、これ以外の呼び名で呼ぼうと思って。
それで松山ケンイチと言う人を知り始めてから、彼のイメージと対極あたりにある「松ちゃん」って呼びたくなったんだよね


これって松友にとってはとても気になる話題の1つだと思うんですよね。
なぜニノが「松ちゃん」と言いだしたのかって…
ニノらしいというか、なんだか嬉しいです。

なんだかねぇ~ニノが「松ちゃん」というとケンちゃんも嬉しそうなんだよね~
というかニノといると本当に安心しきってると言うのか、ずーと以前からまるでコンビを組んでいるような感じに思えてくるというのか…(笑)

いつも大抵共演者の多くがボケるのでケンイチが突っ込み担当みたいになっちゃうんだけど上手くいかないんだなぁ~(笑)
今回は本当にニノが突っ込みを担当してくれているのでケンちゃんはマイペース&リラックスし過ぎていたかも?
でもそれが見ている私も多分他の松友さんたちも癒されたり、なによりこの作品にかかわって人たちが本当に楽しく仕事をしたんだなと言う連帯感と言うかそういうものを2人のインタビューから感じるんですよね~。

でも考えたら4月には再びこのコンビが『PERFECT ANSWER』のプロモ活動で復活するんだよね?
それを考えると次はどんなプロモが展開されるのか楽しみです。

もち、その前に「GANTZ Part1」をみなさん見てくださいね~♪
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
ニノはまっちゃんが大好き
こんにちは。時々お邪魔させてもらっているのですが、コメントする勇気がなくって。
mayさんの熱い語りにうれしくなって来ちゃいました。
いつも正確で、たくさんの情報ありがとうございます。
にのみマニアのわたくしもありがたく拝見させてもらってます。

GANTZ、ホンットにおもしろくって、ガッツンガッツン見に行ってますよ~。
やっぱDVDじゃあの迫力は伝わらない。スクリーンでリピしなければって思ってまぁ~す。

すっかり、にのみマニアは、ニノの呼び方が定着して、松山ケンイチさんって言えば「まっちゃん」になっちゃいました。
そう呼ばせて下さいね。
ニノにとって、今回は代表作と言ってもイイほどの作品になって、うれしくてしょうがないです。
共演者として、まっちゃんみたいな同世代の素晴らしい役者さんと共演できるチャンスなんて後にも先にもあるか、ないかの事でしたし。
すごいイイ刺激になったんだと思います。ベテラン俳優さんとの共演が多かったから。
そして、まっちゃんは、まさにニノが大好きな大好きなタイプの方でしたし、ニノがまっちゃんの側に立ってると、まっちゃん大好き(あっ人間としてですよ:笑)って顔に描いてあります。
なので2人がプロモ回ってる映像は、ホントにいい仕事出来て良かったねって、がんばったねって、それだけでGANTZを愛してやまなくなります。

先日、まっちゃんが瑛太くんと親しくしてる映像を見て、悲しくなっちゃった、なんてコメントまでしてるんですもん。(笑)
どんだけ好きなンだよっ!て、ツッコミ入れてました。

PAのプロモで終わっちゃうのがさびしいですが、まっちゃんもこの後、続々と映画が続きますもんね。
どんだけの顔を持ってるのやら!?
わたし、デトロイトメタルシティーすっごい好きでした。
これからもまっちゃんの作品、色々見たいな~って思ってます。
2011/02/14(月) 15:19 | URL | あげは #2ygbImDU[編集]
Re: ニノはまっちゃんが大好き
あげはさん、訪問ありがとうございます&ご無沙汰しちゃいまして(^^ゞ

> こんにちは。時々お邪魔させてもらっているのですが、コメントする勇気がなくって。

そんなぁ~恐がらないでくださいよ(汗)
お気楽にコメントしてください(^-^)

> GANTZ、ホンットにおもしろくって、ガッツンガッツン見に行ってますよ~。
> やっぱDVDじゃあの迫力は伝わらない。スクリーンでリピしなければって思ってまぁ~す。

DVDもいいけれどやはり劇場の大きな画面で一時停止、スキップ、巻き戻しが出来ない空間で目を凝らしながら何度も新しい発見や見逃した細かい表情を観る醍醐味は違いますもんね。


> すっかり、にのみマニアは、ニノの呼び方が定着して、松山ケンイチさんって言えば「まっちゃん」になっちゃいました。
> そう呼ばせて下さいね。

もう、どうぞどうぞ~です。
ニノのファンの皆様にも松ちゃんが可愛がってくださるのは嬉しい限りですし、ニノファンの特権ですよ「松ちゃん」という呼び名は(笑)

> ニノにとって、今回は代表作と言ってもイイほどの作品になって、うれしくてしょうがないです。

「大奥」は見に行けなかったのですが、今回のGANTZでも今までニノが演じたことのない様なシュチエーションなどもあってファンはドキドキするポイントなどあると思いますが(岸本が家に来てのシーン)そういうのも含めてGANTZの玄野計としてちゃんと成立していますね。

> 共演者として、まっちゃんみたいな同世代の素晴らしい役者さんと共演できるチャンスなんて後にも先にもあるか、ないかの事でしたし。
> すごいイイ刺激になったんだと思います。ベテラン俳優さんとの共演が多かったから。

あとに撮影終わった「大奥」のプロモの時と比べてもなんだか見た限りニノのテンションが違うように感じられるんですけどファンから見るとどうなのでしょう?

> そして、まっちゃんは、まさにニノが大好きな大好きなタイプの方でしたし、ニノがまっちゃんの側に立ってると、まっちゃん大好き(あっ人間としてですよ:笑)って顔に描いてあります。
> なので2人がプロモ回ってる映像は、ホントにいい仕事出来て良かったねって、がんばったねって、それだけでGANTZを愛してやまなくなります。

佐藤PDはじめモジャさん(日活の田中PD)などケンちゃんの事を知り尽くしている人たちが周りにいることも本当にニノファンの人たちは最初戸惑う事もあったかもしれませんが(ニノに何させるんだとか)ケンちゃんファンにはたまらないメンバーとのお仕事で楽しくないわけがないと期待しちゃって、でもニノもそれにしっかり応えてくれて楽しんでくれているのが嬉しいですよ。

プロモTシャツも来てくださってありがとうと言う感じです(笑)

> 先日、まっちゃんが瑛太くんと親しくしてる映像を見て、悲しくなっちゃった、なんてコメントまでしてるんですもん。(笑)
> どんだけ好きなンだよっ!て、ツッコミ入れてました。

あはは、本当に。
瑛太さんにヤキモチ焼かれても…本当に有難いです。

> PAのプロモで終わっちゃうのがさびしいですが、まっちゃんもこの後、続々と映画が続きますもんね。
> どんだけの顔を持ってるのやら!?
> わたし、デトロイトメタルシティーすっごい好きでした。
> これからもまっちゃんの作品、色々見たいな~って思ってます。

PAのプロモがどんな感じになるのか今から楽しみですし、また違う作品で共演することがあればうれしいですよね~。これから松ちゃんもよろしく!
2011/02/14(月) 15:59 | URL | K&;R #hTYNULE6[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .