感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2011.12.14記述
日本映画magazine vol.23「あなたの好きな日本映画1本教えてくださいより

『ノルウェイの森』

公開の初日に観に行きました。
原作も読んでいたので、どんな風に映画化されているのか興味がありました。
最近、大河ドラマ『平清盛』を撮影したロケ地が『ノルウェイの森』で、ススキ野原をワタナベと直子が歩く長回しのシーンで使った場所だったんですよ。

それも含めて、映像が日本っぽくない感じで、とても楽しめました。
トラン監督の色が出ていて、心に残る映画でしたね。

義朝003


ロケ班のイメージにピッタリだったのでしょうね。
映画で見た風景がこんな形で自分がその場所で演技をするということはきっと色んな感慨を持ったのではないでしょうか?
そしてそんな作品に出ていたケンちゃんと演技するもの同士としてライバル心を燃やして素晴らしい作品を作ってください(^_^)
 

2011.2.8記述
オリ☆スタNo.6-1576より

ノル森玉木宏


玉木宏のMYエンタメ「ノルウェイの森」

ようやく、映画『ノルウェイの森』を観に行きました。
本は人に薦められて読んだりするんですけど、この原作本は"絶対面白いから読んでみろ"って言われて、読んだ記憶がありますね。内容は重いっていえば重い話だったりしますけど…。

(映画では)独特な世界観をうまい具合に切り取っていて、見応えのある作品でした。
同じ立ち位置に立っている日本の俳優という意味で、邦画を観ることは刺激になります。
だから、いつも観るようにしたいなと思っているんですけど、最近は時間がなくてあまり観に行けないんですよね(苦笑)

あまり観に行けない中での1本が『ノルウェイの森』だったんですね~。
やはり、題材もだけど出演してるのが大河で共演するケンイチだからという事も、観た理由の数パーセントは言っているでしょうか?(苦笑)それとも同期の玉鉄目当て?(爆)

初共演(だと思う)の主役がどういう演技を見せてくれているのか偵察してどうだったのかもう少し深く知りたいもんですがそれはまた大河が始まった時にと言う事かな?でも大いに刺激を受けたとするなら良いんですけどね~(^-^
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .